2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 暮らすように過ごすパリ取材旅行 1日目(3)ランスのシャンパンセラー"TAITTINGER"へ。 | トップページ | 暮らすように過ごすパリ取材旅行 1日目(5)日曜日のパリで夕ごはん、久しぶりのアンドゥイエット。 »

2018年3月18日 (日)

暮らすように過ごすパリ取材旅行 1日目(4)日曜日のランスでお昼ごはん。

17par0501
シャンパンセラーのTaittingerの見学を終えて、シャンパンがいかに手間をかけて作られているのかを学ぶ。ランスに来た目的は、シャンパンセラーを見学して試飲することだったので、主目的は達成。

17par0502
Taittingerの工場付近の街並みは、ランス中心部と異なり、のどかな雰囲気。

17par0503
大きな教会が見える。ランスの街というのは発展していたのだろう。ノートルダム大聖堂があるのに、もう一つ、大きなサン・レミ・バジリカ聖堂が建てられている。

17par0504
実は正面のファサードを見ていないんだけど、正面のファサードはロマネスク様式だったらしい。側面はゴシック様式に見える。この教会の特徴はロマネスク様式とゴシック様式が共存しているところらしい。

17par0505
入口はここしか開いていないので中に入ってみることにする。

17par0506
日曜日のお昼前でちょうどミサが終わったところ。人々が集まり、教会のコミュニティがある。

17par0507
再びランス中心部に歩いて戻ることにする。だんだんとランスのノートルダム大聖堂が近づいてくる。

17par0508
ランス中心部に戻った頃にはお昼ごはんの時間。今日は日曜日なので、ちゃんとしたレストランはやっていないだろうし、それにガイドブックも何もないのでどのレストランがいいのかはわからない。

17par0509
朝、ランス駅から通ったDrouet d'Erlon広場あたりにレストランが並んでいた。私のレストラン選びは、ミシュランの赤いシールやゴー・ミヨ"Gault et Millau"の黄色いシールが貼ってあるお店をチェック。お客さんの入りがいいところ、お客さんが食べているものを見て美味しそうに感じたところ。このレストランはお客さんが結構入っているのでチェック。

17par0510
チェックしているうちに駅前広場まで来てしまう。最後に見つけたこのブラッスリー・エクセシオール"Brasserie Excelsior Reims"、なかなか雰囲気が良さそうじゃない。

17par0511
空席もあり、すぐに案内される。店内の雰囲気もいい感じ。

17par0512
28.5ユーロのムニュ(昼定食)を注文する。せっかくランスに来ているんだから、まずはアミューズ。アペリティフにシャンパンを頼むべきなんだろうけど、夜だったら頼んだかもしれないけれど、昼からアペリティフは頼まず。

17par0513
28.5ユーロでドリンクつきでハーフボトル37.5clのワインか50clのミネラルウォーターがついてくるなんてお得なコース。同行者の先生も私も大酒飲みではないので、ペリエとワインを1本ずつ注文する。

17par0514
ハーフボトルを2人で分けるくらいでちょうどいい。

17par0515
前菜はサーモンのタルタル。盛り付けもきれいで美味しい。

17par0516
メインはプラデジュールだったと思うけれど、肉料理。詳しい内容は残念ながら記録していない。

17par0517
土台になっているマカロニがおもしろい。そして、美味しい。

17par0518
デザートはリンゴと洋梨のクランブル。

17par0519
ガイドブックやネットで調べることなく、雰囲気だけで選択したブラッスリー・エクセシオール"Brasserie Excelsior Reims"だったけれど、料理も美味しいし、ハーフボトルのワイン込みで28.5ユーロだったら安い気がする。まだ時間があるのでランス中心街に向かう。

17par0520
お菓子屋さんのFossierに行ってみたかったんだけど、今日は日曜日なのでお店が空いていない。

17par0521
でも、観光案内所でもランス名物のビスキュイ・ド・ランスは売られている。

17par0522
ビスキュイ・ド・ランスは私の好きなお菓子。フランスの地方銘菓は、素朴だけど美味しいものが多い。

17par0523
もしも一人旅だったらさらに歩いてフジタ礼拝堂に行きたいところだけど、今日はすでにシャンパンセラーTaittingerまで往復歩いているし、カットすることにする。予約してG.H.Mummのセラーを見学すればよかったのかも。事前に綿密に計画したランス旅行ではないので仕方がない。

17par0524
ランスの街を歩いて感じることは建物が立派なこと。

17par0525
ランスがそれだけ豊かな街だったのだろう。

17par0526
この彫刻のある建物はどのような歴史があるんだろう。

17par0527
バルコニーがおもしろい。私は観光名所よりも建物を見て歩くのも好き。

17par0528
駅前広場に戻ってくる。

17par0529
列車の出発まで少し時間があるので、広場の像の石段に座って過ごすことにする。今日の気候は暑いほどではなく、外で日差しを浴びて風を感じて、のんびり過ごすのが心地いい。

17par0530
広場でのんびり過ごす人々を観察しているのもおもしろい。

17par0531
広場に座って、のんびりくつろぎ、ぼーっとする旅行というのも悪くない。久しぶりに「一人旅」ではない、連れのいる旅をしてみると、自分自身がのんびり旅しているつもりでも、けっこう歩き回っていることに気がつく。そうか、一人旅ではないと、相手の価値観や相手の旅のスタイルからもらえるものもあるんだなぁ。旅のスタイルを見直すために、一人旅ではない旅もおもしろい。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 暮らすように過ごすパリ取材旅行 1日目(3)ランスのシャンパンセラー"TAITTINGER"へ。 | トップページ | 暮らすように過ごすパリ取材旅行 1日目(5)日曜日のパリで夕ごはん、久しぶりのアンドゥイエット。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 暮らすように過ごすパリ取材旅行 1日目(3)ランスのシャンパンセラー"TAITTINGER"へ。 | トップページ | 暮らすように過ごすパリ取材旅行 1日目(5)日曜日のパリで夕ごはん、久しぶりのアンドゥイエット。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ