2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(7)エルサレム、ダビデの塔からダビデ王の墓、そして鶏鳴教会へ。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(9)エルサレムでの夕ごはんは、ファラフェルサンド。そして、謎のゲロ330ml!? »

2017年12月21日 (木)

初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(8)エルサレム新市街のマハネー・イェフダー市場へ。

Jrs1001
再びシオン門から城壁内のエルサレム旧市街に戻る。ダビデの塔の手前でプチトランとすれ違う。プチトランに乗っての観光も楽しいかもしれないなぁ。

Jrs1002
歩いてダビデの塔まで戻る。今日の朝、イスラエルに到着して、たった1日でエルサレム旧市街の観光スポットをほぼ巡ることができる。私の場合は最初の周遊は全体像を把握するために、最初は大雑把にしか見ていないので、まだ知らないエルサレムはたくさんある。でも、まだ今日到着したばかりで、今回はエルサレムに3泊する予定なのだから焦る必要はない。なんども歩いて見つけられる新発見がたくさんある。

Jrs1003
ヤッフォ門から城壁外に出る。ダビデの塔は高い城壁を持つ立派な要塞。その要塞にはミナレットが立っている。

Jrs1004
ヤッフォ門から歩道橋を渡ると、そこにはマミラモール“Mamilla Mall”という近代的なショッピングモールがある。旧市街のすぐそばなので外観は周囲の風景に溶け込むようなつくりになっている。

Jrs1005
階段を降りるとショッピングモールになっている。

Jrs1006
城壁で囲まれたエルサレム旧市街のすぐ隣に近代的なショッピングモールがあるのがギャップを感じておもしろい。

Jrs1007
イスラエルで有名なのは死海コスメのアハヴァ“AHAVA”なのかなぁ?一応お店には入ってみるけど、私にはそもそも化粧品の相場がわからないので、直感的にはかなりいいお値段だと感じるんだけど、日本でどのくらいの価値があるものなのかもわからない。そして、私には残念ながらアハヴァの死海コスメをプレゼントする相手がいないので見るだけでお店を出る。

Jrs1008
ショッピングモールには彫刻が設置されており、彫刻を見ながら歩くだけでもけっこうおもしろい。エルサレム旧市街は近代的なショッピングモールとアラブのスークのどちらも味わうことができるので、なかなかおもしろい街かもしれないなぁ。

Jrs1009
マミラモールを最後まで歩いていくとトラムのシティホール駅に出る。7月は日が長いので、まだ明るいのでトラムに乗って新市街に行ってみようかなぁ。

Jrs1010
自動券売機で切符を購入し、トラムが来るのを待つ。

Jrs1011
近代的なデザインのトラムが近づいてきたので、トラムに乗る。私は切符を刻印機に入れて刻印するけど、ほとんどの乗客はSuicaのようなICカードで乗車している。

Jrs1012
マハネー・イェフダー駅“Makhane Yehuda”でトラムを降りる。この並んでいる不思議なオブジェはなんだろう?

Jrs1013
マハネーイェフダー駅に来た理由は、もちろん、マハネー・イェフダー市場を歩いてみようと思ったから。私は世界どこに行っても、生活を感じるような市場を見るのが好き。「まだ知らない」エルサレムの市場には何が売られているんだろう?

Jrs1014
木曜日の夕方の市場は多くの人で賑わっている。

Jrs1015
私はその土地でどんなものが食べられているのかを観察することが好き。大通りから野菜や果物のお店が並ぶ路地に入ってみる。

Jrs1016
野菜は種類ごとに大量に高く積み上げられている。もう夕方だけど、こんなに積み上げられていても売れるのかなぁ?あまりの量の多さに余計な心配をしてみたりして。

Jrs1017
種類を限って大量に並べるのがマハネー・イェフダー市場の特徴なのかもしれないなぁ。

Jrs1018
大量に積み上げられた野菜は唐辛子みたいだけど、辛いのかなぁ?

Jrs1019
さつまいもに大きなナス。マハネー・イェフダー市場を見る限り様々な種類の野菜が並べられており、豊富に食料がある。

Jrs1020
大量の美味しそうなトマト。イスラエルは豊かな土地なんだろうなぁ。私の中にイスラエルに対する偏見がずっとあって、エルサレム周辺は砂漠や荒地が広がり、作物が育たないような環境だと考えていたことが恥ずかしい。

Jrs1021
やっぱり、いくらインターネットが発達し、簡単に情報を得られる社会になったと言えども、現地に行って、その場に立って、自分の目で見て、耳で音を聞き、肌で風を感じなければわからない。

Jrs1022
野菜だけではなくオリーブ屋さんなど、歩いていると様々な食料品が売られているのを見ることができて楽しい。

Jrs1023
雰囲気に惹かれて、さらに市場内を歩く。私は夢中になると、興味に引かれて、流れのままに歩いてしまう。そして、たまに迷子になる。

Jrs1024
これは生のライチかなぁ?ライチというと台湾など亜熱帯のイメージがあるけど、イスラエルでライチを栽培しているのかなぁ?

Jrs1025
そして、ヨーロッパでは広く見かける、私の大好きな平べったいUFO桃。

Jrs1026
肉屋さんや魚屋さんもある。

Jrs1027
これがセントピーターズフィッシュ(ティラピア)なのかな?

Jrs1028
パン屋さんもある。これも私の大きな偏見なんだけど、イスラエルで普通に食べられているパンはベーグルだと思い込んでいた。ところが、よく見かけるのは大きな編み込んだパン。むしろ、ベーグルを市場で見かけないんだけど、どこに売っているんだろう?専門店があるのかなぁ?

Jrs1029
マハネー・イェフダー市場はエルサレム新市街にある市場。ということは、ここはアラブの市場ではなく、ユダヤの市場であるにも関わらず、バクラヴァが売られている。ということは、バクラヴァには宗教に関係なく、広く中近東で食べられているお菓子ということなんだろうなぁ。

Jrs1030
バクラヴァはギリシャ、トルコで食べられていることはわかっていたけれど、中近東のどこまで食べられているんだろう。エジプトに旅行した時は、まだバクラヴァの存在を認識していなかったので気がつかなかったなぁ。クロアチアのドゥブロヴニクでは見かけなかったような気がするけど、ギリシャと隣り合うマケドニアあたりはどうなんだろう?そのうちに、本気でバクラヴァを探す旅に出たりして。

Jrs1031
そして、これは間違いなくロクム。やっぱり、これもトルコだけでなくギリシャでも見かけたのと同様に、きっと中近東で広く食べられているお菓子。

Jrs1032
市場の中にはカフェや軽食が食べられるお店もある。

Jrs1033
喉が渇いたので、ジューススタンドでオレンジジュースを飲むことにする。

Jrs1034
一番上に書かれているのは、オレンジジュースではなくキャロットジュース。オレンジジュースよりもベーシックなのかなぁ?

Jrs1035
確かにオレンジと並んで、水に浸けられたにんじんがある。

Jrs1036
キャロットジュースをチャレンジしてみようかと思ったんだけど、私はしぼりたてのオレンジジュースが好き。このジューススタンドは、トルコのジューススタンドのように、半分にカットしたオレンジを手作業で絞っていく。

Jrs1037
トルコを旅していた時から、実はこのオレンジジュースを搾る機械、ずっと前からちょっとだけ欲しいなぁと思っていたりする。

Jrs1038
搾りたてのオレンジジュースが、7月の乾燥して暑い気候の中の渇いた喉には最高に美味しい。マハネー・イェフダー市場、楽しかったなぁ。やっぱり、私は市場を歩くのが好き。そろそろ、エルサレム到着1日目の観光を終えてエルサレム旧市街の城壁内にあるハシミホテルに戻ることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(7)エルサレム、ダビデの塔からダビデ王の墓、そして鶏鳴教会へ。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(9)エルサレムでの夕ごはんは、ファラフェルサンド。そして、謎のゲロ330ml!? »

旅行・地域」カテゴリの記事

イスラエル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(7)エルサレム、ダビデの塔からダビデ王の墓、そして鶏鳴教会へ。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(9)エルサレムでの夕ごはんは、ファラフェルサンド。そして、謎のゲロ330ml!? »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近のコメント

無料ブログはココログ