2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

ポルトガル

2020年9月20日 (日)

一目惚れをしたポルトへの旅 5日目 エミレーツ航空ドバイ発羽田行きEK312便、館山上空でまさかの「ぐるぐる」に巻き込まれる。

19opo3301
2019年7月3日、水曜日。朝8:00出発のエミレーツ航空ドバイ発羽田行きEK312便の機材はボーイングB777-300ER。いよいよ、羽田行きの機内へ。

19opo3302
ポルト・ドバイ線と同様のB777の機材なので、詰め込み仕様のコンフィグレーションの説明などは省略。

19opo3303
遅延することなくドバイ国際空港を離陸する。

19opo3304
離陸後、安定飛行に入ると機内食の時間。

19opo3305
朝食なので、洋食はオムレツ。東京行きの便なので和食をセレクトすると鮭の照り焼き。現地時間でも8時出発だし、お酒の気分ではないのでオレンジジュース。

19opo3306
朝食後のコーヒー。ポルト・ドバイ線と同様にその後は機内の灯りが消される。

19opo3307
再び灯りがついたときは、中国北京上空。

19opo3308
機内食は昼食の扱い。洋食は牛肉の煮込み。和食はスズキの甘酢あんかけ。ちゃんと食べたい気分だったので洋食を選択。飲み物は赤ワイン。エミレーツ航空のドバイから東京行きの機内食には、「そうめん」がついてくるのが好き。

19opo3309
そして、わざわざ写真に撮るほどではないけど、食後のコーヒー。振り返ってみると、ポルトガルって面白いかもしれない。独特のアズレージョの装飾も美しいし、食べるものも美味しく、日本人には合っているのかもしれない。そもそも、南蛮文化のルーツであり、金平糖やカステラなどを含めて日本文化に取り入れられているので、つながりがあるのかもしれない。そして、夢中になってしまったお菓子文化。ポルトワインを知ることもできたし、今回のポルトガル旅行は楽しかったなぁ。もっとポルトガルの町を巡ってもいいかもしれない。ポルトガルは再訪したいかも。

19opo3310
EK312便は順調にフライトを続け、館山上空にさしかかり、このまま着陸態勢に入りそう。よかった、遅れずに羽田空港に到着できそう。そして、フランスのサン・ジャン・ピエ・ド・ポーから聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまでを1ヶ月半かけて、女性一人旅で歩ききった旅人に会えたこともよかったなぁ。旅人の話はおもしろく、興味深かった。そして、私にとっては、久しぶりに一人ではない旅ができたし、何よりもカミーノの旅の話を聞けたのがおもしろかった。私もいつかはカミーノの旅に出てみたいと感じている。

19opo3311
それに、一人じゃない旅というのも体験すべきだと感じる。私の価値観とは異なる価値観を感じるためには、誰かと一緒の旅をすべきなのかもしれないなぁ。それは私にとっては難しいことなんだけど。旅が終わるにあたり、頭の中で今回の旅の総括をしていたらふと気になることがある。なかなか着陸しないと思ったら、あれ?最後の最後で、まさか羽田空港で着陸待ちの「ぐるぐる旋回」?そんなに滑走路が混雑している時間帯でもないはずなんだけどなぁ。東京の天候が悪いのかなぁ?

19opo3312
「ぐるぐる」と2周くらいしたのかなぁ?ようやく木更津方面に北上する。あまり遅れるとホテルを予約している蒲田駅にも行けなくなってしまう。頼むから、早く着陸してほしい。

19opo3313
よかった。滑走路が見えてきて、まもなく無事に着陸。

19opo3314
無事に飛行機を降りる。

19opo3315
着陸直後に確認してみると、やっぱり館山上空をぐるぐると2周したみたい。しかも、S字を描くように。

19opo3316
入国審査を終えて、手荷物受取場へ向かう。ここで旅行記を終えてもいいんだけど、もう少しだけ続けることにする。トラブル発生のために蒲田駅周辺に宿泊することが2回もあったため、今回は最初から蒲田駅周辺のホテルに泊まる予定にしている。しかし、「ぐるぐる」のせいで、到着が遅延している。

19opo3317
ちょっとピンぼけの写真になってしまったけれど、スーツケースを無事受け取り、税関を通過して到着ロビーに出たのは0:09。館山上空の「ぐるぐる」のせいで、けっこう遅くなっている。到着案内板によるEK312便の正式な到着時間は23:24と39分の遅延。まぁ、0:30のJR蒲田駅行きの深夜バスには20分もあるのでなんとか間に合いそう。

19opo3318
明日は普通に仕事があり、蒲田駅から直接職場に向かう。そのため、スーツケースは空港から自宅に送ってしまう。ところが、JALABCのカウンターは混雑しており待ち時間が発生。うーん、0:30の深夜バスに乗れるかなぁ?

19opo3319
スーツケースを送る手続きを終えると0:19。スーツケースを送るのに混雑しており10分かかった。だけど、この時間だったらぎりぎり京急の蒲田行き最終電車に間に合う。

19opo3320
時計は24時21分を回っている。羽田空港国際線ターミナルからの最終電車は24:23発の京急蒲田行き。横浜方面へは京急蒲田駅で金沢文庫行きの終電車に乗り継ぎができる。

19opo3321
電車は終点の京急蒲田駅に到着。反対側のホームには横浜方面に向かう電車が待っている。

19opo3322
京急蒲田駅を出る。今回のホテル、アーヴェストホテル蒲田はJR蒲田駅のそばで手配してしまったために、JR蒲田駅まで歩くことにする。

19opo3323
深夜でも中国系の人なのかなぁ?外国人と思われるおねえさんが立っていたりして、JR蒲田駅に向かう、この通りはあまりいい感じはしない。

19opo3324
今回のホテルは税込み朝食つき7000円で、JR蒲田駅そばのアーヴェストホテル蒲田。エミレーツ航空は成田便EK318便よりも羽田便EK312便のほうが航空券価格が安い場合が多く、ホテル代を考慮してもEK312便を選択した方が安上がりの場合がある。
※このホテルは、おそらく新型コロナウイルス感染症の影響を受けたと思われますが、2020年7月15日に閉館となっています。

19opo3325
深夜1時前にチェックイン。

19opo3326
普通のビジネスホテルのベッドにしては広い方かな?

19opo3327
バスタブもものすごく窮屈なホテルもあるけれど、このホテルのバスタブはゆったりしているほうかな?建物は新しくはないかもしれないけど、部屋はゆったりしていていいかも。部屋が広いのでリピートありと判断していたので、おそらく新型コロナウイルス感染症の影響で閉館してしまったのは本当に残念。

19opo3328
翌2019年7月4日、木曜日。アーヴェストホテル蒲田で迎える朝。朝食つきなので1階にあるレストランに向かう。

19opo3329
朝食レストランは朝6時から営業しているのがすばらしい。日中はスリランカ料理の「アーユルヴェーダ・カフェ ディデアン」として営業している。
※「アーユルヴェーダ・カフェ ディデアン」は、ホテル閉館と同様に新型コロナウイルス感染症の影響を受けたと思われますが、2020年6月28日に閉店となっています。

19opo3330
和定食だけど、十分なボリューム。ごはんなどはお替わり自由。

19opo3331
そして、スリランカ料理店ということもあって、本格的なカレーが朝から楽しめる。うーん、朝食も充実しているし、リピートあり。おそらく新型コロナウイルス感染症の影響で閉館してしまったのは本当に、本当に残念。

19opo3332
JR蒲田駅から職場へ向かう。蒲田駅から品川駅までたった3駅。都心の職場に向かうには埼玉県の自宅からよりも通勤時間は短くてむしろ楽なことに気がついている。今までは、飛行機の遅延により、急遽、蒲田のホテルに宿泊することが多かったんだけど、深夜到着便を使って蒲田駅周辺に宿泊する作戦はいいかもしれない。(一目惚れをしたポルトへの旅 おしまい)

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2020年9月16日 (水)

一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(8)エミレーツ航空EK198便ポルト発ドバイ行き「初便」の機内食。

19opo3201
2019年7月2日、火曜日。定刻通り17:35にポルトを出発したエミレーツ航空ドバイ行きEK198便「初便」はピレネー山脈あたりを飛行中。

19opo3202
機内食はタラかチキンの二択でチキンを選択。飲み物は白ワインをコップいっぱいにもらう。

19opo3203
前菜はキヌアのサラダ。左横にあるのはデザートで、ストロベリーとアカスグリのクランブル。

19opo3204
メインはトスカーナ風という意味なのか、このような料理名があるのかわからないけど“Tuscan chicken”。

19opo3205
食後にはコーヒー。

19opo3206
西ヨーロッパの端っこなので、ドバイまでは遠い。照明が消されて空には星が出る。

19opo3207
ペルシャ湾に出るあたりで軽食が出る。

19opo3208
軽食はチキンとチーズのサンドイッチ。

19opo3209
ここまで来れば、ドバイまではあと少し。

19opo3210
メッカの方向を示している。

19opo3211
まもなくドバイ国際空港に着陸する。ドバイ国際空港は、着陸待ち渋滞に巻き込まれ、上空をぐるぐる旋回することが多いんだけど、EK198便は到着時間がピークから外れているためか、一発で着陸できそう。

19opo3212
滑走路が見えてきた。最終着陸態勢に入っている。

19opo3213
ドバイ国際空港に着陸し、ドアが開き、ターミナルビルに向かう。到着したゲートはB8ゲート。この時点で日付をまたぎ、今日は2019年7月3日、水曜日。

19opo3214
“Connections”の表示に従って歩いていく。ドバイ国際空港は大きすぎるターミナルのため、乗り継ぎの時はかなり歩く。

19opo3215
手荷物検査を済ませて、出発案内板でゲートを確認する。

19opo3216
8:00発ドバイ発東京羽田行きエミレーツ航空EK312便はA24番ゲートからの出発予定。A24番ゲートは、たしか、行きにパリ行きのEK73便が出発する予定だったゲート。

19opo3217
行きと同様にサテライトAにはシャトルに乗っていく。

19opo3218
シャトルを下りて巨大なエレベータに乗れば、出発フロアへ。

19opo3219
無事に出発フロアに到着。

19opo3220
行きと同じサテライトAのマルハバ・ラウンジを目指す。

19opo3221
このエレベータに乗るとプライオリティパスで利用できるマルハバ・ラウンジ。

19opo3222
ポルトからのEK198便は、ドバイ到着が4:15と遅く、ドバイ発成田行きEK318便などはすでに出発してしまっており、ラウンジは人はいるけれど、座る場所に困るほどではない。

19opo3223
空港のラウンジでは生野菜が補充できるのがいい。

19opo3224
サンドイッチやケーキなどもある。

19opo3225
野菜を中心に軽く朝食をとることにする。エミレーツ航空はプライオリティパスを持っていれば、ドバイ国際空港でラウンジを自由に使えるのがいい。行きも書いたような気がするけど、これでシャワーが無料で使えれば最高なんだけど。

19opo3226
東京羽田行きEK312便のゲート変更はなく、A24番ゲートから定刻通りの出発予定。ゲートにはここから徒歩1分と近い。

19opo3227
そろそろ搭乗時間が近づいているのでA24番ゲートに向かう。

19opo3228
A24番ゲートに到着。

19opo3229
ゲートが開いたらすぐに通過する。

19opo3230
ドバイ国際空港の一般エリアは混み合っており座る場所を探すのも難しい。広い待合室はゲートを通過後にある。トイレも使用するならこちらのほうが空いている。

19opo3231
そして、機内への案内が始まる。

19opo3232
今年は今のところ、フライトのトラブルに巻き込まれていない。羽田空港到着予定は22:45着。蒲田駅周辺にホテルは確保してあるけれど、遅延すると蒲田駅に行く手段も限られてしまうので、ぜひともEK312便は遅延することなく飛んでほしい。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2020年9月13日 (日)

一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(7)2019年7月2日、エミレーツ航空EK198便ポルト発ドバイ行き「初便」でドバイへ向かう。

19opo3101
2019年7月2日、火曜日。ポルト・フランシスコ・サー・カルネイロ空港“Aeroporto Francisco Sá Carneiro”の空港ターミナルに到着。

19opo3102
まずは出発案内板で運航状況をチェック。

19opo3103
時間が早いみたいで、まだ17:35発エミレーツ航空EK198便ドバイ行きは表示されていない。

19opo3104
エミレーツ航空のチェックインカウンターを発見。

19opo3105
すでにチェックインは始まっているので、チェックインを済ませてスーツケースを預ける。

19opo3106
すでにエミレーツ航空の飛行機の尾翼が見える。機材は到着しているので、遅延はないだろうなぁ。

19opo3107
ようやく出発案内板にもEK198便ドバイ行きが表示される。ゲートはまだ表示されていないけど、すでに12番ゲートと印刷された搭乗券をもらっている。

19opo3108
出国審査を済ませて制限エリアへ。

19opo3109
免税店の入口にはエミレーツ航空のドバイ・ポルト線開設の広告がある。

19opo3110
この人たちはなぜギターを弾いているんだろう?わざわざ、椅子もあるから、乗客へのサービスの一環?

19opo3111
この空港にもプライオリティパスで利用できるラウンジがあるので、ラウンジに行くことにする。

19opo3112
ピクトグラムに従って進む。

19opo3113
狭い廊下の右手がプライオリティパスでも利用できるラウンジ“Airport Lounge”。

19opo3114
午後のラウンジはけっこう混雑している。

19opo3115
食事コーナーにはコロッケ?でも、スペインだったら、コロッケはクリームコロッケなので、お隣のポルトガルでも冷凍食品だとしても美味しいはず。

19opo3116
もちろん、タルトもある。パステル・デ・ナタは売り切れだけど、ケイジャータ(チーズケーキ)は置いてある。

19opo3117
ドリンクコーナーは缶ジュース。ヨーグルトも上部に置いてある。

19opo3118
ワインやポルトも置いてある。瓶ビールと缶ビールはどう違うのだろう?

19opo3119
空いている席に座る。

19opo3120
コロッケ、取り過ぎたかも。想像通り、クリームコロッケで美味しい。ところで、このビール、ノンアルコールだったかも。缶ビールと瓶ビールがあって、雰囲気重視で瓶ビールを取ってしまったけど、缶ビールが正解だったみたい。

19opo3121
ラウンジからは、奥の方でエミレーツ航空の就航セレモニーが行われているのが見える。当然ながら関係者のみで一般の乗客にはなにも恩恵はないんだけど。

19opo3122
セレモニー参加の関係者には手土産があるみたい。一般の搭乗客にはなにもプレゼントはないのかなぁ?

19opo3123
出発ゲートである12番ゲートに到着。

19opo3124
エミレーツ航空EK198便の機材はボーイングB777-200。

19opo3125
ボーディングが開始となり、飛行機に向かう。特別なプレゼントは何もないみたい。おそらく搭乗記念に記念品がもらえるという発想は、世界的には通用しない。

19opo3126
エミレーツ航空EK198便ポルト発の初便は半分くらいの搭乗率。

19opo3127
ボーイング777のコンフィグレーションは、エアバスA380と同様の3-4-3の横1列10席。エールフランス、ANAなどと同様のB777詰め込み使用。

19opo3128
エンターテイメントシステムは、普通にiceなので日本語にも対応しているし、日本語対応の映画も多い。

19opo3129
エミレーツ航空の機内安全ビデオはエンターテイメント性のないまじめなタイプ。

19opo3130
飛行機はポルト・フランシスコ・サー・カルネイロ空港を離陸し、スペインバスク上空を通過し、ドバイへ向かう。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2020年9月 9日 (水)

一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(6)さようなら、一目惚れをしたポルト。ポルト・フランシスコ・サー・カルネイロ空港“Aeroporto Francisco Sá Carneiro”へ向かう。

19opo3001
2019年7月2日、火曜日。旅はエンディングに向けて、ドン・ルイス・1世橋をホテルの方向に歩き始めている。

19opo3002
橋を渡るにつれて、一目惚れをした風景が遠ざかっている。

19opo3003
ドウロ川を渡りきり、城壁が見えてきた。

19opo3004
最後に、ドン・ルイス・1世橋を振り返る。さようなら、一目惚れしたポルトの風景。そして、実際にここに来て、一目惚れどころか、本気で好きになる風景だった。

19opo3005
布地を売るお店を見るのも好き。

19opo3006
バターリャ広場まで戻ってくれば、ホテルまではすぐだけど、最後にスーパーマーケットに立ち寄ることにする。

19opo3007
小さなスーパーマーケットだけど、そんなに欲しいと思うおみやげもないので、これで十分。

19opo3008
ホテルに戻る道を目指していたら、昨日夕食を食べたポヴェイロス広場“Praça dos Poveiros”の隣に緑豊かなマルケース・デ・オリヴェイラ庭園“Jardim Marquês de Oliveira”を見つける。

19opo3009
まだ時間には余裕があるので、庭園の中に入ってみることにする。

19opo3010
光と影のコントラストがおもしろい。

19opo3011
なにげない風景なんだけど、旅に出ると自然の美しさを感じることができる。

19opo3012
庭園は管理されており、その時期に咲く花に植え替えられているんだろうなぁ。

19opo3013
ひとりベンチに座り、ギターを奏でている人。今回、ポルトガルに来て、一目惚れをした風景と実際に出会うことができたし、のんびりした気分で過ごすことができて本当によかった。

19opo3014
帰る間際になって、ようやくホテルまで道に迷わずに行けるようになる。

19opo3015
アイステイ・ホテル・ポルト・セントロ“iStay Hotel Porto Centro”に戻り、預けてあったスーツケースを受け取る。金平糖やおみやげ物屋さんで買ったニワトリの置物、スーパーマーケットで購入した缶詰などをスーツケースに入れて、帰国前の最終パッキングが完了。

19opo3016
ホテルを出発し、空港に向かう。ここからカメラはCanon Powershot G9Xとなる。

19opo3017
今朝、旅人を見送ったバスターミナルの前を通り、空港に向かう地下鉄駅であるボリャオン駅を目指す。

19opo3018
何度も見ているバターリャ広場に面した場所に建つサント・イルデフォンソ教会を見るのもこれが最後。緩やかな坂道を下っていく。

19opo3019
ポルトで一番賑やかなサンタ・カタリーナ通りを歩く。

19opo3020
サンタ・カタリーナ通りは歩行者天国となっており、カフェのテーブルが道まで出ている。

19opo3021
思えば、2日前にメトロから地上に出た瞬間に、最初に見たポルトの風景は、アズレージョが美しいアルマス礼拝堂“Capela das Almas de Santa Catarina”だった。

19opo3022
ボリャオン駅に到着し、メトロ乗り場を目指す。

19opo3023
ICカードにチャージして、無事にホームに到着。

19opo3024
空港行きのメトロは、あと4分で到着する。表示を見るとトラムが2台連結された長い編成。

19opo3025
空港行きのメトロがボリャオン駅に入線する。

19opo3026
車内は混雑していない。このメトロは地下を走るのはお隣のトリンダーデ駅までで、すぐに地上に出てしまう。

19opo3027
地上に出るとポルトは町がそんなに大きくないのか、すっかり郊外の雰囲気。

19opo3028
ポルト空港は市街に近く、各駅停車のメトロでも30分程度しかかからない。

19opo3029
電車は終点の空港駅に到着。

19opo3030
降車専用ホームのためにエスカレータは下り専用。ポルト空港ターミナルを目指す。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2020年9月 6日 (日)

一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(5)ポルトで最後の昼食は、ポルト名物トリパス“Tripas”。

19opo2901
そろそろ旅はエンディングに向かっている。最後にポルトでお昼ごはんを食べることにする。

19opo2902
徐々にホテルに近づくように歩いている。サンタ・カタリーナ通りまで戻ってくる。お昼頃になると晴れてくる。

19opo2903
このレストラン“Restaurante Escondidinho”は、実は昨日の夜に入ろうとしたけど満席で入れなかったレストラン。夜に満席だったレストランなんだから、美味しいに違いない。

19opo2904
もともと私は開店直後を狙うので、最初のお客さんになることが多い。レストランの中もなかなかよい雰囲気。

19opo2905
テーブルのセッティングを見ると高級レストランなのかもしれないなぁ。たしかにメニューを見るとポルトガルにしては価格は高めだけど、パリで食事をするとしたら普通の価格。

19opo2906
飲み物はセルヴェージャ“cerveja”を注文。

19opo2907
前菜は昨日飲んでお気に入りのカルド・ヴェルデ“Caldo Verde”。私はスープ料理ってけっこう好きで、前菜を頼むと重たくなりそうな時はスープを選択することが多い。そもそも、煮る、煮込むという調理法が好きなので、その意味ではスープは私好み。

19opo2908
想像通り、キャベツの入ったカルド・ヴェルデは美味しい。

19opo2909
そういえば、前菜盛り合わせはなくパンのみ。庶民的なレストランのほうがポルトガル特有の、食べたらお金を払う前菜盛り合わせがついてくるのかも。

19opo2910
メインはポルト名物の「ポルト風トリパス」“Tripas à Moda do Porto”。フランス語、イタリア語で言う“Tripes”なので、モツ煮込み。

19opo2911
モツと豆の煮込みがごはんの上に載せられていている。モツ煮込みの味も美味しいし、ごはんと一緒に食べるところがいい。

19opo2912
食後のデザートはさんざん午前中に甘いものを食べすぎているので頼まずにエスプレッソのみ。

19opo2913
まだもう少し時間があるので、「一目惚れした風景」を最後に自分の目に焼き付けにいくことにする。

19opo2914
途中にあったおみやげもの屋さんの絵皿。

19opo2915
霧が晴れてクレリゴスの塔がよく見える。

19opo2916
青空だとバターリャ広場に面した場所に建つサント・イルデフォンソ教会のアズレージョの青色がよく目立つ。

19opo2917
この細い路地を歩いても、ドン・ルイス・1世橋の方向にショートカットできるはず。一人になると、地図を確認せずに方向感覚だけで歩こうとしてしまうんだけど、これが道に迷う原因となる。

19opo2918
狭い路地にある教会“Igreja do Terço”の青色のアズレージョが美しい。私はやっぱり狭い路地が好き。

19opo2919
すっかり晴れて、クレリゴスの塔がよく見える。

19opo2920
カテドラルまで来れば、2階部分のドン・ルイス・1世橋はすぐそば。

19opo2921
最後にポルトの風景を見るためにドン・ルイス・1世橋へ。

19opo2922
カテドラルの下は城壁として機能していたんだろうなぁ。

19opo2923
廃墟となっている建物の周囲の花がきれい。

19opo2924
葉っぱの感じが日本のものとは異なるけど、朝顔かなぁ?

19opo2925
天気が良いので観光客が多い。

19opo2926
朝は霧で霞んでいた、ドンルイス橋から見たポルト、カイス・ダ・リベイラ地区。

19opo2927
ドン・ルイス・1世橋を渡りきり、ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区の展望台からポルトの風景をぼーっと眺める。この風景に一目惚れをして、私はポルトに来た。

19opo2928
展望台からずっと見続けていても飽きることない美しい風景。

19opo2929
広角レンズを使って、ドン・ルイス・1世橋も含めてポルトの町全体を写真におさめる。そして、自分の目に最後に「一目惚れをしたポルト」の風景を心に焼きつける。今回、ポルトに来て本当に良かった。

19opo2930
ドン・ルイス・1世橋をメトロの車両が渡っている。

19opo2931
そろそろポルトを去る時が近づいている。ホテルに向かい、再びドン・ルイス・1世橋を渡り始める。

19opo2932
ドウロ川上流の風景を心に焼きつけていると橋からドウロ川の上流を見ていると、サン・ベント駅を出発した電車が見える。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2020年9月 3日 (木)

一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(4)ポルトの、世界で最も美しい書店「リブラリア・レロ」“Libraria Lello”へ。

19opo2801
ポルトに滞在できる時間もお昼過ぎまで。最後の観光スポットは「地球の歩き方ポルトガル」のコラムに書かれている、世界で最も美しい書店「リブラリア・レロ」“Libraria Lello”に行ってみることにする。世界で最も美しい書店があるのはクレリゴスの塔のあたり。ポルト到着初日に歩いた道を通る。まずは、市庁舎の建物があるアリアドス通り。

19opo2802
リベルダーデ広場の前に建つのは、インターコンチネンタル・ポルト・パラシオ・ダス・カルドサス。今日は曇り空のままなのかなぁ?

19opo2803
リベルダーデ広場からクレリゴス教会への坂道を上がる。

19opo2804
やっぱり、ポルトってお菓子屋さんが多い気がする。

19opo2805
ここでもパン・デ・ローが売られている。さすがにもう食べないけど。

19opo2806
坂を上り、書店に向かうと、ドウロの反対側にものすごい行列を発見。まさか、この行列が「世界で最も美しい書店」に入る行列?

19opo2807
ここが世界で最も美しい書店「リブラリア・レロ」“Libraria Lello”。やはり、お店に入るためには道路の反対側の行列に並ぶ必要があるみたい。

19opo2808
並んでいる人は中国本土なのか台湾なのか華僑系の人かはわからないけど、中国系の人が多い。

19opo2809
書店に入場するためには、書店より少し先にあるこのお店でヴァウチャーを購入する。書店では、そのヴァウチャーで本を買うことができるんだけど、実質上は入場料となっている。最初から列に並んではいけない。まずはこのお店でヴァウチャーを買ってから並ぶ必要がある。

19opo2810
ヴァウチャーを買うにも列に並ぶ。

19opo2811
大きな荷物を持っての入店はできないので、貴重品以外の荷物をロッカーに預ける。

19opo2812
そして、道路の反対側の列に並ぶ。書店の前まで来れば、もう少し。

19opo2813
いよいよ、書店に入店できる。たしかにアールヌーヴォーの雰囲気がすてき。しかも、ちゃんと書店として営業している。

19opo2814
入店者数をコントロールしているために、混雑はしているけれど自由に本を見ることができる。

19opo2815
書店の中央にあるのは「天国の階段」と呼ばれる階段。

19opo2816
天国の階段を上り、2階に上がってみる。

19opo2817
らせん階段の曲線がおもしろい。

19opo2818
2階も書店なので当たり前だけど書架には本がある。博物館ではなく、書店なのだから。

19opo2819
2階の天井。明かり取りの窓なのかなぁ?

19opo2820
天井には木が伸びているような装飾。アールヌーヴォーの雰囲気。

19opo2821
「天国の階段」は、やっぱりおもしろい。

19opo2822
1階に下りて、書架の装飾を見ると、たしかに「世界で最も美しい書店」であることを感じる。旅人があと半日、ポルトに滞在できるんだったら一緒に訪れたかったけれど、彼女には彼女の予定があるわけだし、なんと言っても、彼女はこれからサンティアゴ・デ・コンポステーラからスイスに飛んで、ユングフラウヨッホでハイキングをするんだから、すごい。

19opo2823
アールヌーヴォーの装飾を堪能して、レロ書店から出る。ポルトの中で一番、行列ができる観光名所かもしれない。でも、書店の中は狭くて滞在時間は長くないので、列に並んでいればけっこう進む。

19opo2824
書店の前にはゴメス・テイシェイラ広場“Praça de Gomes Teixeira”。この建物はポルト大学。

19opo2825
広場ではダンスを披露するカップル。

19opo2826
トラムが走る絵になる風景。

19opo2827
広場から見えるのはカルモ教会“Igreja do Carmo”。側壁にはアズレージョの装飾が見える。19世紀の建物だけど、おもしろいのは左隣のカルメル教会“Igreja dos Carmelitas”と2つの教会が並んでいること。

19opo2828
今回の旅の最後にカルモ教会の中に入ってみることにする。

19opo2829
カルモ教会の中は豪華な装飾。いつものように旅を平穏に続けられていることを神に感謝する。

19opo2830
「一目惚れをしたポルト」への旅。ハルシュタットなどの他のディスティネーションの候補を押しのけて、情熱的に、電撃的にポルトに会いたいと思って来てみたけど、ポルトに来て本当に良かった。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2020年8月30日 (日)

一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(3)ポルトのお菓子屋さん巡り。

19opo2701
引き続き仮設のボリャオン市場巡り。お肉屋さんコーナーを見てみることにする。

19opo2702
黒いソーセージはブダン・ノワールのように血入りのソーセージなんだろうなぁ。フランスで言うソシソン・セック“Saucisson sec”のようなドライソーセージは売られていないのかなぁ?

19opo2703
スペインだと、ハモン・セラーノやハモン・イベリコなどの豚のモモごと生ハムが吊されているけれど、ここで売られているのは小さめの燻製肉のような感じ。

19opo2704
市場の中にはおみやげもの屋さんも入っている。

19opo2705
やはりコルク細工のポーチなどが名産品。

19opo2706
最後に私は果物を見るのが好き。特に初夏のこの時期は様々なフルーツが旬を迎えている。

19opo2707
このプラムなんて美味しそう。

19opo2708
プラムにはいろいろな種類があって黄色いものや黒っぽいものもある。

19opo2709
そして、ヨーロッパでよく見かけるのがUFO。平たい桃は日本でみかけることはまずないんだけど、ヨーロッパではよく見かける。ちなみに桃は日本のように汁がしたたるような桃はまずないので、日本の桃のほうが美味しいかも。

19opo2710
そして、パン屋さんにはお菓子も売られている。

19opo2711
もちろん、定番のパステル・デ・ナタ。

19opo2712
カステラのような焼き菓子も売られている。しかも安い。

19opo2713
ブラガでたべたお菓子はこれかなぁ?“Milfolhas”というのかな?

19opo2714
一人になると、旅行のスケジュールは自分次第。気になるものをみつけるとつい寄り道をしてしまう。カステラの原型と言われているパン・デ・ロー“Pão-de-ló”よりも焼き菓子に近い感じだけど、値段が安いこともあって、つい買ってしまう。食べてみると想像通り美味しいんだけど、想像を超える美味しさはないかも。

19opo2715
仮設のボリャオン市場巡り、楽しかった。やっぱり、私は市場巡りが好き。

19opo2716
サンタ・カタリーナ通りに戻ると、パステル・デ・ナタ専門店がここにもある。雰囲気的にはチェーン店かなぁ?

19opo2717
ポルトガルではパステル・デ・ナタのチェーン店がたくさんあって、商売として成り立っている。どこでも焼きたて、作りたてのパステル・デ・ナタが食べられるなんて、幸せな町。

19opo2718
現在は工事中のボリャオン市場の周辺は食材店が並んでいる。

19opo2719
ふと、看板を見て沢木耕太郎の「深夜特急」を思い出す。お茶ことのを「チャ」や「チャイ」などの“C”で始まる発音の国と、「ティ」や「テ」などの“T”から始まる発音の国があって、全般的にアジアでは“C”で、ヨーロッパでは“T”だったのが、旅の終着点のポルトガル・サグレスでは再び“C”の国となり「『C』より出でて、今再び『C』に至ったのだ」 という話が印象に残っている。

19opo2720
昨日の夜、実はインターネットで調べていて目指していたお店。この食材店で買いたいものがある。

19opo2721
それはコンフェイト“Confeito”。金平糖はコンフェイトがなまったもの。ポルトガルのコンフェイトは大きい。これはおみやげ用で、帰国後に食べてみるとそんなに甘くなくて美味しい。

19opo2722
もう1件、昨晩インターネットで調べていて目指していたお店は、同じ通り沿いにある。

19opo2723
ここはお菓子屋さんで、ショーウインドウには焼きたてのパンや焼き菓子が置かれている。

19opo2724
このお菓子屋さんでは、パン・デ・ロー“Pão-de-ló”が売られている。そう、目的はカステラの原型と言われるパン・デ・ロー。

19opo2725
ホールで売られているものを少しだけ切って売ってもらう。ここのパン・デ・ローはしっかりと焼かれており、まさにカステラ。気がついたら、一人旅になってから、お菓子を食べてばっかり。

19opo2726
我慢していたわけではないんだけど、一人になってから、甘いお菓子に対する思いがちょっと暴走ぎみ。パン・デ・ローを食べたばかりなのに、パステル・デ・ナタ屋さんが気になってくる。

19opo2727
お店の中も広くて、休憩するにはちょうどよさそう。

19opo2728
実は“Manteigaria”はチェーン店でクレリゴス教会の手前にあったお店と同じで、このお店のパステル・デ・ナタはすでに食べているんだけど。

19opo2729
カフェスペースが広くゆったりしていて、ちょっとした休憩にはちょうどいい。

19opo2730
うーん、カミーノを旅した旅人と別れて一人旅になってからポルトガルのお菓子にかなり暴走気味。旅人に対して遠慮をしたり、特別に気を使ったつもりは全くないし、わりと私のペースで旅していたつもりなんだけど、やっぱり誰かと一緒の旅と一人旅では歩き方がちょっと違うのかもしれないなぁ。たしかに、こんなに暴走してお菓子ばかり食べていたら、女性だったとしても、ちょっと、いや、かなり迷惑かも…。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2020年8月26日 (水)

一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(2)ポルトのボリャオン市場へ。

19opo2601
ホテルに戻り、荷物を整理してチェックアウト。引き続きスーツケースは午後の出発までホテルに預かってもらう。エミレーツ航空EK198便は、ポルト17:35発なので昼過ぎまではまだ観光ができる時間がある。

19opo2602
これからはいつも通りの一人でポルトの町歩き。私はその地域でどのようなものが食べられているのかを知るのが好きで、生活の一部を見られるような気がして、市場があれば必ず立ち寄ってしまう。ポルトのボリャオン市場に行ってみることにする。

19opo2603
サンタ・カタリーナ通りからクレリゴスの塔のほうを見るとまだ霧がかかっている。

19opo2604
クレリゴスの塔は霞んでしまっていてよく見えない。

19opo2605
サンタ・カタリーナ通りの装飾が美しいカフェ“Majestic Café”。

19opo2606
グランデ・ホテル“Grande Hotel do Porto”の装飾もいい。チョコレート専門店“Arcádia Casa do Chocolate”なんてあったんだ。

19opo2607
私が空港からボリャオン駅でメトロを降りて、最初に見た建物がこのアルマス礼拝堂“Capela das Almas de Santa Catarina”。そういえば、礼拝堂の中には入っていない。

19opo2608
人々が集まっているけどミサがあるのかなぁ?ミサがあるときはおじゃましない。

19opo2609
残念ながらボリャオン市場は全面改装工事で閉鎖中。

19opo2610
仮設の市場があるみたい。

19opo2611
仮設のボリャオン市場に行ってみることにする。

19opo2612
先ほどの地図だとこのショッピングセンターに仮設のボリャオン市場があるはず。

19opo2613
地下に下りてみると、まだ午前中の早い時間のせいか賑わいはないんだけど、間違いなく市場。

19opo2614
いろいろなお店が入っており、楽しそうな感じ。

19opo2615
フルーツジュースが売られている。奥は果物屋さんかなぁ?

19opo2616
初夏のこの時期は桃やプラム、杏などが旬なのかなぁ?

19opo2617
野菜売り場の陳列の仕方は、棚の上に箱に入れられている。

19opo2618
ちょっと雑然とした感じ。もっときれいに陳列すれば、美味しそうに見えるのに。

19opo2619
ここはお花屋さん。お花屋さんは季節を感じることができるし、ブーケなどにその国らしさを感じられることがあるので、つい立ち止まってしまう。

19opo2620
これは贈答用のブーケの一種なのかなぁ?ちょっとおもしろい。

19opo2621
そして、ポルトガルはイワシやツナなどの缶詰がおもしろい。個性のあるパッケージングはおみやげにもなる。

19opo2622
そのままパンにつけて食べれば美味しそうな魚のパテなんて、美味しそう。

19opo2623
ポルトガル料理には欠かせないバカリャウ。バカリャウにもいろいろな種類があるのかなぁ?今回、2回もバカリャウ料理を食べたけど、私はポルトガルの干しダラ料理ってけっこう好き。

19opo2624
チーズ屋さん。このチーズはローカルなものなのかなぁ?

19opo2625
そして魚料理が美味しいポルトガルの魚屋さん。青魚が多いのか、色が地味。

19opo2626
陳列の仕方がおもしろい。それにしても色が地味。

19opo2627
これはきっとイワシ。まるまると太っている。

19opo2628
ようやく地味な色の魚じゃない、赤い魚やカレイやヒラメを発見。

19opo2629
気がついたことは、イワシやサバなどの青魚は大量に売られているんだけど、エビやイカ、そして貝類が極端に少ない気がする。ムール貝が売られてもいいし、それこそ、タコはよく食べられているけどどこで売っているんだろう?魚売り場じゃないところにあるのかなぁ?私が見逃しているのかなぁ?エビも見かけないし、小さなイカしか見つからない。

19opo2630
ムール貝はみかけないのに、普通にペルセベス“Percebes”が売られているのが不思議。おもしろいなぁ。「亀の手」が市場で売られているのって、私は初めて見たかも。売られているんだから、買う人がいると言うことで、きっと美味しいに違いない。どんな味がするのかなぁ?

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2020年8月22日 (土)

一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(1)朝、ポルトでカミーノの旅人と別れる。

19opo2501
2019年7月2日、火曜日。ポルトで迎える最後の朝。旅人を見送るために朝6時に起きる。朝7:10発のバスでサンティアゴ・デ・コンポステーラに向かうのだという。朝の朝食レストランで待ち合わせ。

19opo2502
同じホテルだと2日目はどんな味かわかってくるので、控えめになる。

19opo2503
今日もパステル・デ・ナタは欠かさない。

19opo2504
フルーツヨーグルトだけど、果実がごろごろ入っている方が好きなんだけど、フレーバーのみのタイプ。

19opo2505
果物は置いてないので、フルーツポンチで果物を補給。

19opo2506
朝食後は、私も今日にはポルトを発つんだけど、最終パッキングをせずにまずは旅人を見送ることにする。

19opo2507
ヨーロッパって、朝は霧が出ていたり曇っていることが多い。

19opo2508
ホテルの前の通りはバスターミナルがあるためか、朝からカフェが営業している。

19opo2509
ポルトガルって、甘いお菓子がたくさん並べられている。

19opo2510
曇りというよりも霧が出ている感じかな。まだバスの出発時刻まで時間があるので、最後にドン・ルイス1世橋からポルトの町を眺めることにする。

19opo2511
地下鉄の駅からは遠いけど、ホテルからサン・ベント駅やドン・ルイス1世橋までも徒歩圏内だし、便利なホテル。

19opo2512
カテドラルも霧がかかっている。

19opo2513
ドン・ルイス1世橋が見えてきた。

19opo2514
霧がかかっており、対岸もかすんでいる。

19opo2515
ドンルイス橋から見たポルト、カイス・ダ・リベイラ地区。霧でかすんでいるけど、これはこれで美しいかも。

19opo2516
対岸にあるヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区も同様に霧がかかっている。

19opo2517
対岸までは橋を渡らずに引き返すことにする。

19opo2518
朝のお散歩としてちょうどよい距離。

19opo2519
霧の中にもクレリゴスの塔が見えるので、そんなに濃い霧ではないのかなぁ。

19opo2520
バスの出発時刻までもう少し時間があるので、旅人とカフェでお茶することにする。

19opo2521
このカフェも甘いお菓子が充実している。

19opo2522
朝ごはんを食べたばかりだけど、ケーキとエスプレッソ。旅人はサンティアゴ・デ・コンポステーラから日本への帰り道に、さらにスイスのユングフラウヨッホに立ち寄って、ハイキングをするというんだから、尊敬してしまうほどのヴァイタリティ。私は最大6日間程度の旅程なので洗濯をするノウハウを失っているので、旅を1ヶ月以上続けられるノウハウも吸収したい。そして、荷物を少なくする断捨離旅のノウハウも吸収したい。やはり、私と違うスタイルの旅人の話は面白い。それにしても、これからスイスでハイキングなんて、ものすごい体力。これだけのバイタリティがないと、カミーノ走破はできないんだろうなぁ。ずっと旅の話を聞き続けていたいくらい、私とは違うスタイルの旅の話はおもしろい。

19opo2523
カフェを出て、ホテル前の通り沿いにガレージがある。ガレージの中がバス停になっている。

19opo2524
バスは最近のヨーロッパでは大手のFLIXBUS。サンティアゴ・デ・コンポステーラ行きのバスはポルト発パリ行き。このバスの最終目的地はパリ。バスに乗り込む彼女を見送る。彼女と一緒に旅をするのは初めてだけど、私としてはそんなに気を遣わずにマイペースな旅をしてしまった印象なんだけど、私のいいかげんな旅のペースをどう思っていたんだろうなぁ?私はカミーノの話を夢中になって聞いて、とても楽しい時間を過ごせたような気がする。まだ、カミーノの旅の話は聞き足りないくらいだけど。

19opo2525
バスの出発を手を振ってカミーノの旅人を見送る。

19opo2526
まだ朝7時過ぎなので、いったんホテルに戻り、スーツケースの最終パッキングを行い、チェックアウトの準備をする。いつもの「一人旅」に戻っただけなんだけど、たまには誰かと一緒に旅をするのも楽しいかもしれないなぁと感じている。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2020年8月18日 (火)

一目惚れをしたポルトへの旅 3日目(8)ポルトで今回の旅行最後の夕ごはん。

19opo2401
ギマランイス駅を出発した電車はのどかな風景の中を走る。

19opo2402
電車は川沿いを走る。今回のエスカレーションで感じたのは、この地域の緑の多さ。植物が育ち、過ごしやすい地域なんだろうなぁ。

19opo2403
急行列車などの終着駅であるポルト・カンパニャン駅“Campanhã”に到着。この電車はローカル列車なので、終点は旧市街に入ったポルト・サン・ベント駅。

19opo2404
ドウロ川が見えてきた。

19opo2405
2階建てのドン・ルイス1世橋が見える。

19opo2406
電車は終点、サン・ベント駅“São Bento”に到着。

19opo2407
夏のヨーロッパは19時半過ぎではまだまだ明るい。まして夏至の直後なので日が長い時期。

19opo2408
サン・ベント駅のホールに出るとアズレージョが美しい。

19opo2409
つい天井を見上げてしまう。時計は19:45くらい。

19opo2410
サン・ベント駅を出ると坂の上にクレリゴス教会が見える。

19opo2411
今日はホテルのそばでレストランを探すことにする。

19opo2412
ホテルの方向に向かって坂道を上る。

19opo2413
サンタ・カタリーナ通り“Rua de Santa Catarina”は夕方も賑わっており、人通りが多い。

19opo2414
坂を登り切ったところにあるポヴェイロス広場“Praça dos Poveiros”にあるレストラン“Restaurante Salmão”に入ってみることにする。「地球の歩き方ポルトガル」掲載店ではなく、雰囲気でセレクトしたレストラン。今回のポルト旅行で私のお気に入りは、ヴィーニョ・ヴェルデ“Vinho Verde”。若いワインだけど、バスクのチャコリのように微発泡でさわやかな飲み口。2人なのでボトルで頼んでしまう。ちなみにアルコール度は低いので、その後にもう1本ボトルを頼むことになり、けっきょく、2人で2本も飲んでしまう。

19opo2415
ポルトガルのレストランは有料の前菜がくることが多いけど、このレストランの前菜はオリーブくらい?

19opo2416
最後の夕食なので、前菜はキャベツの入ったスープのカルド・ヴェルデ“Caldo Verde”。優しい味で美味しい。ポルトガル料理の味つけって、日本人好みなのか何を食べても外さない。

19opo2417
そして、ポルトガルに来たからには一度は「イワシの塩焼き、ピーマン添え」“Sardinhas assadas com pimentos”を食べないと。イワシの塩焼きなので日本でも食べられそうだけど、新鮮なイワシは臭みがなくて最高に美味しい。スペインやポルトガルの海が近い町で食べるイワシって、臭みがなくて身がほくほくしていて、焼いても、衣をつけて揚げても、日本とは違う種類なのではないかというくらい美味しい。以前にスペインのアンダルシア地方を旅した時に、一番美味しいと記憶に残っているのは、単純に衣をつけて揚げただけのイワシだった。

19opo2418
そして、「シーフードリゾット」“Arroz de marisco”も最高の味つけで美味しい。一緒にいる旅人も、巡礼中には巡礼者用のセットメニューで鶏肉ばかり食べていたので、ポルトガル料理は美味しいと感動している。2人で旅していると料理が2品頼めるというのは幸せ。それにしても、カミーノの話はおもしろい。この旅人は女性だからなのかなぁ?私と違って、旅をしながら、どんどん友達を作っていける能力がすごい。抜きつ抜かれつの歩きの旅なので、また再会して顔見知りになって話をするようになり、一緒に食事したり仲良くなれるのだという。私はあまり現地の人と交流しないからなぁ。しかも、彼女はポケトークのみで勝負しており、特別に英語ができるわけではないところがすごい。と言っても、英語ができないというのは謙遜だと思うけれど。

19opo2419
最後の夜はデザートを注文。コクがある堅めの自家製プリン“Pudim caseiro”。

19opo2420
最後にエスプレッソを飲み、食後の余韻を味わう。

19opo2421
もう21時を過ぎているけど、まだ明るい。

19opo2422
ようやく夜が訪れようとしている。何の情報もなく入ったんだけど、レストラン“Restaurante Salmão”は、雰囲気もいいし、いいレストランだったなぁ。

19opo2423
レストランは会話をしながら楽しんでいる人でいっぱい。

19opo2424
今日は夜景を見に行かずにホテルに戻ることにする。

19opo2425
近くだと思って地図を見ないで歩いていたら、バターリャ広場“Praça da Batalha”に出てしまい、ちょっと行きすぎた。夕闇が迫るバターリャ広場はなかなかよい雰囲気。

19opo2426
アイステイ・ホテル・ポルト・セントロ“iStay Hotel Porto Centro”に戻る。明日の早朝には、旅人は荷物を預けてあるサンティアゴ・デ・コンポステーラにむけて旅立つ予定。私もいつかはサンティアゴ・デ・コンポステーラに向かうカミーノの道を歩いてみたいなぁと旅人の旅の話の余韻に浸る。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ