2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 3日目(8)ハルシュタットからザルツカンマーグートの風景を見ながらザルツブルクへ。 | トップページ | 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 3日目(10)夕暮れのザルツブルク旧市街町歩き。 »

2021年2月16日 (火)

秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 3日目(9)ザルツブルク駅行き150番バスを途中で降りてザルツブルク旧市街へ。

19szg1901
バート・イシュルから150番バスに乗り、ザルツブルクのバス停“Salzburg Hofwirt”の到着したのは17時10分前くらい。ザルツブルク旧市街に向かうのには、このバス停で降りて向かった方が近そう。要塞を作るにはちょうどよい丘であるカプツィーナーベルク“Kapuzinerberg”がある。ちょうど、カプツィーナーベルクはホーエンザルツブルク城塞“Festung Hohensalzburg”とは、ザルツブルクの中央を流れるザルツァッハ川“Salzach”を隔てたところにある丘で、軍事的には要衝だったと思われる。現在はカプツィーナー修道院“Kapuzinerkloster”が建つ場所には、中世の時代にはお城“Trompeterschlösschen”があったみたい。

19szg1902
リンツァー・ガッセ“Linzer Gasse”をザルツァッハ川に向かって歩く。リンツァー・ガッセと言うからには、リンツに向かう街道だったんだろうなぁ。通り沿いにあるのはセバスティアン教会“St Sebastiankirche”。

19szg1903
ここだけ門のようになっている。書かれている文字は“Feuerwache Bruderhof”。消防団のような組織がかつてここにあったのかなぁ?

19szg1904
通りを振り返ってみると、セバスティアン教会がアクセントとなって美しい通り。

19szg1905
テディベアと言えば、シュタイフ“Steiff”。店頭には巨大なテディベアが飾られている。

19szg1906
建物の下が門のようになっている。この道は、カプツィーナーベルクの丘に続いており、カプツィーナー修道院“Kapuzinerkloster”や丘の上の展望台に行くことができる。

19szg1907
プラッツル“Platzl”と呼ばれる広場に出る。

19szg1908
プラッツルには噴水“Fontänen Brunnen am Platzl”がある。道路から水が吹き出しているので、子どもには楽しそうな場所。

19szg1909
ザルツァッハ川に出る。正面の橋はシュターツ橋“Staatsbrücke”。橋を渡ればザルツブルク旧市街。そして、丘の上にはホーエンザルツブルク城塞が旧市街を見守っている。

19szg1910
シュターツ橋を渡り、旧市街へ向かう。

19szg1911
人の流れを見ていると旧市街へは建物に開けられた道から入るみたい。

19szg1912
トンネルを抜けると市庁舎広場“Rathausplatz”がある。

19szg1913
旧市街のメインストリートであるゲトライデガッセ“Getreidegasse”を歩く。

19szg1914
黄色い建物はモーツァルトの生家“Mozarts Geburtshaus”。すでに夕方になっているので、内部の見学は明日にする。

19szg1915
モーツァルトの生家の1階はスーパーマーケットのスパー“SPAR”が入っている。

19szg1916
すでに夕方なので、今日はざっと旧市街を歩くことにする。モーツァルトの生家からUターンして大聖堂に向かうことにする。

19szg1917
地図もちゃんと見ずに目的地の方向だけを気にしてユーデン通り“Judengasse”を歩く。この方法は、私が道に迷うきっかけとなっているんだけど、私は気の向くままに町を感じながら歩くのが好き。

19szg1918
実はモーツァルトクーゲルンって私は大好き。チョコレート専門店“Braun”のモーツァルトクーゲルンなんて美味しそう。地図も見なければ、気になるものを見つけるとつい足を止めてしまう。

19szg1919
そしていつもクリスマスの装飾品を売っているクリスマスショップを見るのも楽しい。

19szg1920
秋になりクリスマスも近づいてくる。すでに10月下旬。あと少しでザルツブルクでもクリスマスマーケット“Christkindlmarkt”が開かれるんだろうなぁ。

19szg1921
適当に歩いていたら、モーツァルト広場“Mozartplatz”に出る。正面に見える建物は現在はザルツブルク博物館となっている新レジデンツ“Neue Residenz”。

19szg1922
モーツァルト広場からはミヒャエル教会“Michaelskirche”の鐘楼、新レジデンツの塔、ザルツブルク大聖堂“Dom”のドームが見える。

19szg1923
そして、モーツァルト広場というからには、モーツァルトの銅像が立つ。

19szg1924
新レジデンツの反対側にはレジデンツ“Residenz”の建物。

19szg1925
モーツァルト広場に隣接するレジデンツ広場“Residenzplatz”へ。中央にはバロック様式の噴水“Residenzbrunnen”がある。この広場は、クリスマスシーズンにはクリスマスマーケットが開かれる。

19szg1926
ザルツブルク大聖堂前の広場“Domplatz”へつながる通路に立つこの不思議な像はなんだろう?

19szg1927
ドーム広場“Domplatz”からザルツブルク大聖堂“Salzburger Dom”の17世紀に作られたバロック様式のファサードを眺める。最初に教会が作られたのは774年。その後、1598年に火災のために損傷し、1628年にバロック様式にて建てられた。

19szg1928
教会の中に入ってみる。1944年、教会のドームはザルツブルクの空襲で崩壊したが、戦後に修復された。

19szg1929
教会の中にある洗礼盤“Taufbecken”。この洗礼盤は現在のバロック様式の建物よりも古いもの。

19szg1930
教会の椅子に座り、静寂を味わいながら、いつものように平穏に旅を続けられていることを神に感謝する。

19szg1931
教会を出ると、すでに日は沈み、あたりは暗くなり始めている。ザルツブルク旧市街はそんなに大きくないので、暗くなる前にどこまで巡ることができるだろう?まぁ、今日は全体像をざっとつかむために歩いているだけで、明日ちゃんとザルツブルク観光をするつもりだから無理をするつもりはないんだけど。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 3日目(8)ハルシュタットからザルツカンマーグートの風景を見ながらザルツブルクへ。 | トップページ | 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 3日目(10)夕暮れのザルツブルク旧市街町歩き。 »

オーストリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 3日目(8)ハルシュタットからザルツカンマーグートの風景を見ながらザルツブルクへ。 | トップページ | 秋のウィーン、ザルツブルク、ハルシュタット周遊旅行 3日目(10)夕暮れのザルツブルク旧市街町歩き。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近のコメント

無料ブログはココログ