2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« プジョー208との生活:プジョー208アリュール(A9)、右側ドアアウター水切りモールが破断する。 | トップページ | 2022西武グループ伊豆箱根バス「箱根旅助け」で行く箱根旅 1日目(1)東海道新幹線で熱海に向かう。 »

2022年8月 5日 (金)

小田急ロマンスカーVSEで行く箱根ひとり旅 2日目(5)もしかしたら人生最後の小田急ロマンスカーVSEに乗って新宿に戻る。

20hkn1001
箱根神社の参拝を終えて、ゴールデンルートを巡る旅もそろそろ終わりが近づいている。矢立の杉は、平安時代に征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷平定に向かう際に「表矢」を献納したと言われている。

20hkn1002
さらに芦ノ湖に向かって参道が伸びているので、下ってみる。

20hkn1003
箱根海賊船から見えた赤い鳥居。撮影スポットになっているみたいで列ができている。

20hkn1004
芦ノ湖沿いの遊歩道を歩き、元箱根港に向かって歩く。

20hkn1005
遊覧船乗り場に到着したと思ったら、西武グループの伊豆箱根鉄道の箱根芦ノ湖遊覧船乗り場。遊覧船乗り場が立地条件としては良い、箱根神社に近い位置にあるということは、もしかして西武グループの遊覧船の方が古いのかなぁ?

20hkn1006
小田急グループの元箱根港に到着。箱根フリーパスを使ったゴールデンルートはここからバスで箱根湯本駅に向かうことで周遊したことになる。

20hkn1007
道路沿いにあるバス停から出発するバスが待ち時間が少なそうなので、H箱根町線に乗ることにする。

20hkn1008
H箱根町線は小涌園や小涌谷駅を経由して、宮ノ下から箱根湯本駅に向かう。面白いのは、西武グループの伊豆箱根バスが同じルートを走っている。小田急グループの箱根フリーパスを使わずに西武グループの伊豆箱根バスでも箱根旅行ができるのかなぁ?

20hkn1009
宮ノ下まで下りるとバスの車窓から本家である富士屋ホテルが見える。

20hkn1010
富士屋ホテルは全面改装してから、宿泊料金が高くなってしまっていて、残念ながら私には宿泊できない価格帯のホテル。

20hkn1011
箱根湯本駅のひとつ前の温泉場入口バス停で下車。

20hkn1012
商店街を歩きながら箱根湯本駅に向かうことにする。小田原はかまぼこが有名だけど、箱根湯本には、すり身団子の「竹いち」というお店がある。

20hkn1013
練り物のお店だけど、美味しそう。

20hkn1014
大通りに戻ると、賑わっている和菓子屋さんは「ちもと」。

20hkn1015
温泉場といえば温泉まんじゅう。海が近いので干物のお店だったり、箱根湯本の温泉街のお土産物屋さんは、ちょっと楽しい。

20hkn1016
新宿駅から箱根フリーパスを買っているので、あとは新宿に帰るのみ。あまり待たずにロマンスカーに乗れるんだったら、特急料金はフリーパスに含まれないので別に支払いが必要だけど、ロマンスカーで帰ろうかなぁ。

20hkn1017
30分近く待つけど、小田原から小田急線の急行で帰るとかなり時間がかかるので、帰りもロマンスカーに乗ることにする。

20hkn1018
はこね24号は、ロマンスカーVSE。今回の箱根旅は、小田急ロマンスカーVSEに乗ろうと意識しているわけではないのに、往復ともにVSEに乗ることになる。

20hkn1019
もちろん、この時はロマンスカーVSEが2022年3月に定期運用を外れるなんて予想もしていない。連接構造のメンテナンスが難しいのか?時代の流れでホームドアに合わないから?

20hkn1020
この時はもちろん感じていなんだけど、人生最後になるかもしれない小田急にとって最後の連接構造のロマンスカーとなってしまうかもしれないVSEに乗る。

20hkn1021
2005年にデビューした小田急ロマンスカー50000系VSEは、中間車両でも景色を楽しむために座席が外側に傾いていることがわかる。

20hkn1022
箱根フリーパスを使った箱根旅行、楽しかったなぁ。クルマだとポイントしか行かないので、スイッチバックの箱根登山鉄道、ケーブルカー、ロープウェイ、箱根海賊船と乗り物としておもしろかった。そして、車窓から眺める風景も楽しかった。

20hkn1023
高架線路を走り、高層ビルの立ち並ぶ新宿が近づいてきた。

20hkn1024
すてきな旅をありがとう、小田急ロマンスカー50000系VSE。オンタイムでは深い意味はなく、車両に対しての「さようなら」の気持ちはないけど。

20hkn1025
つくづく感じることは、私は国内の近距離旅行が弱いんだなぁということ。新型コロナウイルス感染症のパンデミック以前は、5日間のヨーロッパ旅行に1年に3回程度行くことが定番だった。予算的にも時間的に日本国内の近距離旅行に行くことはなかった。3日間の連休があればソウルに行くことを考えてしまい、国内旅行を選択することは少なかった。

20hkn1026
ものすごくポジティブに考えれば、新型コロナウイルス感染症は、私に新しい価値観を与えてくれたのではないかと感じている。遠くに行かなくても、「まだ知らないどこか」は近くにもあることを。だって、新型コロナウイルス感染症がなかったら、きっと国内旅行に目を向けることはなく、ずっと海外旅行を続けていただろう。ロマンスカーVSEだって、乗ることなしに引退となってしまったに違いない。

20hkn1027
私の旅行スタイルもGOTOトラベルの影響もあり、変化してきている。以前はホテルは寝るだけと考えて、夕食をホテルでとることも少なかったのに、GOTOトラベルは夕食つきプランの方が割引の恩恵が大きいことからホテルでの夕食を楽しむようになってきている。温泉ホテルや温泉旅館に早めにチェックインをして温泉を楽しみ、ホテルの部屋でのんびり過ごすことが楽しみになっている。今回、箱根旅行に行ってみて、私は箱根を「まだ知らない」ことに気がついた気がする。箱根旅行はリピートしてもいい。(小田急ロマンスカーVSEで行く箱根ひとり旅 おしまい)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« プジョー208との生活:プジョー208アリュール(A9)、右側ドアアウター水切りモールが破断する。 | トップページ | 2022西武グループ伊豆箱根バス「箱根旅助け」で行く箱根旅 1日目(1)東海道新幹線で熱海に向かう。 »

神奈川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プジョー208との生活:プジョー208アリュール(A9)、右側ドアアウター水切りモールが破断する。 | トップページ | 2022西武グループ伊豆箱根バス「箱根旅助け」で行く箱根旅 1日目(1)東海道新幹線で熱海に向かう。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

無料ブログはココログ