2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 伊勢海老に釣られて南房総ドライブ旅 1日目(5)房総半島最南端の野島崎へ。 | トップページ | 伊勢海老に釣られて南房総ドライブ旅 1日目(7)南房総、Hotel & Resorts MINAMIBOSOで金目鯛、鮑、ステーキ、フグに加えて無料プレゼントの「房州海老(伊勢海老)」までついた豪華な夕ごはん。 »

2020年11月24日 (火)

伊勢海老に釣られて南房総ドライブ旅 1日目(6)南房総、富浦・大房岬にあるHotel & Resorts MINAMIBOSOでリゾートホテル「すごもり旅」。

20mbs0601
野島崎からプジョー208を走らせて、富浦・大房岬にあるHotel & Resorts MINAMIBOSOに到着。私の新しい旅行スタイルは、旅館やリゾートホテルの「すごもり旅」で、ホテルの部屋でのんびり過ごすことを目的としており、明るいうちに早めにチェックイン。ドライブ旅行で移動中の人との接触は皆無。そして、ホテルでも読書をしたり、ビールを飲んだりして、部屋にすごもって過ごす。1泊2食つきのプランを選ぶことで、チェックイン後にホテルの外には出ずに、無駄な接触を避ける。ひとり旅もしくは家族旅行やカップルでの旅行で、接触しないドライブ旅行で、ホテルの部屋でのんびり過ごす「すごもり旅」で、夕食もホテルで食べるスタイルであれば、旅行が新型コロナウイルス感染症感染拡大の諸悪の根源ということはない気がする。しかし、90%以上の人は「新しい旅のエチケット」を遵守しながら安全な旅をできると思うけど、残念ながら世の中には、ほんの一部の人たちなんだけど「新しい旅のエチケット」などの新しい価値観に順応できない人もいるから、ごく一部の人たちのせいで旅行が悪く言われても仕方がない。

Hotel & Resorts MINAMIBOSO
https://www.daiwaresort.jp/minamiboso/index.html

20mbs0602
今回、南房総にあるHotel & Resorts MINAMIBOSOを選択した理由は、千葉の「おもてなし」キャンペーンの一環で、南房総市では房州海老(伊勢海老)料理が無料サービスだったから。10月のメニューでは、金目鯛+鮑+ステーキ+フグ料理の他に伊勢海老の鬼殻焼きが1匹分無料サービスというプラン。まさに、伊勢海老に釣られた感じ。

20mbs0603
Hotel & Resorts MINAMIBOSOは、ダイワロイヤルホテルグループの大型リゾートホテル。玄関前で体温チェックのあとでチェックインカウンターに向かう。

20mbs0604
ロビーは広く、「平日旅」の「ずらし旅」だからか、ロビーにもラウンジにもお客さんの姿が見えない。もちろん、館内ではマスク着用だけど、部屋の外でも人と接することが少ないのは安心できる。

20mbs0605
今日の部屋はオーシャンビューのダブルルーム。旅行会社のパッケージツアーでおひとり様でお得なプランだと海沿いのホテルでもオシャンビューでないことが多いんだけど、今回はホテルのホームページで直接予約なのでオーシャンビュー指定で予約。部屋に入ると廊下が長くてちょっと驚く。

20mbs0606
ちゃんと生花が飾られている。あれ?普通のダブルルームのはずなんだけどなぁ。

20mbs0607
部屋に入ると、テーブルと椅子だけがあり、スイートルームのような感じ。

20mbs0608
手前側がテーブルと椅子が置かれていて、デスクで区切られて、奥がベッドルームになっており、なんちゃってスイートルームになっている。Hotel & Resorts MINAMIBOSOは、ちゃんとしたリゾートホテルなんだなぁ。「すごもり旅」にはふさわしいお部屋で、部屋に入った瞬間からちょっとお気に入り。

20mbs0609
ベッドが置かれているスペースが独立している。窓からは太陽の光が差しこんでいる。

20mbs0610
Hotel & Resorts MINAMIBOSOは、温泉大浴場があるので、部屋のお風呂は使わないかも。

20mbs0611
窓の外は海が見える。そして、青空が見える。

20mbs0612
旅に出てじっくり夕陽を眺められるのが幸せ。海を見ながら、ぼっーと過ごすのも「すごもり旅」の楽しみ。

20mbs0613
さっそく、温泉に入り、1階の売店でビールを買ってくる。

20mbs0614
ゆったりとした部屋で缶ビールを飲んでまったり過ごすのが、私の「新しい旅行スタイル」。他者と接することなく、ホテルの部屋でビールを飲んだり、持ってきた文庫本を読み進めたり、眠くなってうとうとしたり。新型コロナウイルス感染症と闘う日常から離れ、ひとりでの時間をゆったりと過ごす。

20mbs0615
お風呂から戻ると、太陽はすでに雲の中に隠れてしまう。うーん、サンセットは見られないかもしれないなぁ。それでも、穏やかな海を眺めているだけでも幸せ。

20mbs0616
海の上にオレンジ色の線が見える。

20mbs0617
太陽は見えないけど、夕陽が沈む様子をぼーっと眺める。日常生活の中で太陽が沈むのをぼーっと眺め続けることってあまりない。旅行に出たからこそ、気持ちに余裕を持って自然の美しさを感じることができる。たまには、自然の美しさを感じることができるような心の余裕を持つことが必要なんなじゃないかなぁ?

20mbs0618
穏やかな海を見ているだけでも、ゆったりとした気分になる。私は海なし県の埼玉県に住んでいるせいもあり、海辺で過ごすことに憧れがあるのかもしれないなぁ。海外旅行のディスティネーションでも、私は山よりも海辺の街を選択する傾向があるかも。

20mbs0619
今回の南房総の旅で感じたことは、千葉も素晴らしいディスティネーションであることに気がつく。特に南房総については、観光地化されていない海のある風景を感じることができて、ドライブしていて楽しかった。今回は伊勢海老のキャンペーンに惹かれて、秋に来てしまったけど、早春や夏でも楽しいだろうなぁ。どうしても、埼玉県からだと東京都心部を通過しなければならないので、面倒に感じて今まで来ることがなかった千葉だけど、今回、来てみてよかった。新型コロナウイルス感染症がなければ、私は国内旅行よりも海外旅行で、ドライブ旅行よりも航空旅行の傾向があるので千葉に来ることはなかっただろうなぁ。その意味では、新型コロナウイルス感染症が、近くにも「まだ知らないどこか」があることを気がつかせてくれたのかもしれない。

20mbs0620
「すごもり旅」の最大の楽しみは、ホテルの夕食。金目鯛、鮑、ステーキ、フグに加えて「房州海老(伊勢海老)」までついた「こだわり会席」料理を味わいに、夕食会場に向かう。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« 伊勢海老に釣られて南房総ドライブ旅 1日目(5)房総半島最南端の野島崎へ。 | トップページ | 伊勢海老に釣られて南房総ドライブ旅 1日目(7)南房総、Hotel & Resorts MINAMIBOSOで金目鯛、鮑、ステーキ、フグに加えて無料プレゼントの「房州海老(伊勢海老)」までついた豪華な夕ごはん。 »

プジョー208との生活」カテゴリの記事

千葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊勢海老に釣られて南房総ドライブ旅 1日目(5)房総半島最南端の野島崎へ。 | トップページ | 伊勢海老に釣られて南房総ドライブ旅 1日目(7)南房総、Hotel & Resorts MINAMIBOSOで金目鯛、鮑、ステーキ、フグに加えて無料プレゼントの「房州海老(伊勢海老)」までついた豪華な夕ごはん。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ