2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 6日目(3)モーニングカーム会員最後の仁川国際空港KALプレステージクラスラウンジで帰国前にシャワーを浴びる。 | トップページ | フレンチお総菜のテイクアウトでフランス気分(神楽坂駅から飯田橋駅まで一駅散歩 後編)。 »

2021年4月30日 (金)

3年前の2018年3月にフランス・メッスで食べた以来のオー・メルベイユ・ドゥ・フレッド “Aux merveilleux de Fred”に、神楽坂で再会。(神楽坂駅から飯田橋駅まで一駅散歩 前編)

2021042901
2021年4月29日、木曜日。東京メトロ東西線神楽坂駅で降りる。今日は神楽坂駅から飯田橋駅までの一駅散歩をしてみることにする。

2021042902
目的としては、今年はフランスには行けそうにないし、東京都内は新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言下なので、休みの日は都内に行くことはないんだけど、テレワークができる仕事ではないので仕方なしに仕事で都内に行ったときにフランスを感じるテイクアウトグルメを楽しむことにする。

2021042903
そもそも、テレワークで通勤する労働者の7割削減を義務化すれば、東京に来る人が7割減れば、飲食店に規制をかけなくてもそもそも東京にいる人が少ないんだから、飲みに行く人は少なくなるし、会社で同僚と会うから「飲みに行こう」ということになるわけで、顔を合わせなければ仲間と飲みに行くことはないような気もするんだけど。飲食店だけではなく、会社も痛みを分かち合った方がいい。飲食店には努力を求められるけど、テレワークができない会社って、この1年間でなんらかの努力をしてきたのかなぁ?

2021042904
私は旅行に行っても、もちろん、ネットや雑誌、本などで情報を得ることも多いけど、歩いていて、その場で良さそうなお店を見つけることが多い。このサンドイッチ屋さんも、ちょっといい感じ。今日は立ち寄らないけど、次に来たときには寄ってみようかなぁ?という感じで町を知る。

2021042905
でも、今日はふらっと見つけたお店ではなく、お店をあらかじめ調べていて、狙い撃ちで来ている。それは、私がフランスで知ったお店で、その日本支店が神楽坂にできていることを最近になって知ったから。

2021042906
そのお店はフランス・リールに本店があるオー・メルベイユ・ドゥ・フレッド “Aux merveilleux de Fred”というパティスリー。

*****************************

Bru0524
実は、私とオー・メルベイユ・ドゥ・フレッド “Aux merveilleux de Fred”の出会いは、2016年3月の「ムール貝を食べにベルギーひとり旅」で訪れたベルギー、ブリュッセルにさかのぼる。

Bru0525
2016年3月にガイドブックに載っているわけではないんだけど、ブリュッセルを歩いていて、行列ができているお菓子屋さんとしてチェックしている。だけど、ベルギーだったらダンドワ“Dandoy”などでベルギーワッフルを食べちゃうので気になってチェックをしているけど、お店の名前を調べることなく素通りしている。私の旅行記の中ではこれが初出となる。


ムール貝を食べにベルギーひとり旅 1日目(4) 世界三大がっかり名所、ブリュッセルの小便小僧“Manneken Pis”へ。そして小便少女!?
https://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/14-manneken-pis.html

*****************************

17lil1924
次に2017年10月の「初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅」では、リールを観光中に、ふと行列ができているお店を見つけて、チェックしている。この時は2016年3月にブリュッセルでチェックしているお店だとは気がついていない。今まで、私とオー・メルベイユ・ドゥ・フレッド “Aux merveilleux de Fred”の出会いは2017年10月のリールだと思っていたんだけど、実はそれ以前にブリュッセルで出会っていたことに最近になって気がつく。

17lil1925
これだけ気になっているお店で、ガイドブックに載っているお店ではないのに、ブログに載せているのに、スペシャリテの“Les Merveilleux”をリールでも食べていない。

17lil1926
オー・メルベイユ・ドゥ・フレッド “Aux merveilleux de Fred”は、オー・ド・フランス地方が発祥なので、リールで食べておくべきお菓子だったのになぁ。


初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 3日目(3)リールのノートルダム大聖堂。
https://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/33-92f8.html

*****************************

Lux0812
そして、いよいよ2018年3月の「フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅」でスペシャリテの“Les Merveilleux”を食べる機会が訪れる。しかし、ナンシーでお店を発見し、写真まで撮っているのに素通りしてしまう。この時もブリュッセルやリールで過去にチェックしているお店だとは気がついていない。


フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 2日目(2)映画「アメリ」のブルトドーの宝箱。
https://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/22-e1f1.html

*****************************

Lux1306
メッスで行列ができているのを発見する。1982年創業なので、伝統的なお菓子ではないけど、ものすごく新しいお菓子でもない。

Lux1307
とうとうお店の中に入る。

Lux1308
パン“Les cramiques”もチェック。チョコチップの入ったパンが美味しそう。

Lux1309
とうとう列に並んでみる。

Lux1310
2018年3月、メッスでミニサイズのスペシャリテの“Les Merveilleux”をとうとう購入。

Lux1315
しかもカフェでパスティスを飲みながらこっそり食べる。メレンゲとクリームが美味しい。ガイドブックに掲載されているお店ではないんだけど、行列ができているのでお店をチェックはしているけど食べるまで2年かかっている。

Lux1334
“Les cramiques”は、夕食後にホテルで食べる。残念ながら「フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅」以降はオー・メルベイユ・ドゥ・フレッド “Aux merveilleux de Fred”と巡り会っていない。


フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 2日目(7)まさかの吹雪のメッスで夕ごはん。
https://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/27-e426.html

*****************************

2021042907
東京・神楽坂に話は戻る。外からお店の中を眺める。そうそう、チョコチップの入ったパン“Les cramiques”をメッスで食べた。

2021042908
ブリュッセルやリール、メッスと同じように行列ができている。でも、カフェに並んでいる人が多く、テイクアウトはすぐに買える。

2021042909
フランスではスペシャリテの“Les Merveilleux”は大きいサイズとミニサイズがあったんだけど、東京では小さいサイズしかないみたい。1つ300円とお手頃価格。

2021042910
メッスでは小さいサイズを買ったと思うけど、逆に東京ではパン“Les cramiques”は大きいサイズしかない。

2021042911
レジに進むとゴーフルを発見してしまう。私はリールのメール“Méert”のゴーフルが大のお気に入り。パリに行くと、パリ支店があるマレ地区まで行ってしまうくらい好き。フランスでは気がつかなかったけど、日本でゴーフルを味わえるのは、たしか蔵前にあったきがするけど、滅多にない。オー・メルベイユ・ドゥ・フレッド “Aux merveilleux de Fred”、なかなかフランス気分を感じさせてくれる。

2021042912
今日はオー・メルベイユ・ドゥ・フレッドに初めて来てみて、良かったなぁ。テイクアウトで、スペシャリテの“Les Merveilleux”とゴーフルを購入し、飯田橋に向けて歩くことにする。

2021042913
フランス人御用達なのか、わりとワインなどが充実しているスーパー。

2021042914
へぇ、フランス語が通じる焼き鳥店っておもしろい。

2021042915
残念ながら「昼飲み」は、ジュース、「ワイン」はぶどうジュースに書き換えられているけど。

2021042916
飯田橋からスタートすると坂を上るようだと思って、神楽坂駅からスタートしたんだけど、毘沙門天に向かって上り坂になっている。1話完結のつもりだったけど、後半に続く。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 6日目(3)モーニングカーム会員最後の仁川国際空港KALプレステージクラスラウンジで帰国前にシャワーを浴びる。 | トップページ | フレンチお総菜のテイクアウトでフランス気分(神楽坂駅から飯田橋駅まで一駅散歩 後編)。 »

東京でフランス気分」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 6日目(3)モーニングカーム会員最後の仁川国際空港KALプレステージクラスラウンジで帰国前にシャワーを浴びる。 | トップページ | フレンチお総菜のテイクアウトでフランス気分(神楽坂駅から飯田橋駅まで一駅散歩 後編)。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ