2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(3)ホテルに荷物を置いて、いきなりパレルモからチェファル“Cefalù”へエスカレーション。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(5)チェファルの海が見える絶景リストランテ・ケンティア“Ristorante Kentia al Trappitu”でお昼ごはん。 »

2022年1月18日 (火)

2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(4)パレルモから列車に乗って、チェファル“Cefalù”へ。

20pmo2301
パレルモ中央駅の4番ホームのサンターガタ・ディ・ミリテッロ“Sant'Agata di Militello”行きの列車に乗る。見えづらいけど、案内表示は、省略されて”S.AGATA M.”になっている。

20pmo2302
列車は空いていて、乗客はまばらにいる程度。海が見える進行方向左側の座席に座る。

20pmo2303
パレルモを出発し、鉄道は高速道路と同様に海岸線沿いを走ると思っていたら、内陸を走る。

20pmo2304
しばらくすると列車は海岸線を走る。目の前が海のこの駅に降りてみたいなぁ。

20pmo2305
今日は朝からバスでシチリア島の山岳風景を堪能して、そして列車に乗ってシチリア島の海の風景を堪能している。今日はまだ町歩きはしていないのに、すっかりシチリア島の風景の美しさに魅了されている。これでこそ、旅をしている気分。昨日、シラクーサに行ったあたりから、ようやくいつもの私らしい旅をすることができてきたような気がする。もちろん、今回の旅行はある意味で特別な旅行なので、いつも通りじゃないこともたくさんあるんだけど。

20pmo2306
海岸線にチェファル“Cefalù”の町が見えてきた。

20pmo2307
もう車窓から見たチェファルの町の風景を見るだけで、心がときめいてくる。今回の「春のシチリア紀行」でもっとも自分の足で歩いて、風景を自分の目で見て、風を肌で感じたかった町。小さな町の中央には大きなドゥオーモが建っているのがわかる。町の大きさに対して、ドゥオーモが大きすぎるくらい。

20pmo2308
チェファルの町にせまるように断崖の岩山がそびえ立っている。

20pmo2309
チェファル駅に到着。12:36着なので、パレルモからはおよそ1時間の列車の旅。プラットフォームがものすごく狭い。この駅で単線の列車交換をするとなると、かなり狭い。

20pmo2310
チェファルで列車を降りる人はけっこういる。雰囲気的には観光客の感じでもないかなぁ?

20pmo2311
線路をまたがずに舗装されている部分を渡って駅舎に向かう。

20pmo2312
チェファル駅を出て、チェファルの町へ向かって歩くことにする。

20pmo2313
先を歩く人についていくように、岩山の方向に向かって歩き始める。

20pmo2314
どんどん岩山が近づいてくる。この岩山は要塞“La Rocca”になっており、頂上にはお城があり、登れるようになっているというんだけど、けっこうな高さ。私はチェファルの歴史は詳しくないんだけど、ビザンチン時代にはこの岩山の要塞に町があったみたい。

20pmo2315
シチリア王国ノルマン朝時代のシチリア王、ルッジェーロ2世“Ruggero II”時代になって、岩山の麓の町が発展しはじめる。ノルマン朝はフランス北部のノルマンディ公国が発端なので、ヨーロッパの歴史っておもしろい。

20pmo2316
チェファルの中心街に向かって歩く。

20pmo2317
街路樹にはオレンジが実っている。そして、色は赤だけど、ルパン三世カリオストロの城に出てくるようなフィアット500を発見する。

20pmo2318
ヨーロッパって、古いクルマが普通に走っていたり、見かけることがあるのが楽しい。

20pmo2319
チェファルの町は背後に岩山があるので、平地の部分は少ない。

20pmo2320
2つの道が合流する小さな広場、ガリバルディ広場“Piazza Garibaldi”に出る。この時計塔のあたりにかつては岩山を守る城門“Porta Terra e Mura Megalitiche”があったみたい。

20pmo2321
マリア・サンティッシマ・デッラ・カテナ教会“Chiesa di Maria Santissima della Catena”は18世紀になって建てられた。

20pmo2322
広場を振り返ってみると、右側のバルの名前が”Antica Porta Terra”だったり、左側のリストランテも“Porta Terra”だったり、この場所に門があったんだろうなぁ。

20pmo2323
ルッジェロ通り“Corso Ruggero”をさらに進む。

20pmo2324
ルッジェロ通りは平坦な道だけど、交差する道は石畳の坂道。私はクルマが通るのがやっとの狭い通りが好き。だって、自動車が発明されるよりも前からあった道に違いないから。

20pmo2325
こちらは自動車が通れない階段の道。チェファルは岩山と海の間の狭い土地に町があるので、坂道の町となっている。

20pmo2326
煉獄(れんごく)教会“Chiesa del Purgatorio”または聖ステファノ教会“Chiesa di Santo Stefano”は、17世紀に建てられた教会。

20pmo2327
ルッジェロ通りは海に向けて緩やかに下り始める。

20pmo2328
ルッジェロ通りをさらに進むと、広場の奥にチェファルの巨大な2つの尖塔を持つチェファル大聖堂(ドゥオーモ)“Duomo di Cefalù”が見えてきた。この教会はパレルモからチェファルに向かう列車の中からもその大きさに圧巻されたけど、広くはないチェファルの町の規模から考えると、尖塔が印象的だけど、かなり大きい。チェファルの町の中心まで歩いてきて、町の大きさ(小ささ)がわかってきたので、町歩きよりも先に、もう13時近いのでお昼ごはんをどこかで食べることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(3)ホテルに荷物を置いて、いきなりパレルモからチェファル“Cefalù”へエスカレーション。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(5)チェファルの海が見える絶景リストランテ・ケンティア“Ristorante Kentia al Trappitu”でお昼ごはん。 »

イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(3)ホテルに荷物を置いて、いきなりパレルモからチェファル“Cefalù”へエスカレーション。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 3日目(5)チェファルの海が見える絶景リストランテ・ケンティア“Ristorante Kentia al Trappitu”でお昼ごはん。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

無料ブログはココログ