2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 3日目(10)夕暮れのザルツブルク旧市街町歩き。 | トップページ | 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 4日目(1)ザルツブルクでの朝、美しいミラベル庭園。 »

2021年2月23日 (火)

秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 3日目(11)ザルツブルクでの夕ごはんは“Bräu Pfandl”。

19szg2101
ゲトライデガッセ“Getreidegasse”はザルツブルク旧市街でもっとも賑やかな繁華街。

19szg2102
ドイツらしいのは看板。マクドナルドにも看板がある。

19szg2103
シュテルンブロイ“Sternbräu”は「地球の歩き方」掲載のビアホール。

19szg2104
ここで夕食を食べるつもりで中に入ってみると、ビアホールのような雰囲気の場所を想像していたんだけど、オフシーズンだからなのかなぁ?時間が早いのかなぁ?お客さんがいないので賑やかさがまったくない。屋内にあるちゃんとしたレストランは営業しているんだけど、ガイドブックを見てここに来た私の気分はビアホール。レストランだったら、ホテル・イムラウアー&ブロイ“Hotel IMLAUER & Bräu”併設のビアレストラン“Braurestaurant IMLAUER”でもいい気がする。

19szg2105
旧市街のここで飲んじゃうと、ホテルまでけっこう歩くので、むしろ、ホテルのビアレストランだったら部屋に帰れば寝るだけなので、そのほうがいいかなぁ?と思い始めている。迷っているうちにシュテルンブロイ“Sternbräu”を通り抜けて、川沿いの道に出る。

19szg2106
歩行者専用橋であるマカルト橋“Makartsteg”を渡ってホテルのある新市街に戻ることにする。

19szg2107
この橋は南京錠がたくさん取り付けられている。この橋で願い事をすれば幸せになれるのかなぁ?

19szg2108
建物の灯りが目立つようになってきた。

19szg2109
川沿いの大きな建物はホテル・ザッハー“Sacher Salzburg”。ザッハトルテで有名なホテル・ザッハーはウィーンだけではなくザルツブルクにもある。

19szg2110
橋の上からザルツァッハ川の下流の風景を眺める。すでに周囲は暗くなってきており、建物はシルエットしか見えない。

19szg2111
ホーエンザルツブルク城塞の方角はまだ光が残っている。

19szg2112
橋を渡り、大きな通りを越えるとマカルト広場“Makartplatz”に出る。ザルツブルク州立劇場“Salzburger Landestheater”の前を通ると、目の前にはブリストルホテル“Hotel Bristol”が見える。

19szg2113
ブリストルホテルの手前にミラベル庭園“Mirabellgarten”に抜ける道がある。だいぶ周囲が暗くなってきているので庭園を楽しめる雰囲気ではないんだけど、ホテルに戻る近道になりそうなのでミラベル庭園に入ってみることにする。

19szg2114
芝生に模様が描かれているんだけど、カメラで光を拾うよりも実際は暗いのでほとんど色は感じられず、よくわからない。

19szg2115
庭園の中央には4つの要素の噴水“Vier-Elemente-Brunnen”がある。4つの要素とは、それぞれ、“Element Erde”(大地),“Element Wasser”(水),“Element Feuer”(火),“Element Luft”(空気)のようだけど、暗くなってしまっておりその表現を感じることはできない。奥に見えるのはミラベル宮殿“Schloss Mirabell”。

19szg2116
オブジェはライティングされている。芝生はきれいに整えられているのが暗くてもわかる。

19szg2117
ミラベル宮殿から庭園を見ると、真っ正面にホーエンザルツブルク城塞が見える。おそらく、見えるように作られているのだろう。

19szg2118
ミラベル広場“Mirabellplatz”に面しているのはザンクト・アンドレー教会“Stadtpfarrkirche St. Andrä”。19世紀にかつてリンツァー通りにあった教会を、現在地に場所を変えて建設されたもの。

19szg2119
バス通りをまっすぐ歩けばホテルに戻れるはず。すでにカメラの方が光を拾うので、周囲は暗い。

19szg2120
ようやくハルシュタット日帰り観光からホテル・イムラウアー&ブロイ“Hotel IMLAUER & Bräu”に戻ってくる。ハルシュタットだけではなく、ザルツカンマーグート全体がこんなに美しい風景だとは思っていなかった。1日あたりで300枚以上の写真を使って全11話になるのは過去最高のボリューム。

19szg2121
まずは部屋に戻って荷物を置く。

19szg2122
けっきょく、荷物も持たず、ホテルの1階のドアを開ければレストランという利便性。そして、食事が終わったら酔っぱらっていてもすぐに部屋に戻れるという利便性を考えると、ホテル併設のビアレストラン“Braurestaurant IMLAUER”は魅力的。

19szg2123
雨でもないのに、ホテル併設という利便性だけでは私はたぶん同じレストランに2日連続で行くことは少ないので、昨日、利用してみて、雰囲気もいいし、美味しかったというのが理由。それにこのレストラン、けっこうに賑わっている。

19szg2124
昨日と同じテーブルかも。

19szg2125
今日はザルツブルグの地ビールであるシュティーグルのヴァイス“Stiegl Weisse”。

19szg2126
今日も前菜を頼まずにメインのみ。私は「まだ知らない」料理に好奇心を抱いてしまうので、メニューを見て、どんなものが来るのかが想像できなかった“Bräu Pfandl”という料理を注文。まったくわからないわけじゃなくて、料理の説明を見ると、つづりがちょっと違うんだけど、「地球の歩き方」にバウエルンプファンドル“Bauernpfandl”として「農民のフライパン」と紹介されている料理だと思う。「地球の歩き方」によると豚肉とキノコの炒め煮に、シュペッツレ“Kräuterspätzle”がつけあわせのようだけど。

19szg2127
豚ヒレ肉のグリルのシャンピニオンソース。ちゃんとシャンピニオンがいっぱい入っている。

19szg2128
つけあわせは、南ドイツのパスタであるシュペッツレ“Kräuterspätzle”。すいとんのような食感だけど、おいしい。つけ合わせに温野菜もあり、一皿でバランスがいい感じ。

19szg2129
コーヒーを飲んで食後の余韻を味わう。ドアを開ければホテルのレセプションで、エレベータに乗れば自分の部屋という環境面のメリットもあるけど、このホテル併設のレストランはビールの種類もあるし、料理も美味しい。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 3日目(10)夕暮れのザルツブルク旧市街町歩き。 | トップページ | 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 4日目(1)ザルツブルクでの朝、美しいミラベル庭園。 »

オーストリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 3日目(10)夕暮れのザルツブルク旧市街町歩き。 | トップページ | 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 4日目(1)ザルツブルクでの朝、美しいミラベル庭園。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ