2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 プロローグ(後編)出発当日まで中止を考えていた春のシチリア紀行。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 1日目(2)2020年3月3日、人生最後のアリタリア航空、AZ785便ローマ行きに搭乗する。 »

2021年10月19日 (火)

2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 1日目(1)2020年3月3日、上野駅から貸し切り状態のスカイライナーで成田国際空港へ。

20pmo0101
2020年3月3日、火曜日。朝10時に宿直の仕事を終えて、上野駅へ向かう。今回のフライトは成田空港14:00発のアリタリア航空AZ785便ローマ行き。シャワーを浴びたいところだけど銭湯価格で入浴できる神田淡路町にある極楽湯は11:00のオープンなので、お風呂に入ってから空港に向かうのは時間的にギリギリになってしまうので、まずは成田空港に向かうことにする。

20pmo0102
寄り道もせずに京成上野駅へ。いつも通り、スーツケースはすでに成田空港に送ってあるのでリュックサックひとつの身軽な旅。

20pmo0103
現在の時刻は10:32くらい。10:34発の京成本線経由の特急でも成田空港までの所要時間は1時間15分くらいなので12時前には成田空港に到着できるので、安くあげるには特急でもいいかなぁ。でも、出発前に成田空港でシャワーを浴びたいことと、京成本線経由の「特急」は10時過ぎの下り電車なのでそんなに混雑はしていないとは思うけど一般車両なので乗客の乗降があり、不特定多数の人と接することになる。日暮里からノンストップのスカイライナーのほうが空いていれば人との接触が少ないのではないかと思って、久しぶりにスカイライナーで成田空港に向かうことにする。

20pmo0104
10:40発のスカイライナー31号のライナー券を買って、プラットフォームに向かう。ライナー券を買うという行為が、成田空港に向かい「春のシチリア紀行」を予定通り出発するという決心だったりもする。イタリアの陽性者数のデータを毎日のようにチェックし、シチリア州はまだ散発的にしか陽性者は発生しておらず、累計の陽性者数が少ない状況であることと、外務省「海外安全ホームページ」では、シチリア州には渡航延期勧告はおろか、注意情報も出ていないことから出発できると判断する。しかし、一度は決めたことを強行するのではなく、ブレーキをかけることも必要。シチリア島に滞在中に渡航延期勧告が発令された場合と、自主的な避難の指針として人口規模が同等の北海道よりも陽性者数が上回った時点で、いわば国境をまたがない国内旅行である北海道よりも感染症の状況が深刻になったら、途中でも旅行を中止して旅程を繰り上げて帰国することとする。

20pmo0105
最近、国際線に乗るときは羽田空港の利用が増えてきたし、そもそも私はケチなので時間に余裕があれば成田空港に行くときも特急料金のかからないスカイアクセス特急を利用することが多いので、スカイライナーに乗るのは久しぶりかも。

20pmo0106
上野駅出発の時点ではスカイライナーは、ほぼ私だけで1両貸し切り状態で、日暮里駅でも数名しか乗客は増えない。毎日の通勤・通学のために乗っている朝夕の満員電車よりもよほど安全だろうと私は思うけど、「不要不急の外出・移動の自粛」という「概念」で考える人たちからみたら、どんなに満員電車でも通勤通学は「正義」の外出だからOKでも、スカイライナーで空港に向かうなんて「不要不急の外出・移動、ましてや海外旅行に行くなんてけしからん!」というNG行為だろうなぁ。ちなみに、新型コロナウイルス感染症に対する「不要不急」という言葉は2020年3月下旬の東京都の外出自粛要請あたりからアナウンスされたと思われるので、2020年3月3日のオンタイムの状況では、まだ「不要不急」という言葉自体はメジャーではなかったかもしれない。

20pmo0107
かつては海外旅行に行くときには必ず成田空港で、なおかつ京成本線経由しかなかったので、スカイライナーに乗ったとしても時間がかかったので、どんどん東京都心から離れていって成田空港に向かう時の風景は旅の出発を感じて、わくわくした気持ちが最高潮になっていた。まだ知らないどこかへ向かう時は、いつも不安感と期待感が入り交じる不思議な感覚になる。ましてや、今回は新型コロナウイルス感染症の不安感もあるので、いつも以上に旅が始まることに複雑な感覚を感じる。

20pmo0108
遠くに筑波山が見える。そういえば、私は筑波山に行ったことがないなぁ。私は休暇があると国内でも飛行機に乗ってしまうことが多く、実は関東近郊には「まだ知らない」スポットがたくさんある。新型コロナウイルス感染症の不安を感じつつも、スカイライナーのライナー券を買って予定通り出発するという決断をしてからは、気持ちが風景を感じられるようになってきた。

20pmo0109
そういえば、私は成田山新勝寺も行ったことがない。そもそも京成電鉄は成田空港への旅行客輸送のために引かれた路線ではなく、成田山新勝寺への参拝客の輸送が目的だったんだろうから、成田山新勝寺にもいつかは行かないとなぁ。旅が始まると、風景を見る感性は少しずつ旅行モードになりつつある。

20pmo0110
スカイライナー31号は定刻通り11:24に終点の成田空港駅に到着。

20pmo0111
成田空港駅を出て、このあたりは帰国して都心に向かう人と交わる場所なんだけど、あまり人がいない。

20pmo0112
成田空港駅から出発フロアに向かうにはエレベータが便利。

20pmo0113
スカイチームのアリタリア航空のチェックインカウンターがある北ウイングへ。今は北「ウイング」とは呼ばないのかなぁ?

20pmo0114
アリタリア航空のチェックインカウンターは一番手前のAカウンターなんだけど、まずはスーツケースを受け取りに奥にあるJALABCのカウンターに向かう。

20pmo0115
中国方面のフライトは新型コロナウイルス感染症の影響で欠航が多く、ヨーロッパに向かう便にはキャンセルはない。成田空港発のヨーロッパ便についてはほとんどが午前便なので、これから出発する午後便はアエロフロートとアリタリアくらいしかないためか、空港内は空いている。北米便も羽田空港にだいぶ移管してしまっており、成田空港発着便は便数が少ないんだろうなぁ。

20pmo0116
JALABCのカウンターは、一番奥だった。せっかくアリタリア航空がAカウンターで近かったのにだいぶ歩く。事前に送っておいたスーツケースを受け取る。

20pmo0117
Aカウンターに戻り、並ぶことはなく待たずにチェックイン。アリタリア航空のカウンターの地上職員に質問すると、ローマ行きのアリタリア航空AZ785便はかなり空いている状況で、団体パッケージツアーのキャンセルが当日になっても入るような状況で、チェックインが開始されている今でもキャンセルが入っていて、出発時間までに予定されている乗客数よりもさらに減るかもしれないとのこと。

20pmo0118
チェックインカウンターは空いているので手続きはすべて順調に終わり、当初の予定通り、時間に余裕が十分にあるので成田空港で初めてシャワーを浴びることにする。

20pmo0119
出国手続き後にもシャワーを浴びることができる場所があるみたいだけど、今日は出国前のシャワーブースを使ってみることにする。

20pmo0120
私以外にはお客さんはおらず、すぐに案内される。料金は1050円。

20pmo0121
個室内はけっこう広め。

20pmo0122
航空会社のシャワーブースみたいな感じで、個室にはトイレとシャワーがある。

20pmo0123
洗面台にはペットボトルのお水が置かれている。

20pmo0124
シャワースペースにはリンスインシャンプーとボディシャンプーが置かれている。1050円と有料だけあって、それなりに快適。仕事上がりなどに成田空港から出発するときにはまた使ってもいいかも。

20pmo0125
さらに時間に余裕があるのでカードラウンジであるIASSエグゼクティブラウンジに行ってみることにする。

20pmo0126
IASSエグゼクティブラウンジは以前の場所から移転したのでエスカレータをあがってすぐ右手にある。

20pmo0127
このカードラウンジは目立つところに移転してから混雑していることが多いんだけど、今日は空いている。

20pmo0128
カードラウンジなので、食べるものは柿の種があるくらいで、ソフトドリンクはフリー。

20pmo0129
1杯だけ缶ビールや缶のハイボールなどのドリンクを頼むことができる。

20pmo0130
ふと、しみじみと搭乗券を見つめる。2020年3月3日、私はこれから日本を出国して、アリタリア航空AZ785便ローマ行きに搭乗する。新型コロナウイルス感染症といういつもとは違う不安感を抱えながらも、いつも通りに「まだ知らないどこかへ」行く期待感も持ちながら・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 プロローグ(後編)出発当日まで中止を考えていた春のシチリア紀行。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 1日目(2)2020年3月3日、人生最後のアリタリア航空、AZ785便ローマ行きに搭乗する。 »

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 プロローグ(後編)出発当日まで中止を考えていた春のシチリア紀行。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 1日目(2)2020年3月3日、人生最後のアリタリア航空、AZ785便ローマ行きに搭乗する。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ