2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR(広告)

にほんブログ村

Voyages

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024年4月30日 (火)

【パリ2023/10/24 19:55】フランス・パリ滞在72時間の旅2日目(12)ル・ルレ・ドゥ・ラントルコート・マルブフ店で絶品ステーキ・フリット“Steak Frites”を。

23par19001s
【2023年10月24日19:55、ル・ルレ・ドゥ・ラントルコート・マルブフ店“Le Relais de L'Entrecôte Marbeuf”】
24h経過

23par1901s
目的地のル・ルレ・ドゥ・ラントルコート・マルブフ店に到着すると、予約を取らないので建物の裏手までのすごい行列ができている。

23par1902s
すでに1時間以上並んでいる。ようやくお店のそばまで近づいてきた。観光客よりもフランス人のグループが多い感じ。

23par1903s
1時間20分以上待って、21:19にようやく入店し、窓際の席に案内される。このル・ルレ・ドゥ・ラントルコートは、メニューはステーキ・フリットしかないので注文は焼き加減と飲み物のみ。焼き加減はミディアム“A point”で注文する。

23par1904s
あとはセットメニューで最初はサラダが運ばれてくる。赤ワインをグラスで注文。

23par1905s
しばらくすると、ステーキ・フリットが運ばれてくる。この緑がかったオリジナルのソースが最高にステーキを美味しくさせている。今回のパリ滞在72時間で、パリで何を食べようかと考えた時に、このソースがかけられたステーキ・フリットがどうしても食べたくなる。

23par1906s
ソースにはマスタードが入っているのはわかるんだけど、本当にこの絶品ステーキソースが美味しい。

23par1907s
同じような写真だけど、ステーキ・フリットは2回に分けて提供されるので、1回目を食べ終わるとおかわりが来る。

23par1908s
デザートとして、ババ・オ・ラムを注文。私はババ・オ・ラムが大好き。

23par1909s
最後にエスプレッソで口の中をスッキリさせる。1時間20分以上並んだけど、やっぱり、ここのステーキはソースが絶妙で最高に美味しい。

23par1910s
レストランを出ると時刻はすでに22時を過ぎている。あまり夜遅くに観光するのは私は好きじゃないんだけど、現在地から考えると、エッフェル塔がものすごく近いのでエッフェル塔を見るためにシャイヨー宮に行く事にする。

23par1911s
アルマ橋“Pont de l’Alma”の方向へ向かっていくとエッフェル塔が見えてくる。

23par1912s
老舗キャバレーのクレイジーホースは、まだこれからショーがあるのかなぁ。私はムーラン・ルージュもクレイジーホースにも行ったことがないんだけど、そろそろ体験した方がいいかしら。

23par1913s
アルマ広場“Place de l’Alma”に近づいてくると、エッフェル塔がきれいに見える。

23par1914s
ここからでも十分にエッフェル塔を楽しめる。写真のエッフェル塔の足元左下に小さく自由の炎“Flamme de la Liberté”が見える。ここはダイアナ元妃が交通事故死した場所の慰霊碑となっている。

23par1915s
メトロ9号線のアルマ・マルソー駅“Alma-Marceau”に入る。

23par1916s
深夜のメトロに乗ることは滅多にないので、ちょっと緊張する。

23par1917s
メトロ9号線に乗るのは今日2回目。ホームドアはないけど、新しい車両。夜遅いけど電車が来るのを待っている人もいるし、治安としては大丈夫だろう。

23par1918s
トロカデロ駅“Trocadéro”で降りる。大都会のパリでは22時を超えても、適度に観光客や一般の乗客がいるのでむしろ安心する。

23par1919s
今の時刻は22:30なので、23時からのエッフェル塔のシャンパンフラッシュを見ることができそう。

23par1920s
まだエッフェル塔をこれから見にいく観光客、すでに帰りの観光客がけっこういる。混雑しすぎてもスリがいるし、空きすぎていても周囲を囲まれる危険性があるので、緊張してしまう。まぁ、普通に警戒していれば大丈夫なんだけど、常にどこかで警戒心を持つことこそが海外旅行。

23par1921s
トロカデロ広場ではフェルディナン・フォッシュ“Ferdinand Foch”の騎馬像がシャイヨー宮、そしてエッフェル塔を見守っている。エッフェル塔が見えるシャイヨー宮へ向かう。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2024年4月26日 (金)

【ル・アーヴル2023/10/24 16:54】フランス・パリ滞在72時間の旅2日目(11)メトロ9号線のサントーギュスタン駅“Saint-Augustin”が見つからない!

23par1800s
【2023年10月24日16:54、ル・アーヴル駅“Gare du Havre”】
21h経過

23par1801s
17:08発パリ・サン・ラザール駅行きの列車に乗る。この列車は全席指定となっている。日本の新幹線や特急列車も同じだけど、検札の時に空席のはずの席に座っている人をチェックすればいいので、全席指定の方が検札を行いやすい。

23par1802s
特急あずさや踊り子はランプで空席がわかるようになっているけど、販売された切符と連動して区間が表示されるのはすごい。

23par1803s
このくぼみはスマートフォンを置くためのもの。スマートフォンで動画を楽しむことができる。

23par1804s
フランスの鉄道車両ではゴミ箱が各座席に設置されている。ゴミを集めるのが手間だと思うけど、もしかしたら雇用の維持のため設置されているのかなぁ?それとも、ゴミ箱がないと、乗客がゴミを座席周辺に散らかしてしまうともっと手間がかかるから設置されているのかなぁ。リンゴの芯、バナナの皮のピクトグラムがおもしろい。

23par1805s
田園地帯をパリに向けてひた走る。

23par1806s
途中駅のルーアンまでは乗客は少ないんだけど、ルーアンからはだいぶ席が埋まってくる。

23par1807s
列車は遅れることなく定刻19:23にパリ・サン・ラザール駅に到着する。

23par1808s
すでに日は暮れている。

23par1809s
今日の夕食はどうしようかなぁ。昨日すでにムール貝のワイン蒸しを食べてしまったので、あとはパリで何を食べようか。ホテルがクリシー広場なので、左岸まで行くのは面倒くさい。列車の中で考えていて、前回パリに来た2019年6月29日に、モンパルナスで食べた、ソースが絶妙な美味しいステーキを食べたくなる。シャンゼリゼ通りのそばにマルブフ店があるみたいなので、今日は「ル・ルレ・ドゥ・ラントルコート」“Le Relais de L'Entrecôte”マルブフ店“Marbeuf”に行ってみることにする。

2019一目惚れをしたポルトへの旅 1日目(6)パリ・モンパルナスの「ル・ルレ・ドゥ・ラントルコート」“Le Relais de L'Entrecôte”でステーキ・フリット“Steak Frites”を。
https://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-4fd517.html

23par1810s
メトロの路線図を見るとパリ・サン・ラザール駅からメトロ9号線のサントーギュスタン駅“Saint-Augustin”に接続できるみたいなので、メトロ9号線でフランクラン・D・ローズヴェルト駅“Franklin D.Roosevelt”に向かえば乗り換えなしで行けそう。

23par1811s
もはやラデュレのマカロンは、どこでも買えるようになってしまったなぁ。

23par1812s
メトロ9号線の案内表示を発見。

23par1813s
連絡通路ではなく地上乗り換えみたい。

23par1814s
こんな簡単な看板でたどり着けるのかしら。

23par1815s
サン・ラザール駅からペピニエール通り“Rue de la Pépinière”を進み、サントーギュスタン広場“Place St-Augustin”まで来たところでメトロの入口が見つからずに道に迷う。GoogleMapでは広場の真ん中にメトロの駅の表示があるんだけど、メトロの入口はわからず、入口を探して、ちょっとさまよう。GoogleMapを手がかりに広場の周辺を探してもメトロの駅が見つからなくてちょっと不安になる。道路沿いに地図を発見したので確認すると、サン・ラザール駅からのペピニエール通り“Rue de la Pépinière”沿いではなく、オスマン大通り“Boulevard Haussmann”に駅の入口があるみたい。

23par1816s
もっとサントーギュスタン広場の近くにあればいいのに、ちょっと離れたオスマン通り沿いにある、とっても地味なメトロ9号線のサントーギュスタン駅の入口。これじゃあ見つけられない。むしろ、プランタンまで歩いて、アーヴル・コーマルタン駅“Havre-Caumartin”のほうがわかりやすかったかも。

23par1817s
無事にサントーギュスタン駅からメトロ9号線に乗る。

23par1818s
メトロ9号線は新しい車両。

23par1819s
次はフランクラン・D・ローズヴェルト駅。

23par1820s
サン・ラザール駅からメトロ9号線のサントーギュスタン駅への地上乗り換えで、ちょっと道に迷って不安になったけど、乗り換えなしで来られたからよかった。

23par1821s
フランクラン・D・ローズヴェルト駅で降りて地上に出る。

23par1822s
地上に出るとシャンゼリゼ通り“Avenue des Champs-Élysées”。

23par1823s
遠くには凱旋門“Arc de Triomphe”が見える。

23par1824s
マルブフ通り“Rue Marbeuf”に入る。この通りはレストランが多い通りで、大昔にこの通り沿いのどこかのレストランに入ったことがあるんだけど、もう覚えていない。

23par1825s
ル・ルレ・ドゥ・ラントルコート・マルブフ店“Le Relais de L'Entrecôte Marbeuf”を目指して通りを歩く。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2024年4月23日 (火)

【ル・アーヴル2023/10/24 16:03】フランス・パリ滞在72時間の旅2日目(10)歩いてル・アーヴル駅に向かう。

23par1700s
【2023年10月24日16:03、ル・アーヴル市街“Centre Ville du Havre”】
21h経過

23par1701s
ル・アーヴル市街をさらに散策する。近代的なビルの形がおもしろい。

23par1702s
運河“Bassin du Roi”にかかるノートルダム橋“Pont Notre Dame”を渡る。奥にフェリーが見える。

23par1703s
フェリーに書かれた“Brittany Ferries”と言う名前の通り、イギリス・ポーツマスに渡るフェリー。

23par1704s
ここは、魚市場“La Halle aux Poissons”だけど、今は再開発されていて魚市場ではないみたい。だけど、今は閉まっている気配。

23par1705s
路地の奥に聖フランシスコ教会“Église Saint-François du harve”の鐘楼が見える。この教会も1944年9月5日の爆撃により壊滅的な被害を受けたが再建されたもの。Google Mapを見て、日本庭園があるみたいなので駅に向かう途中に立ち寄ってみることにする。

23par1706s
旧型プジョー208(A9)だって、まだまだ古さを感じさせないし、いいクルマ。

23par1707s
どうやらこの一角が日本庭園の様子。どこから入るのか入口がわからない。

23par1708s
入口がわからず半周してしまう。どうやら入口は道路沿いではなかったので運河沿いにあるのかなぁ。

23par1709s
運河沿いを歩く。

23par1710s
日本庭園“Le Jardin Japonais”に到着する。大阪とル・アーヴルは姉妹港だということを知る。

23par1711s
残念ながら、現在の時刻は16:13。すでに16時をちょっとだけ回っており時間外。もうあとは駅に向かうしかない。

23par1712s
プジョー208(P21)は、日本で見ると尖ったデザインに感じていたんだけど、フランスで見かけるとすでに普及していることもあり、普通のBセグメントのクルマに見える。まぁ、そもそもフランスでは普通のBセグメントの乗用車で間違いないんだけど。そして、私はフランス人が普通に乗っているBセグメントのクルマだからこそ、プジョー208が好き。そして、フランス人のように小さなクルマをマニュアル操作でキビキビ走るのが好き。プジョー208(P21)がマニュアルで日本に入ってきたら、もしかしたら買っちゃうかも。どうも、今回のフランス旅行でプジョー208(P21)に惚れてしまった気がする。

23par1713s
前期型で3ドアのプジョー208(A9)アリュールを今日はよく見かける気がする。3ドアのプジョー208(A9)って、そんなに数は多くないのに今日だけで2台も出会っている。まるで浮気して、新しい子(P21)に惚れちゃダメだよと私に伝えるように。

23par1714s
新型プジョー208(P21)と旧型プジョー208(A9)では、リアのデザインが大きく変わっている。私はA9の方が好き。

23par1715s
トラムが走るストラスブール通りまで来れば、もうすぐル・アーヴル駅は近い。

23par1716s
ル・アーヴル駅“Gare du Harve”が見えてきた。海岸からトラムに乗ってしまえば、駅まで10分もかからなかっただろうなぁ。エトルタ行きのバスは海岸を通り、海岸ではトラムにも乗り換えることができるので、事前に調べておいて、計画して街歩きをすれば、もっとル・アーヴル観光ができたかもしれないなぁ。

23par1717s
ル・アーヴル駅に到着する。

23par1718s
駅の待合室内は空いている。

23par1719s
今朝、出発間際のパリ・サン・ラザール駅でマシーンに名前と生年月日をせっかく入力したのにクレジットカードが受け入れられないために買えないという経験をしているので、最初から窓口で切符を買うことにする。窓口で、名前と生年月日を入力する関係でパスポートを見せるように言われる。

23par1720s
次の列車は17:08発パリ・サン・ラザール行き。1番線に停車している車両がそれっぽい感じ。

23par1721s
だけど、発着番線はギリギリにならないと表示されない。

23par1722s
待合室で時間をつぶして、そろそろ発着番線が表示されることかと思って、乗り場に向かう。

23par1723s
私と同じように、旅行者は案内表示版の前で発着番線が表示されるのを待っている。

23par1724s
パリ・サン・ラザール行きの列車は1番線からの発車と表示され、これを見て旅行者は列車に向かう。そもそも、さっきから停車していたじゃん。

23par1725s
ノルマンディ線の特急列車は全席指定だけど、TGVの車両ではない。今回の日帰りのエトルタの旅はおもしろかったなぁ。バスも1時間おきに出ているので、フランス旅行初心者でも難易度は低めなのでおすすめかも。でも、エトルタのバス停の表示が怪しいときは誰かに聞く必要がある。もともとフランス旅行はパリよりも地方の方が私は好き。今回は旅のリハビリテーションで感覚も鈍っているので、パリに3連泊にしてしまったけど、フランスを旅行する感覚が戻ってきたので、ライフワークというと大袈裟だけど、少しずつフランスの地方を巡る、フランス地方パッチワークを復活しようかなぁ。今回、まだ知らないエトルタに出かけてみて、まだ知らないどこかへ行くという好奇心が戻ってきた気がする。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2024年4月19日 (金)

【ル・アーヴル2023/10/24 15:36】フランス・パリ滞在72時間の旅2日目(9)鉄筋コンクリートで作られたル・アーヴルの聖ヨセフ教会“Église Saint-Joseph”。

23par1600s
【2023年10月24日15:36、アーヴル海岸“Plage du Havre”】
20h経過

23par1601s
ル・アーヴルの海岸“Plage du Havre”で海を眺める。さすがにエトルタの海岸の方が美しい気がする。

23par1602s
波打ち際で波の音にしばらく聞き入る。砂浜に小石が混ざっている。

23par1603s
海岸でのんびり過ごしている人が結構いる。

23par1604s
エトルタに行くバスから見えた聖ヨセフ教会“Église Saint-Joseph”に行ってみることにする。

23par1605s
本格的なスケートボード場があって、子供たちがけっこう遊んでいる。周囲に人が住んでいない海岸にスケートボード場があるのはいいかも。

23par1606s
フランスでバーバパパ“Barbe à papa”と言えば、綿菓子のこと。

23par1607s
トラムの線路をまっすぐ進めばル・アーヴル駅だけど、寄り道をして聖ヨセフ教会に向かう。

23par1608s
巨大な鉄筋コンクリートで作られた聖ヨセフ教会。1944年9月に連合国軍による爆撃でル・アーヴルの町全体が破壊されて、聖ヨセフ教会は1951年に建築家オーギュスト・ペレ“Auguste Perret”によって、鉄筋コンクリートで再建された。ル・アーヴルの再建全体にオーギュスト・ペレが関わっているんだけど、旅行記を編集する際になってよく考えたら、私はオーギュスト・ペレの建築物であるペレの塔“Tour perret”を2017年10月27日にアミアンで見ている。

初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 2日目(1)リールからアミアンへ向かう。
https://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/21-8c05.html

23par1609s
聖ヨセフ教会の中に入ってみる。

23par1610s
鉄筋コンクリート構造の近代的な教会。

23par1611s
おもしろいなぁ。高層建築でありながら鐘楼としての塔の内部が吹き抜けになっている。そして、光が差し込んでくる。

23par1612s
祭壇が中央にある。

23par1613s
ル・アーヴルの街歩きを続ける。

23par1614s
ようやく3年7ヶ月ぶりのヨーロッパ旅行、4年4ヶ月ぶりのフランス旅行のリハビリテーションによって、フランスの街歩きの感覚が戻ってきていて、プジョー208(P21)が気になるようになってきた。当たり前だけど、すでにプジョー208(P21)が普通に見られるようになっている。

23par1615s
すでにフランスではプジョー208(P21)は2019年から販売されているので、よく見かけるようになり、斬新的なデザインというよりも、街を走る普通のクルマに見える。まぁ、私はフランスで普通に走っている小さなクルマが好きなわけで、斬新すぎるデザインだと敬遠してきたプジョー208(P21)もいいかもしれないなぁと思い始める。

23par1616s
聖ヨセフ教会を振り返る。

23par1617s
ル・アーヴルの町は第二次世界大戦で焼け野原になったために鉄筋コンクリート建築。

23par1618s
16世紀から17世紀に作られたノートルダム教会“Cathédrale Notre Dame du Havre”は、焼け野原になったル・アーヴルとしては、古い建築物。私には建築様式はパッと見ただけではよくわからないけど、ファサードはイタリアで見かけるバロック様式のような感じ。

23par1619s
街中を普通に見かけるようになると、ふとプジョー208(P21)が気になってしまう。もしかしたら、今さらプジョー208(P21)を好きになってしまったのかも。

23par1620s
プジョー208(P21)のマニュアル車が日本に入って来れば、買っちゃう気がする。プジョー208(P21)の後ろに停車しているのはプジョー206。ヨーロッパの面白いところは、プジョー206だってまだまだ現役。

23par1621s
ル・アーヴルの街は焼け野原になったはずだけど、焼け残ったものなのかなぁ。再建されたものなのかなぁ。

23par1622s
天井を見上げるけど幕もかかっているし、私には建築様式はよくわからない。

23par1623s
教会の椅子に座り、4年4ヶ月ぶりにフランスを訪れることができたことを神に感謝する。

23par1624s
教会内の展示を見ると、やはり、1944年9月5日の爆撃により、鐘楼とファサードは残されているけど、身廊は破壊されている。

23par1625s
教会の周辺が焼け野原になっていることがわかる。よく鐘楼は残ったなぁ。ダンケルクやアレスなどを旅行した時にも感じたことだけど、フランス北部のオードフランス地方やノルマンディ地方は第二次世界大戦の歴史を感じざるを得ない。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2024年4月16日 (火)

【エトルタ2023/10/24 14:03】フランス・パリ滞在72時間の旅2日目(8)大ピンチ!エトルタからル・アーヴルに向かう帰りのバスが来ないかも!?

23par1500s
【2023年10月24日14:03、エトルタの市場“Les halles d'Étretat”】
19h経過

23par1501s
エトルタの市場の時計は14:03を示している。次にル・アーヴルに向かうバスはエトルタ市庁舎前を14:35発の予定。

23par1502s
市場の前の広場には噴水がある。

23par1503s
バス停に向かって歩き始める。

23par1504s
バスを降りてすぐ見つけたカルヴァドスの看板が目立つおみやげもの屋さん。

23par1505s
エトルタは小さな街なので、あっという間に市庁舎前の広場“Place Maurice Guillard”に出てしまう。帰りのル・アーヴル行きの13番バスの乗り場はどこかなぁ?

23par1506s
簡単にル・アーヴル行きの13番バス乗り場を発見。

23par1507s
次のバスは事前にネットで調べていた14:35発で間違いないかと思って、バスの時刻表を探すんだけど、時刻が掲載されていない。時刻表の代わりに案内が貼られている。

23par1508s
えっ?このバス停にはル・アーヴル行きの13番バスが来ない?でも、ル・アーヴルからエトルタに来たバスはこの市庁舎前にちゃんと来ていて、私はここでバスを降りている。行きのバスは来て、折り返しの帰りのバスは来ないことがあるのかなぁ?はたして、このバス停にはル・アーヴル行きの13番バスは来るのか、来ないのか。表示の通り、本来のルートから外れた臨時のバス停に向かうべきなのか。案内にしたがって本来のバスルートから外れた場所にある臨時のバス停に向かうと、もしも、この案内が間違いで、ここのバス停にバスが来てしまうと臨時バス停はルートから外れているので空振りになってしまう。フランス旅行は、たまに困ったことになる。まぁ、思い通りに行かないことに遭遇することこそがフランス旅行、そして海外旅行の楽しみなのかもしれないけど。

23par1509s
困った時はあがいてみる。こんな時は人に聞くしかない。まずやってきた21番バスが到着してしばらく停車しているので、バスの運転手に聞いてみると、ル・アーヴル行きの13番バスはここに来ると言う。

23par1510s
エトルタに到着してすぐに地図をもらった観光案内所に行ってマダムに聞いてみても、ル・アーヴル行きのバスは市庁舎前のバス停だと言う。

23par1511s
バス停の案内のはがし忘れが疑われるんだけど、そして2人に聞いたから大丈夫だと思うけど、フランス人はいい加減なところがあるので、もしかしたら本当にこのバス停に13番バスは来ないかもしれない。でも、2人が2人してここにバスは来るというんだから、ここはフランス人を信じて、このバス停で待つことにする。時刻は14:35に近づいており、エトルタ駅始発のル・アーヴル行きの13番バスが来ないか、じっと道を眺める。

23par1512s
いよいよ運命の時。エトルタ駅方面から1台のバスがこちらに向かってくる。時間から考えると、このバスがル・アーヴル行きの13番バス!?

23par1513s
よし!“13 LE HAVRE GARES”と表示が出ているので間違いない。それにしても、バス停の案内表示が間違っているのは本当に勘弁してほしいなぁ。今回の場合は、人に聞かずにバス停に貼られた案内の通りに別のバス停に行っていたら、臨時バス停にはバスが来ないという事態になったわけで、次のバスまでの1時間を無駄にするところだった。まぁそれがフランスらしいことなんだけど、これが他人の小さなミスを指摘したり、他人の粗探しをするのが大好きな「不寛容社会」となってしまった日本だったら、行きすぎた「正義感」による粗探しが大好きなマスメディアによって全国ニュースになるかもしれない。

23par1514s
ストライキの影響によるエールフランス便の欠航で日本に予定通りに帰れなかったり、パリのメトロがストライキでほとんど動かないことも過去には経験しているので、フランス旅行ではこんなことはごくごく小さなトラブル。わからなかったら、人に聞けばいいじゃん。トラブルに遭ってしまったら、あがいてみるとなんとかなるもの。今回の旅のリハビリテーションで、わからなかったら人に聞いたりして、とにかくあがいてみるという海外旅行の基本を学び直した気分。

23par1515s
のどかな風景をバスはル・アーヴルに向かって走る。

23par1516s
路線バスなので、途中の村から乗客が乗ってくる。

23par1517s
まもなくル・アーヴルの海岸沿いの道に出る。

23par1518s
車窓から海水浴シーズンだったら賑わいそうなル・アーヴル海岸が見えてくる。

23par1519s
次のパリ行きの列車は17:08で時間があるし、ル・アーヴルの海が見たくなって、その名も“La Plage”のバス停で途中下車してみることにする。

23par1520s
すでにル・アーヴル市街に入っており、海岸沿いにはトラムも走っている。

23par1521s
歩いてSNCFのル・アーヴル駅まで歩いていくつもりだけど、駅までトラムに乗ってもいい。

23par1522s
ル・アーヴルの海岸“Plage du Havre”から海を見にいくことにする。

23par1523s
今は干潮なのかなぁ?海岸線までがものすごく遠い。

23par1524s
ようやく海が見えてくる。エトルタ海岸と同様に砂浜に座っている人を見かける。

23par1525s
波打ち際まで行くと、丸い小石だらけのエトルタ海岸と違って、砂地が見える。きっと、夏のバカンスシーズンは、海水浴客で賑わっているんだろうなぁと想像しながら、ぼーっと海を眺める。海を眺めていると、バス停のトラブルなんて、どうでも良くなってくる。まぁ、あがいてみた結果、無事にバスに乗ることができたからだけど。教訓としては、困ったことになったら、とにかくあがいてみることが大事。そして、人に聞いてみることが大事。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2024年4月12日 (金)

【エトルタ2023/10/24 13:33】フランス・パリ滞在72時間の旅2日目(7)ノルマンディ地方エトルタの海岸に座り海を感じる。

23par1400s
【2023年10月24日13:33、エトルタ・アモンの断崖“La falaise d'Amont”】
18h経過

23par1401s
アモンの断崖の遊歩道を歩いてみることにする。もちろん断崖といえども柵なんてない。

23par1402s
クルマの轍の道を歩く。

23par1403s
断崖の先端まで道があるんだけど、私は安全じゃない高所は好きじゃないので、これ以上先には進めない。

23par1404s
おそらく徐々に浸食されているんだと思うけど、モネの見た風景が今も残されている。

23par1405s
断崖の上から眺める海が美しい。

23par1406s
このオブジェはなんだろう?気になったら、近づいてみる。

23par1407s
1927年5月8日、NungesserとColの2人の乗った複葉機ロワゾーブラン“L'Oiseau Blanc”が、大西洋無着陸横断飛行を試みて、パリを飛び立ち、エトルタ上空で目撃されたのを最後に消息を断つ。それから2週間も経たないうちにリンドバーグが1927年5月21日に大西洋無着陸横断飛行を成功させる。この“Le nouveau monument Nungesser et Col”(Monument "L'Oiseau Blanc")はその記念碑だけど、初代の記念碑ではなく、名前の通り、新たに建て替えられたもの。

23par1408s
リンドバーグが大西洋無着陸横断飛行の2週間前に、フランスからも大西洋横断飛行がチャレンジされていたことを初めて知る。

23par1409s
チャペルが修復中でなければ、アヴァルの門や針岩が同じ画面に入る良いアングル。

23par1410s
エトルタの街に戻ることにする。正面にアヴァルの門や針岩が見える。

23par1411s
アモンの岸壁の遊歩道は、下り道はずっと風景を楽しめる。

23par1412s
緩やかな坂道を下っていく。

23par1413s
エトルタの海岸に到着。アヴァルの門や針岩は遠くから見た方がきれい。

23par1414s
海岸まで下りてきて振り返るとアダンの岸壁の石灰岩の壁がある。

23par1415s
遊歩道から海岸に降りてみる。

23par1416s
アダンの岸壁も空洞が開いている。

23par1417s
他の観光客と同じように海岸に座って波の音を聞くことにする。10月下旬だけど、寒くはなく、むしろ、風が心地よく感じる。

23par1418s
海岸に座って青い空の下で波の音を聞いていると、ようやくコロナ禍が終わって、普通にフランスに来られるようになったんだなぁとしみじみと感じる。

23par1419s
エトルタの海岸は、丸い小石の海岸。

23par1420s
青い空、小石が騒めく波の音、雄大な風景をぼーっと眺める。

23par1421s
そろそろバスに乗ってル・アーヴルに戻ろう。エトルタとル・アーヴルを結ぶバスは1時間に1本もあるので、あまり時間を気にしなくてもいいんだけど。そして、ル・アーヴルからパリに戻る列車も夕方までないので急がなくてもいいんだけど。

23par1422s
エトルタの市場“Les halles d'Étretat”に入ってみることにする。

23par1423s
木造の建物が面白い。内部はそんなに広くはなく、おみやげもの屋さんになっている。

23par1424s
おみやげものを見るのもちょっと楽しい。

23par1425s
庭園用なのかなぁ?エトルタ独自のものという感じでもないんだけど、おもしろくて、エトルタの市場にしばらく居座ってしまう。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2024年4月 9日 (火)

【エトルタ2023/10/24 13:15】フランス・パリ滞在72時間の旅2日目(6)エトルタ・アモンの断崖“La falaise d'Amont”へ上がる。

23par1300s
【2023年10月24日13:15、エトルタ旧市街】
18h経過

23par1301s
ルパンの家“Le Clos Lupin”、Googleマップで現地で選んだレストランだったんだけど、泣かなか美味しかったなぁ。プジョー208(A9)の3ドアはあまり見かけない。これは、私の乗る前期型のアリュール。

23par1302s
海岸沿いにはお土産もの屋さんがある。私がフランスを何度も旅行する理由は、フランスは地方によってワインもチーズも料理も特産物も違うから。だって、日本だって沖縄と大阪、名古屋、北海道では名物が違うでしょう?

23par1303s
ノルマンディといえば、りんごジュースにポモー。まぁ、パリでも買えると思うけどポモーは珍しいかも。なかなかノルマンディを感じさせて、ついじっくり見入ってしまう。

23par1304s
小さなボトルはノルマンディ特産のシードルとビール。

23par1305s
シードルで作られたビネガーと海産物のリエット。

23par1306s
ノルマンディ産の紅茶ってどんな感じなんだろう?まだ知らないものもあるし、やっぱり、フランスは地方がおもしろい。今回はリハビリテーションのような旅だけど、なるべく早く「フランス地方パッチワークの旅」を復活しなくちゃなぁ。

23par1307s
海岸に出る。アヴァルの断崖はずっと見ていても飽きないかも。

23par1308s
海岸に座って、海を感じている人たちがけっこういる。あれ?海の中に人がいる!

23par1309s
10月下旬の海に泳いでいる人がいる。

23par1310s
大変そうなのでアモンの断崖に登らずにバスでル・アーヴルに戻ることも考えたんだけど、せっかくエトルタまで来たんだから、小さなチャペル“Chapelle Notre-Dame-de-la-Garde d'étretat”が立つアモンの断崖“La falaise d'Amont”に登ってみることにする。

23par1311s
今日は晴れているし、海を感じながら歩くのが心地よい。

23par1312s
目の前は断崖なので、断崖を避けるように遊歩道がある。

23par1313s
この断崖はとても登れない。

23par1314s
落書きだらけのアモンの断崖の案内に従って階段を上がる。

23par1315s
アヴァルの断崖の緩やかだった遊歩道よりも坂道かも。

23par1316s
でも、立ち止まって振り返ると、アヴァルの断崖とエトルタの海岸線の美しい風景。モネも描いたアーチ状のアヴァルの門“La porte d'Aval”や、針岩“Aiguille d'Etretat”がここからの方がよく見えるかも。

23par1317s
上がってきた坂道を振り返る。

23par1318s
立ち止まって風景を感じる。

23par1319s
そして、再び、坂道を歩き始める。

23par1320s
ようやく小さなチャペルが見えてきた。

23par1321s
アモンの断崖に到着。

23par1322s
残念ながらチャペルは修復中で中には入ることができず。

23par1323s
観光客が立ち止まっている場所に行ってみる。

23par1324s
アモンの断崖は続いていて、奥まで歩いている人がいる。

23par1325s
向かいに見えるアヴァルの門や針岩を見るには、アモンの断崖から眺めるのが一番良い気がする。エトルタを訪れたら、アヴェルの断崖、アモンの断崖の両方に登ってみるべきだと感じる。坂道を上がるのが面倒に感じて登らずに帰ってしまわなくて本当によかった。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2024年4月 5日 (金)

【エトルタ2023/10/24 11:43】フランス・パリ滞在72時間の旅2日目(5)エトルタのルパンの家“Le Clos Lupin”でお昼ごはん。

23par1200s
【2023年10月24日11:43、エトルタ・アヴァルの断崖“La falaise d'Aval”】
16h経過

23par1201s
アヴァルの断崖からアモンの断崖を眺める。かつて白い輪郭“Blanc-Trait”と呼ばれた石灰岩の白い断崖がよく見える。でも、私はこのような風景をかつて見たことがある。それはドーヴァー海峡を挟んで対岸にある、イギリスのドーヴァーで見たホワイトクリフ“The White Cliffs of Dover”も石灰岩の断崖。両岸が同じ地質であり、かつてはグレート・ブリテン島と陸続きだったと言われている。

(参照)ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 3日目(4)いよいよフェリーでドーヴァー海峡を渡る。
https://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-be51fb.html

23par1202s
断崖だけど、手すりなどは設置されていない。

23par1203s
もう一度、美しいマンヌポルトの断崖を眺める。

23par1204s
そろそろ、エトルタの街に戻ることにする。

23par1205s
さすがに展望台には柵がつけられている。

23par1206s
展望台からエトルタの海岸を眺める。夏だったら、海岸には海水浴客がたくさんいるんだろうなぁ。

23par1207s
アヴァルの断崖とエトルタの街をつなぐ遊歩道は緩やかな坂道なので、誰でも上がることができる。

23par1208s
海岸には観光客の姿が見える。

23par1209s
今回は4年4ヶ月ぶりのフランスなので、リハビリテーションのためにじっくりとパリを歩くだけでもいいかと思っていたんだけど、私はフランスの田舎が好きで、毎年ちょっとずつフランス地方パッチワークの旅を続けていた。その意味で、日帰りだけど「まだ知らない」場所に行こうと思って、初めてエトルタに来て本当によかった。

23par1210s
海岸に戻ってくる。

23par1211s
波打ち際を歩いてみる。

23par1212s
エトルタの海岸は砂浜ではなく、丸い小さな石の海岸。白い石は石灰岩が波によって削られたものだろう。

23par1213s
さて、エトルタの街に戻ってきた。そろそろお昼ごはんの時間。

23par1214s
事前に調べていないので、GoogleMapなども参照しながらレストランを探す。

23par1215s
ルパンの家“Le Clos Lupin”なんて、なかなか良いネーミングじゃない。まぁ、エトルタに“Le Clos Arsène Lupin” と呼ばれるモーリス・ルブランの別荘があることに由来するんだと思うけど。可愛らしい雰囲気だし、インプレッション的にはここでもいいかも。そう、私のレストラン選びは情報がない場合はインスピレーション。

23par1216s
予約は要りません!というのもいいじゃない。前菜とメインまたはメインとデザートで26ユーロ。フルコースでも31ユーロなので、お値段もユーロの金銭感覚だったらお手軽でいい感じ。お店に入ってみることにする。

23par1217s
手書きの黒板メニューのみで、このパターンが一番困る。メイン料理にあるバロティーヌ“Ballotine”って、どんな調理方法なんだろう?

23par1218s
こんな時は黒板メニューにGoogle翻訳を使ってみる!だけど、手書きメニューに対してがんばっていると判断すべきか、残念な結果と言うべきか。けっきょく、フランス語を解読するしかない。もしも、事前にここに行こうと決めているんだったら、黒板メニューは読みづらいので、ホームページで代表的なメニューを見ておいた方がいい。

Le Clos Lupin
https://www.leclos-lupin.com/menu

23par1219s
最初に入った時は実は一番乗りだったんだけど、あとから満席になるほどのお客さんが来る。

23par1220s
ノルマンディ地方はワインではなくシードルなので、本当はシードルにしたかったんだけどボトル単位でしか頼めなくて、仕方なしにぜんぜんローカルなものじゃない白ワイン。

23par1221s
前菜が運ばれてくる。エビのスフレ“Soufflé de crevette et son coulis”ということはフランス語で理解できる。

23par1222s
このスフレが美味しい。このレストラン、なかなか美味しいかも。

23par1223s
そして、メインはタラで、ラードとシードルのソース“Dos de cabillaud sauce lard et cidre”は理解できたので、タラにしてみる。

23par1224s
私は魚をうまく仕上げているレストランは美味しいと思っているんだけど、このタラが美味しい。

23par1225s
デザートを頼んでもよかったんだけど、お店が満員で忙しそうなので、エスプレッソを頼んで、食後の余韻を楽しむ。エトルタのこのレストラン「ルパンの家」、なかなかいいじゃない。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2024年4月 2日 (火)

【エトルタ2023/10/24 11:25】フランス・パリ滞在72時間の旅2日目(4)まだ知らないエトルタの絶景。

23par1100s
【2023年10月24日11:25、エトルタの市場“Les halles d'Étretat”】
16h経過

23par1101s
かわいらしい木造の建物はエトルタの市場“Les halles d'Étretat”で、現在は生鮮食料品ではなく、おみやげもの屋さんになっている。

23par1102s
木組の建物が並んでおり、なかなかよい雰囲気。通りの奥は開けているので、海岸がある。

23par1103s
以前に訪れたフランス北部のダンケルクやカレーなど大西洋岸の都市は、第二次世界大戦で破壊されて焼け野原になった場所も多いけど、小さなエトルタの町は破壊を免れたんだろう。

23par1104s
自然の風景を期待していたエトルタだけど、建物もかわいらしくてなかなかいいじゃない。やっぱり、私はフランスの田舎の小さな町が好き。

23par1105s
いよいよ、階段を上がれば海が見えそう。

23par1106s
海が見えた。オフシーズンだと思うけど、観光客がけっこういる。

23par1107s
とうとうエトルタの海岸に出る。左手には、写真で見る石灰岩のアヴァルの断崖“La falaise d'Aval”で、モネも描いたアーチ状のアヴァルの門“La porte d'Aval”が見える。

23par1108s
右手も石灰岩のアモンの断崖“La falaise d'Amont”で、修復中なのが残念だけど断崖の上には小さなチャペル“Chapelle Notre-Dame-de-la-Garde d'étretat”が見える。

23par1109s
丘の上まで遊歩道が見えるけど、けっこうな高低差。

23par1110s
観光案内所のマダムで、行きべき場所としてアヴァルの断崖に丸をつけてくれたので、まずはアヴァルの断崖まで歩いてみることにする。

23par1111s
だんだんとアヴァルの断崖が近づいてくるんだけど、針岩“Aiguille d'Etretat”が重なって、アヴァルの門が見えづらい。この針岩はモーリス・ルブラン“Maurice Leblanc”の書いた「アルセーヌ・ルパン」“Arsène Lupin”の奇巌城“L'Aiguille creuse”のモデルと言われている。

23par1112s
釣りをしている人がいる。

23par1113s
近づいてくると針岩は見えなくなってしまう。うーん、アヴァルの門と針岩の両方を写真に撮るとすると、もっと離れた位置から撮らないとダメなのかも。

23par1114s
ここからが、アヴァルの断崖に上がる遊歩道。シーズンオフだけど観光客がけっこういる。

23par1115s
断崖だけど柵があるわけじゃないので、危険な場所には自己責任で近づかないこと。例外が発生するとマスコミに焚きつけられて世論が騒ぎ出す日本だったら「看板で周知していますから、落ちる方が悪いんです」とはならず、危険だから柵をつけろ!安全管理をしない行政機関の責任だということになるんだろうなぁ。

23par1116s
緩やかな坂道なので、誰でも上がることができる。

23par1117s
途中の展望台からエトルタの海岸を見下ろすとなかなかの絶景。

23par1118s
アモンの断崖にも穴が空いている。

23par1119s
アヴァルの断崖の先端に近づいている。起伏のない広場になっている。

23par1120s
地上から見たときはわからなかったのに、日本だったら、しめ縄でつなげてしまいそうな、ふたごの岩には橋が架けられている。

23par1121s
アヴァルの断崖からは、さらにマンヌポルトの断崖“Falaise La Manneporte”が見える。このマンヌポルトの断崖には巨大なアーチがある。

23par1122s
マンヌポルトの断崖のアーチはアヴァルの門よりも大きい。石灰岩が浸食されてできたことは間違いないと思うんだけど、どうして、同じようにアーチを描くんだろう。いつかはもっと浸食されて崩れてしまうんだろうけど、今のところはモネの見た風景を見ることができている。

23par1123s
ふたご岩ではなく、みつご岩だったのかも。石灰岩に穴が開けられており、通路ができているので、降りてみることにする。

23par1124s
どう見ても人為的に作られたもの。

23par1125s
小さなのぞき窓は、普通に考えれば軍事的なもの。見張りのための穴なのか、ここから銃撃するための銃眼なのかはわからない。だけど、ここから見ても敵の侵入を見ることができるわけでもないし、なんの目的で作られたのかは不思議。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

Link(広告)

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • Expedia

最近の記事

無料ブログはココログ