2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

日記・コラム・つぶやき

2018年5月 9日 (水)

神保町岩波ホールで“Le Jeune Karl Marx”「マルクス・エンゲルス」。

2018050901
2018年5月9日、水曜日。曇り空の靖国通り神保町交差点。

2018050902
今日の目的は岩波ホールで映画を見ること。

2018050903
岩波ホールらしい映画と思うけれど、邦題は「マルクス・エンゲルス」。ここだけを見ると、「共産党宣言」を連想させるけれど、フランス語の“Le Jeune Karl Marx”となっており、こちらの方がイメージしやすいかもしれない。マルクスだって若い頃があって、人間らしく生活していたのだ。

2018050904
岩波ホールは1階にチケット売り場があり、整理券方式になっている。といっても、平日夜の岩波ホールは満席になることはないだろう。

2018050905
チケットを購入して、そのままビルを突き抜ける。19時の上映開始までは時間があるので、近くのビルで夕ごはんを食べることにする。

2018050906
神保町といえば、やっぱりカレーでしょう。過去に1回来たことがあるボンディに行くことにする。順番を待っている人は2人しかいないのはラッキーなのかなぁ?

2018050907
先にオーダーを聞かれたので、だいぶ前に来たことはあるんだけど、味を覚えていないので定番のビーフカレーを注文する。

2018050908
おひとり様はカウンター席。

2018050909
神保町カレーで定番のジャガイモが出される。

2018050910
以前に来たことがあるけれど、やっぱり覚えていない。カレーが運ばれてくる。ライスにはチーズがかけられている。

2018050911
1480円とけっこう高価なカレーだけあって、肉がゴロゴロ入っている。

2018050912
有名店だけあってボンディのカレー、欧風カレーとしては確かに美味しいかもしれないなぁ。たまに食べたくなる味かもしれない。だけど、神保町に用事があることなんて滅多にないし、わざわざカレーを食べに行くかというと微妙なところ。神保町カレーも研究してみたいところだけど。

2018050913
ボンディのカレー、美味しかった。待ち時間も少なくて、余裕で19時の上映時間に間に合う。ビルの中に入り、10階に上がる。

2018050914
10階に上がり、館内に入ると、観客はまばらにいる程度。でも、中には学生と思われる若い人もいる。学生もこんなタイトルの映画を見る人もいるんだなぁ。

産業革命後、労働による賃金で生活するプロレタリアートと、工場などを所有する資本家階級ブルジョワジーが生まれた。エンゲルスの「イギリスにおける労働者階級の状態」に、都市で働く労働者の生活の悲惨さ、貧困などが表されている。自由放任主義の世界は資本家にとっては自由だが、社会福祉や社会政策が乏しい時代の労働者階級はどれだけ悲惨なものかを知っておくべきだろう。そのような環境だったからこそ、労働者階級が団結に結びついてゆく。

フランスの伝記的な映画にありがちなストーリーであり、物語は淡々と進む。計算されたエンターテイメント性はないので、退屈に感じてしまうかもしれないけれど、私にとってはおもしろかった。革命を起こす「共産主義」ではなく「資本主義」を維持するためにも、自由放任主義時代の労働者階級の生活は知っておくべきではないだろうか。「資本主義」にも色々なやり方があるのだから。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2018年5月 7日 (月)

エールフランス、会社存亡の危機!? ヨウコさんも心配、止まらないストライキ。2018年5月7・8日の羽田・パリ線AF274/AF293便深夜便欠航。

20180404

(図)フランス国鉄SNCFのストライキ予定(赤字がストライキ実施日)

ストライキが長期化するエールフランスでは、組合との交渉が決裂し、とうとう5月4日にエールフランスKLMのCEOが辞任する。それに伴い、経済相であるBruno Le MaireへのBFM-TVのインタビューを受けて、ルモンドの記事によると“la compagnie est menacée de disparition”とエールフランス存亡の危機にあると伝えている。

組合側との交渉はまとまっておらず、組合側ら通告されているストライキは今回の2018年5月7日、8日までだけど、今後もストライキが継続する可能性がある。

パリ・日本路線も、2018年5月7日のパリ羽田線AF274深夜便および復航便である翌5月8日発羽田パリ線AF293深夜便が欠航となる。このところ、エールフランスはビジネスクラスを宣伝するコマーシャルを流しているけれど、ヨウコさんはまだ安心して「まるで家のような心地良さ」を味わうことができないかもしれない。

SNCFのストライキも継続しており、バカンスシーズン前には沈静化するとは思うけれど、6月くらいまでの旅行は引き続き要注意。

***********************************************
(参照)LE MONDE
http://www.lemonde.fr/economie/article/2018/05/07/air-france-le-gouvernement-et-la-cfdt-accusent-les-pilotes_5295377_3234.html

Air France : le gouvernement et la CFDT accusent les pilotes
LE MONDE ECONOMIE | 07.05.2018 à 11h02 |
Par Jean-Michel Bezat

Le ministre de l’économie, Bruno Le Maire, a jugé « les revendications salariales » des pilotes « injustifiées ». Le groupe déplore le maintien de la grève, lundi et mardi.

Au lendemain de la démission de son PDG, Jean-Marc Janaillac, vendredi 4 mai, le conflit reste dans l’impasse à Air France, et le gouvernement a haussé le ton par la voix de Bruno Le Maire. « Je ne vais pas expliquer aux Français que nous allons augmenter notre participation dans Air France [14,3 %], éponger [ses] pertes, alors qu’elle ne fait pas les efforts de compétitivité nécessaires pour être au même niveau que ses grands concurrents européens », Lufthansa et British Airways, a souligné le ministre de l’économie, dimanche, sur BFM-TV. Sans ces efforts, a-t-il prévenu, la compagnie est menacée de disparition.

Dans sa ligne de mire, les 4 000 pilotes d’Air France. « Quand on a [leur] niveau de rémunération actuel, on ne demande pas des revendications salariales aussi élevées », a jugé M. Le Maire. Il a estimé leurs revendications « injustifiées ». Une critique reprise par Laurent Berger, secrétaire général de la CFDT, qui juge leurs exigences inacceptables. Philippe Evain, président du Syndicat national des pilotes de ligne (majoritaire), s’est dit « choqué » par les propos du ministre. « Air France ne demande pas [que l’Etat] éponge toutes ses dettes », a-t-il indiqué, lundi 7 mai, sur RTL, puisqu’elle « n’a pratiquement plus de dette. »

Une grève coûteuse

Air France déplore le maintien de la grève, lundi 7 et mardi 8 mai, « alors que la période qui s’ouvre ne permet pas d’engager une quelconque négociation ». Son coût est déjà de 300 millions et risque d’atteindre 400 millions, sans compter le prix d’une désaffection des clients. L’action chutait de 13 %, lundi, à l’ouverture de la Bourse de Paris.

Le gouvernement a été surpris par le rejet des propositions salariales de la direction par 55,44 % des 46 700 salariés d’Air France. Après six ans de gel, ceux-ci réclament 5,1 % de hausse salariale en 2018, alors que M. Janaillac proposait 2 % cette année (et 5 % sur 2019 -2021). Une victoire temporaire pour l’intersyndicale réunissant dix organisations de pilotes, d’hôtesses et de personnels au sol. Car le nouveau patron d’Air France-KLM, nommé dans les prochaines semaines, sera sous pression. Sa feuille de route est « claire », a prévenu M. Le Maire : « Le rétablissement du dialogue social comme priorité absolue et, en second lieu, le rétablissement de la compétitivité. »

***********************************************
ストライキによる欠航のお知らせ(5月7日、8日)
2018年5月7日 11:00現在(日本時間)

エールフランス航空の複数の労働組合より、2018年5月7日、8日のストライキ実施に関する通達がなされました。当該日にエールフランス航空及びJoonが運航するフライトをご利用されるお客様におきましては、ご出発される前にウェブサイトのオンライン運航情報をご確認いただくようお願い申し上げます。
尚、HOP!、KLMオランダ航空、デルタ航空など他社航空会社が運航するエールフランス航空との共同運航便につきましては、ストライキの影響はございません。

現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。その他の路線につきましては、「運航情報」をご確認ください。 

■パリ - 羽田路線
2018年5月7日 AF274便 (スケジュール:パリ発 23:25 羽田着 翌日 18:40)
2018年5月8日 AF293便 (スケジュール:羽田発 22:55 パリ着 04:40)

フライトに影響が出る状況を踏まえ、下記対象の航空券につきましては、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象となる旅行日 : 2018年5月7日, 8日
対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 2018年4月26日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 2018年4月30日から5月27日まで

エールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。
* オンラインでの変更については、2018年5月27日までの期間に限り可能です。

2018年5月27日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2018年5月 4日 (金)

2018年5月3日、4日パリ・大阪便欠航。エールフランスの2018年春のストライキは延長戦へ

20180404

(図)フランス国鉄SNCFのストライキ予定(赤字がストライキ実施日)

労働組合によって、5/3および5/4のストライキが実施されている。その影響でパリ・大阪便が欠航になっている。さらには5/7および5/8のストライキも通告されている。ゴールデンウィークにフランス旅行をして関西国際空港に帰国予定だった乗客の中には、当然ながら後続便もほぼ満席であるために、ゴールデンウィーク明けに帰国できない人が出てきてもおかしくない。エールフランスを使った旅行は、もうしばらく動向を見ていかないと、予定通りに出発および帰国できない可能性があるので、要注意!しばらくはアムステルダム経由の同じグループのKLM便を予約した方が無難かもしれない。ただし、アムステルダムとパリのフライトはKLM運行便を選択すること。

***********************************************
ストライキによる欠航のお知らせ(5月3日、4日)
2018年5月2日 15:00現在(日本時間)

エールフランス航空の複数の労働組合より、2018年5月3日、4日のストライキ実施に関する通達がなされました。当該日にエールフランス航空及びJoonが運航するフライトをご利用されるお客様におきましては、ご出発される前にウェブサイトのオンライン運航情報をご確認いただくようお願い申し上げます。
尚、HOP!、KLMオランダ航空、デルタ航空など他社航空会社が運航するエールフランス航空との共同運航便につきましては、ストライキの影響はございません。

現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。その他の路線につきましては、「運航情報」をご確認ください。 

■パリ - 大阪(関西)路線
2018年5月3日 AF292便 (スケジュール:パリ発 14:00 大阪着 翌日 08:40)
2018年5月4日 AF291便 (スケジュール:大阪発 10:30 パリ着 16:05)

フライトに影響が出る状況を踏まえ、下記対象の航空券につきましては、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象となる旅行日 : 2018年5月3日, 4日, 7日, 8日
対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 2018年4月26日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 2018年4月30日から5月27日まで
エールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。
* オンラインでの変更については、2018年5月27日までの期間に限り可能です。

2018年5月27日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。
***********************************************
弊社職員によるストライキに関して
2018年5月2日 15:00現在(日本時間)

エールフランス航空の運航乗務員組合及び地上職員組合が2018年5月7日, 8日にストライキを予定する旨の予告通知を発表いたしました。
現在、回避に向けて関係各所と調整を続けておりますが、日本線を含む最新の運航情報、ストの実施状況については、その都度こちらで最新情報を案内をいたしますので、ご確認をいただけますようお願いいたします。なお、HOP!、KLMオランダ航空、デルタ航空など他社航空会社が運航するエールフランス航空との共同運航便につきましては、ストライキの影響はございません。

対象となる旅行日 : 2018年5月7日, 8日

ストライキ実施の如何に関わらず、2018年4月26日以前に発券された航空券につきましては、下記の条件に基づき、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 : 2018年4月26日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 : 2018年4月30日から5月27日まで
エールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。
* オンラインでの変更については、2018年5月27日までの期間に限り可能です。

2018年5月27日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。

***********************************************
Air France call for strike MAY 2018
Updated on 04 May 2018, 11:15 PM Paris local time

A call for strike has been issued by several Air France staff unions for Thursday 03, Friday 04, Monday 07 and Tuesday 08 May 2018.

For Friday 04 May we expect to operate 75% of our flight schedule:
- 80% of long-haul flights
- 65% of medium-haul flights to and from Paris Charles de Gaulle
- 80% of short-haul flights to and from Paris-Orly and French provinces
Our flight schedule is now up to date. Nevertheless, last minute delays and cancellations can be expected.

Check my flight's status
It is now too early to evaluate the possible impacts on 07 and 08 May 2018.
As soon as we have a more accurate estimate of the number of employees on strike and the impact on our operations, our flight schedule will be changed accordingly and also made public the day before your departure.

Please note that Air France flights operated by an aircraft other than that of Air France or Joon will not be affected by this strike (HOP!, KLM, Delta…).

If you are booked on a flight departing on the dates mentioned above, we now offer rebooking options at no extra cost, no matter the fare.

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2018年4月25日 (水)

これでヨウコさんも安心。エールフランスのストライキ“grève”最終は4/24パリ成田AF276便、4/25成田パリ線AF275便が欠航。

20180404
(図)フランス国鉄SNCFのストライキ予定(赤字がストライキ実施日)

最後の最後で4/24パリ発成田行きAF276便、およびその復航便の4/25成田発パリ行きAF275便が欠航のアナウンス。予告されているストライキの期間はこれで終了となる。

これでヨウコさんはお姫様気分を味わう前に欠航になってしまうこともなくなるか?どんなにサービスが「まるで家の心地良さ」のように素晴らしくても、欠航してしまえばどうしようもない。

***********************************************
ストライキによる欠航のお知らせ(4月23日,24日)
2018年4月25日 10:30現在(日本時間)

エールフランス航空の複数の労働組合より、2018年4月23日および24日のストライキ実施に関する通達がなされました。当該日にエールフランス航空及びJoonが運航するフライトをご利用されるお客様におきましては、ご出発される前にウェブサイトのオンライン運航情報をご確認いただくようお願い申し上げます。
尚、HOP!、KLMオランダ航空、デルタ航空など他社航空会社が運航するエールフランス航空との共同運航便につきましては、ストライキの影響はございません。

現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。その他の路線につきましては、「運航情報」をご確認ください。

[欠航便]
■パリ - 羽田路線
2018年4月23日 AF272便 (スケジュール:パリ発 17:20 羽田着 翌日 12:15)
2018年4月24日 AF279便 (スケジュール:羽田発 14:00 パリ着 19:30)

■パリ - 成田路線
2018年4月24日 AF276便 (スケジュール:パリ発 13:35 成田着 翌日 08:20)
2018年4月25日 AF275便 (スケジュール:成田発 10:35 パリ着 16:10)

フライトに影響が出る状況を踏まえ、下記対象の航空券につきましては、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象となる旅行日 : 2018年4月23,24日,25日
* ストライキの影響を鑑みて、4月25日分のご予約も変更対象となりました。

ストライキ実施の如何に関わらず、4月17日以前に発券された航空券につきましては、下記の条件に基づき、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 : 2018年4月17日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 : 2018年4月30日まで
エールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。

2018年4月30日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。

このたびのエールフランス航空労働組合によるストライキの実施により、お客様にはご迷惑をおかけしますことを改めてお詫び申し上げます。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2018年4月23日 (月)

エールフランスのストライキ“grève”これで打ち止めとなるか?2018/4/23パリ発羽田行きAF272便、4/24羽田発パリ行きAF279便がストライキのために欠航。

20180405
いまだにフランス国鉄SNCFの3ヶ月の長期にわたるストライキは継続中。ゴールデンウィークにフランス個人旅行を予定している人はストライキのスケジュールを十分に考慮した旅程を組まないと困ることになる。まぁ、ストライキで困ることもフランスらしさだから、帰国できないということでなければ味わってもいいけど。私はパリのメトロのストライキに当たってパリ市内をひたすら歩いたこともあれば、エールフランスのストライキにより帰国できなかったこともある。

さて、図の青色で示されているエールフランスのストライキは予告されている日程はこれで終了。労働組合から新たなストライキを通告されない限りは4/23および24でエールフランスのストライキは終了となるはず。しかし、経営者と労働者との合意がない場合は再度ストライキが予告される場合があるのでしばらくは要注意。

***********************************************

ストライキによる欠航のお知らせ(4月23日,24日)
2018年4月23日 10:30現在(日本時間)

エールフランス航空の複数の労働組合より、2018年4月23日および24日のストライキ実施に関する通達がなされました。当該日にエールフランス航空及びJoonが運航するフライトをご利用されるお客様におきましては、ご出発される前にウェブサイトのオンライン運航情報をご確認いただくようお願い申し上げます。

尚、HOP!、KLMオランダ航空、デルタ航空など他社航空会社が運航するエールフランス航空との共同運航便につきましては、ストライキの影響はございません。

現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。その他の路線につきましては、「運航情報」をご確認ください。

[欠航便]
■パリ - 羽田路線
2018年4月23日 AF272便 (スケジュール:パリ発 17:20 羽田着 翌日 12:15)
2018年4月24日 AF279便 (スケジュール:羽田発 14:00 パリ着 19:30)

フライトに影響が出る状況を踏まえ、下記対象の航空券につきましては、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象となる旅行日 : 2018年4月23-24日

ストライキ実施の如何に関わらず、4月17日以前に発券された航空券につきましては、下記の条件に基づき、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 : 2018年4月17日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 : 2018年4月30日まで

エールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。

2018年4月30日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。

このたびのエールフランス航空労働組合によるストライキの実施により、お客様にはご迷惑をおかけしますことを改めてお詫び申し上げます。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2018年4月17日 (火)

エールフランス、ストライキ“grève”継続中。2018/4/17パリ発成田行きAF276便、4/18成田発パリ行きAF275便がストライキのために欠航。

20180405
そもそもストライキで予約しても乗れないかもしれない時期に、このところテレビでやたらにエールフランスのコマーシャルが流れている。予告通りエールフランスのストライキが継続中で4/17・18はパリ成田線AF276/275便が欠航となる。

フランス国鉄SNCFの3ヶ月の長期にわたるストライキも継続中であり、4/23・24に予告されているストライキで無事に終了となるだろうか。運良く、エールフランスのストライキが予告通り4/23・24で終了だったとしても、日本のゴールデンウィーク中もSNCFのストライキが継続していると思われ、団体パッケージツアーの観光バスは影響がないだろうけど、個人旅行でTGVを含めてフランス国内の移動に鉄道を使う予定の人は引続き最新の情報に注意。

***********************************************
ストライキによる欠航のお知らせ(4月17日,18日)
2018年4月16日 10:45現在(日本時間)

エールフランス航空の複数の労働組合より、2018年4月17日および18日のストライキ実施に関する通達がなされました。当該日にエールフランス航空及びJoonが運航するフライトをご利用されるお客様におきましては、ご出発される前にウェブサイトのオンライン運航情報をご確認いただくようお願い申し上げます。
尚、HOP!、KLMオランダ航空、デルタ航空など他社航空会社が運航するエールフランス航空との共同運航便につきましては、ストライキの影響はございません。

現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。その他の路線につきましては、「運航情報」をご確認ください。 

■パリ - 成田路線
2018年4月17日 AF276便 (スケジュール:パリ発 13:35 成田着 翌日 08:20)
2018年4月18日 AF275便 (スケジュール:成田発 10:35 パリ着 16:10)

フライトに影響が出る状況を踏まえ、下記対象の航空券につきましては、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象となる旅行日 : 2018年4月17日, 18日

ストライキ実施の如何に関わらず、4月5日以前に発券された航空券につきましては、下記の条件に基づき、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 : 2018年4月5日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 : 2018年4月15日から4月30日まで
エールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。
* オンラインでの変更については、4月30日までの期間に限り可能です。

2018年4月30日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。

このたびのエールフランス航空労働組合によるストライキの実施により、お客様にはご迷惑をおかけしますことを改めてお詫び申し上げます。

***********************************************
弊社職員によるストライキに関して(4/23日, 24日)
2018年4月16日 10:30現在(日本時間)

エールフランス航空の運航乗務員組合及び地上職員組合が4月23日, 24日にストライキを予定する旨の予告通知を発表いたしました。
現在、回避に向けて関係各所と調整を続けておりますが、日本線を含む最新の運航情報、ストの実施状況については、その都度こちらで最新情報を案内をいたしますので、ご確認をいただけますようお願いいたします。なお、HOP!、KLMオランダ航空、デルタ航空など他社航空会社が運航するエールフランス航空との共同運航便につきましては、ストライキの影響はございません。

対象となる旅行日 : 2018年4月23日, 24日

ストライキ実施の如何に関わらず、4月5日以前に発券された航空券につきましては、下記の条件に基づき、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 : 2018年4月5日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 : 2018年4月15日から4月30日まで
エールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。
* オンラインでの変更については、4月30日までの期間に限り可能です。

2018年4月30日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。

お客様にはご迷惑をおかけしますことを、改めてお詫び申し上げます。

***********************************************

羽田路線 運航に関するお知らせ
平素よりエールフランス航空をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

4月18日のパリ発羽田行きAF274便は、運航上の理由により下記の通りスケジュールが変更となり、便名を変更して運航いたします。
4月18日(水) AF274便(パリ発 23:25   羽田着 翌日18:20)

フライト便名:AF274A便
パリ出発予定時刻 :4月19日(木) 01:55(現地時間)
羽田到着予定時刻 :4月19日(木) 20:40(現地時間)

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2018年4月10日 (火)

エールフランス、ストライキ“grève”継続中。2018/4/10羽田発パリ行き深夜便であるAF274便が欠航。4/11パリ羽田AF272/292便、パリ成田AF276/275便、パリ大阪AF291/292便欠航。

20180405
エールフランスのストライキが継続中。特に明日2018/4/11は1日4便飛んでいる日本路線のうち、75%にあたる3便が欠航する。比較的、深夜便AF274/293便は欠航に当たる確率は低いが4/10のAF293便は欠航となっているので絶対とは言えない。

■4/11パリ→日本路線
AF272 パリ→羽田 欠航
AF276 パリ→成田 欠航
AF291 パリ→大阪 欠航
AF293 パリ→羽田 運航予定
■4/11日本→パリ路線
AF292 大阪→パリ 欠航

■4/12 日本→パリ路線
AF292 羽田→パリ 欠航
AF275 成田→パリ 欠航
AF274 羽田→パリ 運航予定

SNCFの3ヶ月間のストライキも継続中であり、行きは飛べたとしても帰路がストライキ通告日であれば、予定通りに帰れない可能性が高い。フランス国鉄SNCFは、日本のゴールデンウィークに入ってもストライキが継続している可能性があり、6月までにフランス旅行を考えている人は最新の動向を確認したほうがいい。

***********************************************
対象となる旅行日 : 2018年4月10-11日

ストライキ実施の如何に関わらず、4月2日以前に発券された航空券につきましては、下記の条件に基づき、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 : 2018年4月2日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 : 2018年4月5日から4月15日まで
エールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。
* オンラインでの変更については、4月15日までの期間に限り可能です。

2018年4月15日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。

対象となる旅行日 : 2018年4月17日, 18日, 23日, 24日

ストライキ実施の如何に関わらず、4月5日以前に発券された航空券につきましては、下記の条件に基づき、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 : 2018年4月5日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 : 2018年4月15日から4月30日まで
エールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。
* オンラインでの変更については、4月30日までの期間に限り可能です。

2018年4月30日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。

お客様にはご迷惑をおかけしますことを、改めてお詫び申し上げます。

ストライキによる欠航のお知らせ(4月10日、11日、12日)
2018年4月10日 10:45現在(日本時間)

エールフランス航空の複数の労働組合より、2018年4月10日および11日のストライキ実施に関する通達がなされました。当該日にエールフランス航空及びJoonが運航するフライトをご利用されるお客様におきましては、ご出発される前にウェブサイトのオンライン運航情報をご確認いただくようお願い申し上げます。
尚、HOP!、KLMオランダ航空、デルタ航空など他社航空会社が運航するエールフランス航空との共同運航便につきましては、ストライキの影響はございません。

現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。その他の路線につきましては、「運航情報」をご確認ください。 

■パリ - 羽田路線
2018年4月10日 AF279便 (スケジュール:羽田発 14:00 パリ着 19:30)
2018年4月10日 AF274便 (スケジュール:パリ発 23:25 羽田着 翌日 18:20)
2018年4月11日 AF272便 (スケジュール:パリ発 17:20 羽田着 翌日 12:15)
2018年4月12日 AF279便 (スケジュール:羽田発 14:00 パリ着 19:30)

■パリ - 成田路線
2018年4月11日 AF276便 (スケジュール:パリ発 13:35 成田着 翌日 08:20)
2018年4月12日 AF275便 (スケジュール:成田発 10:35 パリ着 16:10)

■パリ - 大阪(関西)路線
2018年4月11日 AF291便 (スケジュール:大阪発 10:30 パリ着 16:05)
2018年4月11日 AF292便 (スケジュール:パリ発 14:00 大阪着 翌日 08:40)

フライトに影響が出る状況を踏まえ、下記対象の航空券につきましては、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象となる旅行日 : 2018年4月10-11日

ストライキ実施の如何に関わらず、4月2日以前に発券された航空券につきましては、下記の条件に基づき、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 : 2018年4月2日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 : 2018年4月5日から4月15日まで
エールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。
* オンラインでの変更については、4月15日までの期間に限り可能です。

2018年4月15日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。

このたびのエールフランス航空労働組合によるストライキの実施により、お客様にはご迷惑をおかけしますことを改めてお詫び申し上げます。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2018年4月 7日 (土)

エールフランス、ストライキ“grève”の影響でパリ羽田線が2018年4月7日、8日に欠航便。

20180405

(注)画像の出展はLe Monde。赤がSNCFのストライキ。青がエールフランス。
http://www.lemonde.fr/les-decodeurs/article/2018/04/05/calendrier-des-greves-annoncees-dans-les-transports_5281011_4355770.html

フランス国鉄SNCFの3ヶ月に渡るストライキの予定が示されており、ストライキは長期化して行きそうな雰囲気。パリへ向かうエールフランスも例外ではなく、前回の2018/4/3および4/4に続いて、予告されていた通り20184/7および4/8にも欠航便が出ている。今回は、羽田パリ便AF272/279便および成田パリ便AF276便も欠航する。さらに、パリ発羽田行き深夜便であるAF274便もスケジュールを変更しての運航が発表されている。こちらは2時間程度の遅れだけど、帰国後に羽田空港で国内線に乗り継ぎ予定の人は要注意。ストライキが長期化すると4/10,11,17,18,23,24にパリを出発する便には影響が出てくる可能性が高い。パリからの復航便は翌日となるので、示された日程の翌日の日本発のチケットを持っている人も要注意。どの便がストライキの対象になるのかは直前までわからない。

SNCFのストライキも続報がなく、4/8および4/9は予定通りストライキが実施されるものと思われる。フランス国内の移動も大幅に制限されるために、カレンダーで赤く示された日の移動には注意が必要。このままだと長期化してゴールデンウィークにフランス旅行を予定している人は十分に情勢に注意が必要。

エールフランス インフォメーション
https://www.airfrance.co.jp/JP/ja/local/resainfovol/meilleuresoffres/info.htm
***********************************************
羽田路線 運航に関するお知らせ
平素よりエールフランス航空をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

4月7日のパリ発羽田行きAF274便は、運航上の理由により下記の通りスケジュールが変更となり、便名を変更して運航いたします。
4月7日(土) AF274便(パリ発 23:25   羽田着 翌日18:20)

フライト便名:AF274A便
パリ出発予定時刻 :4月8日(日) 01:50(現地時間)
羽田到着予定時刻 :4月8日(日) 20:35(現地時間)

4月11日のパリ発羽田行きAF274便は、運航上の理由により下記の通りスケジュールが変更となり、便名を変更して運航いたします。
4月11日(水) AF274便(パリ発 23:25   羽田着 翌日18:20)

フライト便名:AF274A便
パリ出発予定時刻 :4月12日(木) 01:50(現地時間)
羽田到着予定時刻 :4月12日(木) 20:35(現地時間)

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。
***********************************************
ストライキによる欠航のお知らせ(4月7日および4月8日)
2018年4月5日 11:00現在(日本時間)

エールフランス航空の複数の労働組合より、2018年4月7日のストライキ実施に関する通達がなされました。当該日にエールフランス航空及びJoonが運航するフライトをご利用されるお客様におきましては、ご出発される前にウェブサイトのオンライン運航情報をご確認いただくようお願い申し上げます。
尚、HOP!、KLMオランダ航空、デルタ航空など他社航空会社が運航するエールフランス航空との共同運航便につきましては、ストライキの影響はございません。

現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。その他の路線につきましては、「運航情報」をご確認ください。 

■パリ - 羽田路線
2018年4月7日 AF272便 (スケジュール:パリ発 17:20 羽田着 翌日 12:15)
2018年4月8日 AF279便 (スケジュール:羽田発 14:00 パリ着 19:30)

■パリ - 成田路線
2018年4月7日 AF276便 (スケジュール:パリ発 13:35 成田着 翌日 08:20) 

フライトに影響が出る状況を踏まえ、下記対象の航空券につきましては、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象となる旅行日 : 2018年4月7日

ストライキ実施の如何に関わらず、4月1日以前に発券された航空券につきましては、下記の条件に基づき、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 : 2018年4月1日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 :
2018年4月4日から4月6日まで、あるいは4月8日から4月9日までエールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。
* オンラインでの変更については、4月9日までの期間に限り可能です。

2018年4月9日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。
ご利用予定のフライトが欠航、もしくは5時間以上遅延し、旅行の取り止めを希望される場合、航空券を払戻いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。

このたびのエールフランス航空労働組合によるストライキの実施により、お客様にはご迷惑をおかけしますことを改めてお詫び申し上げます。
***********************************************
弊社職員によるストライキに関して(4/10,11,17,18,23,24)
2018年4月5日 10:30現在(日本時間)

エールフランス航空の運航乗務員組合及び地上職員組合が4月10日, 11日, 17日, 18日, 23日, 24日にストライキを予定する旨の予告通知を発表いたしました。
現在、回避に向けて関係各所と調整を続けておりますが、日本線を含む最新の運航情報、ストの実施状況については、その都度こちらで最新情報を案内をいたしますので、ご確認をいただけますようお願いいたします。なお、HOP!、KLMオランダ航空、デルタ航空など他社航空会社が運航するエールフランス航空との共同運航便につきましては、ストライキの影響はございません。

対象となる旅行日 : 2018年4月10-11日

ストライキ実施の如何に関わらず、4月2日以前に発券された航空券につきましては、下記の条件に基づき、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 : 2018年4月2日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 : 2018年4月5日から4月15日まで
エールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。
* オンラインでの変更については、4月15日までの期間に限り可能です。

2018年4月15日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。

対象となる旅行日 : 2018年4月17日, 18日, 23日, 24日

ストライキ実施の如何に関わらず、4月5日以前に発券された航空券につきましては、下記の条件に基づき、運賃の種類にかかわらず、手数料なしにて予約変更を受け付けさせていただきます。

対象フライト : エールフランス航空及びJoonが運航するすべての便
対象航空券 : 2018年4月5日以前に発券された航空券
予約変更可能期間 : 2018年4月15日から4月30日まで
エールフランス航空・KLMオランダ航空・HOP!・デルタ航空の、発券済み航空券と同一キャビンクラスへ無料にて変更いたします。

お手続きに関しては、エールフランス航空のウェブサイトまたはモバイルサイトにある「予約の確認・変更」で直接予約を変更*いただくか、ご予約された旅行会社にてお手続きいただけます。
* オンラインでの変更については、4月30日までの期間に限り可能です。

2018年4月30日以降にご旅行を延期、出発地や目的地の変更、もしくは旅行の取り止めを希望される場合は、お持ちの航空券をエールフランス航空/KLMオランダ航空/HOP!でご利用可能な1年間有効のバウチャー(払戻不可)に変更いたしますので、航空券をご予約された窓口またはご利用の旅行会社にお問い合わせください。

お客様にはご迷惑をおかけしますことを、改めてお詫び申し上げます。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2017年12月30日 (土)

今回のイスラエル旅行のカメラはNikon D7200を導入。

2017ca1
2017年7月のイスラエル旅行は、Nikon D7500の発売が発表されて価格が安くなったNikon D7200を今さら購入し、旅行用カメラとしてデビュー。一眼レフデジタルカメラとしてはNikon D5100からの置き換えとなる。イスラエル旅行では、空港や飛行機内ではCanon Powershot G9Xを使用したけれど、ハシミホテル到着後のエルサレム旧市街の町歩きからNikon D7200を使用している。Nikon D7200で撮った写真は、暗い場所がいつもよりよく撮れている。持って行くレンズはキットレンズのAF-S Nikkor 18-140mm 3.5-5.6Gの一本のみで勝負。旅行カメラとして私の使用用途では望遠側は140mmでも十分であることがわかった反面、聖墳墓教会などでは画角に収まりきれず、広角レンズが欲しかったなぁと感じる。このカメラだったら、私は旅行用としては露出補正くらいしか使わないけれど、作品としての写真も十分に撮れる。だけど、旅行用としてはかさばるし少し重い。そして、立ち止まって両手でカメラを構えることになり、ファインダーをのぞく瞬間にスキができるので、人が多く集まりスリのいるような雑踏などだと周囲に注意が必要。性能のわりに価格がお手頃のNikon D7200はすでに製造中止となっており、在庫のみの早い者勝ち!

2017ca2
イスラエル旅行では、主に空港や飛行機の中などの移動時に使用しているのがCanon Powershot G9X。このカメラの最大の特徴は軽くてコンパクトであること。思った瞬間にカメラを取り出して、歩きながらでも撮れる。片手で操作できるので、大都市の雑踏などでも一瞬で撮れるために使いやすく、雨天でも傘を持ちながらでも使える。フランス・オーベルニュ編では、雨天だったこともあり全編このカメラで撮影しており、旅行用カメラとしてこのカメラだけで完結できる。しかし、広角側、望遠側の両端にレンズの性能には制限があるために切り取りたい風景をうまく切り取れないことがある。また、私の使い方だと、静止せずに歩きながら撮影するために手ブレ写真が多い。これはカメラのせいではなく、私の使い方が悪いのが原因。

2017ca3
しかし、実は私が旅行用カメラでメインとして使用しているのは、今でもミラーレスのNikon1 J3だったりする。最近ではハワイ編を飛行機の中以外の大部分をこのNikon1 J3で撮影している。Nikon1シリーズは軽量でかさばらない。オートフォーカスが速い。デジタル一眼レフカメラと同様にレンズ交換ができるというメリットがある。また、両手で操作することになるけれど、ファインダーではないので周囲を警戒しながらでも写真を撮ることができる。専門的には、センサーサイズが1インチとCanon Powershot G9Xと同等であり、コンパクトデジタルカメラと変わらないという欠点はあるけれど、私は大きく引き延ばすことはないので、旅行用写真として画素数をマックスで使用することはないので問題ない。何よりも、画素数などのデータではなく、Nikon1で撮った写真の色が私は好き。

Nikon1シリーズの最大の問題は、あまり人気がなく売れていない様子で、2015年春発売のNikon1 J5から3年近く新製品が出ていない。Nikonの経営状態があまりよくないので、私のお気に入りのNikon1シリーズはこのままなくなってしまうのかもしれない。2018年はNikon1の後続機が出ますように!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2017年12月11日 (月)

偏見につながる「全体化」をニュースから考える。

2017年12月10日、日曜日、桃園国際空港からタイ・バンコクに向かっていた飛行機が乗客のトラブルのために引き返す事件が発生した。以下の通り「J-CASTニュース」の記事を引用する。

*****************
J-CASTニュース  2017/12/11 18:27
https://www.j-cast.com/2017/12/11316258.html?p=all

「泥酔→機内で喫煙」、日本人暴れて台湾機が引き返し 「全く謝らなかった」と台湾のTV

台湾の中華航空機内で日本人観光客3人が泥酔した上に他の乗客に迷惑行為を行ったとして、出発した空港に引き返すトラブルがあった。

中央通訊社など複数の台湾メディアによると、トラブルがあったのは2017年12月9日の台北(桃園)発バンコク(スワンナプーム)行き、中華航空のCI835便。客室乗務員(CA)は繰り返し注意したが従わず、他の乗客に迷惑行為を行うなどした。3人は泥酔にとどまらず機内でタバコに火をつけたため、運航上危険があるとして引き返しが決まった。3人は謝罪もせずに翌日の便でバンコクに向かったといい、台湾では大顰蹙だ。
   
免税店で買ったウイスキーらしきものを飲み続ける

航空機の位置を表示するウェブサイト「フライトレーダー24」によると、CI835は14時56分(日本時間、以下同)に台北を出発したが、1時間後の15時50分に台南沖で引き返し、17時31分に台北に戻った。この1時間の間、乗務員が説得を試みるなどしたのか、洋上を5回にわたって旋回している。

台湾メディアによると、引き返しの原因になったのは日本人の男性客3人。3人は福岡から台北を経由してバンコクに向かう予定だった。3人は台北に到着した時点ですでに酔っていたが、台北の免税店で酒を購入。その酒をバンコク行きの機内で飲んだ。大声をあげて他の乗客に迷惑行為を行ったため、客室乗務員(CA)は繰り返し注意したが、3人は聞き入れなかったようだ。蘋果日報(アップルデイリー)がウェブサイトに掲載した動画では、男性が3人から取り上げたとみられるウイスキーの瓶らしきものが映っている。すでに4分の1程度がなくなっているのが分かる。3人はそれでも迷惑行為をやめず、座席でタバコに火をつけ、機内に煙をまき散らしながらトイレに移動したという。こういった状況では安全に運行が続けられないとして、引き返しが決まった。

 
「3人は翌朝タイに向けて出発し、その間、全く謝らなかった」

   CI835は3人を降ろした2時間後の19時36分に再び台北を出発し、バンコクに23時17分に到着した。定刻は18時45分で、実に4時間半遅れとなった。乗客260人が影響を受けた。

   複数のメディアが、3人が空港の事務所のような場所で事情を聞かれる様子をモザイクなしの動画で報じており、特に謝罪などをしている様子は見受けられない。中央通訊社によると、3人の行為は民用航空法に違反した疑いがあり、最高で5万台湾ドル(約19万円)の過料が課せられる可能性がある。ただ、結果的には3人の行為は事実上不問に付されたとみられ、中天テレビは、「3人は翌朝タイに向けて出発し、その間、全く謝らなかった。愚行に人々の嘲笑が集まっている」と報じた。

*****************

この記事の「日本人」の箇所を「中国人」または「韓国人」と置き換えて日本で報道されたら、日本国内でどのような反応が起きるかを想像してみるとちょっと面白い。きっと、ネットのコメントなどの反応は、「これだから中国人は」とか「これだから韓国人は」というように、まるで大多数の中国人または韓国人がこのような行動を取っているかのように全体化してしまうんだろうなぁ。それでは、日本人の大多数はこのような行動を取るのかと聞いてみると、「これだから日本人は」と全体化せずに、この人たちが例外的におかしいわけで、大多数の人はこんなことはしないと答えるだろうなぁ。

中国人だって、礼儀正しい人もいれば親切な人もいる。しかし、ごく一部の人たちは常識を逸した行動をとる人や悪い人もいる。韓国人だって同じ。フランス人だって同じ。そして、それは日本人だって同じ。どうしようもない人はどうしようもない。それには人種は関係ない。全体のごく一部を見ただけで「中国人は」とか「韓国人は」などと全体化してしまうのは危険である気がする。

それにしても、この福岡から塔乗した日本人男性3名を台湾から強制送還してもらった方がよかった。もしも、遊びでバンコクに行くのだとしたら、この男3人組がバンコクでどんな遊びをしに行くのかということを考えると、「日本人」の信用をさらに失墜させるような、ろくな遊びしかしないような気がする。

より以前の記事一覧

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ