2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 4日目(6)初めてのパリ映画鑑賞。“Le Château de Cagliostro”「ルパン3世 カリオストロの城」をパリで観る。 | トップページ | ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 4・5日目 再びパリ・シャルル・ド・ゴール空港のプライオリティパスで使えるラウンジ“Yotel AIR”へ。パリ発東京羽田行きエールフランスAF293便の機内食2019。 »

2020年4月 3日 (金)

ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 4日目(7)旅はエンディングへ。パリ・シャルル・ド・ゴール空港に向かう。

19lon2901
映画館” Luminor Hôtel de Ville”で“Le Château de Cagliostro” 「ルパン3世 カリオストロの城」を観たあと、オテル・ド・ヴィル駅“Hôtel de Ville”から、預けてある折りたたみバックを引き取りにピガール駅のホテルに向かう。

19lon2902
無人自動運転のメトロ1号線に乗る。保守的な日本だったら、何かがあったときに大変だからと無人自動運転に反対する人もいるのだろうけど、そもそも、無人自動運転の「ゆりかもめ」に普通に乗っているじゃん。そして、東京メトロでは運転手はいるけれど、実はすでに自動運転だということにその人たちは気がついているのかなぁ?

19lon2903
フランスでは無人自動運転はストライキが起きても通常運転なので、観光客にはとてもありがたい。

19lon2904
素直にピガール駅に向かうには、コンコルド駅“Concorde”でメトロ12号線に乗るのがベストなんだけど、なぜかブランシュ駅のモノプリに行こうと思ってしまい、面倒なんだけど、シャトレ駅“Châtelet”でメトロ14号線に乗り換えることにする。

19lon2905
シャトレ駅で無人自動運転のメトロ14号線に乗り換える。この路線も無人自動運転なので、ストライキが起きても通常運転。あとから考えると、モノプリに行くにはピガール駅から歩いた方が楽だったかも。

19lon2906
さらにサン・ラザール駅“Saint-Lazare”で乗り換え。

19lon2907
メトロ13号線に乗る。

19lon2908
プラス・デ・クリシー駅“Place de Clicy”駅でさらに乗り換え。どうして、こんなに乗り換えの多いルートを選んでしまったんだろう。絶対にコンコルド駅でメトロ12号線に乗ってピガール駅に向かった方が早い。

19lon2909
最後はメトロ2号線。パリのメトロは1駅の距離が短いので違う駅から歩くことができるのに「ブランシュ駅」にこだわってしまったのが失敗。近くの駅から歩く方法があるのに「ブランシュ駅」しか考えられなくなってしまって視野が狭くなってしまい、考えられなくなっていた。まだまだ私も冷静に分析できていない時がある未完成な人間だなぁと感じる。

19lon2910
メトロを4本乗り継いでブランシュ駅にようやく到着。コンコルド駅、ピガール駅経由だったらメトロ3本の乗り継ぎで済んだのに。ピガール駅から歩けば1回の乗り換えで済んだ。

19lon2911
駅を出ると、まだ明るさが残っている。

19lon2912
ムーラン・ルージュも、私にとってはまだ体験したことのないパリ。そう考えると、まだ知らないパリってたくさんある。

19lon2913
わざわざメトロを4本も乗り継いで来たのに、ブランシュ駅前のモノプリはお休みだった。最近、日曜日でも開いているお店が多いのでこのモノプリも開いていると思い込んでいて、事前に確かめなかったのが失敗。結果的には、最初からピガール駅のホテルを目指せば、面倒な乗り換えは1回だけで済んだのに。ブランシュ駅にこだわってここに来たのに、その目的が達成できないなんて、なんていう皮肉なんだろう。

19lon2914
今回、夜のピガール駅を歩くのも初めての体験で、パリなのにパリじゃないみたいでおもしろかった。

19lon2915
ピガール駅広場まで戻ってくる。最後に大衆食堂のブイヨン・ピガール“Bouillon pigalle”で夕ごはんを食べようとも思ったんだけど、映画を見てしまったので時間的に厳しくなってしまい、夕食は食べずにホテルで荷物をピックアップして空港に向かうことにする。

19lon2916
ホテルの前の小さな劇場の前に人だかりができている。今回、ロンドンでミュージカルを見て、私の旅行は演劇を見たり、演奏を聞いたり、文化を感じることが今まで少なかったかなぁ?と感じている。基本的に夕食を食べたら寝てしまうので、少し、夜に遊びに行ってもいいかもしれないなぁ。

19lon2917
イビス・スタイルズ・パリ・ピガール・モンマルトル“ibis Styles Pigalle Montmartre”でイギリスのおみやげと、クラークスの靴が入った荷物を引き取る。今回、最後にモノプリに寄れなかったので、フランスのおみやげはポワラーヌのクッキーだけになってしまったけど、それで十分。そもそも、スーパーマーケットでおみやげを買っても、もうカバンに入らない。

19lon2918
ここから空港までは、折りたたみバックを持っているので機動性が悪い。満員電車だと警戒しなくてはならないのでちょっと面倒。

19lon2919
ピガール駅から今回の旅で最後のメトロに乗る。

19lon2920
高架駅であるメトロ2号線ラ・シャペル駅“La Chapelle”で下車。

19lon2921
手ブレによるピンボケになってしまったけれど、この駅からはモンマルトルの丘に立つサクレ・クール寺院がよく見える。

19lon2922
連絡通路を通ってパリ北駅に向かう。長いんだけど、この連絡通路があるからこそ、メトロ2号線からパリ北駅でRER B線へは1回の乗り換えで空港に向かえるので便利だったりする。

19lon2923
ようやく、パリ北駅“Gare du Nord”に到着。

19lon2924
RER B線のシャルル・ド・ゴール空港行きの電車に乗る。幸運にも次の電車は空港までノンストップの直通電車。

19lon2925
ノンストップの直通電車は、基本的には空港に向かう旅行者しか乗らないはずなので、警戒心がちょっとだけ少なくて済む。

19lon2926
車内を見回すと、空いてはいるけれど適度に旅行者の乗客がいるので安心。逆に、空きすぎていて誰も乗っていなくても緊張するし、混雑している各駅停車も緊張する。

19lon2927
終点であるシャルル・ド・ゴール空港2駅“Aéroport Charles de Gaulle 2 TGV”に到着。

19lon2928
今回は久しぶりのエールフランス羽田直行便。ターミナル2Eを目指す。

19lon2929
この長い通路を歩いていると、旅の終わりを感じる。さようなら、パリ。

19lon2930
23:20発東京羽田行きエールフランスAF274便は定刻通りの出発予定。ゲートはサテライトLのL45ゲート。チェックインカウンターは“Vols Zones 4”。

19lon2931
“Vols Zones 4”でチェックイン。

19lon2932
エールフランスのチェックインは合理化されており、マシーンで行う。

19lon2933
搭乗券も荷物のタグもマシーンから出力される。折り畳みバックにタグを巻いて、バーコードを読み取り、自分でレーンに流す。

19lon2934
旅はエンディングへと向かっている。もう買うものもないので、出国審査場へ向かう。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 4日目(6)初めてのパリ映画鑑賞。“Le Château de Cagliostro”「ルパン3世 カリオストロの城」をパリで観る。 | トップページ | ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 4・5日目 再びパリ・シャルル・ド・ゴール空港のプライオリティパスで使えるラウンジ“Yotel AIR”へ。パリ発東京羽田行きエールフランスAF293便の機内食2019。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 4日目(6)初めてのパリ映画鑑賞。“Le Château de Cagliostro”「ルパン3世 カリオストロの城」をパリで観る。 | トップページ | ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 4・5日目 再びパリ・シャルル・ド・ゴール空港のプライオリティパスで使えるラウンジ“Yotel AIR”へ。パリ発東京羽田行きエールフランスAF293便の機内食2019。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ