2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« Le Château de Cagliostro 「ルパン3世 カリオストロの城」 | トップページ | フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 4日目(2)パリ、雪景色のアメリの世界、サンマルタン運河、モンマルトル。 »

2019年1月25日 (金)

フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 4日目(1)パリ、雪が積もったクルマの名前当てクイズ。

Lux2001
2018年3月19日、月曜日。パリで迎える朝。私の場合は、まずはテレビをつけて、TF2の“Télématin(テレマタン)”を見るところから一日が始まる。

Lux2002
出発に備えて荷物のパッキングをしながら、メテオの時間を待つ。以前は、6時半の開始直後に天気予報だったような気がしたんだけど、作業をしていて見逃したのか7時近くまで待ってしまった。今日の朝の気温は氷点下1度くらいかなぁ?

Lux2003
パリの朝の天気はくもり。フランス北部までほぼ雲がかかってしまっている。

Lux2004
お昼頃にはフランス北部では晴れ間も見えそうだけど、パリはずっとくもりかなぁ。

Lux2005
最高気温は日中でも4度と今日も寒い。

Lux2006
朝食レストランに向かう。前回の旅行「フランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅」とまったく同じホテルなので、そんなに紹介することもないんだけど。

Lux2007
パンの種類はバゲッドとクロワッサンとパン・オ・ショコラ。トースト用のパンもある。

Lux2008
コンチネンタルブレックファーストなので、ハムとチーズのみ。

Lux2009
そして、私の大好きなオレンジジュースを搾るマシーン。このマシーンで作った搾りたてのオレンジジュースが美味しい。

Lux2010
ボタンを押すと、オレンジが上から下りてきて、オレンジが真っ二つに割られ、ジュースが搾られる。マシーンの動きを見ているだけでもおもしろくて、何度もやりたくなってしまう。

Lux2011
7時に降りてきたんだけど、ホテルの朝食レストランにはまだ誰もいない。

Lux2012
パリで最後の朝ごはん。バケット(フランスパン)にナイフで切り込みを入れて、そこにハムとチーズを挟んでサンドイッチにして食べるのが好き。バケットに発酵バターとジャムをたっぷり塗って食べるのも好き。ふわっと発酵バターの香りが鼻に抜けるクロワッサンが好き。カフェオレの香りが好き。私はフランスで食べる朝ごはんはいつも幸せな気分。

Lux2013
いつもと反対側の風景は住宅街。家の屋根には雪が積もっているけれど、そんなに大雪ではないみたいなので一安心。前回も話したけれど、かつて空港が閉鎖されて帰れなくなる危機をイタリアのミラノで味わったことがある。

Lux2014
朝早くにチェックアウトしてしまう。スーツケースは夕方までホテルに預かってもらう。何しろ、パリ滞在は今日だけしかない。

Lux2015
ホテルの周辺は落ち着いた住宅街なので夜も静かなのが好き。

Lux2016
半年前に歩いたばかりだけどグラシエール駅“Glacière”に向かって歩くことにする。坂道に停車中のクルマが雪に埋もれているのが、ちょっとおもしろい。

Lux2017
一人で雪に埋もれたクルマの名前当てクイズを楽しむ。こんな子供っぽいことをしているから、今でもひとり者なんだろうなぁ。このクルマは間違うはずもなく、プジョー208。

Lux2018
正面から見たプジョー208。けっこう、この遊びはおもしろいかも。と言っても、私一人で勝手に楽しんでいるだけだけど。

Lux2019
坂を降りたところにあるパティスリーは、「ローラン・デュシェーヌ」“Laurent Duchêne”。奥さんのKYOKOさんが日本人であるためか、新宿伊勢丹のフランス展などにはよく出展しているので、日本人でも知っている人はいるかもしれないけれど、お店はこんな場所にある。町かどのパティスリーといった雰囲気で、お店も大きくはない。

Lux2020
雪に埋もれたクルマの名前当てクイズを続ける。たぶん、プジョー307。

Lux2021
これは簡単。プジョー207。

Lux2022
これも簡単。プジョー206。けっきょく、わかりやすいプジョー車を狙ってしまっている気がする。

Lux2023
街路樹に雪が積もり、それがまた美しい。ベンチに積もった雪も絵になる感じ。雪のパリの風景って、私にとっては珍しいかもしれないなぁ。

Lux2024
私の旅は行き当たりばったり。今日のテーマは「雪景色のパリ1日観光」に決定。雪景色に魅了されて、久しぶりにフルコースでパリの観光スポットの雪景色を最大限に見てみようかなぁ。

Lux2025
これはもう雪で覆われていないのでクイズにはならないと思うけれど、シトロエン・クサラ・ピカソ“Citroën Xsara Picasso”。

Lux2026
今回は日程の関係でIC定期券“Navigo Découverte”(ナヴィゴ デクーヴェルト)をチャージしていないのでグラシエール駅“Glacière”で1日乗車券のモビリス“Mobilis”を購入。

Lux2027
「雪景色のパリ1日観光」フルコースとして、どこから先に行こうかなぁ。そもそも、フルコースに含まれる必須スポットってどこなんだろう?

Lux2028
まずはメトロ6号線に乗ってプラスディタリー駅へ。

Lux2029
プラス・ディタリー駅でメトロ5号線に乗り換える。ちょうど、昨日、パリ東駅からホテルまで向かった逆ルート。

Lux2030
メトロ5号線はプラス・ディタリー駅が始発なので必ず座れる。

Lux2031
メトロ5号線をレピュブリック駅“République”で降りる。

Lux2032
実は、「雪景色のパリ1日観光」には、もう一つのテーマがあって、それはナンシー駅前のお菓子屋さん“Biscuiterie Confiserie Chocolaterie Lefèvre Lemoine”で知った、ブルトドーの宝箱。映画「アメリ」“Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain”を何度も見ているはずなのに、あのブルトドーの宝箱は、ナンシーのベルガモットのボンボンの箱だということに気がつかなかった。なんだか、久しぶりにアメリの世界を感じてみたくなった。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« Le Château de Cagliostro 「ルパン3世 カリオストロの城」 | トップページ | フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 4日目(2)パリ、雪景色のアメリの世界、サンマルタン運河、モンマルトル。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

ルクセンブルク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Le Château de Cagliostro 「ルパン3世 カリオストロの城」 | トップページ | フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 4日目(2)パリ、雪景色のアメリの世界、サンマルタン運河、モンマルトル。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ