2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

埼玉

2015年3月 9日 (月)

青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 1日目(1)信越本線で軽井沢へ。

Hokuriku0101
2015年3月3日火曜日、朝5時。埼玉県日高市にある高麗川駅。2月に3月のシフトを組んでみて、休めそうなのが3/3~5の3日間。どこかへ旅行に行こうにも、2/26に3月の休みが決まっても、2月は28日までしかないから1週間もない。それだったら、予約も要らないし、21歳の時以来、実に21年ぶりに青春18きっぷを使った「各駅停車」の列車の旅にしてみようかなと出発2日前の3/1に青春18きっぷの旅に出ることを決意する。

今回の旅の目的地は、信越本線・北陸本線で行く北陸。2015年3月14日の北陸新幹線開業と同時に、並行在来線である信越本線の長野駅から直江津駅を経て北陸本線の金沢駅までがJRの運営から外れる。そう考えると、青春18きっぷで信越本線・北陸本線に乗れるのも3月13日までしかない。

けっきょく、私の旅行手段は年齢と共に変化している。最初は鉄道を使った旅行。しかも、大学生でお金がないので青春18きっぷや周遊券で行く鉄道の旅。私が大学生の時には、375M大垣夜行も毎日の運行だったし、中央線だって急行「アルプス」だけではなく、新宿駅から甲府行き普通電車がそのまま同じ車両で甲府から松本行きの始発になるという事実上の夜行列車があったり、上越本線だって「ムーンライト」という夜行列車あった。北海道に行くのにだって、まだ急行「八甲田」や「十和田」が走っていたり、鉄道旅行がしやすかった。

その後はクルマの免許を取り、ドライブ旅行。そのころはバブルの真っ盛りで、ガソリンが1リットル90円を切っていた。私にとって航空旅行はずっとあとになる。なにしろ、当時の国内線はJAL、ANA、JASの3社独占であり競争が働く環境にはなく、今のように航空券は安くなかった。

Hokuriku0102
JR高麗川駅は、川越線と八高線の乗換駅になっており、朝5:09の八王子行きの始発に乗れば、西武線で国分寺を経由するよりも早く八王子に着くことができる。

Hokuriku0103
始発電車が出るのに自動券売機の電源が切られている。

Hokuriku0104
青春18きっぷは駅で日付印をもらう必要があるんだけど、窓口が開いていないどころか、自動券売機すら使えない。

Hokuriku0105
仕方がないので、乗車駅証明書を発行する。

Hokuriku0106
青春18きっぷは丸1日、JRの普通列車、快速列車が乗り放題という切符で、JR線をうまくつなげば、1日当たり2370円でどこまででも行ける。青春18きっぷについては、私よりも詳しい人が山ほどいると思うので、これ以上詳しく解説するつもりはないけれど、私は青春18きっぷでどこまで乗れるかというようなゲームをするつもりはなく、あくまで移動の手段として考えている。そのため、全部の旅程を青春18きっぷで済ませようとは最初から思っていない。そこで、今回は信越本線の始点である高崎駅を今回の「信越・北陸本線一人旅」の出発点にしようと思い、八高線の始発電車で高崎に向かうことにする。青春18きっぷのみで目的地をたどるという「ゲーム」を楽しむ人にとっては最初から反則のルートだ。

Hokuriku0107
東京近郊では珍しいディーゼル気動車に乗って、高崎駅を目指す。入線してすぐに列車に乗り込むと、当然貸し切り状態。八王子からの接続列車からの乗り継ぎ客を含めても乗客はまばらにいる程度。

Hokuriku0108
早朝ということもあり、乗客も少ないこともあって、ローカル線の雰囲気を感じる。寄居を過ぎると明るくなってきて、赤城山が見えてくる。

Hokuriku0109
反対側の車窓も山が近づいている。八高線は埼玉県を北上していくんだけど、埼玉県民でありながら、聞いたことのないような駅名がある。埼玉県に「用土」(ようど)とか「松久」(まつひさ)とか「丹荘」(たんしょう)なんていう地名があったかなぁ?私は生活圏から離れていないから読めるけど、おそらく全国的に見れば難解な読み方をする「毛呂」なんていう駅もある。

Hokuriku0110
神流川を渡ると群馬県に入る。

Hokuriku0111
東の空を見ると夜明けの雰囲気。八高線は群馬県に入ると様子が変わってくる。時間的に通勤・通学の足としての役割を担っている。群馬藤岡駅から乗客がたくさん乗って来て、座席に座りきれないほどの乗客。ローカル線の雰囲気から通勤・通学列車に急に雰囲気が変わる。

Hokuriku0112
列車は高崎駅に到着。到着した列車からは通勤・通学客が降りてくる。八高線なんて、ほとんど乗る人がいないローカル線と思いきや、地域の重要な交通手段であることを知る。そして、高崎駅は群馬県の中心的都市で、高崎に向かって人々が集まってくることを知る。

Hokuriku0113
次の列車に乗る前に少し時間があるので、改札の外に出てみることにする。さすがに高崎駅は大きな駅なので改札にはちゃんと係員がいる。

Hokuriku0114
八高線で車掌が検札に来るかと思ったら来なかったので高崎駅で青春18きっぷの日付印をもらう。現在の青春18きっぷは11850円の1枚のきっぷで5回使えるようになっていて、1人で5日間使ってもいいし、1枚の切符を同時に2人で使ってもいい。JR線の各駅停車と快速列車だけなら1日当たり2370円でどこまででも行ける。青春18きっぷが販売されている時期には、金券ショップに中途半端に使われた切符が並んでいるので、必要な回数分だけ残された切符を買ってもいいし、早めの時期なら売ってしまってもいい。

Hokuriku0115
高崎駅は新幹線も停まる大きな駅なので駅弁が売られている。有名な駅弁は「だるま弁当」だけど、「朝がゆ弁当」なんていうものも売られている。

Hokuriku0116
とりあえず、駅の外に出てみたけど、なかなか30分程度の乗り換え時間ではなにもできない。

Hokuriku0117
駅前にはロータリーがあるくらいでお店がある様子がないし・・・。

Hokuriku0118
信越本線の起点である高崎駅から「横川駅」行きに乗ることにする。いよいよ、これから信越本線の旅が始まる。

Hokuriku0119
私が東海道線で通学していた頃の懐かしい湘南カラーの列車が入線。

Hokuriku0120
高崎が群馬県の中心都市なので、横川に行く列車はローカル線なのでガラガラだろうと思ったら、けっこう高校生が乗っている。

Hokuriku0121
車窓からは榛名山が見える。横川に行くまでの間で、比較的大きな町の安中駅でほとんどの乗客が降りる。

Hokuriku0122
車内が空いてきたので列車の中で朝ごはんを食べることにする。群馬名物の駅弁と言えば、だるま弁当も有名だけど、やっぱり「鶏めし弁当」でしょう。

Hokuriku0123
3種類の鶏肉がおいしい。特に鶏そぼろが好き。朝から食べ過ぎ?

Hokuriku0124
車窓からは妙義山が見えてきた。

Hokuriku0125
横川駅に到着。以前に青春18きっぷで信越本線を旅したときには、普通列車にも電気機関車を連結し、碓氷峠を越えて軽井沢に向かった。どうしても、急勾配の碓氷峠を乗り越えるためには電気機関車を連結しなければならず、横川駅での停車時間が長いので、駅弁「峠の釜めし」が売れたのだろう。

Hokuriku0126
信越本線は、名称で考えると「信州」と「越後」を結ぶはずが、信州にたどり着く前の上州、群馬県の横川で終点。

Hokuriku0127
かつては、ここから軽井沢まで線路がつながっていた。幹線として電気機関車を連結した特急あさまが頻繁に横川駅から碓氷峠を越えていった。

Hokuriku0128
高崎駅で青春18きっぷの日付印をもらっておいてよかった。横川駅も無人駅だった。

Hokuriku0129
峠の釜めしの「おぎのや」も、まだ朝8時過ぎなので開いていない。もっとも、開いていても「鶏めし弁当」を食べたばかりなので、もはや「峠の釜めし」とは戦えないけど・・・。

Hokuriku0130
ここからは青春18きっぷだけを使うというルールを決めている人にとっては邪道なコース。横川駅から軽井沢駅まではバスで移動する。

Hokuriku0131
8:30発軽井沢駅行きのバスを待つ。バスの運賃は510円。9時には軽井沢に着いてしまう。ふと、このバスを使えば日帰り軽井沢旅行も格安に行けるのではないかと思いつく。だって、青春18きっぷを使えば、東京から横川まで往復で2370円。軽井沢まで往復バス運賃が1020円。往復3390円って安くない?

Hokuriku0132
駐車場に停まっていたバスが近づいてきた。バスに乗り軽井沢駅へと向かう。

2015年3月 1日 (日)

荒幡富士に行く。(プジョー208との生活:プジョー208アリュール2年点検おまけ)

2015022722
2015年2月27日、金曜日、プジョー所沢。NEWプジョー308の試乗から帰ってみると、とうとう私のプジョー208アリュールはタイヤを外されて、点検が進んでいる。

2015022723
2時間くらいかかるというので、プジョー所沢の周囲を散歩することにする。

2015022724
大六天交差点を直進し、坂を下っていく。

2015022725
小さな川を渡る。今日の目的地は決まっている。高校2年生の時に、ホームルームの時間になぜかみんなで「荒幡富士」に行こうという話になり、みんなで歩いた「荒幡富士」を25年ぶりくらいに見てみたくなったから。

2015022726
そもそも、埼玉県所沢市に「荒幡富士(あらはたふじ)」と呼ばれる山があるなんて、埼玉県民でもしらないかもしれない。住宅街から、だんだんと田舎の風景に変わってくる。

2015022727
歩いていると春が近づいていることを感じる。

2015022728
所沢は住宅街から一歩進めば、のどかな風景が広がる。狭山丘陵は「となりのトトロ」の世界。

2015022729
そして、目的地の荒幡富士に到着。

2015022730
天然の山ではなく、人工的につくられた山なんだけど、これだけ土盛りする労力はすごい。

2015022731
荒幡富士を登頂してみることにする。

2015022732
階段を上っていく。

2015022733
1分もしないうちに荒幡富士の頂上へ。所沢市街を眺める。

2015022734
案内版によると、本物の富士山が見えるらしい。荒幡富士は、本物の富士山を見るための展望台なのかなぁ。そう考えると富士山信仰として、つくられたものなのかなぁ。

2015022735
だけど、この日は温かくて、富士山ははっきりとは見えない。

2015022736
荒幡富士、展望台としてはなかなかのもので、新宿副都心が見える。

2015022737
そして、スカイツリーだって見える。高校時代に登った「荒幡富士」に25年ぶりに登ってみて、スカイツリーまで見える山だったことにちょっとだけ感銘を受ける。

2015022738
なんでもない住宅街を歩いていても春を感じる。

2015022739
少し賑やかな雰囲気になってきた。

2015022740
踏切を渡ると西所沢行きの西武電車が停車している。

2015022741
西武球場(西武ドーム)に向かう際に、必ず停車する下山口駅。だけど、この駅で降りることはない。

2015022742
商店街はもちろんライオンズ色。

2015022743
そろそろ、プジョー所沢に戻ることにする。下山口駅から丘を越えて、小手指方面を目指す。

2015022744
プジョー所沢に行く途中のお蕎麦屋さんに立ち寄ってみることにする。

2015022745
初めて訪れる「狭山翁」というお蕎麦屋さん。といっても今日は偶然ではなく、プジョー所沢の近くでお昼ごはんを食べるお店をインターネットで調べていたら、ここが美味しいらしい。

2015022746
4人掛けのテーブルが3つ、座敷に2つと大きくない。4人用のテーブルを一人で使うのが申し訳ないくらい。さすがに11時半すぎの入店なので、まだ空いている。

2015022747
天せいろそば、大盛りを注文すると、まずはわらびが運ばれてくる。すっかり、プジョー所沢までクルマで来ているのを忘れて昼間から日本酒を頼みたい気分。

2015022748
揚げたての天ぷらが運ばれてくる。

2015022750
そして、蕎麦。量も知らないのに頼んだ大盛りはけっこうな量で、なかなか食べ応えがある。

2015022751
のどごし、蕎麦の香り、つゆ、なかなか美味しいかも。

2015022752
プジョー所沢まで歩いて10分くらい。もしも、プジョー所沢で定期点検待ちの時間があるのなら、「狭山翁」で美味しい蕎麦を食べるのもいいかもしれない。

2015022753
戻ってくるとプジョー208GTIの試乗車がある。フランスでよく見かけるホワイトのプジョー208。

2015022754
私は高校が近かったのでたまたま知っていたけど、たぶん所沢にある「荒幡富士」なんて、埼玉県民でも知っている人の方が少ないだろうけど、春を感じる散歩はなかなか楽しかったなぁ。なにも、「まだ知らないどこか」は海外にあるとは限らない。自分の家の近所のなんでもない住宅街だって、歩いてみると新しい発見がある。「まだ知らないどこか」を発見しようという気持ちさえあれば、見慣れた町だって新鮮に見える。

2014年12月 6日 (土)

初めての秩父夜祭2014(後編)

Chichibu201434
秩父神社の参拝の列に並ぶ。さすがに参拝するのには列ができており、なかなか社殿に近づけない。

Chichibu201435
今度来るときには、せっかく武甲山の男神と秩父神社の女神妙見様との逢瀬の日に、一人で来ることがないように神様に祈る。ふと、あまりにも本殿の社殿の彫刻が立派なのに気がつく。思わず見入ってしまうほど、彫刻がすばらしい。あとで調べた情報を掲載すると、秩父神社のウェブサイトから引用すれば「天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進されたもので、江戸時代初期の建築様式をよく留めていることなどから、埼玉県の有形文化財に指定されています」とのこと。へぇ、徳川家康の時代に建てられた本殿なんだ。

※秩父神社
http://www.chichibu-jinja.or.jp

Chichibu201436
右側面にある「つなぎの龍」には、左甚五郎作という看板が立てられている。左甚五郎って、日光東照宮の「眠り猫」などで有名な左甚五郎?

Chichibu201437
日光東照宮の「眠り猫」で有名な左甚五郎の彫刻が秩父神社にあることを恥ずかしながら今日初めて知る。徳川家康が絡んでいるとすれば、日光東照宮と同等の彫刻があるのかなぁ。こうなると本殿の四面の彫刻を見たくなってきた。

Chichibu201438
背面に進むと、「北辰の梟(ふくろう)」とう看板がある。フクロウなんてどこにいるんだろう?

Chichibu201439
ものすごく小さい彫刻で「北辰の梟」は、体は本殿に向いているのに、頭は反対側の「北辰」を向いて、昼夜を問わずに守っているのだという。

Chichibu201440
最後に本堂左側に進むと、「お元気三猿」と呼ばれる彫刻が。先ほどの秩父神社のウェブの説明を見るととても興味深い。

Chichibu201441
徳川家康が寄進した秩父神社の本殿だけど、同じ徳川家由縁の日光東照宮の三猿が「見ざる・言わざる・聞かざる」なのに対して、この秩父神社の三猿は、「よく見て・よく聞いて・よく話す」という「お元気三猿」なのだそうだ。「お元気三猿」のことなんて知らなかった。なんだか、埼玉県人なのに今まで秩父に来ても素通りしていて秩父神社のことも知らずに人生を過ごしてきたことが恥ずかしくなってきた。

Chichibu201442
秩父神社を出ると秩父鉄道秩父駅に出る。秩父駅前の広場は露店が建ち並んでいる。

Chichibu201443
ホットワインが気になるけど、シナモンなどを入れている様子はなく、ただの熱燗にしたワインみたいだけど、美味しいのかなぁ?フランス風のヴァンショーなら飲むんだけど・・・。

Chichibu201444
日が沈むと寒くなってきて、ガソリンを入れないとやっぱり寒すぎる。今度は、「秩父錦」の熱燗。秩父の酒は熱燗にしても切れがあってうまい。

Chichibu201445
秩父駅前通りにて屋台を見物することにする。交差点で山車が直角に曲がるのを見るのがおもしろい。屋台が前に傾き、その間に向きを変えるのがよく見える。

Chichibu201446
まずは「本町屋台」がやってきた。屋台って、夜の姿の方がより力強く見える気がする。やっぱり秩父夜祭りは平日のせいか、人でごった返しているわけではなく、普通に最前列で屋台を見ることができる。

Chichibu201447
「秩父駅入口」の信号は屋台がぶつからないように直角に曲がるようになっている。パンフレットを見ると、もっとすごいことが書かれていて、クライマックスの「御旅所」に登る団子坂の手前に秩父鉄道の踏切があるんだけど、秩父夜祭の時には屋台が引っかからないように電車の架線が取り外せるようになっているという。もちろん、電車は運休。

Chichibu201448
さらに交差点のそばのポジションに移動する。屋台が見られる場所に簡単に立つことができるので、秩父夜祭を間近に見ることができる。同じ埼玉県の川越祭よりも、より近くで迫力ある屋台を見ることができる気がする。

Chichibu201449
次にやってきたのが「上町屋台」。屋台の装飾がそれぞれ異なるし、おもしろいのは曲がるときの曳き手の陣形が町によって微妙に異なる。

Chichibu201450
続けて「中町屋台」がやってきた。曳き手は、けっこう若い女の子が多い。都市の中心部は高齢化が進むことが多いけど、秩父は若い人で活気があふれているのかなぁ。それか、どこかの学校から助っ人として動員されているのかなぁ。

Chichibu201451
方向転換を見るのがおもしろい。交差点で徐々に向きを変える。

Chichibu201452
向きを変えたら、再び、曳かれる。

Chichibu201453
屋台に近い場所で引っ張る男衆は体全体で屋台を引っ張っており、迫力がある。近くで見る屋台の曳き廻しは迫力があっておもしろい。それに平日の夜に行われるためか、秩父駅前は動けないほどの混雑ではなく、簡単に道路沿いのポジションが確保できる。きっと、何度も来ている人なら、もっと迫力があるポジションを知っているのかもしれないなぁ。

Chichibu201454
秩父駅前通りを通過する屋台もこれで終わりのようなので、花火を見るために国道140号線を目指して移動する。

Chichibu201455
秩父の露店は「上州焼きまんじゅう」の屋台を多く見る気がするのは気のせい?

Chichibu201456
お好み焼きの屋台を見て、規則的に並ぶお好み焼きがなんとなく芸術的に感じてしまう。

Chichibu201457
大鍋で煮られている町内会の出店のモツ煮もおいしそう。

Chichibu201458
歩いているとイベントがあちらこちらで開催されており、猿回しのイベントをのぞいてみたり。

Chichibu201459
だいぶ西武秩父駅の近くまで歩き、団子坂そばの町内会の出店の上州焼きまんじゅうが美味しそう。

Chichibu201460
今日は飯能で味噌付けまんじゅうを食べたのに、秩父で上州焼きまんじゅうを食べる。あんの入っていないまんじゅうだけど、甘辛い味噌が香ばしくて美味しい。秩父は、上州焼きまんじゅうの屋台が多いけど、群馬県からつながる焼きまんじゅう文化の地なのかなぁ?

Chichibu201461
7時半をまわると花火の打ち上げが始まる。秩父の澄みきった空に輝く花火の光、花火の音はなかなか美しい。冬の花火もいいじゃない。

Chichibu201462
三脚も持っていないので手持ちでの撮影には限界があり、もっと大きくてきれいな花火も上げられていたんだけど、花火撮影をするには三脚がないと難しい。花火コンテストの作品が打ち上がると、見たことのないような大きな花火でかなり感動的。だけど、隣に肩を寄せ合う連れがいないとやっぱり寒い・・・。

Chichibu201463
一人で見る花火は寒くなってしまったので、早くも20時半には西武秩父駅に向かい各駅停車飯能行きに乗って家路につくことにする。飯能まで座れないほど混んでいるかと覚悟していたら、全員が着席できるくらいで空いていてちょっと拍子抜け。賑わっているんだけど、身動きが取れないほど人があふれてごった返しているわけではなく、わりと自由にお祭りの全体が見られるし、秩父夜祭は初めてでも楽しめるお祭りかも。花火を22時まで見ずに途中で切り上げれば、電車も混んでいないし、また来てもいいかも。

Chichibu201464
西武秩父線はクロスシートになっている。窓際の席に座り、ほとんどクルマが走っていない国道299号線を見ながら飯能へと向かう。渋滞している様子はないので、クルマでも大丈夫だったかもしれないなぁ。車窓を見ながら考える。地元であっても「まだ知らない」場所はたくさんあって、先入観や偏見を捨てて町を感じようとしたときには、新鮮な新しい発見が見つかる。行ったことにある人にとっては、「そんなことも知らなかったの?」というような内容になってしまったけど、秩父神社の彫刻がすばらしいものだと今まで知らなかったことが恥ずかしいくらいの私にとっての発見があり、今回の秩父への小旅行はおもしろかった。

「まだ知らないどこか」は遠くヨーロッパにあるとは限らない。新鮮な気持ちで町を歩いたとき、自分の住んでいる町だって「まだ知らないどこか」になる。案外、自分の住んでいる町や近隣の町って、知っているつもりでちゃんと自分の足で歩いたことがない。海外旅行に行けなくても、「まだ知らないどこか」を探す旅に出てみてほしい。きっと、今まで通り過ぎていた場所に、見逃していた新たな発見があるはずだ。(秩父夜祭編おしまい)

2014年12月 4日 (木)

初めての秩父夜祭2014(前編)

Chichibu201401
2014年12月3日水曜日、飯能駅北口。たまたま、仕事が休みだったので、埼玉県人のくせに行ったことのない「秩父夜祭」に行ってみようと思い立つ。埼玉県西部に住んでいながら、どうしても12月の秩父は寒そうなイメージがあって、秩父夜祭には行ったことがない。そして、そもそも秩父に電車で行くことがない。たぶん、高校の遠足で浦山口に行くのに西武秩父線に乗って以来、実に25年間も秩父まで電車で行ったことはない。だって、秩父へは国道299号線をクルマで走って行くものだから。

Chichibu201402
西武秩父行きの電車が30分に1本なので、時間つぶしに飯能駅周辺を散歩することにする。丸広百貨店飯能店はもはや東飯能駅に移転しておりかつての場所には存在せず、平屋建てのスーパーになってしまっている。

Chichibu201403
せっかく飯能に来たのだから、飯能名物「味噌付まんじゅう」の新島田屋へ。

Chichibu201404
中に1つだけテーブルがあったのでイートイン。

Chichibu201405
味噌付まんじゅうは、焼いた酒まんじゅうに味噌のたれをからめる。味噌をつけたあとは焼かない。

Chichibu201406
飯能市街もまず歩くことがないので、ちょっと楽しい。車で走るのと、歩いて町を歩くのとでは感じ方が全然違う。

Chichibu201407
飯能高校の高校生の集団のあとについて、きっと飯能駅への近道に違いないと思って細い路地を歩いてみたり、ほんの少しの飯能散歩もなかなか楽しい。

Chichibu201408
飯能駅から西武秩父までは特急で40分、各駅停車で50分と実質的には10分くらいしか変わらない。さすがに池袋からの直通列車の14:12発西武秩父行きの特急は満席。

Chichibu201409
満席になる前にレッドアローの特急券を購入しておいたので、特急レッドアローで西武秩父へ。特急レッドアローには大きな欠点があって、座席の向きが池袋駅から進行方向に向いているんだけど、西武秩父に向かうには飯能駅でスイッチバックするために、西武秩父駅までずっと後ろ向き。ガラガラだったら、もちろん座席を進行方向にひっくり返せばいいんだろうけど、さすがに満席なのでそうはいかない。

Chichibu201410
武甲山が見えてきたら、秩父はもうすぐ。

Chichibu201411
西武秩父駅に到着し、駅前広場はお店がいっぱい出ていて楽しい。

Chichibu201412
駅前では祭り囃子の生演奏がされており、BGMもお祭り気分。

Chichibu201413
なぜプジョー208で来なかったかと言えば、お祭りの道路規制と駐車場がよくわからないのと、お酒が飲めなくなるから。屋台をのぞいてみると武甲正宗の熱燗に、ホットワインかぁ。

Chichibu201414
さっそく、武甲正宗の熱燗を飲んで体を温めることにする。クルマを自宅に置いて西武秩父線で来て正解。

Chichibu201415
西武秩父駅前の観光案内所でもらったパンフレットで初めて秩父夜祭の概要を知る。秩父神社に祀られている女神妙見様と武甲山の男神が1年に1度、秩父神社と武甲山を結ぶ線上にある「御旅所」で逢い引きをするというお祭。その「御旅所」に向かうこの団子坂という坂を山車が登るのが秩父夜祭のクライマックスらしい。たしかに、人が引っ張ってこの坂を登るのは大変かも。

Chichibu201416
「御旅所」は広場になっており、観覧席は有料。一般の人が立ち入れる場所もあるけど、すでに15時台から三脚を立てて陣取っているカメラマンがおり、かなり気合いを入れて早くから場所取りをしないとそのクライマックスシーンは見られない。

Chichibu201417
石灰石が掘り出される前の武甲山は、もっと男らしい山だったんだろうなぁ。

Chichibu201418
「関東甲信越で有名な」珍達そばが気になってしまう。しかも、中途半端な「関東甲信越」で有名な珍達そばって!?どうしても、食べてみたことのない名前の食べ物を見ると気になってしまう。中途半端な時間だけど、ここは入ってみるしかないでしょ?

Chichibu201419
700円の珍達そばを注文。小さなお店なのに、先に食券を買うとのこと。どこかに券売機でもあるのかと思ったら、赤い小さな紙切れが食券らしい。

Chichibu201420
そして、珍達そばが運ばれてくる。ネギと豚肉が煮込まれており、ごま油が香るスープに極細麺で、なかなか美味しいじゃない。絶対にたまに食べたくなる味。たしか国道299号線の横瀬あたりにも「珍達そば」を見たことがある気がする。たまに食べに来ようかな。

Chichibu201421
秩父神社に向かって歩いてみることにする。お祭りとあって、露店も出ているし大勢の人。クルマで来ると町を歩くことがないから、埼玉県人でありながら、初めての秩父町歩き。

Chichibu201422
和菓子屋さん「菓子処わたなべ」で、ふと「すまんじゅう」が気になる。「すまんじゅう」って、なんだろう?見た感じは「酒まんじゅう」そのものなんだけど・・・。どうしても興味を持ってしまったものは買ってみる。自宅持ち帰り用に5つ入りの「すまんじゅう」を購入。

Chichibu201423
すると、七輪で焼かれていた「すまんじゅう」をひとつもらう。全員にあげているわけじゃないのに、なぜ私にだけくれたんだろう?焼き色が入った焼いたすまんじゅう、甘さ控えめのあんがなかなか美味しい。だけど、珍達そばを食べたあとなので、すっかりお腹がいっぱいに・・・。

Chichibu201424
ものすごく大きな「ししゆず」。どうやって食べるのだろう?

Chichibu201425
細い路地にはお店や露店が並び、楽しい。なかなか、一人でお祭りに行くことがないからなぁ・・・。

Chichibu201426
たった1本の路地を歩いているだけなのに、秩父には新しい発見がいっぱい。お肉屋さんの安田屋さんの売りの「味噌漬」も気になってくる。猪肉や豚肉をみそ漬けにしたものだけど、考えただけでも美味しそうじゃない。フランスの町歩きはしょっちゅうしているくせいに、今まで秩父の町歩きをしてこなかったことを後悔し始める。

Chichibu201427
安田屋の角を曲がった古びた建物の「パリー」ってなんだろう?「パリ」ではなく「パリー」って、どういう意味でネーミングしたんだろう。「お食事処」や「ラーメン」というのぼりがあるから食堂?

Chichibu201428
レトロな雰囲気を演出しているのか、本当にレトロな食堂なのか。「パリー食堂」、いつかここで食事をしてみるぞ。町歩きは、なにもヨーロッパに行かなくともどこでも楽しめる。今回の場合、ただ「秩父夜祭」を見てみたいという単純な動機で来ているので、秩父についてなにも下調べをしていないから、逆にとても新鮮に町歩きを感じる。先入観を脱ぎ捨てて、町を新鮮な気持ちで楽しむということが大切な気がする。「まだ知らないどこか」は、なにも海外にあるとは限らない。身近な町だって、偏見や先入観を捨てて、新鮮な気分で探検すればきっと新しい発見がある。

Chichibu201429
冬の金魚すくいって、どうなんだろう?

Chichibu201430
秩父神社の前に到着。お囃子を楽しむ。

Chichibu201431
6基ある屋台・笠鉾のうちの「下郷笠鉾」が展示されている。

Chichibu201432
秩父神社の境内の中に入ると、「中近笠鉾」と「宮地屋台」が展示されている。これらの屋台が市内を曳き回されるのを考えると楽しみ。

Chichibu201433
秩父神社境内では神楽を見ることができる。そして、秩父神社に参拝することにする。今日は、せっかく武甲山の男神と秩父神社の女神妙見様との逢瀬の機会なのに、一人で秩父神社へ。(後編に続く)

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ