2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 3日目(4)ルクセンブルクのノートルダム大聖堂。 | トップページ | フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 3日目(6)雪のパリ、ビュット・オ・カイユ“Butte aux Cailles”の夜。 »

2019年1月17日 (木)

フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 3日目(5)パリ東駅に向かうTGVの車窓から見る風景は雪景色。

Lux1801
「オテル ブリストル」“Hôtel Bristol”で預かってもらっていたスーツケースを受け取り、パリ東駅に向かうTGVに乗るために、再びメッス駅へと向かう。ドイツ帝国によって建てられた巨大なメッス駅を見るのも今回の旅ではこれで最後。フランスパッチワークの旅は、やっぱり国境地帯が面白いなぁ。ドイツ国境といっても、ストラスブールとはだいぶ雰囲気が違う。

Lux1802
スーツケースを転がしながら、メッス駅舎の中に入る。

Lux1803
パリ東駅行きのTGVは出発番線がまだわからない。ドイツとの国境の町であるフォルバック“Forbach”やドイツに乗り入れてザールブリュッケン“Sarrebourg”(Saarbrücken)行きの列車もある。フォルバックまで行けば、フランクフルト行きのICEに乗ることもできるので、何しろドイツ帝国領だったこともあるくらいだから、ドイツも近い。フランスには何度も来ているのに、ドイツには1回しか行ったことがなくて、しかもずいぶんと行っていないなぁ。

Lux1804
ようやくパリ東駅駅の出発番線が5番ホームと表示される。

Lux1805
出発番線が表示されると、乗客たちは5番ホームへと移動を始める。

Lux1806
メッス始発の15:56発パリ東駅行きTGVで間違いない。“Voiture 15”なので、乗車位置目標は“X”を目指せばいい。

Lux1807
ところが切符の座席番号を見ながら15号車“Voiture 15”に乗ると、私の座席番号が見つからないので、ちょっと焦る。またしても、座席なし?

Lux1808
どうやら、80番台よりあとの座席は15号車ではなく、10席分だけ隣の14号車のBar車両にあるみたい。私以外のフランス人の乗客もようやく座席を発見している雰囲気で、それだったら、14号車と書いてくれた方がわかりやすいのに。

Lux1809
無事に私の座席番号を発見!よかった、折りたたみ座席ではなく、ちゃんとした座席。

Lux1810
お見合い座席の反対側にはフランス人マダムが座る。テーブルは荷物が置かれてほぼ占拠されてしまうけれど、別に私はテーブルを使わないので気にしない。

Lux1811
ルクセンブルクよりも雪が積もっている気がする。パリは大丈夫なのかなぁ?以前にミラノで大雪のためにマルペンサ空港の封鎖に遭遇したこともあるので、ふと不安になる。

Lux1812
TGVはWifi無料。現在位置もわかるようになっている。時速226キロでパリに向けて走行中。

Lux1813
雪景色のフランスって、私はあまり経験がないので、逆にそれも美しく感じてしまう。それに、パリに近づいているはずなのに雪が積もっている。パリは大丈夫なのかなぁ?

Lux1814
日本の新幹線と違って、TGVは15分くらい遅れるのは普通なので、驚くことはない。しかも今日は雪のせいかもしれないけれど、なんでもないのになぜか遅れることもある。ミュールーズからの列車なんて25分も遅れているし、ストラスブールからのTGVも20分も遅れている。でも、遅れるのが普通なので、フランス旅行での乗り換えはギリギリの時間だと危険。

Lux1815
17:20到着予定だったけれど、17:29になってようやくパリ東駅が近づいてきた。東駅にだいぶ近づいてきたけれど、時速115キロで走行している。

Lux1816
TGVは15分遅れでパリ東駅に到着。

Lux1817
基本的にフランスは信用乗車方式だけど、パリ北駅と同様にパリ東駅でも自動改札機が導入されている。自動改札機に切符のバーコードをスキャンして通過する。スキャンには時間がかかるので流れが多少滞るけれど、大渋滞にはならない。飛行機の搭乗ゲートだってバーコードだけど、日本の新幹線でもバーコードの切符でもいいんじゃないかなぁ?

Lux1818
パリ東駅は、2017年9月に「暮らすように過ごすパリ」でランスに行くときに使用したり、パリのパリ市の高齢者サービスセンター“Maison des Aînés et des Aidants”(日本では地域包括支援センター)の聞き取り調査の通訳の人との待ち合わせ場所にしたので、迷わない。

Lux1819
今日は日曜日なのでメトロが混んでいないはず。平日のこの時間帯だと、スーツケースを持ってメトロの車両に乗るのは帰宅ラッシュに巻き込まれるので、自分も大変だけど、周囲の人にも迷惑をかける。

Lux1820
実は、今回は半年前の2017年10月と同じホテルを予約している。私の定宿のホテルは、場所は便利とは言い難いんだけど、なぜか「イビス スタイルズ パリ プラス ディタリー ビュット オ カイユ ホテル(Ibis Styles Paris Place d'Italie Butte aux Cailles Hotel)」となっている。メトロ6号線のCorvisart駅を目指す。

Lux1821
でも、パリ東駅からプラスディタリー駅“Place d'Italie”まではメトロ5号線で乗り換えなしで行けてしまう。メトロ5号線は、パリ東駅、パリ北駅を通過するのでプラスディタリーは何気に交通の便の良い便利な場所だったりする。

Lux1822
よかった、日曜日の夕方のメトロ5号線は空いていて、着席することができる。

Lux1823
パリのメトロは駅の改修工事中は閉鎖されてしまう。閉鎖されてしまうということは、閉鎖中は通過してしまう。フランスの大胆なところは、メトロ4号線のパリ北駅も例外なく閉鎖されているところ。ユーロスターやタリス、空港へ向かうRERなどの乗り換えに使用する主要駅であろうと例外なく、容赦なく閉鎖するところがすごい。大阪で言えば、御堂筋線の梅田駅を通過する感じかなぁ。東京で言えば、銀座線の上野駅、丸ノ内線の新宿駅を通過するようなもの?「フランスらしい」と言えば、フランスらしいんだけど、けっこう不便だと思うけどなぁ。

Lux1824
メトロ5号線はプラスディタリー駅が終点。スーツケースがなければ、ホテルまでプラスティタリーから歩いても行ける。

Lux1825
今回は荷物があるのでメトロ6号線に乗り換える。でも、パリのメトロの乗り換えはバリアフリーではないので階段の上り下りがスーツケースを持っているとけっこう大変。

Lux1826
メトロ6号線も日曜日だからか、そんなに混んでいない。

Lux1827
明るいうちにコルヴィサール駅“Corvisart”に到着する。

Lux1828
今日は2018年3月18日、日曜日。日曜日の午前中はここでマルシェが開かれていたんだろうなぁ。

Lux1829
大通りから路地に入り、坂道を登る。

Lux1830
前回の旅行「フランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅」とまったく同じホテルだけど、「イビス スタイルズ パリ プラス ディタリー ビュット オ カイユ ホテル(Ibis Styles Paris Place d'Italie Butte aux Cailles Hotel)」。

Lux1831
なぜ、このホテルがパリの常宿化しているかというと、前回も書いたような気がするけれど、まずはビュット・オ・カイユ“Butte aux Cailles”の落ち着いた雰囲気が好きなのと、あとは何度も宿泊しているから土地勘があるということが大きいかなぁ?それに、このホテルの朝食込みの宿泊料金はパリにしては安いことが多いので価格面も大きいかも。

Lux1832
チェックインをして、スーツケースから洗面道具や明日着る服を出す。ホテルに到着したら、まずはホテルの部屋を自分の部屋にする。

Lux1833
2017年1月に全面改装済みのホテルなので、部屋は狭いし、シャワーオンリーだけど、きれい。

Lux1834
この部屋は前回よりもバスルームがゆったりしているほうかなぁ?いつもビュット・オ・カイユが見える東向きの部屋のことが多いんだけど、今日は西向きの部屋。荷物の整理が終わったら、今回の旅行で最後となる夕ごはんを食べに行くことにする。それにしても、今日のパリは雪こそ降っていないけれど、ものすごく寒い気がする。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 3日目(4)ルクセンブルクのノートルダム大聖堂。 | トップページ | フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 3日目(6)雪のパリ、ビュット・オ・カイユ“Butte aux Cailles”の夜。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

ルクセンブルク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 3日目(4)ルクセンブルクのノートルダム大聖堂。 | トップページ | フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 3日目(6)雪のパリ、ビュット・オ・カイユ“Butte aux Cailles”の夜。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ