2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 季節はずれのチックエテッレ 1日目(2)ミラノ・マルペンサ空港からミラノ中央駅へ。お昼ごはんはミラノ・モッタ“Motta”のパニーニ。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 1日目(4)宮殿が立ち並ぶジェノヴァのストラーデ・ヌオーヴェへ。 »

2019年6月30日 (日)

季節はずれのチックエテッレ 1日目(3)ミラノ中央駅から特急フレッチャビアンカ “Frecciabianca”でジェノヴァへ。

18cinq0401
ミラノ中央駅“Milano Centrale”のホーム前のロビーに向かう。ヨーロッパの鉄道は発着番線はギリギリにならないとわからないので、出発案内板の前では多くの人が何番線からの発車になるのか表示されるのを待っている。

18cinq0402
しばらく待っていると、13:10発の特急フレッチャビアンカ “Frecciabianca”ローマ・テルミニ駅行きは21番線と表示される。

18cinq0403
21番線に停車しているのは振り子式電車、ペンドリーノETR460。

18cinq0404
指定席は4人がけシートの窓側。

18cinq0405
この切符って、インターネット予約のチケット?さっきのミラノ中央駅の窓口って正規の切符売り場ではなく、代理店だったのかも。カード支払いとは別に現金で支払った2.5ユーロは手数料??しまった…。マシーンで買えば、2.5ユーロの手数料は支払わなくても済んだかもしれないなぁ。たまにしかイタリアに来ないので、私はイタリア旅行にはまだ慣れていないんだなぁ。でも、損をしたのはたった2.5ユーロだし、勉強代としては安いもの。結果的には切符は無事に買えて列車に乗れたことだし、まぁいいか。私は未来志向で過ぎたことはあまり気にしない。だって、悔やんだところで過去に時間を遡ることはできないもん。

18cinq0406
ミラノからジェノヴァに向かう路線は山間部を走る。この路線はおそらく在来線で、高速鉄道路線ではないみたい。

18cinq0407
ジェノヴァに近づいてきた。このあたりに2018年8月14日に崩落した高架橋、モランディ橋“Ponte Morandi”があるはずだけど、すでに撤去されてしまっているのかよくわからないけれど、右側からの高架橋が途中で途切れているように見えるので、これがモランディ橋なのかなぁ?

18cinq0408
列車はジェノヴァ駅に向かうトンネルの短絡線を通り、モランディ橋の下は通らない。

18cinq0409
列車はジェノヴァ・プリンチペ駅“Genova Principe”駅に到着。ジェノヴァには2つの大きな駅がある。今回のホテルはジェノヴァの駅前ホテルだけど、もう一つのジェノヴァの主要駅であるジェノヴァ・ブリニョーレ駅“Genova Brignole”が目的地。この駅で運行調整を行っているみたいで停車時間は20分もある。あと1駅なんだけどなぁ。

18cinq0410
たった一駅のために20分の停車時間を経て、列車は定刻通り15:08にジェノヴァ・ブリニョーレ駅“Genova Brignole”に到着。

18cinq0411
地中海沿いは晴れているのかと思っていたら、残念ながら曇り空。雨は降っていないみたいだけいいか。「季節はずれのチンクエテッレ」は失敗だったのかなぁ?この時期は曇り空が多いのかなぁ?

18cinq0412
ジェノヴァ・ブリニョーレ駅“Genova Brignole”の駅舎は1905年に建てられたもの。駅前にはヴェルディ広場“Piazza Giuseppe Verdi”で建物がないので空が広く見える。

18cinq0413
今回のジェノヴァのホテルは駅前広場に面しているベスト・ウエスタン・ホテル・モデルノ・ヴェルディ“Best Western Hotel Moderno Verdi”。ブリニョーレ駅からは横断歩道を渡るだけの駅近ホテル。

18cinq0414
15時を過ぎているので、まずはチェックイン。建物は歴史がある感じだけど、部屋はきれい。

18cinq0415
イタリアのホテルらしく、バスルームが広くて、ビデがある。

18cinq0416
夏だったら日没が遅いので16時からでも十分に観光できるけれど、冬至まで1ヶ月しかない11月下旬だとすぐに暗くなってしまう。荷物を整理したら、すぐにジェノヴァの町歩きをスタート。

18cinq0417
切り売りピザ専門のお店を見つける。イタリアって、こういうお店があるのがいい。そして、こういうお店が安くて美味しい。

18cinq0418
ジェノヴァは、フォカッチャ文化。色々な種類のフォカッチャが並べられている。イタリアも地方によって名物料理が異なるからイタリアの地方の旅も楽しい。

18cinq0419
この周辺は新市街なのかなぁ?道幅も広く、治安の悪い感じもしない。まだ知らないジェノヴァの町歩きを続ける。

18cinq0420
中央に噴水のあるコロンボ広場“Piazza Colombo”。

18cinq0421
メルカート・オリエンターレ“Mercato Orientale”の建物が見えてきた。私は市場を見つけたら、その土地でどのようなものが売られていて、どのようなものが食べられているのか。生活の一部がわかるような気がするので、必ず立ち寄るのがマイルール。

18cinq0422
イタリアのメルカート、楽しい。イタリア独自の野菜なのかなぁ?今まで、イタリアのメルカートに入ってみたことがあまりないので、あまり見かけないような野菜もあっておもしろいかも。中央の葉っぱが付いている野菜はアーティチョーク?

18cinq0423
日本ではあまり見かけることのないフェンネル、「フィノッキオ」“Finocchio”に、ズッキーニの花である「フィオーリ・ディ・ズッカ」“Fiori di zucca” 。

18cinq0424
シチリア産のレモンなんて美味しそう。

18cinq0425
フランスでもよく見かけるけれど、イタリア語でも柿は「カキ」”Cachi”。“Cachi Mela”とは不思議なネーミング。どうみても柿なんだけれど、ネーミング的には柿なのかリンゴなのか。リンゴの食感のような柿ということみたい。

18cinq0426
アーティチョークは「カルチョーフィー」“Carciofi”。これはサルディーニャ産。フランスでも見かけるけれど、こんなにたくさん売られていない気がする。今が季節なのかなぁ?

18cinq0427
ジェノヴァのメルカート・オリエンターレで新しい発見ばかり。市場で見かけるイタリアの野菜が独特でおもしろい。

18cinq0428
スライスして売られているのはポルチーニ茸かなぁ?

18cinq0429
見た目がおもしろいチコリのようなラディッキオ・ディ・トレヴィーゾ“Radocchio”は、初めて見る野菜かも。

18cinq0430
丸いナスの“Melanzana”もよく売られている。

18cinq0431
“Verona”ラディッキオ・ヴェローナや“Orchidea”もチコリの仲間?

18cinq0432
ロマネスコ“Romanesco”も売られているし、葉物野菜も名前がよくわからないものも売られている。イタリアのメルカートって、こんなに楽しかったんだ。地方によっても特色があるんだろうなぁ。今まではフランス地方の旅は楽しんできたけれど、イタリア地方の旅もおもしろい。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 季節はずれのチックエテッレ 1日目(2)ミラノ・マルペンサ空港からミラノ中央駅へ。お昼ごはんはミラノ・モッタ“Motta”のパニーニ。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 1日目(4)宮殿が立ち並ぶジェノヴァのストラーデ・ヌオーヴェへ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節はずれのチックエテッレ 1日目(2)ミラノ・マルペンサ空港からミラノ中央駅へ。お昼ごはんはミラノ・モッタ“Motta”のパニーニ。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 1日目(4)宮殿が立ち並ぶジェノヴァのストラーデ・ヌオーヴェへ。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ