2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(4)パレルモから列車に乗って、チェファル“Cefalù”へ。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(6)チェファルの町を見下ろす岩山“La Rocca”を登る。 »

2022年1月21日 (金)

2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(5)チェファルの海が見える絶景リストランテ・ケンティア“Ristorante Kentia al Trappitu”でお昼ごはん。

20pmo2401
チェファル大聖堂(ドゥオーモ)“Duomo di Cefalù”は、アラブ・ノルマン建築様式。世界史をもっと勉強しておけばよかったんだけど、ヨーロッパの歴史はなかなか複雑で、フランスのノルマンディ地方にノルマンディ公国がルーツ。ノルマンディ公ギヨーム(征服王ウィリアム)“Guillaume le Conquérant”はイングランド王になってしまい、ノルマン人はさらに南イタリアにも進出し、シチリア王国ノルマン朝(オートヴィル朝“Casa d’Altavilla”)を築く。初代シチリア王となったルッジェーロ2世“Ruggero II”によって1131年に建設された。背後にある岩山も大きいんだけど、ドゥオーモの建物の大きさに圧巻される。

20pmo2402
チェファルの町歩きよりも先に、もう時刻は13時近いのでお昼ごはんを食べることにする。さらにルッジェロ通りを進む。

<p20pmo2403>
たぶん、海岸線に沿った緩やかなカーブの通り“Via Carlo Ortolani di Bordonaro”に出る。

20pmo2404
道の先には海が見えてくる。

20pmo2405
リストランテ・ケンティア“Ristorante Kentia al Trappitu”に入ってみることにする。

20pmo2406
リストランテに入ると、長い廊下がある。

20pmo2407
長い廊下の先には海が見えるリストランテ。まだ3月上旬なので中央にはストーブがある。

20pmo2408
3月なので、オープンエアではないんだけどティレニア海が見える席に案内される。

20pmo2409
海が見える席で、なかなかいい雰囲気。旅行に出て、雰囲気の良いレストランで食事することは、なかなか幸せ。人生、たまには旅に出て美しい風景を見て、美味しいものを食べることって「不要」ではなく「必要」である気がする。

20pmo2410
海がこんなに近いので、波の音が聞こえる。

20pmo2411
飲み物はシチリアのビールを注文すると瓶ビールが運ばれてくる。

20pmo2412
30ユーロの日替わり昼定食“I Menu del giorno”を注文すると、パンが運ばれてくる。

20pmo2413
日替わり定食は、まずはアンティパストは海の幸のサラダ“Insalata di Mare”。

20pmo2414
トリナクリア“Trinacria”がラベルに書かれたシチリアのローカルビールはセメドラート“Semedorato”という銘柄。

20pmo2415
ほぼタコのサラダ。

20pmo2416
ボイルしたタコをオリーブオイルと調味料であえただけのシンプルな調理法なんだけど、これがなかなか美味しくて、ビールが進んでしまう。

20pmo2417
プリモは南イタリアやシチリア島名物のカサレッチェ“Casarecce”を浸かったパスタ料理のアスパラガスとカジキマグロのカサレッチェ“Casarecce agli Asparagi e Pesce Spada”。

20pmo2418
初めて食べたけど、カサレッチェ“Casarecce”はショートパスタ。イタリアって、プーリア州でオレキエッテを知ったように、地域によって独特のパスタがあるのがおもしろい。

20pmo2419
セコンドの魚料理“Pesce del Giorno,Papete prezzemolate”は魚の名前を聞いたような気がするけど、理解していない。イタリア料理のセコンドって、まぁ、定食だからかもしれないけど、魚料理にしろ肉料理にしろ、シンプルな調理方法で素材を味わう料理が多い気がする。

20pmo2420
海を見ながら美味しいものを食べる。日本にいても、いつ通勤の満員電車で新型コロナウイルス感染症に遭遇するかわからない。緊張感を持った日常生活から、もちろん感染対策をしっかりとした上で、時には旅をして美しい風景を見て、おいしい食事を楽しむことも必要だと思う。その意味で、シチリア島に来て、本当によかったと感じている。

20pmo2421
日替わり定食にはデザートはつかないので、食事の最後はエスプレッソでしめる。

20pmo2422
新型コロナウイルス感染症の対策はイタリアの場合はマスクよりも接触感染。食事前と食事後は、洗面所できちんと手洗いと、うがいは欠かさない。いつもと違う旅だけど、感染対策をきちんと行った上でも十分に楽しめている。

20pmo2423
リストランテを出て、海が見える方向に歩くことにする。

20pmo2424
道沿いにあるおみやげもの屋さん。

20pmo2425
ここでもシチリア島のシンボルであるトリナクリア“Trinacria”の壁飾りがある。

20pmo2426
このアーチは、かつては建物があったのかなぁ?アーチの間から見える海の色が美しい。

20pmo2427
この小さなビーチは古い桟橋のビーチ“Spiaggia Vecchio Molo”という名前なので、かつてのチェファルの海の玄関口だったんだろうなぁ。海岸沿いには、チェファルの海からの入口であるペスカラ門“Porta Pescara”が見える。日差しが暖かく、波の音が心地よく、自然にのんびりとした気分になってくる。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(4)パレルモから列車に乗って、チェファル“Cefalù”へ。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(6)チェファルの町を見下ろす岩山“La Rocca”を登る。 »

イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(4)パレルモから列車に乗って、チェファル“Cefalù”へ。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(6)チェファルの町を見下ろす岩山“La Rocca”を登る。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

無料ブログはココログ