2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2020年1月、休暇3日間で行く弾丸ホノルルひとり旅2日目(1)朝ごはんはアイランド・ヴィンテージ・コーヒーのアサイーボウル。 | トップページ | 2020年1月、休暇3日間で行く弾丸ホノルルひとり旅2日目(3)ハレイワのマツモト・シェイブ・アイス“Matsumoto Shave Ice”でレインボー。 »

2021年7月13日 (火)

2020年1月、休暇3日間で行く弾丸ホノルルひとり旅2日目(2)早めのお昼ごはんは、ハレイワのジョバンニ・シュリンプ・トラック“Giovanni's Shrimp Truck”でガーリックシュリンプ!

20hnl0801
The Bus52番バスはワヒアワの町を出て、ハレイワへ向かう。ワヒアワで降りる人もいるし、ドールプランテーションで降りる人もいるけど、乗ってきた人もいるのでバスの乗客数は出発時とあまり変わらない。

20hnl0802
ハワイの魅力って、オアフ島ですらホノルルからちょっと離れただけで感じられるのんびりとした風景なのかもしれないなぁ。

20hnl0803
坂道の先に海が見えてきた。

20hnl0804
どこのバス停で降りればよいかわからないので、ハレイワの町の一番手前のバス停で降りてみることにする。ここまで来てしまえば、私は歩いて町を感じるのが好きなので、ハレイワの町の風を感じながら歩くことにする。

20hnl0805
カメハメハ・ハイウェイ沿いにお店が並んでいて、お店をのぞきながら歩くのがいい感じ。

20hnl0806
歩道も整備されていない狭い道路の両側にお店が並んでいる。小さな川に架かる橋を渡る。

20hnl0807
駐車場が見えてきた。今回、ハレイワに来ようと思った理由は単純で、ハワイで食べるガーリックシュリンプが気に入っていて、ハレイワのジョバンニ・シュリンプ・トラック“Giovanni's Shrimp Truck”でガーリックシュリンプを食べてみたいと思ったから。たぶん、この駐車場あたりにお店があるはず。

20hnl0808
中に入るとフードトラックが何台か並んでいる。

20hnl0809
オープンエアのフードコートみたいで楽しいかも。

20hnl0810
ベンチが置かれているので、その場で食べることができる。

20hnl0811
ジョバンニ・シュリンプ・トラックを発見。

20hnl0812
大切なことは、いきなり列に並ぶのではなく、まずは左側の窓口でオーダーをして、キャッシュで代金を支払う。オーダーの窓口は混雑していない。

20hnl0813
整理券をもらい、番号で呼ばれるみたい。

20hnl0814
先にオーダーしてから整理券をもらってから列に並ぶ。番号で呼ばれるので並ぶ必要はないような気がするけど、みなさん、まじめに列を作って並んでいる。

20hnl0815
うーん、おひとり様の最大の試練は、席を取ってもらう人がいないこと。連れがいれば、列に並ぶことと席を取ることを同時に役割分担できるのに。

20hnl0816
整理券で番号を呼ばれるので並ぶ必要はないような気がするけど、おもしろいことに、わりと整理券の番号順に並んでいる。

20hnl0817
無事にガーリックシュリンプを受け取り、相席だけど、座る場所を確保。

20hnl0818
このガーリックシュリンプを食べるために片道1時間以上もローカルな路線バスに乗ってハレイワに来たようなもの。

20hnl0819
ガーリックがけっこう強めだけど、美味しいかも。オープンエアのお店の雰囲気も含めて、わざわざハレイワに来て食べる価値はあるかも。

20hnl0820
再び、ハレイワのぶらぶら歩きをスタート。お店をのぞいてみたり、ぶらぶら歩きがけっこう楽しい。

20hnl0821
海だけではなく自然を感じることができるので、もっとも都会的なオアフ島でも十分にハワイは楽しいかも。

20hnl0822
以前にモアナルア・ガーデン“Moanalua Gardens”で見た「日立の樹」のような芝生の広場に横に広がる大きな木。

20hnl0823
ハワイって、のんびりした気分になるには最高のディスティネーションかもしれないなぁ。いつも私が「まだ知らないどこか」へ行くのって、知らない世界を知りたいという好奇心と若干の不安が入り交じっている。好奇心と不安が入り交じる感情が楽しくで、1年に1度は「まだ知らないどこか」へ行くようにしているんだけど、何も考えず、のんびりと過ごすにはハワイは楽に旅ができるので最高かもしれない。私自身が年齢を重ねてきて保守的になってきているのかなぁ?でも、価値観が固まってしまい、新しい価値観を受け入れられず、自分の生きてきた狭い、狭い価値観で「こうすべきである」と概念だけで考えて、うんちくを語るお年寄りにはなりたくない。時代は変化しているわけで、価値観も変化する。ある時点で自分の価値観を固定化してしまったら、どんどん時代から取り残されてしまう。どんなに年齢を重ねても「まだ知らないどこか」を知ろうとする好奇心や冒険心を失ったら、人生終わりだと思っている。まぁ、狭い価値観のほうが選択肢が少ないので迷わないわけで、選択肢が多いと言うことは、いくつになってもどの道を選ぶべきか悩み続けると言うことだけど。きっと、私は「まだ知らない」価値観に出会い続け、これからも迷い続ける人生を歩むんだろうなぁ。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« 2020年1月、休暇3日間で行く弾丸ホノルルひとり旅2日目(1)朝ごはんはアイランド・ヴィンテージ・コーヒーのアサイーボウル。 | トップページ | 2020年1月、休暇3日間で行く弾丸ホノルルひとり旅2日目(3)ハレイワのマツモト・シェイブ・アイス“Matsumoto Shave Ice”でレインボー。 »

ハワイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年1月、休暇3日間で行く弾丸ホノルルひとり旅2日目(1)朝ごはんはアイランド・ヴィンテージ・コーヒーのアサイーボウル。 | トップページ | 2020年1月、休暇3日間で行く弾丸ホノルルひとり旅2日目(3)ハレイワのマツモト・シェイブ・アイス“Matsumoto Shave Ice”でレインボー。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近のコメント

無料ブログはココログ