2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR(広告)

にほんブログ村

Voyages

« 2024年5月 | トップページ

2024年6月

2024年6月25日 (火)

【パリ 2023/10/26 9:05】フランス・パリ滞在72時間の旅4日目(2)サンジェルマン・デ・プレのゲンズブールの家へ向かう。

23par3400s
【2023年10月26日9:05、パリメトロ12号線リュ・デュ・バック駅“Rue du Bac”】
61h経過

23par3401s
リュ・デュ・バック駅でメトロ12号線を降りて地上に出る。今の時刻は9:05なので、たぶん、ここから歩いても10分くらいで着くと思うので、時間計算を誤ったかも。でも、私は基本的には時間ギリギリは嫌いで早めに現地に着きたい方なので、こんなものかも。日本国内だって、目的地に早めに着いて時間まで周囲を散策したりする。

23par3402s
でも、まだ油断しては行けない。Googleマップで位置はつかめるけど、実は方向感覚がつかめていないので、大きな通りがあるけど、どちらに行けば良いのかがわからなくて戸惑っている。

23par3403s
パリは通勤に自転車を使用する人がけっこういる。パリってこんなに自転車の街だったっけ?私がパリに来ることができなかった、この4年4ヶ月の間に、コロナ禍もあって、社会が変革した?

23par3404s
自動車用の案内標識にサン・ジェルマン・デ・プレを見つけたので、右側に進めば大丈夫。

23par3405s
サン・ジェルマン大通り“Bd Saint-Germain”を進む。

23par3406s
奥にひっそりと見える教会はサン・トマ・ダカン教会“Église Saint-Thomas-d'Aquin”。

23par3407s
ゲンズブールの家に行くには、このカフェのある路地を入っていけば、到着できそう。

23par3408s
ここまで来れば、たぶんあと5分で着けるからカフェで時間を潰そうかなぁ。それにしても朝のパリは自転車通勤が多いことを今回の旅で実感する。今まで気がつかなかっただけなのか、コロナ禍で変化したのか。

23par3409s
ゲンズブールの家には以前にも行ったことがあるし、今回はGoogleマップも使えるし、迷うことはないと思うんだけど、もう少しゴールに近づいておきたいので、路地を進む。こんなに広い道だったっけ?

23par3410s
私の旅は行き当たりばったり。事前に詳しく調べないので、歩いていると発見があったりする。このショコラティエのドゥボーヴ・エ・ガレ“Debauve & Gallais”は、なかなかいい雰囲気。素通りしているけど、ちゃんと「るるぶパリ2024」にフランス最古のチョコレート店として掲載されている。もしも私が「るるぶパリ2024」を出発前に読み込んでいれば、ドゥボーヴ・エ・ガレはマリーアントワネットも愛したパリ最古のショコラティエであることを知らずに、ただ雰囲気がいいと感じるだけで素通りすることもなかっただろう。まぁ、旅行記にまとめると気になって必須スポットを見逃していることに気がつくなんて、いつものことで、パリだったらまた行く機会は絶対にあるから、次に行った時に立ち寄ればいい。

23par3411s
パリ・シテ大学“Université Paris Cité”のサン=ジェルマン・デ・プレ・キャンパス“Campus Saint-Germain-des-Prés”の前を通る。

23par3412s
サン・ペール通り“Rue des Saints-Pères”をセーヌ川に向かってさらに歩く。

23par3413s
セーヌ川に向かって、左側のヴェルヌイユ通り“Rue de Verneuil”に入ると見えてくるのは昔から変わっていない落書きだらけのゲンズブールの家“Maison Gainsbourg”。でも、ここに来るのは何年ぶりなんだろう?ゲンズブールの墓はわりと行っている気がするけど、もうここには10年以上来ていないかもしれない。だって、この落書きだらけの塀くらいしか見るものはなかったし。

23par3414s
観光名所というよりも、数十年にわたってずっと落書きだらけの廃墟。

23par3415s
この廃墟を一般公開することにしたシャルロット“Charlotte Gainsbourg”、ありがとう!

23par3416s
一般公開するにあたって、この落書きだらけの塀もそのままにしていることもおもしろい。

23par3417s
ちょうど、ゲンズブールの家の反対側に2023年に新しくオープンしたミュゼがある。今回は、ゲンズブールの家の見学は予約が取れずに、このミュゼのみ予約が取れる。まだオープン前なので誰もいない。

23par3418s
ミュゼが開くまで、周囲を散策することにする。セーヌ川にかかるカルーゼル橋“Pont du Carrousel”。

23par3419s
セーヌ川の対岸に見えるのはルーヴル美術館“Musée du Louvre”。

23par3420s
セーヌ川を白鳥が泳いでいる。

23par3421s
上流に見える橋はポンデザール“Pont des Arts”。

23par3422s
ブキニストのボックスが並んでいる。パリオリンピック2024開催中は撤去する計画だったんだけど、フランスらしく反対運動のために撤去計画は断念される。

23par3423s
セーヌ川に降りるスロープがあるので降りてみる。

23par3424s
カルーゼル橋は、コンクリート橋なので風情がない。

23par3425s
セーヌ川、思っていたよりも水は澄んでいる。石の上にはカモメが休んでいる。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2024年6月21日 (金)

【パリ 2023/10/26 6:30】フランス・パリ滞在72時間の旅4日目(1)今回のパリ旅行で最後の朝ごはん。

23par3300s
【2023年10月26日6:30、イビス・モンマルトル・サクレクール“Hôtel Ibis Paris Montmartre 18ème”】
59h経過

23par3301s
2023年10月26日木曜日、イビス・モンマルトル・サクレクール“Hôtel Ibis Paris Montmartre 18ème”で迎えるパリ最後の朝。6:30ちょうどにテレビをつけてTF2のテレマタン“Télématin”を見ても、最近の司会者は誰だかわからない。以前は、テレマタンの司会者であるウイリアム・レイメルジ“William Leymergie”の姿を見るとフランスに来た気分になっていたのに。まぁ、時代は変化するものだから、仕方がない。

23par3302s
パリでの最後の朝食を食べに行く。

23par3303s
ヨーロッパの朝食って、基本的にはパンとコーヒーくらいで、けっして豪華なものじゃない。だけど、私はカフェオレの香り、発酵バターの香りだけで十分に楽しみ。

23par3304s
バケット(フランスパン)にバターを塗って、ハムとチーズを挟んだだけで幸せ。たっぷりの無塩バターとジャムを塗っただけでも幸せ。クロワッサンの鼻に抜けるバターの香りが幸せ。私の幸せなんて安いものかもしれない。

23par3305s
そして、ヨーグルトと果物があれば最高。

23par3306s
部屋に帰って、メテオを見る。雲が多そうだけど、雨は大丈夫そうかな。

23par3307s
部屋からは中庭が見えるんだけど、建物に囲まれてしまい眺望はない。

23par3308s
空を見上げると、微妙な感じだけど雨は降ってなさそう。

23par3309s
チェックアウトして、スーツケースを預かってもらい、最終日のパリの街歩きに出かけることにする。左側に行くとサクレ・クール?左側に行ったことがないけど、まぁ、アベス駅方面だしサクレ・クールに行けなくはないか。

23par3310s
今日、2023年10月26日のスケジュールは最初から決まっている。飛行機やホテルの手配よりも先にゲンズブールのミュゼ“MAISON GAINSBOURG”の予約をしてしまった。ゲンズブールの家は、サンジェルマン・デ・プレのカフェ・ド・フロール“Café de Flore”の裏手にあるんだけど、メトロ12号線のリュ・デュ・バック駅“Rue du Bac”からでも歩いていける距離だろう。

23par3311s
ピガール駅でメトロ12号線に乗るのにブランシュ駅からメトロ2号線に乗っても一駅で乗り換えが面倒なので、メトロ12号線のピガール駅まで歩いてしまうことにする。オー・メルベイユ・ドゥ・フレッド “Aux merveilleux de Fred”もパリで買えるようになったけど、神楽坂でも買えるようになってしまった。

23par3312s
ブランシュ駅からピカール駅はちょっと怪しい歓楽街。夜の方がもっと怪しげで、それがおもしろいんだけど。

23par3313s
ピガール駅に到着。

23par3314s
昨日はわざわざブイヨン・シャルティエ“Bouillon Chartier”まで夕食を食べに行ったんだけど、ブイヨン・ピガール“Bouillon Pigalle”でもよかったのかなぁ。まぁ、ブイヨン・シャルティエは、前回来た時に大衆食堂の雰囲気が気に入っていて、雰囲気も含めてのセレクトだったんだけど、次にパリに来た時にはブイヨン・ピガールを試してみようかなぁ。

23par3315s
ピガール駅からメトロ12号線に乗る。

23par3316s
メトロの乗り方は、停車駅が書かれている案内を見て、方向を確かめる。北方面の終点ってオーベルヴィリエ“Aubervilliers(Mairie d'Aubervilliers)”なんていう名前の駅じゃなかった気がする。

23par3317s
メトロ12号線の南方向の終点は以前と変わりがない気がする。サン・ラザール、モンパルナス方面であれば間違いない。

23par3318s
ゲンズブールのミュゼ“MAISON GAINSBOURG”の予約は10:00。

23par3319s
パリのメトロは駅間が近いので、隣の駅の灯りが見える。メトロ12号線だからアベス駅。アベス駅はモンマルトルの丘の中腹にあるので、地下鉄に乗るには地下深くまで階段を降りる。

23par3320s
列車がやってきた。メトロ12号線の車両は、昨日もサン・ラザール駅から乗っているけど、昔ながらの車両。

23par3321s
通勤ラッシュ時間は終わっているけど、そこそこ乗客がいる。

23par3322s
昔ながらの車両なので、行き先案内板はアナログ。

23par3323s
そして、手動式のドア。そのうちに車両の置き換えが進み、この手動式ドアを開けることも無くなってしまうかもしれない。今回のパリ旅行で、パリのメトロも路線によっては新型車両が多くなってきていることも実感する。

23par3324s
ドアのそばに立ち、他に降りる人もいないので、自分で手動式ドアを開ける。私にとっては、パリのメトロに乗っている感覚が楽しい。

23par3325s
リュ・デュ・バック駅“Rue du Bac”からゲンズブールのミュゼ“MAISON GAINSBOURG”に向かう。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2024年6月18日 (火)

【パリ 2023/10/25 18:49】フランス・パリ滞在72時間の旅3日目(12)ピガール駅周辺の怪しい歓楽街。

23par3200s
【2023年10月25日18:49、パリ・メトロ9号線グラン・ブールヴァール駅“Grands Boulevards”】
47h経過

23par3201s
ブイヨン・シャルティエを出ると、フランスのレストランは19時くらいにスタートするお店が多いのに、まだ18:49と早すぎる。でも、昨日は深夜23時のエッフェル塔のシャンパンフラッシュを見に行ったりして十分に楽しんだので、今日はホテルに向かうことにする。

23par3202s
グラン・ブールヴァール駅からどうやって帰ろうかなぁ。サン・ラザール駅まで行けば、メトロ13号線でもメトロ12号線でも乗り換えることができる。昨日、すでに乗り換えているけど、メトロ9号線のサントーギュスタン駅“Saint-Augustin”とサンラザール駅は地上乗り換えとなるし、入口がわからずに戸惑ったし、距離的にも遠かった気がする。

23par3203s
サン・ラザール駅からラファイエットまでは歩ける距離だし、プランタン前にあるアーヴル・コーマルタン駅“Havre-Caumartin”あたりからなら、サントーギュスタン駅から歩くよりも近いかも。

23par3204s
パリのメトロはラッシュ時間は混雑するので、もしかしたら帰宅ラッシュに当たるかと思ったけど、ピークを越しているのかメトロ9号線は空いている。

23par3205s
アーヴル・コーマルタン駅で列車を降りる。

23par3206s
ナヴィゴ・デクーヴェルト“Navigo Découverte”の週間定期券(ナヴィゴ セメーヌ“Navigo Semaine”)を持っているので、何度でも乗り降り自由。地上に出てしまうことにする。

23par3207s
メトロのポスターでサロン・ド・ショコラの開催を知る。来週はサロン・ド・ショコラかぁ。サロン・ド・ショコラに合わせて、パリに来るというのも良かったかもしれないなぁ。毎年、この時期は2年に一度はパリモーターショー、毎年この時期にはサロン・ド・ショコラが開催されるのはわかっているはずなのに。今回、4年4ヶ月ぶりのパリ旅行ということもあって、好奇心のアンテナがちょっと鈍っている。マルシェを見たり、お花屋さんを見たり、ちょっとずつ感覚を取り戻しつつはあるんだけど、やっぱり4年4ヶ月のブランクは大きいのかも。

23par3208s
地上に出るとプランタンのディスプレイが美しい。

23par3209s
地上に出てしまえば、サン・ラザール駅には地図を見なくてもいける。この先の右側にモノプリがあったはず。

23par3210s
SNCFサン・ラザール駅まで行かなくても、メトロ12号線の入口を発見。まぁ、メトロ12号線でピガール駅“Pigalle”に行って、まだ夜遅い時間じゃないから歩いてもいいか。

23par3211s
メトロ12号線の北行きに乗ることにする。メトロ12号線の終点の駅名、オーベルヴィリエ“Mairie d'Aubervilliers” なんていう駅だったかなぁ?メトロの駅には、終点以外にも停車駅が書いてあるので、よくわからない場合は目的地の駅があるかどうかチェック。ピガールまで4駅もあるんだ。

23par3212s
この4年4ヶ月の間に、パリメトロは延伸が進んでいる気がする。

23par3213s
メトロ12号線の車両は昔から知っている車両。

23par3214s
パリのメトロといえば、この手動ドア。

23par3215s
ピガール駅で列車を降りる。

23par3216s
メトロ2号線に乗り換えればホテルの最寄駅であるブランシュ駅まで行けるけど、久しぶりにピガール駅で降りて怪しげな歓楽街の雰囲気を感じてみることにする。

23par3217s
地上に向かう。

23par3218s
まだそんなに遅い時間でもないので、ピガール駅前はそんなに賑やかじゃない。

23par3219s
お店は怪しいけど、人通りが多いわけではなく、客引きがいるわけではないので安心して歩けます。

23par3220s
“Supermarché érotique”というネーミング、なかなかおもしろい。エロチックなスーパーマーケットって何が売っているんだろう?

23par3221s
あっという間にお隣のブランシュ駅まで歩いてしまう。

23par3222s
私は風景や街歩きが好きなので、フランス旅行中にショーを見たりしないんだけど、文化を知るためにはムーラン・ルージュのショーを一度は見ておくべきかしら。

23par3223s
カストラマの入る建物が見えてきたら、もうホテルはすぐ。

23par3224s
最近のホームレスはテント生活。

23par3225s
イビス・モンマルトル・サクレクールに戻ってくる。パリ1日観光、楽しかった。けっきょく、新しいスポットにはまったく行っていなくて、自分が今まで知っているパリに変化がないかを見てまわる1日だった気がする。私の知っているパリは、4年4ヶ月ぶりでも大きく変わりがなく、なんだか安心する。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2024年6月14日 (金)

【パリ 2023/10/25 17:07】フランス・パリ滞在72時間の旅3日目(11)パリ最後の夕ごはんはどうしても食べたかったアンドゥイエット“Andouillette”!

23par3100s
【2023年10月25日17:07、パリ・シャンゼリゼ通り“Av. des Champs-Élysées”】
46h経過

23par3101s
特に立ち寄るお店もないんだけど、シャンゼリゼ通りを歩いていると幸せな気分。2002年から2019年まで18年間連続で毎年フランスに立ち寄っていたし、パリに来ることは特別なことだとは思っていなかったんだけど、コロナウイルス感染症の影響で4年4ヶ月ぶりになってしまい、普通にシャンゼリゼ通りを歩くことが本当に幸せ。

23par3102s
駅名の日本語表示の通り、メトロのフランクリン・ルーズベルト駅“Franklin D. Roosevelt”に入る。

23par3103s
でも、パリ・メトロ1号線に乗るわけじゃない。ちなみに、時代の変化を嫌い、過去の価値観を大切に考える「日本人としての誇り」を取り戻す人たちは、もしも東京メトロが無人自動運転になったら「万が一、事故が起きたときに乗務員がいないなんてけしからん!」と大騒ぎするので、乗務員がいない無人完全自動運転のパリ・メトロ1号線には乗ってはいけない。そして、マスメディア関係者も無人自動運転で小さなトラブルが発生したら無人運転なんて危険だと大騒ぎするので乗ってはいけない。でも、「日本人としての誇り」が大切な人も、そしてマスメディアも、中国や韓国は見下すけど、フランスに対しては羨望の眼差しで「さすがフランスの最新技術!」と絶賛するかもしれないけど。

23par3104s
メトロ9号線の乗り場を目指す。

23par3105s
東行き、モントルイユ方面の列車を待つ。

23par3106s
昨日も乗っているけど、メトロ9号線は新しい車両。

23par3107s
夕ごはんにはちょっと早い時間帯なので、ラファイエット本店に寄ろうかと思ったんだけど、特に見たいものも買うものもないし、立ち寄ってしまうと絶対にこの円安ユーロ高なのに余計なものを絶対に買うので、途中下車せずに混雑しないうちにレストランに向かう。

23par3108s
グラン・ブールヴァール駅“Grands Boulevards”で降りる。

23par3109s
もうこの駅で降りて、向かうレストランはあそこしかない。

23par3110s
目印のホリデーインのある交差点を右に曲がる。

23par3111s
ブイヨン・シャルティエ“Bouillon Chartier”の看板が見えてきた。

23par3112s
まだ明るい時間なので、行列はできていない。このお店は11:30の開店から深夜24:00までノンストップ。

23par3113s
列に並ぶことなく、そのままお店に入る。

23par3114s
この天井が高い空間が好き。さすがにテーブルは空いているけど、そこそこお客さんがいる。

23par3115s
テーブルに案内される。

23par3116s
外国人観光客なので英語メニューが出されるんだけど、フランス料理って英語メニューの方がわかりづらいので、生意気にもフランス語メニューに交換してもらうようにお願いする。

23par3117s
そんなに難しい料理はないので、フランス語メニューの方が理解できる。このメニューは日替わりで印刷されているようで、左側に“MENU SUGGESTION”に日替わりメニューが書かれている。

23par3118s
裏面はワイン。白ワイン、赤ワインのフルボトルでも10ユーロからあるのは、さすがシャルティエ。カラフェのワインは赤でも白でも25clで3.2ユーロと安い。

23par3119s
カラフェの赤ワイン。

23par3120s
前菜としてエスカルゴ。6つで7.5ユーロ。

23par3121s
メインは定番の5Aのアンドゥイエット“Andouillette grillée 5A, sauce moutarde”。5Aは、アンドゥイエット愛好家協会“L’Association Amicale des Amateurs d’Andouillette Authentique (AAAAA)”認定のものなので、美味しいアンドゥイエットのあかし。

23par3122s
モツの臭みを消していないので、ものすごくモツくさいんだけど、それが旨味となって最高に美味しい。4年4ヶ月ぶりのパリで、どうしても食べたかったものはアンドゥイエット!

23par3123s
今回の旅で最後の夕食なので、デザートには、ババ・オ・ラムもあったけど昨日食べたので、クレーム・キャラメル“Crème caramel”。

23par3124s
そして、最後にエスプレッソ。

23par3125s
ブイヨン・シャルティエでは注文は紙のテーブルクロスに書き込まれる。そして、会計もテーブルクロスに書き込まれる。前菜、メイン、デザート、カラフェのワイン、食後のエスプレッソ込みで28.20ユーロなんて、リーズナブルすぎる。私のヨーロッパ滞在中の金銭感覚はユーロがベースなので、円安の今だと円換算だと高い!と思う人もいるかもしれないけど、そう感じる人は、ぜひ、サン・ミシェルの安食堂街で12ユーロのコース料理をお楽しみください。そして、12ユーロのコース料理の感想をぜひ私に教えてください。でも、次にパリに行った時に円安ユーロ高が続いていたら、ちょっと興味があるので12ユーロのコース料理を試してみようかな。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2024年6月11日 (火)

【パリ 2023/10/25 16:23】フランス・パリ滞在72時間の旅3日目(10)オー・シャンゼリゼ“Les Champs-Élysées”!

23par3000s
【2023年10月25日16:21、パリ・メトロ2号線テルヌ駅 “Ternes” 付近】
45h経過

23par3001s
ブランシュ駅からパリ・メトロ2号線のポルト・ドフィーヌ駅“Porte Dauphine”方面の列車に乗る。メトロ2号線は新しい車両。

23par3002s
銀座線を走っていた営団01系や丸ノ内線を走っていた営団02系のような車内案内表示。列車はシャルル・ド・ゴール・エトワール駅“Charles de Gaulle - Étoile”に到着。

23par3003s
ほとんどの乗客はシャルル・ド・ゴール・エトワール駅で降りてしまう。

23par3004s
もう、この駅で降りる観光スポットはアレしかない。

23par3005s
シャルル・ド・ゴール・エトワール駅から地上に出るこのエスカレータが私は大好き。

23par3006s
地上が見えてきた。雲が切れて青空が見えている。

23par3007s
エスカレータの終点に来ると、目の前には凱旋門(エトワール凱旋門“Arc de triomphe de l'Étoile”)が現れる。このエスカレータで、いきなり凱旋門が正面に現れるのが私は好き。

23par3008s
ナポレオン・ボナパルトの命によって新古典主義建築で建設されたのは19世紀なので、凱旋門はそんなに古くはない。しばらく凱旋門を眺める。そして、ロン・ポワンのクルマの動きに見入ってしまう。

23par3009s
ここへ来たなら、次に行くのはシャンゼリゼ通り“Av. des Champs-Élysées”でしょう。

23par3010s
ラグビーワールドカップのグッズが売られている。

23par3011s
まぁ、オフィシャルグッズの価格はユーロで考えてみれば、そんなに高くはない。

23par3012s
シャンゼリゼ大通りは多くの観光客で賑わっている。よく考えたら、今回のパリの街歩きでは、昨日の深夜にトロカデロからエッフェル塔を見たけど、観光客が集まるような場所にあまり行っていないのかも。コロナ禍が終わって、普通の社会が戻ってきたことを実感する。まぁ、ヨーロッパでは、いつまでもコロナ対策を続けた日本よりもかなり早い時期に正常化できていたんだと思うけど。

23par3013s
晴れているシャンゼリゼ通りから見る凱旋門は、パリらしい風景。

23par3014s
シャンゼリゼ通りを歩く。

23par3015s
ルイ・ヴィトンのモノグラムが光る建設中のビル。何ができるのかなぁ?

23par3016s
隣にあるルイ・ヴィトンの本店は以前と変わらない。

23par3017s
建設中のビルはルイ・ヴィトン本店よりも大きい。

23par3018s
「オー・シャンゼリゼ」“Les Champs-Élysées”のメロディが頭の中に流れてきて、シャンゼリゼ通りを歩いているとなんとなく幸せな気分。

23par3019s
以前はシャンゼリゼ通りにプジョーやシトロエンのショールームがあったんだけどなくなってしまったので、立ち寄る場所がない。立ち寄るとすれば、パリサンジェルマンのショップくらい?

23par3020s
「るるぶパリ2024」に掲載されていたピエール・エルメとロクシタンがコラボしたキャトルヴァンシス・シャン“86 Champs”はここのことかな。

23par3021s
シャンゼリゼ通りは近代的な建築が増えてきているけど、ゲラン本店“Maison Guerlain”の建物が好きかも。

23par3022s
この場所ってラファイエット“Galeries Lafayette Champs-Élysées”だったっけ?

23par3023s
でも、入口はモノプリ“MONOPRIX”になっている。モノプリだったら昔からある。

23par3024s
建物の左側にちゃんとスーパーマーケットとしてのモノプリも健在。もしも、ばら撒きみやげのモノプリのエコバックが欲しかったら、セルフレジのそばにある。

23par3025s
晴れていることもあって、シャンゼリゼ通りを歩くのって、パリに来た気分を感じることができて本当に楽しい。頭の中で「オー・シャンゼリゼ」“Les Champs-Élysées”のメロディがずっと流れている。ようやく普通にパリに来られて、パリを歩くことができていることが何よりも幸せ。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2024年6月 7日 (金)

【パリ 2023/10/25 14:19】フランス・パリ滞在72時間の旅3日目(9)モンパルナスのリドルでおみやげを買ったあとは、いったんホテルに戻る。

23par2900s
【2023年10月25日14:19、モンパルナス・ビヤンヴニュ駅“Montparnasse - Bienvenüe”】
43h経過

23par2901s
すごい、モンパルナス・ビヤンヴニュ駅“Montparnasse - Bienvenüe”のキオスク“Kiosque”は果物屋さん。

23par2902s
ど真ん中に売られているのはKAKI。

23par2903s
どうやら、モンパルナス・ビヤンヴニュ駅攻略に失敗した様子。地下鉄の連絡通路が長い駅があることは世界共通なんだけど、事前に知っているのに毎回ワナにはまってしまう。

23par2904s
この長い通路を避けるために、どこから駅に入ったら良いか迷ったのに。この長い通路を通りたくないから迷ったのに。SNCFのモンパルナス駅から入れば良かったのかも。もっとも、後から考えれば、正解はゲテ駅だったと思う。

23par2905s
メトロ13号線は、行き先が2つあるけど、プラス・ド・クリシー駅にはどちらの行き先の列車でも行ける。

23par2906s
ちゃんと、モンパルナス・ビヤンヴニュ駅の構造を理解しなくちゃ。今回は明らかに失敗だけど、よく考えたら、乗り換えの時は乗り換えたい路線によるから、長い連絡通路を通ることは避けられないのかも。

23par2907s
メトロ13号線は昔ながらの接近表示。ホームドアは、低いタイプだけど、乗り越えられないくらいの高さ。

23par2908s
おみやげは持っているけど、そんなに大荷物じゃない。

23par2909s
プラス・ド・クリシー駅に到着。

23par2910s
今回のイビス・モンマルトル・サクレクール“Hôtel Ibis Paris Montmartre 18ème”、プラス・ド・クリシー駅からメトロ2号線もメトロ13号線も使えるので便利かも。

23par2911s
左岸から右岸に来たからかなぁ?傘を刺さなくてはならないほど降っていたのに、雨はあがっている。

23par2912s
ホテルに荷物を置いても、まだ早い時間なので、せっかく晴れているし次はどこに行こうかなぁ。

23par2913s
イビス・モンマルトル・サクレクールはメルキュールと併設されており、1階はホームセンターやフードコートになっている。

23par2914s
そういえば、1階にあるホームセンターのカストラマ“castorama”にもフードコートの“flunch”にも入ったことはないかも。

23par2915s
ということで、初めてのカストラマに入ってみることにする。お店の外にはすでに花が売られている。

23par2916s
鉢植えの花などが売られており、ちょっと楽しいかも。

23par2917s
まぁ、観光客が来るところではないけど、花の苗や肥料、地下は工具などが売られており、まさにホームセンターでちょっと楽しい。

23par2918s
“flunch”はカフェテリア方式のレストランみたい。今回のパリ滞在72時間の旅では円安ユーロ高の影響を受けて、私が知る限りの、美味しいんだけどコストパフォーマンスの良いレストランを選んでいるつもりだけど、カフェテリア方式の“flunch”を試してみてもいいかも。

23par2919s
イビス・モンマルトル・サクレクールに戻ってくる。

23par2920s
すでに部屋の清掃は終わっている。

23par2921s
いつもだったら、午後にホテルに戻ってしまうと夕食までは部屋でのんびりしてしまうことが多いんだけど、今回は荷物を部屋に置いてすぐに出かけることにする。だって、雲が切れて、せっかく晴れてきているんだもん。

23par2922s
ムーラン・ルージュの前を通ってブランシュ駅に向かう。日差しもあるけど、まだ黒い雲もある。

23par2923s
ブランシュ駅から再びパリ観光に向かう。

23par2924s
私の旅は行き当たりばったり。さて次に向かうのはどこでしょう?

23par2925s
メトロ2号線の西行き、ポルト・ドフィーヌ駅“Porte Dauphine”方面の列車に乗る。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2024年6月 4日 (火)

【パリ 2023/10/25 13:27】フランス・パリ滞在72時間の旅3日目(8)モンパルナス墓地で、セルジュ・ゲンズブールの墓参り。

23par2800s
【2023年10月25日13:27、エドガー・キネ通り “Bd Edgar Quinet”】
42h経過

23par2801s
マルシェが大好きな私にとって、予定外にエドガー・キネのマルシェに巡りあえるなんて幸運なんだろう。さらにエドガー・キネ通り“Bd Edgar Quinet”を進む。

23par2802s
もう何度も来ているモンパルナス墓地“Cimetière du Montparnasse”で、久しぶりにセルジュ・ゲンズブールの墓参りをすることにする。今回、ヨーロッパ旅行を復活してパリに行こうと思ったきっかけは、ゲンズブールのミュゼに行こうと思ったことだから、墓参りをしなくちゃ!

23par2803s
もう何度も来ているので、ゲンズブールの墓の場所はだいたいわかっている。

23par2804s
だけど、モンパルナス墓地に来たからには、せっかくだから別のお墓を先にお参りする。モンパルナス墓地に入って、すぐに右側に曲がる。

23par2805s
サルトルとボーヴォワールの墓“Tombe de Jean-Paul Sartre et Simone de Beauvoir”には、キスマークやリップで書かれたハートがたくさん。

23par2806s
寄り道をしたけど、ゲンズブールの墓に向かう。正門からまっすぐ伸びる道を進む。

23par2807s
ゲンズブールの墓は分かりやすく、まずはモンパルナス墓地の中央にあるロータリーまで進む。

23par2808s
ロータリーに沿って、左手に進んで、左側に入る道に入ってすぐにある。

23par2809s
お供え物が少なくなっているので、以前よりも、ゲンズブールの墓を訪れる人は少なくなっている気がする。コロナ禍を乗り越えて、ようやくゲンズブールの墓参りに来られるようになったんだなぁとしみじみと感じる。

23par2810s
「リラの門の切符切り」“Le poinçonneur des Lilas”にちなんだメトロの切符も少なくなっている。すでにメトロの駅に切符切りはおらず、遠くない未来には紙の切符は無くなってしまうかもしれないけど。

23par2811s
モンパルナス墓地の西側の道“Av. de l'Ouest”を進むと、小さな出入り口がある。

23par2812s
小さな出入り口からモンパルナス墓地を出る。

23par2813s
お墓の入口には花屋さん。お墓にお花を手向けるのは世界共通なのかもしれない。

23par2814s
私は花屋さんを見るのも好き。パリを歩いていると、だんだんと私の旅のスタイルが戻ってくる。

23par2815s
花も季節を感じることができる。

23par2816s
国によって、そして花屋さんによってアレンジが異なるブーケを見るのが好き。

23par2817s
メトロ13号線のゲテ駅“Gaîté”が途中にあったのに気がつかずにモンパルナス方面に歩く。

23par2818s
ゲテ駅に気がつかなったのは、この時はモンパルナスのリドル“LiDL”に寄ろうと思っていたから。パリ市内でリドル“LiDL”に行こうとしたら、私はここしか知らない。ここのリドル“LiDL”は、メーヌ通り“Av.du Maine”沿いにあるので分かりやすい。

23par2819s
パレ・ブルトン“Parets Bretons”が2つで1.80ユーロと激安。以前はもっと安かった気がするけど。激安だけど、このパレ・ブルトンは自分用にも買ってくるんだけど、バターの風味がちゃんとしていて、ちゃんと美味しい。きっと私は、ル・メール・プーラール“La Mere Poulard”ブランドのものと食べ比べをしても区別がつかないだろう。

23par2820s
16個も入っている個包装のマドレーヌが、1.65ユーロ。かさばるけど、ばら撒きみやげには最適。もちろん、激安だけど、ちゃんと美味しい。“Sondey”というプライベートブランドになっており、おみやげに買ったとしても、普通の人にはリドルのものだとはわからない。そもそも普通の人はリドルを知らない。フランスの地方都市にはけっこうあるんだけど、パリの目立つ場所にリドル“LiDL”のお店がないので軽度のフランスかぶれの人もきっと知らない。数回フランス旅行をしているくらいの時期で「私はフランス通です。フランスのことを知っています。」と思い始める中度のフランスかぶれの人が一番面倒で、リドル“LiDL”のことを知っていて安物だとバカにするかもしれない。だけど、さらに病状が進んで重症のフランスかぶれになると、リドルは激安だけど美味しいんだから別にいいんじゃない?となるので、けっきょく、フランスみやげはリドルで十分。

23par2821s
リドルでかさばるおみやげを買ってしまったので、一度、ホテルに荷物を置きに戻ることにする。プラス・ド・クリシー駅に行くには、ちょっとだけ道を戻ってメトロ13号線のゲテ駅“Gaîté”から乗るのが一番よかったんだけど、私はすっかりモンパルナス・ビヤンヴニュ駅“Montparnasse - Bienvenüe”からメトロ13号線に乗るつもりでいるのでこの時はゲテ駅の存在に気がつかない。

23par2822s
ゲテ駅の方が近かったのに、どうしてもモンパルナスタワーのようなランドマークがあると、そちらに向かって歩いてしまう。

23par2823s
私はモンパルナス駅の構造が今でも頭の中に入っていない。モンパルナス・ビヤンヴニュ駅は、路線によっては乗り換えのための連絡通路が長いことは知っているのに、毎回長い通路を歩く羽目になる。長い連絡通路を避けてメトロ13号線に乗るにはSNCFモンパルナス駅から入った方がいいのか、モンパルナス通りから入った方がいいのか、よくわからない。

23par2824s
なんとなくメトロの入口を探しているうちにモンパルナス通りに近づいてくる。

23par2825s
けっきょく、モンパルナス通りに近いメトロを降りて地上から出た場所からメトロ13号線に乗るためにモンパルナス・ビヤンヴニュ駅に入る。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 2024年5月 | トップページ

Link(広告)

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ