2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 2日目(7)チェスケー・ブディェヨヴィツェの町歩き。 | トップページ | 【緊急特集】2019年のパリ・ノートルダム大聖堂。 »

2019年4月14日 (日)

チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 2日目(8)チェスケー・ブディェヨヴィツェ、レスタウラツェ・マスネー・クラーミ“Restaurace Masné krámy”でブドヴァル“Budějovický Budvar”を。

Prg1401
ずっと川沿いに町を歩いてきたけれど、町の中心に向かって歩くことにする。前方に見えるのは黒塔“Černá věž”なので、チェスケー・ブディェヨヴィツェの旧市街が小さな町であることがわかる。

Prg1402
川沿いの道から塀越しに見えた聖母の祈り教会“Kostel Obětování Panny Marie”に立ち寄ってみることにする。

Prg1403
跪く人はきっと罪深き人に違いない。

Prg1404
聖母の祈り教会の中に入る。ドミニコ会修道院とこの教会はチェスケー・ブディェヨヴィツェの中でも歴史のある建物みたい。建築様式はあまり詳しくないけれど、天井をみるとゴシック様式なのかなぁ?

Prg1405
この教会には回廊がある。

Prg1406
回廊の天井に描かれたこの壁画はいつの時代のものなんだろう?

Prg1407
ドミニコ会修道院の塔は、白塔“Bílá (Dominikánská) věž”。

Prg1408
観光案内所でもらった地図には、もうひとつだけ塔があることが書かれているんだけど、7月のチェスケー・ブディェヨヴィツェは暑くて、そろそろ休憩したい気分。そして、この道をまっすぐ歩くと町の中心部であるプシェミスル・オタカル2世広場“Náměstí Přemysla Otakara II”の方向。

Prg1409
もちろん、向かうところは、昨日は予約でいっぱいで入れなかったブディェヨヴィツキー・ブドヴァル醸造所“Budějovický Budvar”直営のレストランであるレスタウラツェ・マスネー・クラーミ“Restaurace Masné krámy”へ。さすがに17時前なので、予約でいっぱいということはないだろう。

Prg1410
せっかくチェスケー・ブディェヨヴィツェに来たんだから、缶ビールではないブドヴァル“Budějovický Budvar”を飲まなくちゃ!

Prg1411
さすがに17時前なので、何組がビールを楽しんでいる人はいるけれど、ほとんどお客さんはいない。すぐに席に案内される。

Prg1412
メニューを見ると、ブディェヨヴィツキー・ブドヴァル醸造所直営とあって“Pivo z tanku”という名前が素晴らしい。

Prg1413
すぐにビールが運ばれてくる。このお店はあくまでレストランなんだろうなぁ。立ち飲みで1杯という雰囲気じゃない。

Prg1414
ブディェヨヴィツキー・ブドヴァル醸造所“Budějovický Budvar”直営のレスタウラツェ・マスネー・クラーミ“Restaurace Masné krámy”で飲むブドヴァル、夏の暑い時期に歩き回った後は最高に美味しい。これで今回、チェスケー・ブディェヨヴィツェでブドヴァルを飲むという目的を達成。

Prg1415
ブドヴァルを飲むために訪れたチェスケー・ブディェヨヴィツェだけど、町自体もおもしろかったなぁ。ビールを飲んでしまった関係で、もう1か所の塔を見るのをすっかり忘れる。

Prg1416
私は夕方に一度、ホテルに戻ることが多い。ほぼ丸1日歩き回っていることが多いので一旦休憩する意味と、ヨーロッパの夕食は時間が遅いので時間調整を行う。

Prg1417
もう一つの目的は、基本的に私はケチなので、海外でネットに常時接続しない。ホテルの無料wifiに接続し、夕ごはんのレストラン探しをする。1回だけ、モバイルルーターを試してみたけれど、けっこう無料でwifiを拾えるので最近は使っていない。

Prg1418
夕ごはんの時間になって、再びチェスケー・ブディェヨヴィツェ旧市街へ。フランスやイタリアだと19時を過ぎないとレストランがオープンしていないけれど、チェコは早めに開いてそうなので少し早めにホテルを出る。

Prg1419
今日は土曜日。Krajinská通りの人通りは少ないけれど、レストランは混んでいるのかなぁ?

Prg1420
昨日の夜のレストランが、ビールも色々な種類が置いてあり、料理も楽しめそうなので、昨日と同じレストラン“Krajinská 27”に入る。

Prg1421
昨日は入口付近の席だったけれど、今日は奥の席に案内される。このレストラン“Krajinská 27”は人気のあるレストランのようで、予約席ばっかり。長いテーブルでは団体客がビールを飲んで楽しそう。

Prg1422
昨日とは違うビール“Jantar”というラガービールを頼んでみる。

Prg1423
料理はタルタルステーキ“Hovězí Tatarák”。前菜になにか頼めばよかったなぁ。今回の旅行はメイン料理をずっと1つしか頼んでいないので、なんだか寂しい。料理の注文の仕方にまだアウェー感がある。

Prg1424
それにしてもパンとタルタルステーキのみだと、ちょっと寂しい感じ。

Prg1425
付け合わせも何もないシンプルなタルタルステーキなんだけど、これが美味しい。

Prg1426
このレストラン、やっぱり人気があるレストランみたいで、若者の団体さんがもう1組やってきて、賑やかになってきた。レストランなので、全員料理を頼んでビールを飲みながら食事を楽しんでいる。

Prg1427
昨日もこの場所にトヨタの2代目のアイゴ“Aygo”が停車していたような気がする。ずっと置きっ放しなのかなぁ?

Prg1428
信号が青に変わるのを待つ。何しろ、信号が青になったらすぐに歩き始めないと渡りきれない。

Prg1429
信号が青になった瞬間に渡り始めないと、すぐに残り何秒という表示になってしまう。でも、高齢者はどうしているんだろうなぁ?

Prg1430
おそらく、チェスケー・ブディェヨヴィツェで一番の大型ホテルである「クラリオン・コングレス・ホテル・チェスケー・ブディェヨヴィツェ」“Clarion Congress Hotel České Budějovice”は、鉄道駅からはかなり歩くけれど、ここから旧市街までは10分程度なので、そんなに大変じゃない。

Prg1431
真夏に真っ赤な実をつけているこの木はなんだろう?

Prg1432
クラリオン・コングレス・ホテル・チェスケー・ブディェヨヴィツェに戻る。今日1日、チェスキー・クロムロフもチェスケー・ブディェヨヴィツェも楽しかったなぁ。今回のディスティネーション、チェスキークルムロフにして本当に良かったと思う。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 2日目(7)チェスケー・ブディェヨヴィツェの町歩き。 | トップページ | 【緊急特集】2019年のパリ・ノートルダム大聖堂。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

チェコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 2日目(7)チェスケー・ブディェヨヴィツェの町歩き。 | トップページ | 【緊急特集】2019年のパリ・ノートルダム大聖堂。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近のコメント

無料ブログはココログ