2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 暮らすように過ごすパリ取材旅行 2日目(2)パリでの仕事後の夕ごはんはまたしてもアスティエでビストロディナー。念願のフロマージュ食べ放題。 | トップページ | 2018年4月3日からゴールデンウィークを含めてフランス旅行は要注意。SNCFが長期ストライキ“grève”の可能性。エールフランス4/4成田空港発AF275便、関空発AF291便はストライキにより欠航。 »

2018年4月 1日 (日)

暮らすように過ごすパリ取材旅行 3日目(1)パリ・オペラのお昼ごはんは弁当スタイル。

17par0901
2017年9月5日、火曜日。私は旅行中は早く寝てしまうので早起きなので、いつものようにTF2の“Télématin(テレマタン)”をオープニングから見る。わかりきっていることだけど、やっぱりウイリアム・レイメルジがいない。新司会者のLaurent Bignolasのテレマタン に早く慣れなくちゃ!

17par0902
昨日と変わらないメアリーズ ホテル レピュブリック“Hotel Mary's République”の朝ごはん。

17par0903
だけど、果物も置いてあるし、ハムやチーズもあるし、私はこのホテルの朝ごはんで十分。

17par0904
平日朝7時過ぎでも朝食レストランには誰もいない。

17par0905
ホテルの朝食では最初は色々なものを試したくなるので大盛りだけど、連泊の場合はだんだんと量が正常化してくる。

17par0906
2017年9月3日、日曜日に北朝鮮は地下核実験を行った。ロビーにある新聞を見るとフランスでも当然ながら北朝鮮の報道がされている。

17par0907
私が朝、新聞を見るときはテレマタンのお天気コーナーとともに、新聞の天気欄を必ずチェックする。今ではスマートフォンでも確認できるのに、習慣というのはアナログなもの。

17par0908
今日のスケジュールは午前中がオペラにある日本人の組織のパリ事務所での大学の先生によるレクチャー。午後は、パリ10区にあるパリ市の高齢者サービスセンター“Maison des Aînés et des Aidants”の聞き取り調査。ここは日本でいう地域包括支援センターのような相談機関。

17par0909
今回のホテルは、価格もリーズナブルなホテルなのに駅から近くて本当に便利。

17par0910
大学の先生がル・モンドを買うというのでキオスクに立ち寄る。さすが大学の先生。私は最近、駅で配布している無料新聞しか見ない。

17par0911
ル・モンドも当然ながら1面は北朝鮮。

17par0912
オベルカンフ駅はメトロ5号線と9号線が乗り入れている。パリ北駅やパリ東駅に行くにはメトロ5号線が便利だけど、9号線があるのでオペラにも乗り換えなしで行けるので、オベルカンフ駅周辺は便利かも。

17par0913
そして、IC定期券“Navigo Découverte”(ナヴィゴ デクーヴェルト)も便利。パリジャン気分でタッチして入場。

17par0914
メトロ9号線も新しい車両。

17par0915
オペラに到着する。昔のガイドブックには「オペラ・ガルニエ」と表現されていたけれど、現在は「パレ・ガルニエ」となっている。午前中の日本人事務所はインターコンチネンタルホテルの裏手。まだ時間があるので、お茶することにする。

17par0916
大学の先生と一緒なのでインターコンチネンタルホテルにあるカフェ・ド・ラ・ぺ“Café de la Paix”に入るのかと思っていたら通過。

17par0917
向かったのは私がカフェ・ド・ラ・ぺはお値段が高いので以前にも来たことがあるカフェだった。私も初めてパリに来た時には、当然ながらサン・ジェルマン・デ・プレのカフェ・ド・フロール“Café de Flore”でエスプレッソを飲むことを格好いいと思って、気取っていた時期もちゃんとあった。

17par0918
だけど、お値段は高いけれど、私には普通のカフェと有名カフェの味の違いなんてわからない。有名カフェではなく、パリの普通の気取らないカフェで十分。むしろ、街角の普通のカフェの方がパリ気分なんじゃないか。同行する大学の先生と同じ価値観。それにこのカフェの方が、パレ・ガルニエが目の前に見えるので好き。

17par0919
インターコンチネンタルホテルの裏手に進む。大学の研究調査というと予算が潤沢かというとほとんどの研究者は慎ましやかなもの。今回のホテルだってインターコンチネンタルホテルなんて夢のようで、オベルカンフの安ホテル。しかも、私は会社から出張費が出るわけでもなくプライベート扱いの自費参加。

17par0920
迷わずにパリの日本人事務所に到着。オペラから徒歩圏内の絶好の立地。というのも日本から事務所を訪れた人がわかりやすい場所というのもポイントらしい。

17par0921
大学の先生による職員向けのレクチャー。

17par0922
お昼ごはんは、日本人事務所がお弁当を用意してくれる。オペラ界隈にはテイクアウトのお弁当スタイルでフランス料理を提供してくれるお店がある。日本人シェフみたいだけど。現地の駐在員のお昼ごはんは、時間がかかるし、外食は高いので外で食べる人はいないみたい。頭の中で描いていたパリ駐在員生活を満喫している人は少ないことを知る。むしろ、自宅でお弁当を作って来ているのだという。

17par0923
魚料理を選択。お弁当スタイルだけど、十分に美味しい。もちろん、パンが別につく。

17par0924
デザートにはケーキが用意されている。私は大好きなエクレール。

17par0925
10区にあるパリ市の高齢者サービスセンター“Maison des Aînés et des Aidants”に行くためにメトロ7号線オペラ駅へ。改装中みたいで配線がむき出し。

17par0926
メトロ7号線に乗ってパリ東駅“Gare de l'Est”に到着。

17par0927
日曜日にランスに行く朝に立ち寄ったパリ東駅構内にあるカフェ“Pain Soleil”で通訳の方と待ち合わせ。すでに通訳の方はカフェにいらっしゃっている。

17par0928
通訳の方と合流してパリ市の高齢者サービスセンター“Maison des Aînés et des Aidants”に向けて歩き始める。

17par0929
パリ市の高齢者サービスセンター“Maison des Aînés et des Aidants”は、サンマルタン運河の反対側にある。橋を探すと歩道のみの橋がある。

17par0930
サンマルタン運河は映画アメリが小石を持って水切りをしていた場所。たぶん、ロケ地はもう少しセーヌ川へ向かったレピュブリック駅“République”の方だと思うけれど、ここでも雰囲気を感じることができる。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 暮らすように過ごすパリ取材旅行 2日目(2)パリでの仕事後の夕ごはんはまたしてもアスティエでビストロディナー。念願のフロマージュ食べ放題。 | トップページ | 2018年4月3日からゴールデンウィークを含めてフランス旅行は要注意。SNCFが長期ストライキ“grève”の可能性。エールフランス4/4成田空港発AF275便、関空発AF291便はストライキにより欠航。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 暮らすように過ごすパリ取材旅行 2日目(2)パリでの仕事後の夕ごはんはまたしてもアスティエでビストロディナー。念願のフロマージュ食べ放題。 | トップページ | 2018年4月3日からゴールデンウィークを含めてフランス旅行は要注意。SNCFが長期ストライキ“grève”の可能性。エールフランス4/4成田空港発AF275便、関空発AF291便はストライキにより欠航。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近のコメント

無料ブログはココログ