2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PR(広告)

にほんブログ村

Voyages

« 健康の維持のための県境をまたがない埼玉・秩父の旅 2日目(2)初めての長瀞ライン下り。 | トップページ | 健康の維持のための県境をまたがない埼玉・秩父の旅 2日目(4)長瀞でのお昼ごはんは、埼玉県民なのに初めて食べる名物「あゆめし。」 »

2023年7月18日 (火)

健康の維持のための県境をまたがない埼玉・秩父の旅 2日目(3)人生初めての宝登山へ。

21ccb1001
私は宝登山に登ったことがないんだけど、猿がいるらしいという情報は知っている。ロープウェイで上がった山中にあると思うんだけど、手前にもサル劇場が立っている。土日祝しかやっていないみたい。もちろん、クルマを使った旅行の方が効率的だとは思うんだけど、歩いてみないと発見できないスポットもあるような気がする。私の旅は歩く旅が基本。たぶん、私ともしも一緒に旅行することになったら、ものすごく歩くことになると思う。

21ccb1002
なだらかな上り坂を登っていくと駐車場がある。クルマだったら、長瀞駅からここまで数分で着いてしまう距離だけど、歩くとけっこう時間がかかる。

21ccb1003
「縁結び相生乃松」と書かれた看板と石碑が立っている。縁結びの松にはどのような由緒があるのかというと、大正13年(1924年)に昭和天皇のご成婚を奉祝し、植えられたもの。

21ccb1004
赤松と黒松が並んで植えられている。昭和天皇のご成婚を奉祝したもので、2024年には100年となる今でも寄り添っているわけだから「縁結び」だろう。

21ccb1005
寳登山神社の創建は110年と古い。御祭神は初代天皇である神武天皇、神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)。大山祇神(おおやまづみのかみ)、火産霊神(ほむすびのかみ)で、火災盗難除けにご利益がある。

21ccb1006
これで今回の秩父旅で、三峯神社、秩父神社、寳登山神社の秩父三社を巡ったことになる。

21ccb1007
本殿は明治7年に完成した権現造。ヨーロッパを旅していると、ゴシック様式やロマネスク様式、バロック様式などに触れることになるけど、私は日本の神社の建築様式についての知識はないなぁ。私は、日本の大きな神社って古くなると穢れるから、新しいものに建て替える遷宮の文化だと思っている。諸難除けの神様であるので、コロナウイルス2019の終息を願う。

21ccb1008
どうやら権現造の特徴は本殿と拝殿がつながっているので奥行きがある。

21ccb1009
藤谷淵神社は、現在の長瀞町長瀞にあたる旧藤谷淵村にあった8社の神社をまとめて、たくさんの神様が一ヶ所に祀られている。

21ccb1010
天満天神社は、名前の通り菅原道真公が御祭神。三峯神社の摂社でも感じたことだけど、いろいろな神様にお参りできる。

21ccb1011
宝玉稲荷神社(ほうぎょくいなりじんじゃ)は、お稲荷様。

21ccb1012
寳登山神社の由緒としては、日本武尊が東北地方を平定した帰り道に宝登山山頂に神武天皇、山の神、火の神をお祀りされたのがはじめと伝えられている。登山の途中で山火事にあい、多くの巨犬が現れて火を消し止めて日本武尊を助けたことから、宝登山は古くは火止山と呼ばれていたらしい。なんだか、どこかで聞いたような話。三峯神社と似たような由緒。三峯神社は狼に対して、寳登山神社は巨犬。武甲山だって、日本武尊が甲(かぶと)を岩室に奉納したのが言われだし、秩父は日本武尊が立ち寄ったとされるスポットが多いことに気がつく。

21ccb1013
宝登山にロープウェイで上がってみることにする。

21ccb1014
ロープウェイ乗り場への道はハイキングコースのような道。

21ccb1015
埼玉県民でありながら人生初めての宝登山ロープウェイ。

21ccb1016
平日は30分間隔で運行されている。

21ccb1017
宝登山ロープウェイも「秩父フリーきっぷ」を持っていると割引料金。

21ccb1018
ゴンドラはレトロな感じ。

21ccb1019
ゴンドラは宝登山をどんどん上がっていく。

21ccb1020
宝登山頂駅に到着。観光地にありがちなソフトクリームを売る売店などはないみたい。まぁ、平日はお客さんが来ないだろうし、商売として成り立つかというと微妙なんだろうなぁ。

21ccb1021
まっすぐ進むと動物園があるみたいだけど、まずは山頂を目指す。

21ccb1022
蝋梅園になっていて、初春の頃にはきれいな花を咲かせるのだろう。

21ccb1023
秩父盆地を一望できる風景はなかなかいい。

21ccb1024
秩父のシンボルである武甲山は、石灰岩の山じゃなかったら削られておらず、もっと雄大なシンボルだっただろうなぁ。

21ccb1025
宝登山山頂に到着。と言っても、なだらかな山で山頂からの眺望がものすごく良いわけでもなく、山頂には何もない感じ。

ランキング参加中です。
いつもありがとうございます。
応援の1クリックお願いします。みなさんの応援がブログ継続の励みとなります!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 健康の維持のための県境をまたがない埼玉・秩父の旅 2日目(2)初めての長瀞ライン下り。 | トップページ | 健康の維持のための県境をまたがない埼玉・秩父の旅 2日目(4)長瀞でのお昼ごはんは、埼玉県民なのに初めて食べる名物「あゆめし。」 »

埼玉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 健康の維持のための県境をまたがない埼玉・秩父の旅 2日目(2)初めての長瀞ライン下り。 | トップページ | 健康の維持のための県境をまたがない埼玉・秩父の旅 2日目(4)長瀞でのお昼ごはんは、埼玉県民なのに初めて食べる名物「あゆめし。」 »

Link(広告)

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ