2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ロイヤルホテル沖縄残波岬に泊まる沖縄ひとり旅 2日目(1)心やすらぐ美しい海を求めて古宇利島へ。 | トップページ | ロイヤルホテル沖縄残波岬に泊まる沖縄ひとり旅 2日目(3)シークヮサーを求めて大宜味村へ。 »

2022年10月 4日 (火)

ロイヤルホテル沖縄残波岬に泊まる沖縄ひとり旅 2日目(2)山原そば、きしもと食堂、沖縄そばをハシゴする。

20oka0501
古宇利島のビーチのそばの売店は、小さな農産物販売所になっている。

20oka0502
パイナップルって、夏の時期だと思っていたんだけど、10月末でもパイナップルが並んでいる。

20oka0503
そうそう、パイナップルは沖縄本島では東村が名産。東村までパイナップルを買いに行ってもいいかも。

20oka0504
この時期に沖縄に来たのは初めてかもしれない。「タルガヨー」なんて、初めて見た気がする。何度も沖縄に来ているけど、時期が違うと「まだ知らない」ものがある。私の沖縄本島の旅行は、のんびりするのが目的で、あまり「まだ知らない」ものを好奇心を持って探すことはないんだけど、それでも新しい発見がある。

20oka0505
島バナナも美味しいんだよなぁ。

20oka0506
この時期は、青切りシークヮサーが取れる時期なんだ。シークヮサーといえば、大宜味村までは遠くないので、大宜味村まで行ってみようかなぁ?たぶん、この時期に沖縄に来たことがなかったんだろう。初めて見た「まだ知らない」タルガヨーと、たくさん売られているシークヮサーを見て、好奇心が刺激されてくる。

20oka0507
島らっきょうも今が初物だって。私がまだ知らない10月末の沖縄。この時期の沖縄の旬の農作物に好奇心を感じてしまう。

20oka0508
レンタカーを走らせて、古宇利島の北側に向かう。無料駐車場にクルマを停める。

20oka0509
ティーヌ浜の矢印に従い、細い道を歩く。

20oka0510
ススキなのかなぁ?10月末でもまだ青々としている。

20oka0511
ハブが出てきそうな細い道の先に海が見えてきた。

20oka0512
ティーヌ浜とハート岩が見えてきた。古宇利ビーチよりも人がいるかも。

20oka0513
ティーヌ浜は天然ビーチ。ハートロックが有名になってしまったので訪れる人は多いけど、人が少なければのんびりとしたビーチ。

20oka0514
お客さんは少ないんだけど、ご両親が娘さんの写真集を作っていると思われ、何度もポーズをとって、周囲のことなんて関係なくハートロックを専有していて、ハートロックの写真が撮れない。

20oka0515
本当は違う角度で撮りたかったんだけど、写真集撮影中の親子が空気を読まずに専有しているのでトリミングで親子をカット。

20oka0516
少し待ってみたんだけど、残念ながら、娘さんの写真集の撮影はずっと続くようなので、親子をカットすることはできず。それだけ、娘さんはご両親から愛されているんだろうなぁ。そこまで愛されている娘さんが、ハート岩との写真を撮ったことで幸せになれることを祈っている。

20oka0517
古宇利島を出て本部半島へ。「伊豆味」交差点そばにある、山原そばでお昼ごはんを食べることにする。

20oka0518
平日だし、観光客が少ないんだろうなぁ。待っている人はいない。

20oka0519
待ち時間なしで店内に入ることができる。このお店はソーキそばか三枚肉そばしかない。

20oka0520
ソーキそばを注文。ここのソーキが美味しい。白いごはんを頼んで、おかずとして食べてもいいくらい。沖縄そばをテーマにした沖縄旅行もいいかもしれないなぁ。

20oka0521
そういえば、本部にある「きしもと食堂」って行ったことがない。伊豆味から本部まではクルマで走ればすぐの距離。さらに手前には支店である八重岳店がある。せっかく来たんだからハシゴしてみようかなぁ?今回は、支店だけど駐車場が広い八重岳店に行ってみることにする。本店は街中にあるので混んでいそうだけど、八重岳店の駐車場は空いている。

20oka0522
並んでいる人はいない。

20oka0523
感染症対策がとられている。

20oka0524
数組のお客さんはいるけど、店内は空いている。メニューはサイドメニューとして「じゅーしー」はあるものの「岸本そば」のみ。ハシゴで2件目なのに「大」を注文する。

20oka0525
山原そばといい、きしもと食堂といい、うどんのような太麺。2件目なので、お腹が空いていないというハンディはあるものの、すっきりとした汁が美味しい。美しい風景を見て、心が美しさを感じられるように感性を磨き、美味しい名物料理を食べる。やっぱり、精神的な健康の維持のためには、一部の人に「不要不急」と言われようとも、やっぱり私には旅が必要。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« ロイヤルホテル沖縄残波岬に泊まる沖縄ひとり旅 2日目(1)心やすらぐ美しい海を求めて古宇利島へ。 | トップページ | ロイヤルホテル沖縄残波岬に泊まる沖縄ひとり旅 2日目(3)シークヮサーを求めて大宜味村へ。 »

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロイヤルホテル沖縄残波岬に泊まる沖縄ひとり旅 2日目(1)心やすらぐ美しい海を求めて古宇利島へ。 | トップページ | ロイヤルホテル沖縄残波岬に泊まる沖縄ひとり旅 2日目(3)シークヮサーを求めて大宜味村へ。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

無料ブログはココログ