2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2021年9月30日で消えた「不要不急の外出・移動」という「概念」。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 準備編 »

2021年10月 4日 (月)

内閣官房の無料PCR検査を受けて、今こそ沖縄旅行へ。

202110041
沖縄県ホームページ
https://www.pref.okinawa.jp/

2021年9月30日までは沖縄県のホームページを開くと、「全国の皆様」あてに「沖縄県は現在 緊急事態宣言中です。新型コロナウイルス感染症急拡大のため、沖縄県への来訪は当面の間自粛してください。やむを得ない事情により、来訪される場合は、本県入域前に確実にPCR検査又は抗原検査による陰性判定を受けてください。」という強いメッセージが表示されていた。そして、内閣官房によって沖縄県への旅行時に羽田空港や成田空港だけではなく、郵送でも無料でPCR検査を受けることができるバナーが表示されている。でも、緊急事態宣言発令中に沖縄県からここまでの自粛要請のお願いが書かれているのに「やむを得ない事情」で沖縄に観光旅行に行く人たちは、たぶん、ルールを守れない人だから、きちんとPCR検査を受ける人たちではないどころか、むしろ検査を避ける人たちだと思われるので、無料PCR検査はあまり意味のない政策のような気がする。

202110042
さすがに2021年10月1日からは全国的に緊急事態宣言は解除となったので、沖縄県のホームページからも「全国の皆様」への強いメッセージは消えている。沖縄県へ航空機で向かう人たちへの内閣官房の無料PCR検査は10月からも継続している様子で、引き続きバナーが貼られている。10/1以降は内閣官房によって無料でPCR検査を受けられるディスティネーションは沖縄旅行のみとなっている。

202110043
沖縄県来訪者への依頼内容を確認してみると、「来県前には、ワクチン接種を完了するかPCR等検査で陰性を事前に確認してください。」というメッセージが赤字で書かれている。ルールに従って沖縄県へ旅行するには、ワクチン接種を完了しているか、PCR検査を受けて陰性を確認することが必要である。もちろん、「協力要請」であって「義務」ではないので必ずしも守る必要はないんだけど、せっかくPCR検査が無料なんだから、ワクチン接種の有無にかかわらず、沖縄旅行時には沖縄県の協力要請にしたがって無料PCR検査を受けるべきなんじゃないかなぁ?だって、第5波が沈静化して、全国的にここまで陽性者数が少なくなると、PCR検査を受けても「陽性」になることは考えづらいので、せっかく無料だし「陰性」という証明を持って安心安全に旅行した方がいい。

そもそも、私は沖縄旅行については「新しい旅のエチケット」を遵守すれば、むしろ安全に旅行できるディスティネーションだと思っている。私が沖縄旅行を安全だと思っている最大の理由は移動がレンタカー主体であること。沖縄旅行は、本島にしろ離島にしろ、移動はレンタカーが主体となる。家族やカップルや友人同士の旅行で、その中に感染者がいたとしても、レンタカーであれば同乗者である旅行者同士の感染は考えられるけど、沖縄県民に感染させるということはあり得ない。基本的に沖縄県に知り合いがいて、なおかつわざわざ会わない限り、観光客が沖縄県在住の人たちと濃厚に接することは少ない。空港からレンタカーでリゾートホテルに移動してしまえば、各リゾートホテルに分散してしまうので、「蜜」になることも、あまり人と接触することもないだろうし、途中で飲食店、商業施設、観光施設に立ち寄ったとしても、感染予防対策が取られていれば、観光客が沖縄県在住の人たちと濃厚に接触する場面は少ない。そしてリゾートホテルはきちんと感染予防対策が取られている。友人同士のグループ旅行は友人同士で旅行中に感染する可能性はあるけど、少なくとも衣食住をともにする家族やひとり旅でレンタカー&リゾートホテルの旅行スタイルで「新しい旅のエチケット」を遵守できれば、沖縄旅行はむしろ安全なのではないだろうか。今こそ、沖縄旅行だけが唯一、内閣官房によって無料PCR検査を受けられるので、無料PCR検査を受けて安心安全の沖縄旅行へ行くタイミングかも知れない。

2021年10月に入ると、理由はわからないんだけど全国的に新型コロナウイルス感染症の陽性者数が激減している。第5波が沈静化して陽性者数が激減しているということは、大都市部でも市中のウイルス量が減少しているわけで、おそらく普通に感染予防対策を行っていれば、市中にウイルスが少ないわけだから、可能性はゼロではないものの市中感染する可能性は低いだろう。したがって、現在の状況でPCR検査を受けたとしても、「陽性」になることはまずないだろう。普通に感染予防対策をして生活していれば「陽性」が出るはずはないんだから、無料PCR検査を受けて「陰性」の証明を得て安心安全に旅行をしたほうがいい。ワクチン接種の有無に係わらず、せっかく無料なんだからPCR検査を受けて「シロ」である陰性証明を得た方が、自分自身が一番安心できるのはないだろうか。沖縄旅行だけが、無料でPCR検査を受けることができて、「シロ」の陰性証明がもらえるんだから、今こそ、安心安全の沖縄旅行に行くタイミングなのではないか。

えっ?PCR検査で「陽性」になることが怖い?「陽性」になったら沖縄旅行に行けなくなってしまうから困る?遊びに行くために受けたPCR検査で「陽性」になったら仕事に穴を開けることになるから、職場に申しわけがない?第5波がなぜか沈静化している2021年10月の現在は、これだけ陽性者数が激減しているということは、大都市部であっても市中のウイルス量は少ないと思われ、ごく普通に日常生活の中で感染予防対策をしていれば「陽性」になることはまずないだろう。もしも、PCR検査を受けて「陽性」になることが怖いと感じている人は、よほど、日常的に人が密集する屋内でも適切にマスクを着用していないなど感染予防対策を怠っていて、日常的に仲間と飲み歩くなどのうしろめたい生活を送っているということだから、むしろ、そんなあなたこそ、せっかく無料なのでPCR検査を受けた方がいい。沖縄県のためだけではなく、あなた自身、そして、あなたの家族や会社の同僚などの周囲の人たちのためにも、「陽性」になったら怖いと思っているあなたこそ、ぜひ無料PCR検査を受けることをお勧めする。たとえ、沖縄に行けなくなったとしても、あなたの家族や会社の同僚を守り、そしてなによりもあなた自身の命を救うことになるかも知れない。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« 2021年9月30日で消えた「不要不急の外出・移動」という「概念」。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 準備編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年9月30日で消えた「不要不急の外出・移動」という「概念」。 | トップページ | 2020年3月、春のイタリア・シチリア紀行 準備編 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ