2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 3日目(6)フランス・カレー“Calais”からTGVでパリへ。 | トップページ | ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 4日目(1)パリ周遊、まずは朝からモンマルトルのサクレ・クール寺院へ。 »

2020年3月 8日 (日)

ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 3日目(7)初めての夜のパリ・ピガール駅周辺の繁華街。

19lon2201
定宿化しているビュット・オ・カイユ“Butte aux Cailles”(NHK「世界ふれあい町歩き」では『うずらが丘』と表現していた)のホテルではなく、「まだ知らない」パリのいろいろなエリアに泊まってみようと思って、今日のパリのホテルはピガール駅“Pigalle”周辺。このあたりのホテルはパリの中でも繁華街でありながらも安ホテルが多いのは気がついている。だけど、私は今までピガール駅周辺は怪しげな繁華街なので夜に行ったことがない。今回は「まだ知らない」夜のピガール駅周辺に行ってみることにする。

19lon2202
パリ北駅からピガールに向かうには、一度、RER-B線のパリ北駅に入る必要がある。駅の中に入ると、メトロ2号線を示すピクトグラムを発見する。

19lon2203
パリ北駅の範囲はここまでらしい。この乗り換えは、東京メトロでもありがちだけど、複数の駅を無理やりつなげた感じの乗り換えルートなので、やたらに歩く。しかし、このルートはパリ北駅からメトロ2号線にダイレクトに乗り継げるので、歩くけれど便利なルート。だって、メトロはバリアフリーではまったくないので、大きな荷物を持ってのメトロの乗り換えは大変なので、できれば乗り継ぎ回数は減らしたい。

19lon2204
他の接続駅と同様にRERとメトロには連絡改札がある。基本的に、私のホテル選びは、基本的にタクシーを使わないので、RER-B線から1回の乗り換えができる場所か、ロワッシーバスを利用してオペラ周辺かのどちらかのような気がする。

19lon2205
メトロ2号線ラ・シャペル駅“La Chapelle”は高架駅だけど、この駅にはエスカレータがあるのでスーツケースでも大丈夫。

19lon2206
メトロ2号線の乗ってしまえば、ピガール駅や、いわゆるアメリの世界であるモンマルトル周辺にダイレクトに行けてしまう。

19lon2207
メトロ2号線は新型車両。大きな手提げバックを持っていると機動性が悪いので、スリがいないか緊張しながら乗ってみたけど、今日は土曜日のせいか電車も空いていてよかった。

19lon2208
今日のホテルがあるピガール駅“Pigalle”に到着。

19lon2209
今回の旅行の失敗は、リュックサックひとつの旅なのに、カンタベリーでクラークス“Clarks”の靴を買ってしまい、イギリス出発の時点で折りたたみバックがいっぱいになってしまったこと。かと言って、今日の旅程ではスーツケースだったら、さらに機動性が悪い。やっぱり、買い物のしすぎなのが失敗なんだろうなぁ。私はスーパーマーケットで気になったお菓子を買っちゃうので、旅の荷物は断捨離できても、おみやげの断捨離ができていない。

19lon2210
ピガール駅で地上に出るとまだ明るい。カレーからのTGVのパリ北駅到着が18:14だったので、3月になるとだいぶ日が伸びてきた。

19lon2211
もっと怪しげな雰囲気だと思っていたんだけど、まだ明るい時間帯だからなのか、ピガール駅周辺はそんなでもない。

19lon2212
今日のホテルはフランス大手アコーホテルズのイビス・スタイルズ・パリ・ピガール・モンマルトル“ibis Styles Pigalle Montmartre”という長い名前のホテル。アコーホテル系列の場合は直販サイトから予約を入れるのが一番安い。そして、イビス・スタイルズ系列は朝食込みなのがうれしい。

ibis Styles Pigalle Montmartre
https://all.accor.com/hotel/8465/index.ja.shtml

19lon2213
しかし、普通のイビス並みに部屋が狭い。チェーン系ホテルだけど部屋の雰囲気も統一されていない感じ。

19lon2214
シャワーオンリーだけど、ガラスで仕切られているタイプ。このタイプの方がシャワーの水が外に漏れるのを気にしなくていいので好き。最新のホテルは仕切りがないタイプがあったりするので。

19lon2215
ホテルのレセプションに美味しいレストランはない?と聞いて、紹介されたレストランに行ってみることにする。最近の私のフランス旅行は、レストランを調べて選んでしまっているので、街中の普通のレストランに入っていない。今回、イギリスでは普通のレストランにしか入ってしないので、フランスでは美味しいレストランを選んだら不公平なので、あえてホテルのレセプションで教えてもらった、ホテルから徒歩1分もかからない“B9”というレストランに入ってみることにする。

19lon2216
ずっとビール文化圏を旅していたので、今回の旅行はずっとビールだったけれど、パリに到着したらワインでしょう。

19lon2217
メインしか頼まなかたんだけど、アミューズが出てくる。ちゃんとしたレストランなのかも。アミューズが美味しいレストランは、全体的に美味しい気がする。

19lon2218
“Steak haché”や“Cuisses de Grenouille du Chef”も気になったんだけど、“Médaillon de poulet,sauce Normande”を選択マッシュルーム・クリーム・ソースは外さない味で普通に美味しい。つけ合わせのタリアテッレが大量すぎるのが、町のレストランぽくていい。マッシュルームのソースとタリアテッレにからめて食べると美味しい。

19lon2219
デザートは頼まずにエスプレッソを飲んで食後の余韻を楽しむ。最近の私のフランス旅行はグルメ化し過ぎているんじゃないか。雑誌や本に掲載されていない一般的なレストランのメニューに盲点があるんじゃないか。フランスでは軽食系の食事だって美味しいのに、見逃しているんじゃないかなぁ。雑誌に載っていない普通のレストランでも十分に楽しめる。

19lon2220
夜のピガールの町歩きをしてみることにする。とりあえず、ムーランルージュ“Moulin Rouge”までを目標にする。日中は歩いたことがあるので怪しげな雰囲気は十分に知っているんだけど、夜は歩いたことがないので、私にとっては「まだ知らない」パリの世界。ピガール駅まではバーや小さな劇場はあるけれど、怪しい雰囲気ではない。その意味では、ピガール駅からホテルまでは怪しいエリアを歩かないので宿泊するだけならまったく問題はない。

19lon2221
ところが、クリシー大通り“Boulevard de Clichy”に出た途端に、怪しいお店が並んでいる。セクシーな下着を売るお店。

19lon2222
アダルトビデオ(DVD)を売るお店なのかなぁ?入口のところにカーテンがある。そういえば、映画アメリのニノもアダルトショップで働いていた。

19lon2223
こんなエッフェル塔、誰が買うんだろう?観光客が面白半分に買うんだろうなぁ。

19lon2224
ブランシュ駅“Blanche”までは距離が短くて、あっという間にムーラン・ルージュに到着してしまう。

19lon2225
私はムーラン・ルージュでフレンチカンカンを見たことがない。実はギリギリまで、ロンドンでミュージカルを見るんだから、パリでフレンチカンカンを楽しむのもテーマとしては面白いんじゃないかと思っていたんだけど、けっこうなお値段だったので、「まだ知らない」フレンチカンカンは、今回はあきらめる。ムーラン・ルージュを見に来るなら、やっぱり夜のネオンがあった方がいい。

19lon2226
しかし、ネオンが輝く夜の時間帯は「ここはパリなの?」と感じてしまう。パリの持ついろいろな顔があるのがおもしろいし、むしろ私は今までネオンが輝くパリを知らなかったことが恥ずかしい。

19lon2227
怪しいネオンが輝くのがパリの下町の風景。アメリの世界を感じたかったら、夜のクリシー大通りを歩かないとわからない。

19lon2228
場末の繁華街の雰囲気を感じることができて、本当におもしろかった。クリシー大通りの中央は歩道になっているので、真ん中の歩道を歩きながら観察するのが面白い。繁華街なので人通りも多く、怪しげな客引きもおらず、危ない雰囲気は感じない。

19lon2229
ピガール広場“Place Pigalle”まで戻ってくると落ち着いた雰囲気。

19lon2230
私は基本的に夜に一人で飲み歩くことはないのでホテルに戻ることにする。

19lon2231
でも、パリのバーカウンターでお酒を飲むというのも格好いいかもしれないなぁ。私はぼったくられたりしないか心配で、なかなか雰囲気が良さそうでも中に入れない。

19lon2232
私の旅行は基本的には3泊5日なので、今日が今回の旅行で最後の夜。ロンドンで宿泊して、途中のカンタベリーで1泊して、ドーヴァー海峡を渡ってパリに宿泊。5日間に詰め込んだ旅程としては面白かったなぁ。明日のパリはどこに行こうか。パリは2ヶ月前に来たばかりなので買い物をする必要もないし、行きたい場所が思い浮かばない。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 3日目(6)フランス・カレー“Calais”からTGVでパリへ。 | トップページ | ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 4日目(1)パリ周遊、まずは朝からモンマルトルのサクレ・クール寺院へ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 3日目(6)フランス・カレー“Calais”からTGVでパリへ。 | トップページ | ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 4日目(1)パリ周遊、まずは朝からモンマルトルのサクレ・クール寺院へ。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近のコメント

無料ブログはココログ