2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 東北新幹線で行く松島温泉ひとり旅1日目(3)塩釜、佐浦酒造店で「浦霞」のきき酒体験。 | トップページ | 東北新幹線で行く松島温泉ひとり旅1日目(5)松島温泉、松島センチェリーホテルで夕ごはん。 »

2022年6月10日 (金)

東北新幹線で行く松島温泉ひとり旅1日目(4)松島温泉、松島センチェリーホテルでまったり過ごす。

20sdj0401
松島海岸に向かうために仙石線塩釜駅で下り電車を待つ。

20sdj0402
塩釜15:22発、高城町行きの205系の電車が入線してくる。

20sdj0403
もう高校生の下校の時間は過ぎたんだろうなぁ。塩釜から先は、乗客はまばらにいる程度。

20sdj0404
塩釜駅を出ると、仙台塩釜港が見える。

20sdj0405
松島海岸駅にまもなく到着。

20sdj0406
松島海岸駅は高台にあるけど、駅舎がよくわからないけど、工事中なのかなぁ。

20sdj0407
今回の旅の目的地である松島海岸駅で下車。

20sdj0408
松島海岸駅は残念ながら風情は感じられないプレハブ造りの仮の駅舎。

20sdj0409
今日の宿泊は、松島センチュリーホテル。電話をすれば駅までクルマでお迎えに来てくれるみたいなんだけど、そんなに遠くなさそうだし、私は歩いて街を感じるのが好きなので、歩いて向かうことにする。それに、私は東日本大震災よりかなり前にクルマで東北旅行をして三陸に向かったことはあるんだけど、塩釜や松島は通過してしまっていて、観光をしていない。

20sdj0410
松島海岸駅から国道沿いを歩く。松島は観光地だけど、平日の観光地は人通りがほとんどない。

20sdj0411
観光船乗り場あたりまで来ると、島が見えてきて、いかにも松島らしい風景。

20sdj0412
島の中央に瑞巌寺・五大堂が見える。五大堂は1604年に伊達政宗が造営した歴史ある建物。

20sdj0413
橋がかかっていて、五大堂までいけそうなので行ってみることにする。この橋は「すかし橋」となっており、五大堂参拝にあたり、ぼーっとしないで気を引き締めるためのものらしい。

20sdj0414
特に説明のない小さな祠。いつの時代に建てられたものなのかなぁ?

20sdj0415
さらに「すかし橋」を渡る。

20sdj0416
「すかし橋」は、足元には海が見えるけど、大人は足を踏み外しても落ちることはなさそう。

20sdj0417
伊達政宗によって1604年に造営された五大堂は、東日本大震災の津波も松島あたりは島が防波堤の役割をしたために数メートル程度であったとされており、津波の被害も免れている。

20sdj0418
東日本大震災の津波だけではなく、荒天などによって、塩の影響も受けているだろうけど、今でも立派にこの地に立っている。

20sdj0419
曇り空だけど、海に島が浮かぶ風景をぼーっと眺める。今回は新型コロナウイルス感染症流行後の旅行再開に向けた実験的な旅行だけど、人が密集していない、オープンエアの自然の風景をぼーっと眺めることが楽しみになっている。

20sdj0420
人が密集しない、自然の美しい風景を眺めることは、精神的な健康の維持のために必要。

20sdj0421
本日の宿泊は松島センチュリーホテル。オーシャンビューの部屋が並んでおり、オーシャンビューの部屋からは松島の絶景が楽しめるだろう。

20sdj0422
空間を贅沢に使っており、エントランスを入って、フロントに行くにはさらに階段を上る。

20sdj0423
温泉に入ろうと思って早めにチェックイン。コロナ前の私の国内旅行は、ホテルは寝るだけのつもりでビジネスホテルに宿泊することが多かったんだけど、ホテルや旅館でのんびり過ごすという楽しみ方に変化している。

20sdj0424
GoToトラベルによる割引があるので、本当は贅沢にオーシャンビューの部屋を手配したかったんだけど、新幹線とのパッケージツアーだと一人旅はシングルの部屋しか選択できないようなシステムになっていて、アップグレードしたいのにシステム上でできない。そして、観光ホテルのシングルの部屋って、かつてはバスの乗務員や添乗員用の部屋だったのか、景観は望めないことが多い。

20sdj0425
シングルの部屋としては、十分に広い。

20sdj0426
温泉もあるのに、ユニットバスもある。

20sdj0427
部屋の設備はなかなかのものだけど、シングルの部屋が残念なところは景観がシティビューであること。でも、私はそのことをわかっていた上でこのツアーを契約したのだから、ホテルが悪いわけではなく、私自身の決定だから仕方がない。理解していた上で決定して契約したのは私自身だし、責任は私にあるのだ。チェックインの時に、差額の追加料金を支払うからオーシャンビューにしてほしいと相談すればよかったかなぁ。実は天気が良くて絶景が望めるようであれば差額料金を払ってでもオーシャンビューの部屋を交渉することも本気で考えていたんだけど、今日は曇り空で明日の天気もおそらく雨なので、景色のためにお金をかけるのをためらってしまう。コロナ以前はコスト重視でホテルは寝るだけで十分だったけど、ホテルや旅館の部屋でのんびり過ごすようになってから、部屋の広さや景観を気にするようになってきている。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 東北新幹線で行く松島温泉ひとり旅1日目(3)塩釜、佐浦酒造店で「浦霞」のきき酒体験。 | トップページ | 東北新幹線で行く松島温泉ひとり旅1日目(5)松島温泉、松島センチェリーホテルで夕ごはん。 »

東北地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北新幹線で行く松島温泉ひとり旅1日目(3)塩釜、佐浦酒造店で「浦霞」のきき酒体験。 | トップページ | 東北新幹線で行く松島温泉ひとり旅1日目(5)松島温泉、松島センチェリーホテルで夕ごはん。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

無料ブログはココログ