2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 4日目(8)離れゆくパリ、旅のおわりは、旅のはじまり。 | トップページ | 東京でフランス気分。平日休みは東京都美術館の藤田嗣治展へ。 »

2018年9月 9日 (日)

初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 4・5日目パリ・シャルル・ド・ゴール空港にプライオリティパスで使えるラウンジ“Yotel AIR”へ。エールフランスAF274便の機内食2017。

(注)Yotel Airの最新の情報を知りたい場合は、この記事は2017年10月29日の情報であり、最新の情報は2019年2月27日の以下の記事を参照してください。

ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 1日目(1)パリ・シャルル・ド・ゴール空港のプライオリティパスで使えるラウンジ“Yotel AIR”へ。エールフランスAF293便の機内食2019。
https://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-1af9dd.html

17lil3201
パリ・シャルル・ド・ゴール空港ターミナル2Eの出発ロビーに到着。パリ・シャルル・ド・ゴール空港ではチェックインから手荷物を預けるところまで、自動化されている。

17lil3202
まずは自動チェックイン機にパスポートを読み込ませてチェックイン。

17lil3203
搭乗券だけではなく、手荷物ラベルも出力される。インターネットチェックインを済ませている場合は手荷物ラベルだけを出力させることも可能。

17lil3204
手荷物ラベルを自分でスーツケースに巻きつける。

17lil3205
手荷物を預けるカウンターには係員はおらず、自分で操作を行う。

17lil3206
バーコード読み取り機に自分の手荷物ラベルをスキャンさせて、流すだけ。でも、この方式だと重量オーバーの時にどうするのだろう?係員がいるカウンターだと多少は見逃してくれる場合が多いんだけど、機械だとデジタルに処理されてしまうのかなぁ?クレジットカードを入れる装置はなさそうなので見逃してくれるのかなぁ?

17lil3207
ホテルでパッキングする時にしっかりと計量して来たから、23キロまでのルールを守った完璧な重量。今回は自分としても出来過ぎなくらい。まぁ、係員がいるカウンターだと、1キロ未満のオーバーで23キロ台であれば何も言われない。

17lil3208
パスポートコントロールが空いているので、すぐに出国してしまうことにする。ターミナルEは大きなターミナルなので、このパスポートコントロールは混む時は本当に混む。

17lil3209
今回はサテライトLからの出発なのでシャトルに乗る。深夜便は乗客が少ないのかサテライトLに向かうシャトルは貸切状態。

17lil3210
サテライトLにプライオリティパスで使える新しいラウンジができたらしいので、今日はそのラウンジに行ってみることにする。今まで、パリ・シャルル・ド・ゴール空港ターミナル2ではプライオリティパスで使用できるラウンジがなくて、つまらない思いをして来たけれど、ようやくラウンジでゆったりできる。

17lil3211
シャトルを降りて、手荷物検査に進まずにエスカレータを上がる。サテライトLには、無料のラウンジもある。今回、目指すのはプライオリティパスが使えるAirport Hotelの“Yotel AIR”。

17lil3212
エアポートホテル“Yotel AIR”のラウンジ部分をプライオリティパスでも使用できる。

(注)Yotel Airの最新の情報を知りたい場合は、この記事は2017年10月29日の情報であり、最新の情報は2019年2月27日の以下の記事を参照してください。

ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 1日目(1)パリ・シャルル・ド・ゴール空港のプライオリティパスで使えるラウンジ“Yotel AIR”へ。エールフランスAF293便の機内食2019。
https://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-1af9dd.html

17lil3213
入口でカードをもらい、ラウンジの中に入るとラウンジ自体が狭くて高級感がない。

17lil3214
しかもドリンクはフリーではなく自動販売機が並んでいる。

17lil3215
自動販売機の中からカードにチャージされた10ユーロ分だけ好きなものが買えるという仕組み。

17lil3216
プライオリティパスでの利用は、このカードに10ユーロ分だけチャージしてある。

17lil3217
プライオリティパスで利用できるラウンジかもしれないけれど、ビールは缶ビールだし、ラウンジ自体が狭くて居心地がよくない。

17lil3218
だけど、“Yotel AIR”ではなく、無料で誰でも利用できるラウンジが快適であることがわかる。無料で誰でも使用できるラウンジが空いていて、“Yotel AIR”のラウンジ部分よりもこちらのソファで過ごした方がよほどのんびりできる。ここを使用すれば、わざわざエアポートホテル“Yotel AIR”に行かなくてもいいかも。10ユーロ分の飲み物やビールなどを引き換えたら、そのままフリーエアポートラウンジに出て過ごすのが正解かも。

17lil3219
フリーエアポートランジは有料の自動販売機や係員がいるカフェも併設されている。のんびり過ごすには、ここで十分であるというのが私の結論。もっとも今は知られていないので空いているけど今後メジャーになってしまうと混雑してしまうかもしれない。そう考えるとブログで宣伝しないほうがいいのかもしれないけれど、私のブログを読んでくれる人の人数なんてたかが知れているので、まぁいいか。

17lil3220
無料ラウンジでのんびりしたあとは、手荷物検査を通過して搭乗ゲートに向かって歩き始める。たまには免税店をチェック。

17lil3221
私は自宅のパスティス51が少なくなったら空港で買って帰る。空港で買ったほうが免税扱いなので安い。パスティス51は日本ではなかなか手に入れることは難しいけれど、空港にはいつも置いてあって、しかも免税価格なので安い。

17lil3222
ミラベルの本場はナンシーのあるロレーヌ地方だけど、以前にストラスブールに旅行したときに飲んだミラベルも空港で買うことができる。ミラベルを食後に飲むと胃が熱くなり、再び食欲が湧いてくる。

17lil3223
L53搭乗ゲートに到着。

17lil3224
東京羽田行きエールフランスAF274便は予定通りの出発予定。

17lil3225
今日の機材は短いボーイングB777-200での運航。通常はB777-300ERでの運航されることが多いんだけど、予約状況を見て需給調整をしているのか、たまに短いB777-200のことがある。

17lil3226
ボーディングが開始となり、ボーイングB777の機内へと向かう。

17lil3227
なんども言っているので、もはや言うまでもないことだけど、エールフランスのボーイングB777は、3-4-3の横1列10席のコンフィグレーションで通路を含めて窮屈感を感じる。今ではボーイングB777は3-3-3の横9席よりも3-4-3の横10席のコンフィグレーションの航空会社のほうが多くなってしまったけれど。

17lil3228
私の大好きなエールフランスの機内安全ビデオが始まる。

17lil3229
私が大好きな “ à l'avant , au centre , à l'arrière”のオテスの仕草。だけど、本当に好きなのは、このビデオではなくて、ヨーロッパ内の個人用ビデオ設備がない小さな飛行機でオテスがこの仕草をするのを見ること。

17lil3230
エールフランスの機内食は、前菜、メイン、チーズ、デザートのコース仕立てとなっている。
挽き割り小麦とハーブのタブレ“Taboulé de boulgour aux herbes”
鶏肉のシェリー風味、マッシュポテト添え“Poulet au xérès / Purée de pommes de terre”
カマンベール“Camembert”
りんごのスライス“Sachet de pomme à croquer”
洋ナシとチョコのガトーブリオッシュ“Gâteau brioche poire chocolat”
食前酒としてパスティス、そして赤ワイン。

17lil3231
食後酒はお気に入りのポワール。エールフランスに乗ると頼む飲み物はワンパターン。

17lil3232
ストックホルム上空を通過する頃には食事も終わり、あとは寝るだけ。私は夜便の方が丸一日歩きまわって疲れているので休むことができるような気がする。

17lil3233
到着2時間前くらいに二度目の機内食。朝食としての提供。スクランブルエッグ、チーズクリームのソースのほうれん草添え。何度も言っていると思うけれど、コールドミールだけど、昔のハムとチーズでサンドイッチを作る機内食の方がフランスらしかった気がする。

17lil3234
通常はハバロフスクから日本海に出て、新潟に向かう航路を取ることが多いんだけど、今回は北朝鮮のミサイルを回避するルートで日本列島に沿って南下するルート。

17lil3235
北朝鮮関連の情報が入っているのかなぁ?日本海を横断せずにロシア領空から日本の領空に入るコースで羽田空港に向かっている。

17lil3236
今回の「オー・ド・フランス地方ひとり旅」は事前に考えていたよりもずっと楽しかったなぁ。リールやダンケルクやアラスの風景は美しく、世界遺産「ベルギーとフランスの鐘楼群」“Beffrois de Belgique et de France”をもっと巡ってもよかったかも知れないと思うくらい楽しかった。それに、地方色豊かなフランスであるけれど、ビール文化やベルギーに近い食文化がおもしろかった。フランスは何度旅しても新しい発見があることがおもしろい。まだ知らないフランスはいっぱいある。

17lil3237
パリだって、私はまだまだやり残していることがいっぱいある。まぁ、一人旅が多いこともあって、どうしてもコストパフォーマンス重視のケチな旅行者なので、有名カフェの雰囲気を感じるセンスがない。ファラフェルも食べていない。お惣菜ディナーも実現していない。まだ、パリでもたくさんやるべきことがあることに気がつく。まだ知らないパリはいっぱいある。

17lil3238
けっきょく、私はフランスが好きなんだなぁ。地方色豊かなフランスは、何回も旅行しても私は飽きることがない。海外旅行に何度も行っていると、イスラエルから香港経由の帰りに遅延のために電車も終わってしまっているほどの深夜になってしまったり、トラブルを体験することも多くなってくるので、無事に到着できるとほっとする。

17lil3239
羽田空港から所沢駅行きのバスに乗って家路に着く。今回の「オー・ド・フランス地方ひとり旅」は楽しかった。なにしろ、「地球の歩き方フランス」にも情報が少ないオー・ド・フランス地方に旅行しようと考える人は少ないかも知れない。アラスなんて紹介すらされていない。もしも、あなたがフランス地方の旅をしようと考えていたら、フランス北部「オー・ド・フランス地方の旅」をおすすめしたい。旅程が長く取れるのだったらベルギーのブルージュやゲントと一緒に周遊できるし、私は計画段階で断念したけれど船でドーバー海峡を渡ってイギリスに向かうのもおもしろい。ビール文化や、ベルギーに近い食文化。美しい世界遺産「ベルギーとフランスの鐘楼群」“Beffrois de Belgique et de France”、ぜひ、ガイドブックに載らない、フランス北部「オー・ド・フランス地方の旅」を訪れてみてほしい。(オー・ド・フランス地方ひとり旅 おしまい)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 4日目(8)離れゆくパリ、旅のおわりは、旅のはじまり。 | トップページ | 東京でフランス気分。平日休みは東京都美術館の藤田嗣治展へ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

コメント

空港といい機内といい、お洒落なデザイン!話によるとエールフランス航空は機内食にシャンパンも出るとか?

クラさん、こんにちは。

百聞は一見に如かず。エールフランスではシャンパンも楽しめますよ。ぜひ、ご自身で実際に旅して体感してください!そして、クラさんがご自身の体験されたことを教えてくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 4日目(8)離れゆくパリ、旅のおわりは、旅のはじまり。 | トップページ | 東京でフランス気分。平日休みは東京都美術館の藤田嗣治展へ。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ