2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 東京有明で温泉リゾート気分(3)東京にいながら、泉天空の湯・有明ガーデンで温泉気分。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(1)シチリア島カターニアからバスでパレルモに向かう。 »

2022年1月 4日 (火)

東京有明で温泉リゾート気分(4)ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明で朝ごはん。

21tyo0401
2021年12月14日、火曜日、東京有明で迎える朝。残念ながらこの日の天気は曇りで肌寒い。せっかく、ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明に宿泊して「泉天空の湯」を朝から利用できるんだから、東京にいながら朝からゆったりと温泉を楽しむ。東京有明にいながら、温泉リゾート気分を今日も味わえている。

21tyo0402
今回、ホテルを食事なしの宿泊プランにして、歩いて行ける豊洲市場に朝ごはんを食べに行くことも考えたんだけど、12月だと外は寒いし、朝早く出かけることが面倒に感じてしまって、朝からのんびり温泉に入って、ホテルでのんびりと朝ごはんを食べることにする。そもそも、私は朝から出かけて外で朝ごはんを食べるのはあんまり好きじゃなくて、ホテル内で済ませるのが好き。

21tyo0403
朝食レストランに行くと、ホテルの朝食会場は空いている。

21tyo0404
窓際の席に案内される。エントランスロビーと同じ階にあるために、ゆりかもめの高架線路があり、あまり眺望は期待できない。

21tyo0405
「ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明」の朝食は、なかなか立派なビュッフェ。

21tyo0406
カウンターでオムレツでも作ってくれるのかと思ったら、イングリッシュ・マフィンのコーナー。スタッフがハムとか、チーズソースをかけてくれるのかな?

21tyo0407
おかずとしては種類は多いけど、内容としては普通のホテルのビュッフェ式朝食といった感じかなぁ?

21tyo0408
たぶん、このホテルの朝食で特徴的なのは、勝手丼のコーナーがあるところ。

21tyo0409
内容としては、マグロはネギトロだし、甘エビとサーモン、貝柱くらいで、「豊洲市場」に近いという利点を感じさせないんだけど、ごはんは酢飯も用意されているので、簡単勝手丼を作ることができる。もっと「豊洲市場」を意識させるような、新鮮なお刺身が並んでいれば、観光客としては楽しいと思うけど、まぁ、美味しいお刺身を食べたいと思う観光客は、ホテルではなく朝から豊洲市場に行って感動的に美味しい海鮮丼を食べるので、これでいいのかも。

21tyo0410
豊洲市場に行って丼専門店に行けば感動的に美味しい海鮮丼を食べることができるけど、ホテルの朝食だったらこれで十分。何よりも、自分で盛りつけるのがちょっと楽しい。

21tyo0411
デザートとしてソフトクリームのマシーンが朝から利用可能。

21tyo0412
ホテルの朝食は非日常的なものが楽しいので、ちょっとだけソフトクリームを楽しむ。

21tyo0413
部屋に戻って、のんびりと出発準備をしてホテルをチェックアウト。チェックアウトもマシーンで行う。

21tyo0414
まだ10時前でショッピングモールは開いていないので、人通りが少ない。そもそも、私は近代的なショッピングセンターはどこへ行っても同じ気がして、あまり興味はないんだけど。

21tyo0415
今日も豊洲市場に行こうかとも考えたんだけど、ホテルの朝ごはんをたくさん食べてしまったので、お腹がいっぱいで何かを食べたい!という欲求が起こらない。本当なら、せっかく朝から東京有明にいるんだから、旅行気分で東京観光をすべきなのかもしれないけど、天気が悪くて肌寒いということもあるけど、今回の旅行はaikoのライブを楽しむところが頂点で、東京のどこかに行きたいという気分じゃなく、素直に有明駅まで歩いてゆりかもめに乗って家に帰ることにする。

21tyo0416
うーん、新宿方面だったら、ゆりかもめよりもりんかい線の方が早いかなぁ?昨日はすっかり旅行気分を楽しめたんだけど、aikoのライブが楽しすぎてピークとなってしまい、東京観光と考えても行きたい場所が思いつかず、朝から自宅に帰ることを考えている。今から東京を楽しむこともできるのに。

21tyo0417
有明駅に着いてしまう。テンションが旅行モードになっていれば、東京都内を動き回って観光することだってできるのに。

21tyo0418
ゆりかもめに乗って豊洲を目指す。「まだ知らない」東京スカイツリーに登ってみようかとも考えるんだけど、曇り空だとなぁ。

21tyo0419
最前列の席が空いていたので、周囲に小さな子供がいないことを確認してから、子供のように最前列に座る。

21tyo0420
左側には有明コロシアムが見える。

21tyo0421
右側の座席は、おそらく非常時には有人運転ができるように運転台が隠されているんだろうなぁ。

21tyo0422
豊洲市場が見える。ホテルの朝食をたくさん食べてしまったので、お腹がいっぱいで食欲を失っているということも、旅行のテンションを低くさせている気がする。

21tyo0423
豊洲駅に着いてしまう。今回の旅行の主目的はaikoのライブに参加すること。でも、せっかくだから、ライブの前に早めに豊洲市場に行ってお昼ごはんを食べよう。東京有明に宿泊して、温泉リゾート気分を味わってしまおう。次の日はゆっくり起きて、朝風呂に入って、ホテルでのんびりと朝食を食べよう。当初考えていた目的は十分に達成できており、温泉リゾートに行ってのんびり過ごした気分になれている。そう、東京有明で温泉リゾート気分を味わうことができている。

21tyo0424
旅って、無理に観光名所をめぐらなくてもいいんじゃない?普段とは違う風景を見て、美味しいものを食べて、のんびりした気分になれれば、それで旅は成り立つような気がする。その意味では、今回の東京有明で温泉リゾート気分を味わう旅も、ちゃんとした旅だと思う。やっぱり、たまには非日常的な旅は、「精神的な」健康の維持のためには必要なことなんじゃないかなぁ?aikoのライブも明日からがんばれるパワーをもらえるけど、非日常的な旅に出ることだって、明日からも、がんばれる、生きるためのパワーをもらえる気がする。再び、新型コロナウイルス感染症のオミクロン株によって、閉塞的な世の中になりそうな気配だけど、そんな世の中でも他者にやさしくできるためには、まずは自分自身の心が健康であることが必要なんじゃないかなぁ?自分自身の心の健康の維持のためには、もちろん「新しい旅のエチケット」を遵守した上だけど、やっぱり、たまには旅が必要な気がする。まずは、自分の心が健康でいなくちゃ!(東京有明で温泉リゾート気分おしまい)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« 東京有明で温泉リゾート気分(3)東京にいながら、泉天空の湯・有明ガーデンで温泉気分。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(1)シチリア島カターニアからバスでパレルモに向かう。 »

東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京有明で温泉リゾート気分(3)東京にいながら、泉天空の湯・有明ガーデンで温泉気分。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(1)シチリア島カターニアからバスでパレルモに向かう。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

無料ブログはココログ