2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(1)格安料金でエールフランスに乗れる裏技を使ってパリへ。 | トップページ | パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(3)大晦日の「ちょっとだけルーヴル美術館」 »

2019年10月17日 (木)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(2)大晦日早朝にラファイエットそばのカフェで朝ごはん。

18par0401
大晦日の朝のロワッシーバスは渋滞もなく、あっという間にオペラに到着。まずは、荷物を整理してさらに身軽になるためにホテルを目指す。

18par0402
以前にギャラリーラファイエットの裏手にあるホテル・プリンス・アルバート・オペラ“Hôtel Prince Albert Opéra”に宿泊したことはあるんだけど、今回はラファイエットの並びにある別のホテル。

18par0403
早朝で静まり返っているラファイエットの前を歩く。

18par0404
デパートのショーウインドウがクリスマス仕様になっていて楽しい。

18par0405
テーマはなんだろう?ひとつひとつのディスプレイが違うから面白い。

18par0406
以前に年明け1/6出発でアルザスに行ったことはあるけれど、クリスマスシーズンにフランスに来たことは今回が初めてなので、デパートのショーウインドウを見ているだけで楽しくなってしまう。

18par0407
フランスではクリスマスの装飾はエピファニー“Épiphanie”まで続いている。したがって、12月25日を過ぎてもクリスマスを楽しむことができる。

18par0408
ラファイエット通り“Rue la Fayette”を進む。左手にはH&Mがある。

18par0409
すぐにホテルと書かれたサインが見える。ここが今日宿泊するホテル・エクセルシオール ・オペラ“Hôtel Excelsior Opéra Paris 9e”

ホテル エクセルシオール オペラ“Hôtel Excelsior Opéra Paris 9e”
https://hotel-excelsior-opera.com/fr

18par0410
12月に入ってから、代理店を通さずにホテルの予約サイトから部屋代94ユーロ+朝食14ユーロ=108ユーロで手配。リュックサックの中から折りたたみバックを取り出し、重くはないんだけど町歩きにはかさばるため、町歩きには必要がない着替えや洗面用具などを入れた折りたたみのサブバックを預けることにする。これで町歩きの準備完了。

18par0411
だけど、大きな問題は遅延もなく、ロワッシーバスもものすごく早くパリ市内に着いてしまったために、朝7時過ぎで、日曜日であるためにまだ町が眠っている。灯りがついていたオスマン通り沿いのカフェ・マノワール“Manoir”で朝ごはんを食べることにする。

18par0412
開店直後で今日、初めてのお客さん。私は基本的に朝からホテルの外に出かけるのは面倒なので、少し高くてもホテルで朝食をとることが基本なので、カフェで朝ごはんセットを食べることってほとんどない。大晦日のパリで行いたいことの1番目は、カフェで朝食を食べること。

18par0413
一番シンプルな8ユーロのセット、ア・ラ・パリジェンヌ“Petits Déjeuner à la Parisienne”を注文。クロワッサン、タルティーヌ、オレンジジュース、温かい飲み物のセット。

18par0414
半分に切られたバケットにはバターがすでに塗られている。

18par0415
バターとジャムをたっぷり塗ったタルティーヌだけでも、幸せな気分になれる私は安いもの。

18par0416
まだ朝早すぎて薄暗いので観光するには早すぎる。今日の周遊プランは珍しく大まかには考えてきてはいるんだけど、私は気になるものをみつけるとすぐに脱線するので予定通りに周遊できるかなぁ?珍しく事前に考えているプランに従って、ショセ・ダンタン=ラ・ファイエット駅“Chaussée d'Antin - La Fayette”からメトロ7号線に乗ってシャトレに向かうことにする。

18par0417
日曜日早朝はメトロの駅も人通りが少なく、車内も空いている。

18par0418
シャトレ駅“Châtelet”で降りる。メトロ7号線は、ポンヌフ駅“Pont neuf”からセーヌ川に沿って走っていて、シャンジュ橋“Pont au Change”のそばにシャトレ駅がある。シャトレ駅は東京の大手町駅と同様に路線によって場所が違ってしまい現在地がよくわからないので地上に出てしまうことにする。

18par0419
地上に出るとサン・ジャック塔が見える。ここがカミーノ、すなわちサンティアゴ・デ・コンポステーラへと続く巡礼路であるトゥールの道の出発点。かつては教会“Église Saint-Jacques-la-Boucherie”の一部だったんだけど、教会はなくなり、塔だけが残っている。

18par0420
ネズミの看板の“AUROUZE”。

18par0421
看板に偽りなく、ネズミなどの害虫駆除のお店みたい。古い町であるパリにはネズミはたくさんいるんだろうなぁ。フランスというだけでおしゃれだと思い込んでいる人たちには申し訳ないんだけど、これが現実のパリ。

18par0422
歩いていたらショッピングセンターであるフォーラム・デ・アール“Forum de Halles”にたどり着く。ここは私もよく来る場所。

18par0423
カノペ“Canopée”と呼ばれる新しくできたエリアに入る。もちろん、まだお店は開いていない。広場にはクリスマスツリーが立っている。

18par0424
もともとフォーラム・デ・アール“Forum de Halles”のあった場所にはパリの市場「レ・アール」“Les Halles”があったので、北側に伸びるモントルグイユ通り“Rue Montorgueil”は、パリの中心でありながら、生鮮食料品の小売店が並んでいて楽しい場所。

18par0425
モントルグイユ通りのカフェで朝ごはんを食べても良かったかもしれないなぁ。

18par0426
朝からモントルグイユ通りに来た理由は、ストレー“Stohrer”に来たかったから。街角のパティスリーで「タルト・オ・シトロン」を食べることはあっても、パリで有名パティスリー巡りはしないので、ストレーにわざわざ来ることはなかった。

18par0427
パリのサロン・ド・ショコラの会場や、新宿伊勢丹で行われる「フランス展」では食べたことがあるんだけど、実はストレーの本店でエクレールって食べたことがない。

18par0428
アリババ“Ali baba”って3種類もあったんだ。アリババも食べてみたいところだけど、これは次回のお楽しみにとっておくことにする。

18par0429
ストレーはお店も小さくて、イートインスペースもないのでエクレールをテイクアウトして、フォーラム・デ・アールに戻ってくる。

18par0430
フランスのケーキの包み方って面白い。

18par0431
大晦日のパリで行いたいことの2番目は、ストレー本店で買ったエクレールを食べること。キャラメル味のエクレール、美味しくて幸せな気分。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(1)格安料金でエールフランスに乗れる裏技を使ってパリへ。 | トップページ | パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(3)大晦日の「ちょっとだけルーヴル美術館」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(1)格安料金でエールフランスに乗れる裏技を使ってパリへ。 | トップページ | パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(3)大晦日の「ちょっとだけルーヴル美術館」 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ