2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 4日目(5)エルサレム、最後の晩餐はシュニッツェル。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 5日目(2)イスラエル旅行最後の難関、テルアビブ・ベン・グリオン空港の出国審査。 »

2018年2月 4日 (日)

初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 5日目(1)エルサレムからテルアビブ・ベン・グリオン空港行きのアフィキム社485番空港直行バス。

Jrs2301
2017年7月16日、日曜日。エルサレムで迎える最後の朝。今日はこれからテルアビブ・ベン・グリオン空港に向かい、13:50キャセイパシフィック航空CX676便テルアビブ発香港行きにてイスラエルを発つ。実は「地球の歩き方イスラエル2015〜2016」には、テルアビブ・ベン・グリオン空港からエルサレム市内に向かうシェルートのことは書かれているけれど、逆にエルサレムからベン・グリオン空港までの移動方法が詳細には書かれていない。唯一、ネシェル社のシェルートを予約する方法のみが書かれている。

Jrs2302
今日はエルサレム・セントラル・ステーションから485番空港直行バスでテルアビブ・ベン・グリオン空港に向かうことにする。実はこの方法を知ったのは偶然。たまたま、初日の夜に死海リゾートのエン・ボケック行きのバスを探していたところ、エルサレムからベン・グリオン空港行きのバスがあることを発見した情報。実は、この空港バスは「地球の歩き方イスラエル2015〜2016」には掲載されていない情報で、バスがあることを知っていれば、行きもシェルートに乗ることはなかったかもしれないなぁ。なお、ここから帰国まではNikon D7200ではなくCanon Powershot G9Xでの撮影。

Jrs23b1
ベングリオン空港とエルサレムを結ぶ路線バスが見つからない理由は、485番バスはイスラエルでメジャーなエゲッドバス"Egged Bus"ではなく、アフィキム"Afikim"によって運行されているということ。しかも、アフィキム"Afikim"の公式Webはヘブライ語オンリーなので読むことができないので、極めて見つけづらい。ところが、イスラエルのバスのサイトBus.co.ilから485番空港バスのルートを知ることができる。エルサレムからはセントラルステーションは5番目のJerusalem - Yafo220 Takhanat Central Yafo。
https://www.bus.co.il/otobusimmvc/Line_Places/1010/485_16_-1069776502?

Jrs23b2
時刻表も参照できる。24時間運行されており、空港発もエルサレム初も毎時00分の出発であり、1時間に1本運行されている。
https://www.bus.co.il/otobusimmvc/Line_Travels/1010/485_16_-1069776502

※2018年2月現在のリンク先。リンクが切れている場合は以下のアドレスを参照し、下段にあるAfikimをクリックし、"List of lines of Afikim including schedules"をクリック。
https://www.bus.co.il/otobusimmvc

Jrs2303
キャセイパシフィック航空CX676便テルアビブ発香港行きの出発時刻は13:50。「地球の歩き方イスラエル2015〜2016」には、「ちょっと手ごわい空港での出国」と書かれており、「必ず出発の3時間前には空港につくように要請されており、出発までの間、マンツーマンのセキュリティチェックが行われる。ひとりひとり、チェックインカウンターの前のデーブルに呼ばれ、係員からの質問に答えなければならない」らしい。さらに「別室で荷物を開封してボディチェックをする場合が多いが、中身をすべて取り出し、電子機器などは爆発物が入っていないか、奥の部屋へと持っていく」となると、ものすごく時間がかかりそう。イスラエル出国は今回の旅行で最後に残された難関。

Jrs2304
3時間前だと10:50に空港に必着していなければならない。485番空港バスの所要時間は1時間なので、バスが若干は遅れることを考えると9:06発のバスに乗るのがベスト。しかし、今回は現地に到着してからインターネット上で得た情報なので1時間に1本のバスが、万が一来なければ代替手段を考えないとならない。その場合は、いったんバスでテルアビブ市内に行き、そこから空港を目指すことになる。代替手段に振り返られるように、今回は早起きして8:06のバスに乗ることにする。最後に、朝日のエルサレム旧市街の風景を目に焼きつける。ベツレヘムに行くために、再びこの地を訪れることがあるかもしれないなぁ。

Jrs2305
私は町歩きの場合の時間管理はいいかげんなんだけど、長距離の移動などは不測の事態に備えて余裕を持って行動する。ホテルの朝食は7時からなので、朝食後にダマスカス門からトラムに乗ってセントラルステーションに向かい、8:06発のバスに乗るには時間がギリギリになってしまうためにはホテルで朝食を取るのは断念する。けっきょく、朝食つきなのに3泊して1回しかホテルで朝食を食べなかったなぁ。

Jrs2306
ホテルのロビーにあるティーコーナーで最後にお茶を飲むことにする。

Jrs2307
もちろん、インスタンコーヒーではなく、大好きなミントティ。

Jrs2308
朝のホテルのロビーには誰もいない。ハシミホテル、城壁内の旧市街にあるので便利だったし、テラスからの風景は最高だった。また再びエルサレムを訪れることがあったら、泊まってもいい。それに、ベツレヘムの聖誕教会は訪れてみたい。いつかまたこのホテルに泊まることもあるかもしれない。

Jrs2309
フロントの奥にスタッフがいる。ハシミホテルの注意点はクレジットカードが使えずにドル建て現金払いであること。すでに前払いしているので、スタッフに別れを告げてホテルを後にする。

Jrs2310
さようなら、ハシミホテル。

Jrs2311
日曜日の朝のスークはひっそりとしている。

Jrs2312
銃撃テロ事件の発生でベツレヘムには行けなかったけれど、そんな状況でもエルサレム旧市街は多くの巡礼者や観光客がいて、ダマスカス門の警備が厳重すぎること以外は特に旅行に支障はなかった。エルサレムだけならば、あまり情勢は考えなくても大丈夫なのかもしれないなぁ。

Jrs2313
トラム乗り場へ向かいため、ロータリー方向に歩いてみる。旧市街から出る分には警官隊に何も言われないはず。

Jrs2314
昨日の経験通り、道路は封鎖されているけれど、出る人には警官隊によるチェックも何もない。

Jrs2315
ダマスカス門のトラム乗り場に無事に到着。

Jrs2316
イスラエルは金曜日の夕方から土曜日の日没まではシャバットのために、公共交通機関が運行ストップとなるけれど、ユダヤ教では日曜日は平日なので関係ない。待っている人もいるから、そのうちにトラムは来るだろう。

Jrs2317
よかった、セントラルステーション方面に向かうトラムがそんなに待たずに近づいてきた。

Jrs2318
トラムは順調に走り、無事にセントラルステーション駅に到着。

Jrs2319
セントラル・バス・ステーションに向かうんだけど、アフィキム社の485番空港バスはセントラル・バス・ステーションの発着ではない。セントラルステーションの時計は、残念ながら遅れている。

Jrs2320
アフィキム社の485番空港バス乗り場は、セントラル・バス・ステーションの建物には入らずに、横断歩道を渡って、建物の前を右手に歩いたところにある。実は、死海に行った日の朝にインフォメーションで場所を教えてもらっており、バス停の下見をしている。

Jrs2321
セントラル・バス・ステーションに面した通り沿いにパン屋さんを発見。建物の中に入るにはセキュリティチェックに引っかかる可能性があるので、路面に面しているとありがたい。

Jrs2322
朝ごはんはパンを買って済ませることにする。

Jrs2323
セントラルステーションに沿って、まっすぐ歩く。

Jrs2324
赤いシトロエン・ベルランゴ"Citroën Berlingo"の停車しているあたりに大きな荷物を持った人が数名並んでいる。この場所が485番空港バスのバス停となる。シトロエン、ベルランゴ"Citroën Berlingo"やプジョーも兄弟車であるパートナー"Peugeot Partner Tepee"をルノー・カングー"Renault Kangoo"に対抗して日本でも売ればいいのに。

Jrs2325
バス停には485と飛行機のピクトグラムが描かれている。

Jrs2326
バス停の前で立ったままの朝ごはん。ベーグルかと思ったら普通のパン。

Jrs2327
ベーカリーで売られているパンは、そんなにイスラエルぽいものはないかも。

Jrs2328
中身も素朴な感じで、朝からファラフェルサンドを売っているお店があったら、朝からファラフェルサンドでもよかったかも。

Jrs2329
ヨーロッパに行くと愛飲しているアイスティ。ヨーロッパではアイスティというと、これが出てくる。

Jrs2330
インターネットで見つけた情報だったので少し不安だったけど、バス停もちゃんとあるし、人が並んでいるんだから、きっとバスはくるはず。

Jrs2331
バスが近づいてきた。きっと、このバスが485番空港バス。しかし、予定通り8時のバスに乗れてしまうと少し困ったことがある。計算上は9時のバスに乗れば十分に間に合ったのに、余裕を持って1本早いバスに乗れてしまった。このバスに乗ると9時過ぎにはテルアビブ・ベン・グリオン空港に到着してしまう。でも、私は不確定な要素を心配するのは嫌いだし、時間が迫ってきてギリギリになって焦るよりも、私は早めに着いて待っている方が好き。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 4日目(5)エルサレム、最後の晩餐はシュニッツェル。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 5日目(2)イスラエル旅行最後の難関、テルアビブ・ベン・グリオン空港の出国審査。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

イスラエル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 4日目(5)エルサレム、最後の晩餐はシュニッツェル。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 5日目(2)イスラエル旅行最後の難関、テルアビブ・ベン・グリオン空港の出国審査。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近のコメント

無料ブログはココログ