2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 青春18切符で行く初冬の袋田の滝、奥久慈大子温泉ひとり旅 1日目(2)水郡線は2019年10月の台風19号の影響で代行バス。歩いていくと遠すぎる袋田の滝。 | トップページ | 青春18切符で行く初冬の袋田の滝、奥久慈大子温泉ひとり旅 1日目(3)袋田の滝から路線バスで常陸大子へ向かう。 »

2021年5月14日 (金)

人間が考えた「概念」としての「善悪」を見極める頭の良い新型コロナウイルス。

20210514
出典:TBS NEWS23(2021.5.7)

先日、TBSのニュースで2021年4月のクラスター発生についてのデータが出ていた。残念ながら、この報道内容はテレビ局にとっておいしい内容ではなかったらしく、このテーマは継続して報道されることはなかったんだけど、このデータをどう見て良いのか私はわからない。中学校レベルの問題で「このグラフから言えることを述べなさい」と言われれば、「クラスターの中で『職場』が最も多い」というのが単純な回答なんだと思うけど、自民党菅政権に忖度する、もしくはマスメディアによる世間をあおりたいという願望という「大人の事情」により、「クラスターの原因は『飲食』が多い」という回答が正解となる。

思えば、自民党安倍政権のころから、マスメディアをうまく利用した世論の情報操作がうまくいっており、個人の飲食や旅行、レジャーなどの個人的な活動による「不要不急の外出」は「悪」で、仕事や学校は必要な外出だから「正義」という意識を多くの国民に根づかせることに成功している。そのために、自民党安倍政権や菅政権の言うことを信じて、不要不急の外出を取り締まる「自粛警察」が出現している。

外出を「悪」と「正義」にわけることにより、悪のスケープゴートをつくりあげた。まず昨年の第一波の時のスケープゴートは「パチンコ屋」だった。そして、第三波では菅総理は不本意だっただろうけどマスメディアの影響もあり「GOTOトラベル」がスケープゴートとなった。そして、同じく第三波以降は「飲食店」をスケープゴートとしている。共通するのは、自民党菅政権もマスメディアも、個人の飲食や旅行、レジャーなどの「不要不急の外出」を「悪」と見なすことで、新型コロナウイルス感染症の原因は個人の活動であり、個人の活動が新型コロナウイルス感染症を拡大させているとしていること。個人的な活動のための外出を「悪」と決めつけてしまったために、感染したのは個人的な原因で、遊びに行ったからだという差別を受けることになる。

しかし、このTBSのニュースを見て、私はよくわからなくなってしまった。パチンコ屋はすでに斜陽産業であり、かつてはタバコを吸っている人が多かった関係で強力な空調装置をもっており、そもそも会話をしない。GOTOトラベルは2020年12月で休止となっている。マスメディアがさんざんあおったGOTOトラベルが原因であればなぜ休止後に第四波が起きたのか。飲食店での酒の提供は第四波の緊急事態宣言からは行われておらず、酒の提供が禁止されてからすでに2週間が経過した。自民党菅政権により、感染の原因と思われる個人的な活動はすでにすべて制限されている。それなのに感染者数が減らないのは、パチンコ屋が原因なのか、旅行が原因なのか、飲食店での飲酒が原因なのか、もう私は個人的な活動のどこに原因があるのかがわからないし、このグラフの「飲食店」のクラスターはもはや少なくて「職場」が発生源のトップであるということを、TBSのこの出典が正しいかどうか、また「職場」の内容を精査する必要はあるにせよ、どう理解すればよいのだろう。

そろそろ、外出を「正義」と「悪」に分けて、個人的な活動のための外出を「悪」とすることに無理が出てきているのではないか。為政者の意識の中に「欲しがりません勝つまでは」、「贅沢は敵だ」というようなエビデンスに基づかない、かつて国民を厳しく統制した戦時中の思想的なものが背景にあるのではないか。

個人的な活動のための外出を「悪」とする反面、仕事や学校のための外出は「正義」であるので規制しない。テレワークによる「出勤者7割削減」の要請をうたっているものの、要請のみであり、第一波のときのような通勤通学の満員電車の解消にはつながっていない。昨年の第一波の時にできていたことができていない。実際、「通勤者7割削減」を守らない企業が多くあるために、ゴールデンウィーク中の平日に鉄道の減便を行ったら、逆に混雑する結果になっている。

飲食店に罰則規定があるように、オフィスワーク中心で「通勤者7割削減」を実施しない企業に対しては、飲食店と「平等」に罰則規定を設けたらどうだろう。パチンコ屋と「平等」にやる気がない企業は社名の実名公表をしたらどうだろう。けっして仕事をするなという話ではなく、もちろん3割は通勤してオフィスで仕事をしてもかまわないけど、新しいライフスタイルに基づき7割はテレワークで仕事を継続する。第一波から1年間も期間があったのだから、やる気がある企業には十分な準備期間があったはずだ。飲食業でもパチンコ屋でもやる気のない企業は罰せられるので、一般企業も「平等」にしたほうがいい。7割の通勤者が減り、職場に人が3割しか集まらなければ、仕事帰りに飲みに行って仲間とおしゃべりすることはないだろう。仲間と一緒にお昼ごはんを食べに行っておしゃべりすることもないだろう。放課後に高校生が友人たちとたむろしておしゃべりすることもなくなるだろう。「通勤者7割削減」を達成すれば、病院や高齢者施設などのエッセンシャルワーカーが満員電車に乗らずに安全に通勤できるために、高齢者施設や病院のクラスター減少につながるだろう。

私は新型コロナウイルス感染症のウイルスは、人間が考えた「概念」としての「善悪」なんて関係なく、忖度なんて関係なく、どんどん増殖する目的のために感染するものだと思っているので、もしも本気で規制をするのであれば、従来は「正義」と思われている外出を含めて徹底的に規制すべきだと思っている。個人的な外出の制限をなくすべきということではなく、「正義」と思われている外出も「不要不急の外出」と同等に考えた方がいいのではないかと思っている。しかし、自民党安倍政権、菅政権は、個人的な活動は「悪」で、仕事や学校は「正義」とずっと言い続けているのだから、もしかしたら、新型コロナウイルスはものすごく頭が良くて、人間が考えた「概念」としての「善悪」がわかるのかもしれないなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

« 青春18切符で行く初冬の袋田の滝、奥久慈大子温泉ひとり旅 1日目(2)水郡線は2019年10月の台風19号の影響で代行バス。歩いていくと遠すぎる袋田の滝。 | トップページ | 青春18切符で行く初冬の袋田の滝、奥久慈大子温泉ひとり旅 1日目(3)袋田の滝から路線バスで常陸大子へ向かう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青春18切符で行く初冬の袋田の滝、奥久慈大子温泉ひとり旅 1日目(2)水郡線は2019年10月の台風19号の影響で代行バス。歩いていくと遠すぎる袋田の滝。 | トップページ | 青春18切符で行く初冬の袋田の滝、奥久慈大子温泉ひとり旅 1日目(3)袋田の滝から路線バスで常陸大子へ向かう。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近のコメント

無料ブログはココログ