2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(1)シチリア島カターニアからバスでパレルモに向かう。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(3)ホテルに荷物を置いて、いきなりパレルモからチェファル“Cefalù”へエスカレーション。 »

2022年1月11日 (火)

2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(2)カターニア発パレルモ行きのバスから見るエトナ山。

20pmo2101
カターニア発パレルモ行きのバスは、カターニア・フォンターナロッサ空港で若干の乗客を乗せて高速道路を走る。空港から乗客を乗せても10名程度しか乗っておらず、前後左右ともに空席を確保できている。

20pmo2102
エトナ山は、裾野がなだらかに広がる火山で、高さは3,326メートルもあり、活火山として現在でもたまに噴火している。

20pmo2103
このあたりは畑や果樹園が広がっており、のどかな雰囲気。

20pmo2104
実っているオレンジが見えるので、このあたりはオレンジの果樹園みたい。

20pmo2105
バスの車窓から見るエトナ山の風景は美しく、2時間40分のバスの旅は飽きることがなく、ずっと風景に見入ってしまう。

20pmo2106
高速道路はディッタイーノ川“Dittaino”沿いを進む。丘の上にガイドブックにも載っていないチェントゥーリペ“Centuripe”の町が見える。山の上に町を作るのは、おそらく町の防衛のため。

20pmo2107
カターニアからパレルモに向かう高速道路は、シチリア島中央にある山岳地帯を進む。風景が牧草地に変わってきた。

20pmo2108
標高が高くなってきたのかなぁ?岩山で土地がやせているのかなぁ?樹木すらない牧草地。

20pmo2109
すっかり、樹木も見えなくなる。

20pmo2110
進行方向左手に山の上にエンナの町“Enna”が見えてくる。エンナの町は、シチリア島のど真ん中にあるんだけど、町が作られた理由は防衛上の理由なんだろうなぁ。うーん、ちょっと立ち寄ってみたいと思わせる感じの町。私の旅は日程が少ない弾丸旅行なので、ルート上にありながら今回は周遊から外してしまったけど、エンナの町も立ち寄って見てみたったかも。しかし、スーツケースを伴う旅だと、途中下車してスーツケースを持ちながらの観光が難しいので、エンナで1泊するしかなくなってしまうので弾丸旅行だと旅程に組み込みづらい。

20pmo2111
エンナの町を過ぎると、シチリア島の中央部の山地を乗り越えたみたいで、下り坂になる。

20pmo2112
畑ではなく牧畜が行われている。

20pmo2113
よくこんなところに高架の高速道路を作ったなぁと思うくらい、高速道路以外にはなにもない風景。

20pmo2114
高速道路は川沿いを下っていく。このイメラ・セッテントリオナーレ川(グランデ川)“Imera settentrionale”は、ティレニア海“Mar Tirreno”に注いでいく。

20pmo2115
海沿いを走る高速道路からの合流があり、ティレニア海が見えてきた。イメラ・セッテントリオナーレ川(グランデ川)の河口付近にはギリシャの古代都市ヒメラ“Himera”があった。

20pmo2116
ティレニア海沿いにバスはパレルモに向かう。

20pmo2117
古代都市ヒメラはカルタゴにより破壊され、新しくテルミニ・イメレーゼ“Termini Imerese”の町が作られた。

20pmo2118
2時間以上のバスの旅、車窓の風景が楽しくて、眠ることはない。

20pmo2119
高速道路を降りて、パレルモの市街地に入ってくる。

20pmo2120
町の中心部に入ってきたんだろうなぁ。一方通行の細い道をバスは走る。

20pmo2121
2時間40分ほどのバスの旅は楽しかったなぁ。終点のパレルモのバスターミナルに到着。

20pmo2122
定刻のパレルモの到着時間は10:40で現在の時刻は10:43なので、ほぼ予定通りの到着。

20pmo2123
パレルモのバスターミナルは、パレルモ中央駅“Palermo Centrale”に隣接している。スーツケースを伴う旅行の場合は、まずはホテルにスーツケースを預けに行く。まだ午前中だからチェックインは難しいかなぁ?ヨーロッパのホテルの場合は、部屋が空いていればチェックインさせてくれる場合も多いけど。

20pmo2124
通路を歩いて行くと、パレルモ中央駅の構内に出てしまう。

20pmo2125
パレルモ中央駅は頭端式ホーム。

20pmo2126
いよいよパレルモの町歩きが始まる。まずはスーツケースを置くためにホテルに向かって歩き始める。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(1)シチリア島カターニアからバスでパレルモに向かう。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(3)ホテルに荷物を置いて、いきなりパレルモからチェファル“Cefalù”へエスカレーション。 »

イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(1)シチリア島カターニアからバスでパレルモに向かう。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(3)ホテルに荷物を置いて、いきなりパレルモからチェファル“Cefalù”へエスカレーション。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

無料ブログはココログ