2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 5日目(3)ジヴェルニー、クロード・モネの家と庭園へ。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 5日目(5)パリで発見!ギャラリーラファイエット・グルメの生搾りオレンジジュース。 »

2017年8月27日 (日)

初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 5日目(4)ヴェルノン、お昼ごはんは豪華な!?カニのサンドイッチ。

Cfe3201
モネの家と庭園を出る。モネの庭園もモネの家も興味深く、ジヴェルニーを訪れてよかったなぁ。晴れている時、そしてハスの花が咲く時期にもう一度訪れたい。

Cfe3202
今さら、空が明るくなって来たような気がする。

Cfe3203
もう少しで雲が切れて晴れてきそう。晴れるのを待つべきかなぁ?晴れるのを待って、写真を撮るためにもう一度モネの庭園を訪れようか。光があれば風景が変わって見えるはず。でも、どれくらい待てば青空が空を覆うのかわからないし、今回は太陽の光はあきらめることにする。

Cfe3204
駐車場を抜けてバス停へ向かう。ノルマンディー地方だからなのかリンゴの木がある。

Cfe3205
シャトルバスが停車している。

Cfe3206
バスが停まっていれば迷うことはないけれど、バス停はこれ。

Cfe3207
バスは1日に7本しか走っていないので、計画的に見学しないとだいぶ待つことになる。12:00発の次のバスは14:10までない。

Cfe3208
バスに乗ろうか、ジヴェルニーで晴れるのを2時間待ってみようか少し迷う。

Cfe3209
でも、晴れたとしてもどこまで晴れるかわからないし、いつかまた訪れることにする。いつか、私が「ひとり旅」を卒業することになった時に、連れと一緒にまた来ればいい。その時は光のあるモネの庭園を大切な人と見て回りたい。

Cfe3210
バスはヴェルノン駅に向けて出発。バスの車窓からの田園風景がいい。

Cfe3211
やっぱり、もう少し晴れるまで待てばよかったかなぁ。

Cfe3212
セーヌ川を渡り、ヴェルノンの町に入る。この橋からジヴェルニーの村までは歩いて行くとずいぶん遠かった気がするけれど、バスに乗ればあっという間。

Cfe3213
バスはヴェルノン駅に到着。線路ぎわのこのバス停がシャトルバス乗り場。

Cfe3214
次のパリ方面への列車は12:53のサン・ラザール駅行きで、待ち時間は30分ちょっとしかない。レストランでお昼ごはんを食べる時間は厳しいかなぁ。フランスのレストランやカフェはのんびりしているので、カフェで軽食をとっても微妙な時間。

Cfe3215
そんな時はサンドイッチを買う。列車の中でサンドイッチを食べようと思って、わざわざサンドイッチ屋さんを探す。だって、サンドイッチ屋さんで買ったほうが美味しい。ここで“Crabe”と書かれたサンドイッチを購入。“Crabe”ってカニの意味。カニのサンドイッチって、どんなものだろう。

Cfe3216
列車の中で食べるサンドイッチも購入したし、朝は中途半端な町歩きだったので、もう少しヴェルノンの町を歩いてみることにする。

Cfe3217
ついプジョー208を見つけると立ち止まってしまう。

Cfe3218
ヴェルノンのノートルダム寺院“Collégiale Notre-Dame de Vernon”もなかなか立派な建物。

Cfe3219
すぐ横には木造の建物が並んでいる。ヴェルノンもなかなか雰囲気がいい町じゃない。素通りしてしまうのはもったいない。

Cfe3220
フランスの地方に行くとけっこう残っている木造の家。

Cfe3221
古い家もちゃんとお店として営業している。

Cfe3222
古い商店の看板が好き。ヴェルノンは小さな町だと思うけど、こんなところまでベルギーチョコのレオニダスがあるのが少し不思議。

Cfe3223
木造の家だけではなく石造りの家もおもしろい。フランスの観光名所ではない何気ない風景が好き。だから、フランスを何度も訪れてしまうのかもしれない。

Cfe3224
町歩きを終えてヴェルノン駅に戻ってくる。

Cfe3225
今の時刻は12:42ごろ。列車が遅れてなければ、あと10分ほどでパリ、サン・ラザール駅行きの列車が来るはず。

Cfe3226
フランス国鉄SNCFは恐ろしい。12:49発のルーアン行きは、まさかの“supprimé”の表示で運行中止になっている。よかった、12:53発パリ、サン・ラザール駅行きの列車は定刻通り“à l'heure”の予定で、すでにプラットホーム2番の表示も出ている。

Cfe3227
12:53発パリ、サン・ラザール駅行きの5両編成の列車が2本連結されていて10両編成の長い列車。

Cfe3228
バスが到着した時に購入した切符は当たり前だけど、行きと同じ14ユーロ。

Cfe3229
プラットホームで列車が来るのを待つ。雲の具合がおもしろい。

Cfe3230
定刻通り2階建ての列車が到着。

Cfe3231
せっかくなので2階席に上がる。

Cfe3232
車内はあまり混雑していない。

Cfe3233
列車が出発すると、さっそくお昼ごはん。サンドイッチ屋さんで買ったカニのサンドイッチが楽しみ。

Cfe3234
カニのサンドイッチを食べてみると、あっ!まさかのカニカマ!今回のフランス旅行で最後の食事はカニカマのサンドイッチになってしまった。でも、これがけっこう美味しい。フランスパンにカニカマを挟むことは気がつかなかったなぁ。日本でも普通に売っているカニカマをフランスパンに挟んだサンドイッチがこんなに美味しいとは、日本にいては気がつかない。やっぱり、「まだ知らないどこかへ」行ってこそ、初めて気がつくことがある。日本に帰ったら、自分でカニカマのサンドイッチを作ってみようかなぁ。

Cfe3235
デザートは手作り感のあるブルーベリーのタルトが美味しい。最近は、フランスに来ると私の旅行はグルメ旅行になりすぎている。フランスって、ちゃんとしたレストランに入らなくても、サンドイッチ屋さんでサンドイッチを買って食べるだけでも十分に美味しい。普通のパティスリーで買ったタルトでも十分に美味しいことに改めて気がつく。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 5日目(3)ジヴェルニー、クロード・モネの家と庭園へ。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 5日目(5)パリで発見!ギャラリーラファイエット・グルメの生搾りオレンジジュース。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 5日目(3)ジヴェルニー、クロード・モネの家と庭園へ。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 5日目(5)パリで発見!ギャラリーラファイエット・グルメの生搾りオレンジジュース。 »

Link

  • Hotels.com
  • じゃらん
  • surprice
  • JTB
  • Expedia

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ