2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR(広告)

にほんブログ村

Voyages

« 【パリ 2023/10/25 10:43】フランス・パリ滞在72時間の旅3日目(5)絶対に買うべきパリ土産は、ポワラーヌ“Poilane”のピュニション“Punition”。 | トップページ | 【パリ2023/10/25 13:04】フランス・パリ滞在72時間の旅3日目(7)想定外のエドガーキネのマルシェ“Marché Edgar Quinet”へ。 »

2024年5月28日 (火)

【パリ 2023/10/25 11:27】フランス・パリ滞在72時間の旅3日目(6)パリでのお昼ごはんは、サン・ミッシェルの安食堂街でクスクスを。

23par2600s
【2023年10月25日11:27、ストラスブール=サン・ドニ駅“Strasbourg Saint-Denis”】
40h経過

23par2601s
ストラスブール=サン・ドニ駅“Strasbourg Saint-Denis”で、パリ・メトロ8号線からメトロ4号線に乗り換える。どうも、まだメトロ4号線の南方面の終点がバニュー駅“Bagneux(Bagneux - Lucie Aubrac)”であることに慣れない。

23par2602s
到着案内は、ホームドアに表示される。

23par2603s
車両が到着。

23par2604s
先ほど下車したシテ駅よりも1つ先のサン・ミシェル駅“Saint-Michel”駅で降りる。

23par2605s
向かっているのは、そろそろお昼ごはんの時間なのでサン・ミシェルの安食堂街。今回は、4年4ヶ月ぶりのパリなので食べたいものを食べる。だけど、円安なので、お手軽だけど美味しいものを食べる。

23par2606s
サン・ミシェル広場の本屋ジベール・ジュネ“Gibert Jeune”は2021年3月に閉店となる。バルベス・ロシュシュアール駅“Barbès-Rochechouart”のタチ“TATI”もなくなり、フランスの風景は変化している。まさかタチがなくなるなんて信じられない。

23par2607s
セーヌ川沿いの道路に出て、再び、ノートルダム大聖堂を眺める。

23par2608s
そして、サン・ミシェルの安食堂街に入っていく。

23par2609s
この食堂街はとにかく安い。フランス料理のレストランを見てみる。

23par2610s
前菜、メイン、デザート込みで18ユーロのコース料理と28ユーロのコース料理がある。18ユーロのコースで、前菜としてエスカルゴ、メインにブフ・ブルギニョン“Bœuf bourguignon”、デザートにフォンダンショコラが選べるんだから、観光客には十分。

23par2611s
こちらもフランス料理のレストラン。雰囲気は悪くない。

23par2612s
前菜、メイン、デザートのコース料理が15ユーロ!前菜としてオニオングラタンスープやエスカルゴ、メインはブフ・ブルギニョンだけではなくマグレ・カナールまで選べる。デザートにタルト・タタンだと?本当に15ユーロ!?

23par2613s
さらに前菜、メイン、デザートのコース料理が12ユーロ!?さすがに前菜はウフマヨなど簡単なものだけど、メインはステーキや鶏肉のグリル、デザートはムース・オ・ショコラなどちょっと簡単なものになるけど、コース料理が12ユーロは破格の値段!?円安ユーロ高の今こそ、試してみるべき?

23par2614s
お店の外で並んでいるのかなぁ?怪しげな日本風料理店の看板は「カラツビカレー」の下には“Subarashi Ramen”と書かれている。ぜんぜん違うじゃん。「鬼金棒」と書かれているので、日本のカラシビ味噌ラーメンと関係があるのかなぁ?

23par2615s
かなり怪しい。豚骨ラーメンにヤングコーンが載っているのはカラシビ味噌ラーメンのオマージュ?なぜかうなぎごはんとたこ焼きも提供。だけど、看板に書かれている「カラツビカレー」はないみたい。まさか商標権を侵害しないために、わざと「カラツビ」にしている?まぁ、海外に行くと、なんちゃって日本料理店はたくさんあって、私はむしろ、なんちゃって日本料理店のメニューを面白がって見ているだけなんだけど。

23par2616s
私がこの安食堂街で食べようと思っているのは、モロッコ料理専門店オー・ボン・クスクス“Au Bon Couscous”で食べるクスクス。

23par2617s
パリで食べたいものを考えたときに、久しぶりにクスクスを食べたくなった。お店の中に入って、クスクスを注文。

23par2618s
クスクスは、豪華になると肉類が増えていくんだけど、私はメルゲーズのみで十分。野菜スープとクスクスが運ばれてくる。本場のチュニジアやモロッコでクスクスを食べると、最初からクスクスの上にスープがかけられてしまっていることが多い気がするんだけど、フランスでは蒸したてのクスクスとスープが別に出てくる。

23par2619s
私はフランス式なのかもしれないけど、野菜スープとクスクスが別に出てくる方が好き。そして、クスクスはとても食べきれないほど大盛り。フランスで安くてお腹いっぱいになるにはクスクスが一番。

23par2620s
つけ合わせは、ひよこ豆にレーズン。

23par2621s
たっぷりと野菜が入った野菜スープ。

23par2622s
そして、メルゲーズ。

23par2623s
絶対に忘れてならないのは、辛味を足すハリサ(フランス語ではアリッサ)“Harissa”。これを入れると風味が違う。

23par2624s
クスクスにたっぷりとスープを含ませて食べるのが好き。粒食文化である日本で、もっとクスクスが流行してもいいのになぁ。そんなことを2023年春に神戸北野のカフェ・ド・パリ“Cafe de Paris”でエマニュエル・アズーズ氏と話した気がする。たしか、アズーズ氏がパリに久しぶりに帰るというので、パリに帰ったら何を食べたい?という話になって、「クスクス」という答えで盛り上がり、安くて美味しいクスクス屋が日本にもあってもいいという話になる。

Cafe de Paris(神戸北野)
https://cafe-de-paris.jp/

23par2625s
もちろん、このお店に来たら食後に飲むものは、エスプレッソではなく、テ・ア・ラ・マンタ“Thé à la menthe”が美味しい!

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 【パリ 2023/10/25 10:43】フランス・パリ滞在72時間の旅3日目(5)絶対に買うべきパリ土産は、ポワラーヌ“Poilane”のピュニション“Punition”。 | トップページ | 【パリ2023/10/25 13:04】フランス・パリ滞在72時間の旅3日目(7)想定外のエドガーキネのマルシェ“Marché Edgar Quinet”へ。 »

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【パリ 2023/10/25 10:43】フランス・パリ滞在72時間の旅3日目(5)絶対に買うべきパリ土産は、ポワラーヌ“Poilane”のピュニション“Punition”。 | トップページ | 【パリ2023/10/25 13:04】フランス・パリ滞在72時間の旅3日目(7)想定外のエドガーキネのマルシェ“Marché Edgar Quinet”へ。 »

Link(広告)

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ