2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 3日目(2)エゲッドバス(路線バス)で死海を目指して、まずはエルサレム・セントラル・バス・ステーションへ。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 3日目(4)エゲッドバスで死海からエルサレムへ。エルサレム新市街でお昼ごはん。 »

2018年1月 4日 (木)

初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 3日目(3)エゲッドバス(路線バス)に乗ってイスラエルの死海リゾート、エン・ボケックへ。エン・ボケックのパブリックビーチでの死海浮遊はなんと無料!

Jrs1401
一生のうちで一度は死海で浮遊体験をしてみたい。そう思っている人も多いんじゃないかと思うし、実際に私もずっと死海で浮いてみたいと思っていた。私も今回、イスラエルについて調べてみてわかったことなんだけど、イスラエルだったら、路線バスを使って日帰りで簡単に死海浮遊体験ができるんです。エルサレム市街を出て岩山だらけの荒野をバスは走る。

Jrs1402
エルサレムから峠道を超えると平野が見えてくる。奥に見える山脈は隣国のヨルダン。私は死海の浮遊体験はヨルダン側だとばかり思っていて、死海がイスラエルとヨルダンの国境にあたり、イスラエル側で死海の浮遊体験ができるとは実は今回の旅行で下調べをするまで思っていなかった。

Jrs1403
遠くに見えるのはエリコの街かなぁ?

Jrs1404
緩やかな坂道を下って行くと、死海が見えてくる。

Jrs1405
死海の周囲は乾燥した岩山の風景。

Jrs1406
道路沿いには人工的に栽培されている緑がある。

Jrs1407
ナツメヤシの畑なのかなぁ?

Jrs1408
道路は整備されており、死海に沿ってどんどん南下して行く。

Jrs1409
「地球の歩き方イスラエル2015〜2016」にはエン・ゲディのパブリックビーチが紹介されていて、むしろ地球の歩き方はエンゲティを推しているけれど、2017年7月現在は閉鎖されている様子。エン・ゲディの街自体が迂回路で通過しないようになっている。バスは路線バスなので、エン・ゲディ・スパやマサダにも停車しながら進む。エン・ゲディ・スパは死海沿いにはなく内陸にある。金曜日でなければ、夕方までバスの本数も多くあるのでマサダも周遊できるかもしれないなぁ。

Jrs1410
死海沿いをバスは走って行く。遠くにホテルが並んでいる場所が見えてくる。

Jrs1411
エン・ボケックにはリゾートホテルが並んでいる。

Jrs1412
駐車場がある場所で486番バスを降りる。

Jrs1413
パブリックビーチに行くには、海側に駐車場があるバス停で降りるのが便利。

Jrs1414
目印としては、道路の反対側にはオアシスというホテルや、ダニエルという巨大なリゾートホテルが建っている。

Jrs1415
駐車場の中に入り、死海を目指して歩いていく。日帰りかどうかは別として、路線バスで死海浮遊体験をしようと考える人は私だけではないみたい。

Jrs1416
パブリックビーチに到着。公園のようなオープンな雰囲気。2017年7月14日、金曜日のビーチは人も少なく空いている。

Jrs1417
パブリックビーチなので、もちろん、無料。

Jrs1418
無料でシャワーは完備されている。

Jrs1419
無料でトイレもある。見通しの良いオープンな場所にあり、人通りもあるので危険な感じはしない。トイレで着替えても問題なさそう。

Jrs1420
死海のビーチへと向かう。シャワーはちゃんと水が出る。

Jrs1421
日差しが強いのでタープの下に陣取るのがいい。人が少ないので怪しい人がいればすぐにわかる。人が少ないけれど、人はいるので、貴重品の管理はもちろん注意は必要だけど、荷物が見える場所で遊泳するくらいならば大丈夫そう。こういう時に、連れがいたらなぁって感じる。だって、一人って荷物の管理が難しい。

Jrs1422
無料で目隠しになっているだけの簡単な更衣室がある。私はここで着替える。周囲が開けた場所にあるので、怪しい人がいればすぐにわかるので、そんなに危険は感じない。

Jrs1423
水飲み場も完備されている。エン・ボケックのパブリックビーチは、着替える場所、トイレ、シャワーと全てが無料で完備されている。ないものといえば、バスタオルまたはタオルくらい。ビーチサンダルと水着とタオルだけ持って来れば、簡単に死海浮遊体験ができる。だけど、もちろん、パブリックビーチは死海の泥などはないので、スパ機能を持つリゾートホテルに宿泊するかエン・ゲディ・スパなどの有料施設を利用したほうがいい。

Jrs1424
死海の海に入ってみることにする。死海は年々小さくなっており、設備から海までは遠くなっていると以前にテレビで見たような気がするけど、エン・ボケックのパブリックビーチは駐車場からも近く、シャワーなどの設備からもすぐ近くで死海の海に入ることができる。きっと、テレビで見たような死海の水が少なくなっている場所もあるんだと思うけれど、ここは大丈夫みたい。

Jrs1425
足元を見ると塩が結晶化している。それだけ、塩分濃度が高いのだろう。塩分濃度が濃いからこそ、浮遊できる。

Jrs1426
死海の海に足を踏み入れてみる。死海の水は生暖かい感じ。

Jrs1427
死海は塩分濃度が高いので顔を海水につけて目に入ってしまったら、ひどいことになりそう。体を動かして泳いでいる人は少なく、プカプカと浮遊を楽しんでのんびりすること。

Jrs1428
エン・ボケックは遠浅のビーチで、進んでいっても深くならない。遠くまで、浅い海が広がっている。

Jrs1429
イスラエル旅行に行こうと思うまでは、死海の浮遊体験って、路線バスに乗って、無料のパブリックビーチでエルサレムから簡単に日帰りで行けてしまうものだと思っていなかった。死海というとヨルダン側からアプローチするイメージが私の中にもあったんだろうなぁ。

Jrs1430
帽子をかぶったままでも沈まない。周囲を見渡すとカップルしかいないことに気がつく。

Jrs1431
確かに、ここに来るのは、連れがいたほうが楽しいかもしれないなぁ。美しい風景やおもしろい体験って、一緒に共感できる人が隣にいてくれたほうがいい。それに、最大のデメリットは自分の写真が撮れないこと。自分で自分の写真を撮ることって、私はほとんどないんだけど、自分が死海に浮遊している写真を残しておいてもよかったかもしれないなぁ。

Jrs1432
さすがに2017年春に購入したばかりのNikon D7200を持って浮遊体験はできないので、一度ビーチに戻り、カメラはビーチに置いてきて、防水機能を持つiPhone7にさらに防水カバーをつけて、自分が浮遊体験をしているところを、浮遊しながら足だけだけを撮影。プカプカ浮遊するのは不思議な感じ。頭をあげても沈まない。死ぬまでに自分の目で見てみたかった死海を見て、そして人生で一度はやってみたかった死海の浮遊体験を達成する。次の目標は一生のうちで「連れ」と一緒に死海の浮遊体験をすることを目標にしようかなぁ?死海での不思議な体験は、ひとりではなく、一緒に共感できる人と体験したほうが絶対に楽しい。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 3日目(2)エゲッドバス(路線バス)で死海を目指して、まずはエルサレム・セントラル・バス・ステーションへ。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 3日目(4)エゲッドバスで死海からエルサレムへ。エルサレム新市街でお昼ごはん。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

イスラエル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 3日目(2)エゲッドバス(路線バス)で死海を目指して、まずはエルサレム・セントラル・バス・ステーションへ。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 3日目(4)エゲッドバスで死海からエルサレムへ。エルサレム新市街でお昼ごはん。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ