2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

PR(広告)

にほんブログ村

Voyages

« 青春18きっぷで行く山形一人旅 2日目(1)仙台駅から仙山線に乗って山寺に向かう電車で「愛子」駅を「あやし」駅と読むことを初めて知る。 | トップページ | 青春18きっぷで行く山形一人旅 2日目(3)山寺・立石寺を下り、再び仙山線で山形方面へ向かう。 »

2023年2月21日 (火)

青春18きっぷで行く山形一人旅 2日目(2)「荷物が重い!」という煩悩に支配されながら山寺・立石寺へ上がる。

21ymg0501
山寺宝珠橋を渡り、山寺・立石寺への入口を探す。観光客のための飲食店やおみやげもの屋さんが並んでいるけど、オフシーズンの平日なので開いているお店が少ない感じ。

21ymg0502
ようやく、山寺登山口を発見するけど、確かに山寺だけど、「登山口」というくらい山なのかなぁ? 今回の旅行はトレッキングシューズじゃないので、雪道や滑りやすい道だと厳しい。

21ymg0503
でも南面だし、すでに残雪もないし、なんとかなるだろうと思って山寺に登ってみることにする。

21ymg0504
最初の建物は、国の重要文化財に指定されている立石寺根本中堂。いわゆるお寺の本堂にあたり、現在の根本中堂は1356年に初代山形城主・斯波兼頼が再建した、入母屋造・五間四面の建物。残念ながら扉は閉ざされており、内部は見ることができず。

21ymg0505
「招福布袋尊」が鎮座している。布袋尊の体をなでて願いごとをお祈りをすると書かれている。

21ymg0506
私は詳しく知らないのでよくわからないんだけど、布袋尊の肩にいるのはなんだろう?キリスト教だったら天使とかなんだと思うけど。

21ymg0507
山寺と言えば、「奥の細道」の松尾芭蕉と曾良の像。

21ymg0508
立石寺・山門からは山道となる。

21ymg0509
石段になっているおり、雪もなく、凍結もなさそうなので普通の靴でも登ることができそう。

21ymg0510
断崖の岩山が見える。

21ymg0511
参道は整備されており登りやすいんだけど、なかなかの高低差があるため、途中で休まないと登れない。今回は周遊旅行なので、リュックサックに着替え等のすべての荷物を背負っているために荷物も重い。登っている最中、まだ辿り着かないのかなぁ?とか、荷物が重たいとか、雑念ばかりが思い浮かんでしまう。

21ymg0512
せみ塚と呼ばれる場所に出る。松尾芭蕉の有名な一句である「閑かさや 岩にしみいる 蝉の声」 はこの場所で着想したのではないかと言われている。

21ymg0513
ようやく立石寺仁王門に到着。

21ymg0514
仁王門を過ぎると空が開け、建物が見えてくる。

21ymg0515
おもしろい岩が見られる。

21ymg0516
岩の間に小さなお堂がある。

21ymg0517
ゴール地点というわけでもないと思うけど、立石寺奥の院を目指す。

21ymg0518
残念ながら扉は閉ざされている。

21ymg0519
3月いっぱいまで閉堂。残念だけど、私はいつもポジティブに考える。きっと、神様がまた来なさいと言っているんだと思う。冬じゃない季節も美しいから、また来なさいということ。

21ymg0520
展望できそうな感じがするので、開山堂に向かって歩く。

21ymg0521
開山堂は修復中だし、扉は閉ざされている。

21ymg0522
開山堂の右側の道を進み、五大堂に行ってみることにする。

21ymg0523
五大堂に到着。

21ymg0524
五大堂は舞台のような作りで、まさしく展望台。

21ymg0525
五大堂の舞台から山寺全体を見渡すと、岩山に囲まれていることがわかる。

21ymg0526
けわしい岩の上にもお堂がある。

21ymg0527
仙山線と山寺駅が見渡せる。これだけ登ってきたんだから息も切れるわけだ。本当に登っている最中は、まだ続くの?荷物が重い!などの煩悩の塊だった気がする。その意味では、奥の院にたどり着いた時こそ、煩悩が消え去った瞬間だったかもしれないなぁ。奥の院の扉が開いている季節にまた来なくちゃ!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 青春18きっぷで行く山形一人旅 2日目(1)仙台駅から仙山線に乗って山寺に向かう電車で「愛子」駅を「あやし」駅と読むことを初めて知る。 | トップページ | 青春18きっぷで行く山形一人旅 2日目(3)山寺・立石寺を下り、再び仙山線で山形方面へ向かう。 »

東北地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青春18きっぷで行く山形一人旅 2日目(1)仙台駅から仙山線に乗って山寺に向かう電車で「愛子」駅を「あやし」駅と読むことを初めて知る。 | トップページ | 青春18きっぷで行く山形一人旅 2日目(3)山寺・立石寺を下り、再び仙山線で山形方面へ向かう。 »

Link(広告)

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ