2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(3)エルサレム、イエスが十字架を背負って歩いたヴィア・ドロローサを歩く。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(5)エルサレム、嘆きの壁(西の壁)“Westen Wall”へ。 »

2017年12月 6日 (水)

初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(4)ヴィア・ドロローサを歩きイエス・キリストの墓がある聖墳墓教会へ。

Jrs0601
イエスが十字架を背負い歩いたヴィア・ドロローサを歩む。次の第7ポイントは、ベロニカ教会。ここでベロニカという女性がイエスの顔を布絹で拭うと、その布にイエスの顔が浮き上がったという。

Jrs0602
ヴィア・ドロローサには多くの巡礼者や観光客がイエスの痕跡を巡っている。

Jrs0603
さらにゴルゴダの丘へと向かう道を歩く。

Jrs0604
ヴィア・ドロローサはまっすぐな一本道ではなく、ここでも違う道に突き当たる。この道はダマスカス門からハシミホテルへと続く道。実は、ホテルを出て、ここからスタート地点まではすでに歩いた道だったりする。スーク沿いにあるハシミホテルは、この地点まで数十メートルくらいしかない便利な場所にある。

Jrs0605
第7ポイントは、再び十字架を背負ったイエスがつまずいた場所。ここにかつては裁きの門と呼ばれる門があったという。

Jrs0606
アラブのスークのお菓子屋さん。私は日常的に食べられているようなお店を見るのが大好き。

Jrs0607
第8ポイントは通りから外れた場所にある。「民衆と嘆き悲しむ婦人たちが大きな群れを成して、イエスに従った。イエスは婦人たちの方を振り向いて言われた。『エルサレムの娘たち、わたしのために泣くな。むしろ、自分と自分の子供たちのために泣け。』」(ルカ23:27〜28)と民衆に向けて語った場所とされている。このブログを編集する際に新共同訳の聖書の「ルカによる福音書」を読んでみるけど、イスラエル旅行前に読んでおくべきだったかもしれないし、私の持つ聖書は旧約聖書も含まれるのでかさばるけれど、聖書をイスラエル旅行に持ってきても良かったかもしれないなぁ。

Jrs0608
聖ハラランボス・ギリシア正教会の壁に第8ポイントはある。スークの通りから外れたところにあるので、イエスの時代は建物が建っていなかったのかもしれないなぁ。奥にマルタ十字が見える。

Jrs0609
さらにゴルゴダの丘に向かう坂道を上がる。

Jrs0610
お菓子屋さんを発見。バクラヴァが売られている。イスラエルでも食べられているんだ。ここがアラブ人街だから売られているのかなぁ?私はバクラヴァをけっこう好きだったりする。パイのような生地に蜜が染み込んでいて美味しい。そういえば、サントリーニ島旅行の帰り道にイスタンブールの専門店で買って帰ったこともあったっけ。そのために、トルコの入国スタンプが増えてしまい、イスラエル入国の際に質問されることになるんだけど。

Jrs0611
ギリシアでもトルコでも売られているバクラヴァ。イスラエルでも食べられているとすれば、広く中近東のお菓子なんだろうなぁ。そもそも、バクラヴァの起源ってどこにあるんだろう?

Jrs0612
バクラヴァを巡る旅というのもおもしろいかもしれないなぁ。ヨーロッパ方面はギリシャでは普通に食べられているので、マケドニアあたりまで分布しているのかなぁ。東側はイラン?このように私の行き当たりばったりの旅は小さな興味から始まる場合もある。そのうちに「バクラヴァを探しにイランひとり旅」に出るかもしれないなぁ。

Jrs0613
第9ポイントはまたしてもスークのある通りから外れた場所にある。イエスの時代には現在とは違う道があったのか、何もない場所だったのかなぁ。

Jrs0614
コトル正教会の聖アンソニー教会の入口あたりに表示が見える。

Jrs0615
ここが十字架を背負ったイエスが3度目につまづいた場所。

Jrs0616
ちょうど聖墳墓教会の裏手にある。ここから聖墳墓教会に抜ける道があったみたいだけど、私は事前にちゃんと調べていないので、そんなことには気がつかない。一旦、スークのある通りに戻る。

Jrs0617
スークを抜けて開けた場所に出る。このアーチがかかるアーケードはなんだろう?

Jrs0618
観光ポイントではなく食堂やお店が普通に並ぶ通りだった。でも、エルサレム旧市街のど真ん中にあるこのアーケード街はいつの時代からあるんだろう?

Jrs0619
正面にはモスクのミナレットが見える。ここで聖墳墓教会への入口がわからず、少し迷う。大きな教会なんだろうから、広場があるものだと思って探してみても見つからない。私の旅にはよくあることなんだけど、方向感覚だけで歩いて迷子になるパターン。

Jrs0620
さすがに場所がわからなくて、これ以上歩くと本当に迷子になるので地図で場所を確認する。普段から早めに地図で確認しておけば、迷子になることはないと思うんだけど、なにしろ私の町歩きは行き当たりばったりで、バクラヴァ屋さんを見つけたら立ち止まったりして、興味を持ってしまうと、まっすぐに進まないもので。

Jrs0621
モスクのミナレットの方向に歩き、この奥にある小さなアーチが聖墳墓教会の入口。地図をちゃんと見るか、案内してくれる人がいなければ、この入口はわからない。

Jrs0622
聖墳墓教会に到着。ヨーロッパで見る教会とは建物の雰囲気が違う。私の旅は行き当たりばったりなので、ここから先はヴィア・ドロローサのポイントをチェックすることを忘れる。たどり着いたことが嬉しくて、すぐに建物の中に入ってしまう。でも、この世の中には几帳面な人がたくさんいるので、ポイントをコンプリートした旅行記はたくさんあるだろうから、そちらを参照すればいい。そのような旅行記は、解説についてもきちんとしてくれているはず。ちなみにヴィア・ドロローサの第10ポイントは、この写真には収まっていないけど、正面入口の右側にある階段を上がる。

Jrs0623
建物の中に入ると、香油を注がれた石がある。十字架を下されたイエスの聖骸に香油を塗った場所。

Jrs0624
イエスにゆかりがある場所では、巡礼者がひざまずいている。荷物を置いている人がいるけれど、なにか意味があるのかなぁ?

Jrs0625
私も巡礼者にならって、ひざまずいて香油の注がれた石に顔を近づけてみる。

Jrs0626
香油の注がれた石の右手にある階段が気になって、登ってみる。もはやガイドブックをきちんと読まずに感覚だけで行動している。旅行記の編集段階になって、聖書を参考にして読んでみると、ヴィア・ドロローサやゴルゴダの丘を理解するために事前に聖書を読んでおくべきだったと感じる。本当に聖書を持っていけば良かった。

Jrs0627
階段を上ったところにあるのは、ここはヴィア・ドロローサの第12ポイントのイエスが息を引き取った場所。

Jrs0628
巡礼者が列に並んでいる。

Jrs0629
並んでいる巡礼者が何をしているかと見ると、祭壇の下にひざまずいている。この祭壇の下がイエスの十字架が建てられて、息を引き取った地点とされ、列ができている。私も巡礼者とともに列に並び、祭壇の下にひざまずく。

Jrs0630
2階からは香油を注がれた石がよく見える。巡礼者がひざまずき、祈りを捧げている。ちなみにヴィア・ドロローサの第11ポイントと第13ポイントについては、そもそも本気で見つけようとしていないこともあるけれど、見つけられなかったために残念ながら滞在中何度か聖墳墓教会を訪れているのに実物を把握していなければ写真にも残っていない。

Jrs0631
ヴィア・ドロローサの最終ポイントであり、聖墳墓教会の中にあるイエスの墓。

Jrs0632
聖墳墓教会のドームの中にさらに天使の礼拝堂と呼ばれる小さな礼拝堂が建てられている。

Jrs0633
巡礼者たちが列を作り順番に天使の礼拝堂の参拝をしている。小さな礼拝堂を半周するくらいの巡礼者の列ができているので、今は並んで入るのに時間がかかりそうなので天使の礼拝堂に入らないことにする。今回はエルサレム旧市街に3泊4日の滞在の予定だし、ハシミホテルから聖墳墓教会までは徒歩5分くらいしかかからないので、旧市街に泊まっているメリットを生かして、まだ観光客が少ないだろうと思われる明日の朝に再び訪れることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(3)エルサレム、イエスが十字架を背負って歩いたヴィア・ドロローサを歩く。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(5)エルサレム、嘆きの壁(西の壁)“Westen Wall”へ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

イスラエル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(3)エルサレム、イエスが十字架を背負って歩いたヴィア・ドロローサを歩く。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(5)エルサレム、嘆きの壁(西の壁)“Westen Wall”へ。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ