2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

旅行・地域

2019年11月20日 (水)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(9)2019年、パリ・シャンゼリゼ大通りで新年を迎える!

18par1101
パリ・シャンゼリゼ大通りのカウントダウンイベントはさらに続く。音と光のショーにみんな夢中でスマートフォンを構えながら楽しんでいる。

18par1102
まもなく、2018年が終わり、新年を迎える。

18par1103
花火が音楽と映像に合わせて効果的に打ち上がる。そして、ついに事前に考えていた大晦日のパリで行いたいことの10番目である、パリでカウントダウンイベントに参加し、新年を迎えようとしている。

18par1104
そして、いよいよ10秒前。カウントダウンが始まる。10 “Dix !”

18par1105
9 “Neuf !”フランスの9の指数字の右手の4は日本と変わらない。次の8に注目!

18par1106
8 “Huit !” フランス8の指数字の右手の3に注目。日本人は慣れていないので真似をしようとするとちょっと辛い。

18par1107
7 “Sept !”

18par1108
6 “Six !”

18par1109
5 “Cinq !” 会場が一体になっている。いよいよあと5秒。

18par1110
4 “Quatre !”

18par1111
3 “Trois !” 再び、フランス3の指数字に注目。日本人は慣れていないのでちょっと辛い。

18par1112
2 “Deux !”

18par1113
1 “Un !”

18par1114
2019の表示とともに、歓声があがり、ボナネー!“Bonne année !”の声が響き当たる。

18par1115
次の瞬間、凱旋門の上空には花火が上がる。友人ときた人たちは抱き合って新年を祝い合っている。キスをし合っている。しまった、さみしいじゃない。ここは一人で来ちゃダメだったのかもしれないなぁと今さら感じ始める。ボナネー!“Bonne année !”と言い合える人がいないのはさみしいかも。

18par1116
そんな寂しい気持ちを吹き飛ばすくらい、花火が上がり、パリで2019年を迎えたことに感動する。一人だっていいじゃない。生まれて初めてパリで新年を迎えることのできた感動が、寂しさを上回る。

18par1117
“Paris”の文字が浮かび上がり、花火がどんどん上がる。前の人のスマートフォンがちょっと邪魔だけど仕方がない。

18par1118
今回、1泊4日という弾丸旅行だったけれど、パリでカウントダウンを迎えることができて本当に良かった。

18par1119
ここに来ない限り、この感動は味わえない。テレビではなく、自分の目で見て、音を聞き、肌で感じる。

18par1120
しばらく花火があがり続ける。エトワール広場からあげているのかなぁ?

18par1121
今日のパリは深夜でも寒くはない。冬の花火を楽しむ。

18par1122
花火が終わると、カウントダウンイベントはあっさりと終了。

18par1123
ショーが終わるとシャンゼリゼ通りでは飲めないためか人々は一斉に帰り始める。どこかでパーティーをするのかなぁ?

18par1124
シャンゼリゼ通りのそばのメトロの駅は混雑防止のために閉鎖されている。したがって、近くのメトロの駅まで歩くしかない。

18par1125
シャンゼリゼ通りをコンコルド広場に向けて歩く。普段はクルマが走っている通りを歩くのってちょっと楽しい。コンコルド広場のオベリスクが見えてきた。

18par1126
エジプト、ルクソール神殿のオベリスクの片割れ。略奪したものではなく、贈られたもの。

18par1127
コンコルド広場まで歩くと、ライトアップされたエッフェル塔が見える。

18par1128
コンコルド駅からはメトロに乗れるみたいで、メトロの駅に向かって多くの人が歩いていく。

18par1129
でも、ここまで来たら混雑しているメトロに乗らずに、オペラまでなら歩けるんじゃない?私は以前、パリのメトロのストライキに遭遇してナシオン広場からエトワール広場まで歩いたことがあるので、それを考えれば、オペラなんてすぐ近く。ヴァンドーム広場“Place Vendôme”を通ればオペラに出るはず。

18par1130
シャンゼリゼ通りから歩き続けてオペラ・ガルニエ(パレ・ガルニエ)“Palais Garnier”に到着。

18par1131
ギャラリー・ラファイエットが見えてくればホテルまではあと少し。

18par1132
ホテル・エクセルシオール・オペラ“Hôtel Excelsior Opéra Paris 9e”に帰ってくる。玄関は空いており、レセプションのムッシュに「ボナネー!」“Bonne année !”と挨拶。カウントダウンイベントでは、一緒に祝う相手もおらず、今年初めての新年の挨拶は、ホテルのレセプションのムッシュであるのがちょっとさみしい。

18par1133
部屋に戻り、モノプリで買って冷蔵庫で冷やしておいたシャンパンでひとりで新年を祝う。シャンパングラスではなく、コップで味わう「ひとりシャンパン」はちょっと寂しい。でも、寂しさよりも、やっぱりパリに来てよかった!パリでお正月を迎えるのは最高の気分! しみじみとパリで新年を迎えることができた感動を味わう。

 

そして、私が新年初めに行うことは決まっていて、カウントダウンTVの際に毎年1回だけ流れるaikoのCMを見ること。今年はYoutubeだけど…。

Bonne année 2019 !

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年11月13日 (水)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(8)パリ新年カウントダウン会場であるシャンゼリゼ大通りへ。

18par1001
パリの大衆食堂「シャルティエ」“Bouillon Chartier”で2018年最後のちゃんとした夕ごはんを食べて、いったんホテルに戻ることにする。レストランを出るころにはさらに行列は長くなり、オスマン通りまで続いている。

18par1002
ホテルまではメトロ1駅分くらい歩く。

18par1003
深夜には閉まってしまうために今のうちにモノプリで買い出し。と言っても、明日にはパリを発つのでそんなに買うものはないんだけど。

18par1004
ホテル・エクセルシオール・オペラ“Hôtel Excelsior Opéra Paris 9e”に戻って来る。

18par1005
事前に考えていた大晦日のパリで行いたいことの9番目は、パリで「年越しそば」を食べること。今回の旅行は、リュックサックひとつの旅なのに日本から持ってきた「緑のたぬき」がけっこう面積を取っていた。それに、事前にこのホテルの部屋にはポットがあることは調査済み。

18par1006
私は基本的には、海外旅行中は機内食をのぞいて日本食を食べることはない。私の場合は長期滞在ではなく、たった5日間の休暇で組んでいるために日本食が恋しいと感じるまでに帰国してしまうという理由もあるけれど、私は「まだ知らない価値観」をできる限り感じたいし、「郷に入れば郷に従え」と考えていて、できる限りその国のルールで旅したいと感じている。だけど、私は日常生活でカップラーメンをあまり食べないので、たまに食べるとパリで食べる「緑のたぬき」って美味しい。

18par1007
20時になるとテレビではマクロン大統領のスピーチが始まっている。

18par1008
フランスでは大晦日に必ず大統領のスピーチ“Les vœux Présidentiels”があるみたい。

18par1009
8時間の時差がある日本ではすでに年が明けているので、部屋でスマートホンをWifiにつなぐとニュースはすっかりお正月の雰囲気。私は基本的に深夜に飲みに出かけないし、外にも出ないので深夜の治安の状態がわからない。おそらく、カウントダウンイベントを目的とした普通の市民や観光客が多いんだろうけど、スリがいるかもしれないと疑心暗鬼になっている。セーフティボックスに貴重品入れておく。

18par1010
今回のためにわざわざダイソーで洋服の中に装着する腹巻タイプのウエストポーチを購入。パスポートのコピーとクレジットカード1枚、30ユーロ程度の現金のみを入れて、腹巻のように洋服の下に着込んでしまう。腹巻タイプの貴重品入れなんて、15年以上は使っていない気がする。このウエストポーチ、100円均一とは思えないほど、なかなかよくできている。

18par1011
深夜にイベントに行くことなんてないので、少し緊張しながら22時過ぎにホテルを出る。ホテルの入口はずっと開いていることをレセプションのムッシュに確認。スリを警戒してカバンは持たず、所持品はスマートフォンとカメラのみ。カメラは首にぶら下げるタイプのネックストラップ。スマートフォンはシャツの胸ポケットに入れており、荷物はなく手ぶら状態。

18par1012
ショセ・ダンタン=ラ・ファイエット駅“Chaussée d'Antin - La Fayette”は便利な駅で、メトロ9号線でフランクラン・D・ルーズヴェルト駅“Franklin D. Roosevelt”まで乗り換えなしで行ける。

18par1013
パリ市内の公共交通機関は、大晦日の夜17時から元旦の正午まで無料となり、自動改札機の電源が切られている。

18par1014
カウントダウンイベントに向かう人が多いみたいで、無料ということもあって、車内はラッシュ時のように混雑している。

18par1015
フランクラン・D・ルーズヴェルト駅は消灯しており、通過する可能性が高い。シャンゼリゼ大通りに近い駅は混雑防止のために閉鎖し通過してしまう。

18par1016
フランクラン・D・ルーズヴェルト駅の一つ前の駅であるサン・フィリップ・デュ・ルール駅“Saint-Philippe-du-Roule”でメトロを降りてしまうことにする。

18par1017
あとは、なんとなく人の流れに従って歩いていけば、きっとシャンゼリゼ大通りにたどり着くだろう。

18par1018
シャンゼリゼ大通りに車両が侵入するのを防ぐために警察車両が道を塞いでいる。

18par1019
急に混雑してきた。その理由はこの先でセキュリティチェックがある。

18par1020
オレンジ色のベストを着た人によるセキュリティチェックを受ける。

18par1021
何時間も前から陣取っている人は少ないみたいで、22時半ごろに到着するとシャンゼリゼ大通りは混雑しておらず、どんどん凱旋門に近づくことができる。

18par1022
ある程度前まで行くと、イベント参加者で混雑してくる。と言っても、すし詰めのような状況ではなく、隣の人と触れ合ってしまうほどではない。もっと凱旋門に近づこうと思えば近づけるんだけど、全体を見るにはこのあたりに陣取ることにする。

18par1023
混雑はしているけれど、空いている空間はあるし、移動もできる。そして、周囲の雰囲気はイベントに参加しに来た一般市民や観光客で、バックなども普通に持っており、おそらく普通にしていれば問題なさそう。私の腹巻型ウエストポーチは過剰装備だったかも。ここからは立ちっぱなしでイベントが始まるのをひたすら待つ。

18par1024
23:20になると、凱旋門へのプロジェクションマッピングが始まる。トリコロールに23:20の文字が浮かぶ。いよいよ、カウントダウンイベントが始まる。事前に考えていた大晦日のパリで行いたいことの10番目であり、このために今回はパリに来たようなもの。

18par1025
“FRATERNITE”の文字が投影されているけれど、“LIBERTE”、“EGALITE”の文字はあったかかなぁ?

18par1026
音楽とともにプロジェクションマッピングを楽しむ。誰もがスマートフォンを使って撮影しているのがおもしろい。と言いつつ、私もこの写真はiPhoneXRのもの。暗い場所で動きがある被写体の場合、残念ながらCanon Powershot G9XよりもiPhoneXRの方がぶれずに撮影できる。

18par1027
ロンドンのタワーブリッジ?

18par1028
ロシアっぽい建物。

18par1029
これはなんだろう?

18par1030
エジプト?

18par1031
自由の女神。

18par1032
再び“FRATERNITE”が出た瞬間に…。

18par1033
凱旋門の上に花火が打ち上がる。プロジェクションマッピングが開始されると刻々と2019年が近づいている。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年11月 9日 (土)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(7)大晦日のパリのディナーは、大衆食堂シャルティエ“Bouillon Chartier”。

18par0901
チュイルリー公園を抜けると、カルーゼル凱旋門“Arc de Triomphe du Carrousel”の先には、ルーブル宮(ルーブル美術館)が見える。

18par0902
朝よりもセキュリティチェックのための行列がすごくなっている気がする。予約がなくても開館前に並んだのは正解だったんだなぁ。
※2018年12月31日現在。現在の入場方法については、最新情報を確認してください。

18par0903
カルーゼル凱旋門を正面から眺める。

18par0904
カルーゼル広場“Place du Carrousel”では、シャボン玉のパフォーマンスが行われている。

18par0905
広場にはシャボン玉が舞っている。大晦日のパリ1日観光はそろそろ終わりの時間。夜のシャンゼリゼ大通りでのカウントダウンイベントに備えていったんホテルに戻ることにする。

18par0906
パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル駅“Palais Royal - Musée du Louvre”まで歩く。

18par0907
この駅だったら、メトロ7号線が走っている。

18par0908
メトロ7号線で乗り換えなしでショセ・ダンタン=ラ・ファイエット駅“Chaussée d'Antin - La Fayette”で降りる。

18par0909
エスカレータに乗って地上に出る。

18par0910
もう、今日宿泊するホテルは目の前。

18par0911
ホテル・エクセルシオール・オペラ“Hôtel Excelsior Opéra Paris 9e”にてチェックイン。

ホテル エクセルシオール オペラ“Hôtel Excelsior Opéra Paris 9e”
https://hotel-excelsior-opera.com/fr

18par0912
預けてあった折りたたみバックを受け取り、部屋に向かう。シングルの部屋はビジネスホテル並みの狭さ。

18par0913
だけど、私が泊まるホテルにしては、部屋にポットが置いてあるのは設備としては上等な方かも。

18par0914
部屋に冷蔵庫があるのも上等な方かも。

18par0915
洗面所やトイレもゆったりはしていないけれど、狭すぎることはない。

18par0916
シャワーはぴったりと閉まるガラス戸があり、床を濡らす心配をしなくてもいいタイプ。朝食込み108ユーロで、普段よりもお金をかけているので、なかなかいいホテル。だけど、少しだけ欠点があって、ホテルのすぐ下をメトロが通っているみたいで電車が通るたびに、ちょっとだけ音がする。まぁ、深夜はメトロも運行していないので寝るのには気にならないけれど。

18par0917
部屋の整理といってもリュックサックひとつだし、着替えも1組しかないのであっという間に終わってしまう。ホテルを出てギャラリーラファイエットの中に入ってみる。クリスマスの装飾を見るのが目的で買うものは特にない。

18par0918
中央のドームのクリスマスツリーが美しい。ずっと眺めていたいほど美しい。

18par0919
店内もクリスマスの装飾がされており、何も買わなくても楽しい。

18par0920
そして、お店の外のショーウインドウを見るのが楽しい。

18par0921
ショーウインドウの装飾は、ボン・マルシェとはまたテーマが違うんだろうなぁ。

18par0922
そのまま夕食を食べるためにレストランに向かうことにする。ラファイエットの前のオスマン通り“Boulevard Haussmann”をまっすぐ進む。途中でメトロ8・9号線のリシュリュー・ドゥルオ駅“Richelieu - Drouot”を通り過ぎる。メトロ1駅分以上歩く。

18par0923
2018年最後の夕ごはんは、パリの大衆食堂「シャルティエ」“Bouillon Chartier”で食べることにする。このレストランは予約を取らないので並ぶしかない。ランチから通しで営業しているので19時前に到着したんだけど、すでに長い列ができている。

18par0924
ようやく入口へと進み、さらに席を案内されるのを待つ。

18par0925
レストランの中に入ると広いホールで、賑やかな雰囲気。

18par0926
ようやく席に着く。電車の網棚のような荷物置きがある。テーブルはお一人様でも、2人でも相席。

18par0927
カルト(メニュー)は、毎日印刷されるのかなぁ?今日の日付が入っている。左側に32ユーロの定食“Menu Suggestion”があるのでそれを注文することにする。前菜、メイン、デザートの他に1/2 Vittel または 1/2Perrierがついてくる。

18par0928
注文すると紙製のテーブルクロスに書き込まれる。

18par0929
前菜はスモークサーモン“Saumon fumé d’Ecosse”。

18par0930
25clのカラフェのワインは2.7ユーロ。向かいの席の一人で来ているフランス人のおっちゃんは、エスカルゴだけを注文して、さっさと食べてそのまま帰っていた。ちなみに、ギャルソンのおっちゃんは大忙しなので、ペリエが忘れられて来ていないこと伝える。そのやり取りを見て、隣に座っていたカップルの若いマダムから、なぜかフランス語がうまいと褒められる。

18par0931
メインは牛のヒレ肉のステーキ、フォアグラソース“Filet de bœuf sauce foie gras”。盛りつけは大衆食堂の雰囲気。

18par0932
切ってみるとミディアムレアにちゃんと仕上げられていて、柔らかくて美味しい。大衆食堂風の雰囲気だけど、ちゃんと美味しい。

18par0933
食後のデザートはフォンダンショコラ“Moelleux au chocolat”。かしこまったレストランよりも、とにかく安いし、大きなホールで賑やかな感じの「シャルティエ」は楽しかったなぁ。私はオペラ近辺に宿泊することが少ないので来る機会はないんだけど、お値段以上の価値はある。実は、ラファイエットの近くに泊まることを決めてから「シャルティエ」に行くことは、事前に考えていた大晦日のパリで行いたいことの8番目。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年10月31日 (木)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(6)パリ・チュイルリー公園のマルシェ・ド・ノエル。

18par0801
大晦日のシャンゼリゼ大通り“Av. des Champs-Élysées”を歩いてみることにする。今日の夜にはここでカウントダウンイベントが開かれる。どれくらい混雑するのかなぁ?

18par0802
パリでは“Une Affaire de Famille”が絶賛上映中。パリで映画を見たことはないので、この映画だったらフランス語がわからなくても楽しめるかなぁ?パリで映画をみるという目的も良かったかもしれないなぁ。「万引き家族」のフランス語のタイトルは“Une Affaire de Famille”となるんだ。

18par0803
私には用がないルイ・ヴィトン。パリの中で「まだ知らないどこか」は、ここかもしれないなぁ。

18par0804
行列ができているのが見えるけど、1階の窓ガラス部分がガードされているのが見える。実は2018年のこの時期は「黄色いベスト運動」“Mouvement des Gilets jaunes”が起きていて、週末になるとシャンゼリゼ大通りでデモがあり、一部の暴徒化した民衆が略奪行為を行っていた。おそらく、一部の暴徒化した民衆からの襲撃に備えたものなんだろうなぁ。

18par0805
フーケッツ“Fouquet's Paris”も、ルイ・ヴィトン同様に私にとってはまだ知らないパリかもしれない。そもそも、私は初期の頃にはサン・ジェルマン・デ・プレのカフェ・フロールに行ったりしていたけれど、このところは有名カフェには行かないので縁がない。

18par0806
“H&M”も黄色いベスト運動の一部の暴徒化した民衆の襲撃を恐れてかガラスが覆われている。

18par0807
デモが行われていなければ、平和そのもののシャンゼリゼ大通り。

18par0808
ティファニーは襲撃されないのかなぁ?クリスマスの装飾がかわいらしい。

18par0809
モノプリですら、入口にガラスを守るパネルが貼られている。

18par0810
事前に考えていた町歩きのおおまかなコースはここで終了。ここから先はいつもの通りの行き当たりばったりの無計画な町歩き。でも、今日はホテルに行く前に行ってみたいところがある。

18par0811
フランクラン・D・ルーズヴェルト駅“Franklin D. Roosevelt”からメトロ1号線に乗る。

18par0812
コンコルド駅“Concorde”でメトロを降りて、まずはルーヴル美術館のエジプトの展示を見て、ルクソールのオベリスクの片割れを見に行きたくなってしまった。このオベリスクは、エジプトから略奪してきたものではなく、贈られたもの。

18par0813
コンコルド広場“Place de la Concorde”からチュイルリー公園“Jardin des Tuileries”に入る。もちろん目的は、パリのマルシェ・ド・ノエル“Marché de Noël des Tuileries”をもっと見てみたいと思ったから。パリは何度訪れても新しい発見がある。

18par0814
大きな池ごしに、ルクソールのオベリスクを見る。左手にはオランジュリー美術館。

18par0815
フランスでよく見かける移動式遊園地。仮説の遊園地と思えないほどのクオリティ。

18par0816
“9D”ってなんだろう?

18par0817
仮説の遊園地なので地面を掘ったりはしていないと思うんだけど、これだけの高さの回転ブランコ。

18par0818
そして、バイキングまである。

18par0819
先端部にある立ったまま乗る檻の中は迫力がありそう。日本では安全面から認可されないだろうなぁ。

18par0820
ゴーカート場も仮設のものとは思えないクオリティ。

18par0821
乗り物に乗って巡るお化け屋敷。

18par0822
狭いけれどスケート場まである。パリでスケートをするというのも目的としては良かったかもしれないけれど、ひとりで滑っても楽しくないかも。

18par0823
パリの移動式遊園地、子ども連れだったら十分楽しめるんじゃないかなぁ?

18par0824
見世物小屋を発見。

18par0825
どんなスペクタクルなんだろう?しかも入場料無料。

18par0826
見世物小屋は子ども連れがほとんどで、子どもの声が聞こえて楽しそう。

18par0827
フランスの縁日のお菓子を観察してみることにする。キャンディ屋さん。

18par0828
フランスでもりんご飴が売られている。その名も“Pomme d’amour”。

18par0829
そして「チョコバナナ」は、バナナを1本そのままではなく、カットしたバナナが串に刺さっている。バナナは3.5ユーロ。

18par0830
バナナだけではなく、リンゴや洋ナシもある。それぞれ4ユーロ。チョコでコーティングするだけなんだから、確かにバナナだけではなくバリエーションがあってもいい。

18par0831
イチゴだって美味しそうじゃない。「チョコバナナ」はバナナという固定観念がなくてもいい。5ユーロはそれなりのお値段だけど。

18par0832
そして、クリスマスらしいヴァン・ショー“Vin chaud”のお店を発見。「ホットワイン」は和製英語であると言われているけれど、フランスでは英語で“Hot wine”の表記。

18par0833
チュイルリーでのマルシェ・ド・ノエル専用のコップに入れてくれる。

18par0834
シナモンの香りや甘みがあるヴァン・ショーが美味しい。大晦日のパリでヴァン・ショーを飲むのは当初の計画にはなく、行き当たりばったりの予定外だったんだけど、なかなか幸せな気分。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年10月27日 (日)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(5)大晦日のエッフェル塔へ。

18par0701
ル・コントワール・デュ・ルレ“Le comptoir du Relais”を出て、マビヨン駅“Mabillon”のあたりからフール通り“Rue du Four”を歩く。

18par0702
ガイドブック掲載店で、女子だったらきっと立ち寄るだろう格安ドラックストア、シティファルマ“Citypharma”は大晦日も普通に営業中。

18par0703
さらにフール通りをまっすぐ進む。ここからは、私がほぼ定番化しているお買いものコース。

18par0704
いつもはセーヴル・バビロヌ駅“Sèvres-Babylone”から歩くんだけど、今日はオデオンから歩いてみた。

18par0705
ポワラーヌ“Poilâne”まで歩き、最近の私のお気に入りのクッキー「ピニュシオン“Les Punitions”」を購入。今回はリュックサックひとつの旅なので、おみやげは美味しいものを最小限。事前に考えていた大晦日のパリで行いたいことの5番目は、このクッキーを買うこと。

18par0706
クッキーを買って、そのままセーヴル・バビロヌ駅“Sèvres-Babylone”界隈まで歩く。右手に見えるのはブシコー広場“Square Boucicaut”。

18par0707
私は左岸のホテルに泊まることが多くて、ラファイエットよりもボン・マルシェ“Bon Marché”に来ることが多い。

18par0708
ボン・マルシェもクリスマスの装飾。私はかつてクリスマスシーズンにパリに来たことがないんだろうなぁ。いつもと違うパリの雰囲気を新鮮な気分で楽しんでいる。

18par0709
子どもたちがショーウインドウを見ている。

18par0710
フレンチカンカンの装飾。

18par0711
バレリーナのような装飾。ショーウインドウを見ているだけでも、楽しい。

18par0712
ここに来たらボン・マルシェの食料品館であるラ・グランデピスリー“La Grande Épicerie de Paris”に立ち寄る。欲しいものはたくさんあるんだけど、今回はリュックサックひとつの旅なので、おみやげは最小限にしなくちゃ!いつもはスーツケース片側全部がおみやげになるんだけど…。

18par0713
パリに来た時のお買いものの定番コースとなっているラ・グランデピスリーとポワラーヌに立ち寄ったら、セーヴル・バビロヌ駅“Sèvres-Babylone”へ。

18par0714
いつもは、メトロ12号線に乗ってモンパルナスに向かうことが多いんだけど、今日はメトロ10号線に乗る。

18par0715
あっ!反対側の電車にアコーディオン弾きがいる。最近、以前よりも遭遇しなくなっている気がする。

18par0716
今回の「パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行」は、実質上、パリを楽しめるのは今日1日しかない。そのために効率よくパリを巡るために、たまたま発見したマルシェ・ド・ノエル以外のコースは、私にしては珍しく事前に考えていたコース。

18par0717
パリ左岸を去り、ホテルのあるオペラ方面に向かい始める。まっすぐ帰るならセーヴル・バビロヌ駅からメトロ12号線でサン・ラザール駅方面に向かった方が早いんだけど、ちょっと寄り道。

18par0718
ラ・モット・ピケ・グルネル駅“La Motte-Picquet Grenelle”でメトロ6号線に乗り換える。

18par0719
メトロ6号線は地下鉄なのに高架線なので、乗り換えがけっこう面倒。エトワール“Étoile”方面のホームへと向かう。

18par0720
メトロ6号線は高架線を走るので、パリの街を感じられるので好きな路線。

18par0721
メトロ6号線はセーヌ川を渡るときにはエッフェル塔が見えるのが好き。

18par0722
トロカデロ駅“Trocadéro”で降りる。この駅で降りる目的といえば、ひとつしか考えられない。

18par0723
事前に考えていた大晦日のパリで行いたいことの6番目は、エッフェル塔を見ること。

18par0724
シャイヨー宮の広場には、露天のおみやげ屋さん。

18par0725
自撮り棒を売ってる。袋の両側には紐がついており、すぐに撤収できるようになっているんだろうなぁ。

18par0726
大晦日のエッフェル塔をしばらくぼーっと眺める。カウントダウンイベントは、シャンゼリゼ大通りのみで、エッフェル塔では花火があがったりはしないみたい。

18par0727
再びトロカデロ駅からメトロ6号線に乗る。

18par0728
エトワール方面の電車に乗る。

18par0729
メトロ6号線の終点であるシャルル・ド・ゴール・エトワール駅“Charles de Gaulle Étoile”で降りて、地上に出る階段をのぼる。

18par0730
事前に考えていた大晦日のパリで行いたいことの7番目は、凱旋門を見ること。と言っても、今夜のカウントダウンイベントで再びシャンゼリゼ大通りに来て、凱旋門を見ることになるんだけど…。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年10月24日 (木)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(4)大晦日のル・コントワール・デュ・ルレ“Le comptoir du Relais”でお昼ごはん。

18par0601
ルーヴル美術館の地下の出口を出る。入場者の列を見るけれど、確かに地下の入場口の方がセキュリティチェックは並んでいない。ショッピングセンターを歩き、地上への出口を探しているんだけど、出口がよくわからない。

18par0602
ようやく地上に出る。メトロの駅がわからず、チュイルリー駅の方向に向かって歩くことにする。

18par0603
私はクリスマスの時期にパリに来ないので知らなかったんだけど、チュイルリー公園“Jardin des Tuileries”ではマルシェ・ド・ノエル“Marché de Noël des Tuileries”が開かれている。フランスではクリスマスの期間は、イエスへの東方の三博士の訪問した日とされる1月6日のエピファニー“Épiphanie”(公現祭)まで続き、クリスマスの装飾も外されない。

18par0604
移動式遊園地とともにあり、かなり規模が大きいマルシェ・ド・ノエル。今まで12月にパリに来たことはなかったかもしれないなぁ。でも、マルシェ・ド・ノエルは11月下旬あたりから開かれているところが多いから、11月には来たことがあるような気がするので、私がパリのマルシェ・ド・ノエルがチュイルリー公園で開かれていたことを知らなかっただけだろうなぁ。パリって、何度訪れても、「まだ知らない」新しい発見があるからパリ旅行はやめられない。

18par0605
ヴァン・ショーが売られている。大晦日のお昼ごはんは、計画ではいつものオデオンにあるル・コントワール・デュ・ルレで食べようと思っていたんだけど、屋台料理を楽しむのも面白いかもしれないなぁ。

18par0606
今回の旅行では、マルシェ・ド・ノエルを楽しむことは想定外の発見。もともと私は、マルシェを巡るのは大好き。

18par0607
フランスの移動式遊園地ってすごいと思う。夏の時期やマルシェ・ド・ノエルの期間だけ設置される仮設の遊園地だけど、けっこう本格的。

18par0608
食べ物の屋台を見つけてしまう。

18par0609
ラクレットかぁ。バケットの上にとろけたラクレットチーズを載せてくれるみたい。美味しそう。

18par0610
そして、私がフランス料理の中でも大好きな料理である、サヴォア地方の名物料理のタルティフレット“Tartiflette”。チーズがたっぷり入ったじゃがいものグラタン。

18par0611
もともと、大まかな予定しか立てていないので、予定変更なんて日常茶飯事。お昼ごはんは、タルティフレットにしようかと本気で悩む。だけど、今回のフランス旅行は、食事は今日のお昼ごはんと夕ごはんの2回しか機会がない。それだったら、ちゃんとフランス料理を食べようかなぁ?当初の計画通り、オデオンのル・コントワール・デュ・ルレで食べることにする。

18par0612
チュイルリー駅“Tuileries”のメトロの階段は狭い。

18par0613
チュイルリー駅からメトロ1号線に乗る。

18par0614
シャトレ駅でメトロ4号線に乗り換える。

18par0615
私の旅は行き当たりばったり。いつも行くビストロはオデオン駅が最寄駅なんだけど、気になることがあって予定を変更。

18par0616
一駅先のサン・ジェルマン・デ・プレ駅“Saint-Germain-des-Prés”で下車。

18par0617
チュイルリー公園でマルシェ・ド・ノエルが開催されているのに気がついて、サン・ジェルマン・デ・プレ教会“Église Saint Germain des Prés”でもやっていないかどうか確かめに来てみたら、私の想像通り。

18par0618
今まで、私はこの時期にパリを訪れたことがなかったんだなぁ。カウントダウンイベントのことだけを考えていたので、マルシェ・ド・ノエルのことなんて、出発前は気がついていなかった。やっぱり、実際に現地で歩いてみないとわからない発見がある。と言っても、私の事前の予習が足りないだけなんだけれど。

18par0619
小さなマルシェだけど、マルシェが開かれている雰囲気が楽しい。

18par0620
ここでもサヴォア地方の名物料理のタルティフレット“Tartiflette”が売られているけれど、チュイルリー公園のタルティフレットよりも、チーズが少ない感じ。

18par0621
アルザス地方の名物であるプレッツェル“Bretzel”も売られている。

18par0622
オデオンまで歩く。

18par0623
12時ちょっと前にル・コントワール・デュ・ルレ“Le comptoir du Relais”に到着。以前よりも混雑していないので、開店前に待っている必要はなく一巡目に着席できればいい。

18par0624
一人客だとドアの横の狭い席に案内されることが多いんだけど、今日は普通の席。このビストロは、おそらく日本のガイドブックに掲載されているんだと思うけれど、カルト(メニュー)はフランス語しかなく、ガイドブックを頼りにここに来た人はメニュー選びに苦戦する日本人を見かけることが多いので本当に要注意!

18par0625
私はここに来ると、一期一会で次回は食べることのできない日替わりメニューから選択することが多い。日替わりメニューは店内の鏡に書かれている。このビストロの必勝法として、もしもメニューが読めなかったら、鏡に書かれている日替わりメニューの中から前菜、メインを選んでしまう方が美味しいものを間違いなく食べられるかも。

18par0626
グラスワインを2杯以上飲むならカラフェのワインを頼んだ方がお得なんだけど、今日はグラスワイン1杯にしておく。

18par0627
料理を待っているととても気になることを見つけてしまう。おぉ、ジャポネーゼのマドモアゼル、食事前からポットの暖かい紅茶を頼んでしまったのね。クリスマスシーズン、お正月をパリで過ごす、それなりに意識が高い女子なんだと思うんだけど、うーん、フランス料理の作法として、これって「あり」なのかなぁ?まぁ、断られることなく持ってきているし、ビストロだから好きなように頼めばいいのかなぁ?私としては、東京のミシュラン一つ星のフレンチレストランで、アラカルトで一番最初に「チーズ盛り合わせ」とビールを注文した女子を目撃して以来の衝撃で、私個人としては作法としてはどうなんだろう?と悩んでしまう。でも、フランスでも作法は変化しており、私の「固定観念」や「ステレオタイプ」、「偏見」があるのかもしれない。もしかしたら、食事の最初に暖かい紅茶を頼むのはスマートじゃないと信じている私の価値観が古いのかもしれないなぁ。

18par0628
前菜はカボチャのポタージュ“Veloute de courge marrons”。解読できたのはここまで。だけど、このビストロの“Veloute”は間違いなく美味しいので、この単語を見つけたら私は即決。最初にクルトンなどの載ったお皿がサーブされる。

18par0629
ポットに入ったスープが注がれて料理が完成。想像通り、このビストロの“Veloute”は美味しい。

18par0630
日替わりのメイン料理は一種類しかなく、牛肉ということしかわからないけれど、ミディアムで注文。

18par0631
やっぱり、ル・コントワール・デュ・ルレ“Le comptoir du Relais”は、お値段は安くはないんだけど、美味しい。それに、ランチは予約を取らないので、ふらっと一人でも入ることができるのがいい。

18par0632
いつもの通り大好きなババ“Baba au rhum ”を頼んだら、日替わりデザートのサヴァランが来た。いつものババと違って、パイナップルが載っている。

18par0633
エスプレッソを飲みながら食後の余韻を楽しむ。大晦日のパリで行いたいことの4番目は、ル・コントワール・デュ・ルレでお昼ごはんを食べること。順調にあらかじめ考えていた大晦日のミッション達成。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年10月20日 (日)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(3)大晦日の「ちょっとだけルーヴル美術館」

18par0501
ストレーのエクレールを食べて、フォーラム・デ・アール“Forum de Halles”のクリスマスツリーをぼーっと眺める。まだ、周囲は薄暗い。今回の目的はシャンゼリゼ大通りのカウントダウンイベントに参加することだけど、まだたっぷりと時間がある。

18par0502
このところ、パリにはよく来ているので、今日は何をしようかなぁ?と考えた時に、そういえばルーヴル美術館にはたぶん2000年以来、行っていない。そもそも、私は写真がなかった時代の絵画よりも印象派の方が好きなので、ルーヴルに行くなら、オルセー美術館やオランジュリー美術館、マルモッタン美術館に行ってしまう。久しぶりにルーヴル美術館に行ってみよう。ということで、大晦日のパリで行いたいことの3番目は、ルーヴル美術館に行ってモナリザを見ること。

18par0503
シャトレ駅からメトロ1号線に乗り、パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル駅“Palais Royal - Musée du Louvre”に向かう。

18par0504
今回の旅行はリュックサックだけの旅なので、荷物を少なくするために実はガイドブックを持ってきていない。出発直前にルーヴル美術館に行こうと決めて予約をしようとしたけれど、午前中早い時間の予約はもういっぱいなので、当日券で勝負をかけてみる。
※2018年12月31日現在。現在の入場方法については、最新情報を確認してください。

18par0505
メトロの駅から地上に出る。

18par0506
出発前にインターネットの情報で、地下にも入口があって地上よりも並ばないなどの情報を見つけたんだけど、よくわからないので、王道である地上からの入場を目指すことにする。

18par0507
ルーヴル宮殿の中庭に入る。

18par0508
ガラス張りのピラミッドが入場口。列ができているものの、開場前なので入口が見える位置。

18par0509
ピラミッドの入場口で行われていることは、手荷物のX線検査。手荷物検査さえ突破してしまえば、ルーブル美術館の中は広いので混雑していない。

18par0510
チケット売り場は自動券売機と有人のチケット売り場があるんだけど、当日券でもそんなに並ぶことはない。とにかく、ここに来るまでのセキュリティチェックを抜けることが勝負。

18par0511
美術館を歩くのにリュックサックは邪魔なので預けてしまうことにする。

18par0512
ロッカーはたくさんある。料金は無料で番号式。ロッカーがたくさんあるので、ロッカーの番号は覚えておくか、写真を撮ってしまったほうがいいかも。実はこの写真も、場所がわからなくならないようにロッカーの番号の記録用に撮ったもの。

18par0513
ルーブル美術館は広大なので、入場してしまえば内部が混雑していることはない。むしろ、日本の美術館の特別展の混雑具合が異常だと思う。今回は大晦日のルーブル美術館見学は、「ちょっとだけルーブル美術館」なので、ドゥノン翼を中心に所要予定時間はたった2時間で、有名な絵画をざっと感じるだけにする。というのも、私は作品をじっくりと鑑賞していられる時間は、せいぜい2時間。それ以上だと疲れてしまって、作品からインスピレーションを感じられなくなってしまう。

18par0514
最初から目指す作品はモナリザ。モナリザを目指して歩いていくと、さっそく、人だかりができている作品を発見。この絵だって、日本の美術館に来たら、大混雑でゆっくり見ることはできないだろう。

18par0515
7月革命を描いたウジェーヌ・ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」。画面から飛び出してきそうな迫力。全体的には抑えめの色彩にトリコロールの旗が目立っている。

18par0516
今回は大晦日にモナリザを見るのが目的。さすがにモナリザには人だかりができている。だけど、ホールは広いので日本の美術館よりも混雑していない。自分の目で作品を感じるというよりは、写真を撮ることが目的の人が多く、作品を味わって鑑賞する人は少ないかも。並んでいれば、最前列でモナリザを見ることができる。

18par0517
2000年にもこのモナリザを見ているけれど、改めて小ささを感じる。こんなに小さかったっけ?そして、残念なのはガラスで覆われてしまっていること。ガラスに光が反射してしまうのが見える。

18par0518
すぐに最前列に進み、目の前でモナリザとしばらく見つめ合う。

18par0519
モナリザと同じ部屋にヴォロネーゼの「カナの婚礼」がある。モナリザと違って、こちらはものすごく大きなサイズの作品で迫力があり、宴会に自分が入り込んでいるような気分。

18par0520
「モナリザ」と「カナの婚礼」が展示されている部屋を出ると、すぐの場所にラファエロの「聖母子と幼き洗礼者聖ヨハネ」(美しき女庭師)が展示されている。

18par0521
今回のルーヴル美術館は、モナリザを久しぶりに見てみようと思っただけなので、作品をゆっくり見るつもりは最初からなく、「大晦日のルーブル美術館」では教科書に載っているような作品だけを見ればいいと思っているので、たぶん、せっかく来たのにもったいないと思う人もいると思うけれど、私の場合は一生に一度のパリというわけではないと考えているので「また来ればいい」と思っている。

18par0522
ということでこちらも巨大な作品で、自分がその場面に立っているような雰囲気を感じる「ナポレオンの戴冠式」。今回、絵画についてはドゥノン翼しか見ないことにする。なお、教科書に載っているような作品を巡ったという雰囲気を表現したかったので、実際に見た全ての作品をこの旅ブログには紹介していない。そもそも、ルーブル美術館が大好きな人はたくさんいて、作品を解説してくれているブログはたくさんあるので、ルーブル美術館のことを詳しく知りたい場合は他のブログを参照してほしい。

18par0523
ドゥノン翼から、階段に向かって歩いていると、人だかりができている彫刻がある。

18par0524
躍動的な「サモトラケのニケ」は船の舳先のような台座に置かれている。

18par0525
アントニオ・カノーヴァ「アモルの接吻で蘇るプシュケ」は、2000年にルーヴル美術館を訪れた時に私が気に入った作品のひとつ。

18par0526
そして、ルーブル美術館に来たからには、特に今回は教科書に載っているような有名作品のハイライトを見るのが目的なので、「ミロのビーナス」は避けては通れない。

18par0527
ルーブル美術館は広いので見学者が分散しており、有名な作品といえども、じっくりと見ることができるのがいい。これが日本国内の特別展で来日すると、人だかりを見に行くようなもので、じっくりと作品を見ることができない。

18par0528
適当に歩いていたら、城壁のような場所に迷い込む。

18par0529
2007年12月に阪急交通社の団体パッケージツアーでエジプトに行ってから、エジプトの展示を見るのが好き。当時は「アラブの春」の前で、トルコツアーと並び、エジプトツアーも人気だった。その時に「ルクソール宮殿」のオベリスクの片割れが、パリのコンコルド広場にあることを知る。

18par0530
「書記座像」の彩色は当時のままなのかなぁ?

18par0531
ルーブル美術館は「ルーブル宮」としても楽しむことができる。

18par0532
開場直後を狙ったのは大正解だったかも。さらに、空いている時間にハイライトの早回りをしたのも正解だったのかも。これから見学を始める入場者がどんどん向かってくる。人気があるドゥノン翼の作品を先に見学してしまい、残りはゆっくり見学するというのが必勝法なのかもしれないなぁ。

18par0533
カルーゼル・デュ・ルーヴル“Carrousel du Louvre”にある逆ピラミッド“Pyramide inversée du Louvre”。

18par0534
かつて小説の「ダ・ヴィンチ・コード」で登場した石のピラミッド。今回のルーブル美術館は「ちょっとだけルーブル美術館」としてハイライトの作品だけを見てまわったけど、ルーブル美術館は全部を見ようとせずに、テーマを絞って少しずつ見学をするのが私には向いているような気がする。作品を全部鑑賞しようとすると、私は疲れてしまって、後半は作品からインスピレーションを感じられなくなってしまう。以前に見たことがあるからと訪れることのなかったルーブル美術館だけど、これからはたまに訪れて少しずつ見学するのもいいかもしれないなぁ。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年10月17日 (木)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(2)大晦日早朝にラファイエットそばのカフェで朝ごはん。

18par0401
大晦日の朝のロワッシーバスは渋滞もなく、あっという間にオペラに到着。まずは、荷物を整理してさらに身軽になるためにホテルを目指す。

18par0402
以前にギャラリーラファイエットの裏手にあるホテル・プリンス・アルバート・オペラ“Hôtel Prince Albert Opéra”に宿泊したことはあるんだけど、今回はラファイエットの並びにある別のホテル。

18par0403
早朝で静まり返っているラファイエットの前を歩く。

18par0404
デパートのショーウインドウがクリスマス仕様になっていて楽しい。

18par0405
テーマはなんだろう?ひとつひとつのディスプレイが違うから面白い。

18par0406
以前に年明け1/6出発でアルザスに行ったことはあるけれど、クリスマスシーズンにフランスに来たことは今回が初めてなので、デパートのショーウインドウを見ているだけで楽しくなってしまう。

18par0407
フランスではクリスマスの装飾はエピファニー“Épiphanie”まで続いている。したがって、12月25日を過ぎてもクリスマスを楽しむことができる。

18par0408
ラファイエット通り“Rue la Fayette”を進む。左手にはH&Mがある。

18par0409
すぐにホテルと書かれたサインが見える。ここが今日宿泊するホテル・エクセルシオール ・オペラ“Hôtel Excelsior Opéra Paris 9e”

ホテル エクセルシオール オペラ“Hôtel Excelsior Opéra Paris 9e”
https://hotel-excelsior-opera.com/fr

18par0410
12月に入ってから、代理店を通さずにホテルの予約サイトから部屋代94ユーロ+朝食14ユーロ=108ユーロで手配。リュックサックの中から折りたたみバックを取り出し、重くはないんだけど町歩きにはかさばるため、町歩きには必要がない着替えや洗面用具などを入れた折りたたみのサブバックを預けることにする。これで町歩きの準備完了。

18par0411
だけど、大きな問題は遅延もなく、ロワッシーバスもものすごく早くパリ市内に着いてしまったために、朝7時過ぎで、日曜日であるためにまだ町が眠っている。灯りがついていたオスマン通り沿いのカフェ・マノワール“Manoir”で朝ごはんを食べることにする。

18par0412
開店直後で今日、初めてのお客さん。私は基本的に朝からホテルの外に出かけるのは面倒なので、少し高くてもホテルで朝食をとることが基本なので、カフェで朝ごはんセットを食べることってほとんどない。大晦日のパリで行いたいことの1番目は、カフェで朝食を食べること。

18par0413
一番シンプルな8ユーロのセット、ア・ラ・パリジェンヌ“Petits Déjeuner à la Parisienne”を注文。クロワッサン、タルティーヌ、オレンジジュース、温かい飲み物のセット。

18par0414
半分に切られたバケットにはバターがすでに塗られている。

18par0415
バターとジャムをたっぷり塗ったタルティーヌだけでも、幸せな気分になれる私は安いもの。

18par0416
まだ朝早すぎて薄暗いので観光するには早すぎる。今日の周遊プランは珍しく大まかには考えてきてはいるんだけど、私は気になるものをみつけるとすぐに脱線するので予定通りに周遊できるかなぁ?珍しく事前に考えているプランに従って、ショセ・ダンタン=ラ・ファイエット駅“Chaussée d'Antin - La Fayette”からメトロ7号線に乗ってシャトレに向かうことにする。

18par0417
日曜日早朝はメトロの駅も人通りが少なく、車内も空いている。

18par0418
シャトレ駅“Châtelet”で降りる。メトロ7号線は、ポンヌフ駅“Pont neuf”からセーヌ川に沿って走っていて、シャンジュ橋“Pont au Change”のそばにシャトレ駅がある。シャトレ駅は東京の大手町駅と同様に路線によって場所が違ってしまい現在地がよくわからないので地上に出てしまうことにする。

18par0419
地上に出るとサン・ジャック塔が見える。ここがカミーノ、すなわちサンティアゴ・デ・コンポステーラへと続く巡礼路であるトゥールの道の出発点。かつては教会“Église Saint-Jacques-la-Boucherie”の一部だったんだけど、教会はなくなり、塔だけが残っている。

18par0420
ネズミの看板の“AUROUZE”。

18par0421
看板に偽りなく、ネズミなどの害虫駆除のお店みたい。古い町であるパリにはネズミはたくさんいるんだろうなぁ。フランスというだけでおしゃれだと思い込んでいる人たちには申し訳ないんだけど、これが現実のパリ。

18par0422
歩いていたらショッピングセンターであるフォーラム・デ・アール“Forum de Halles”にたどり着く。ここは私もよく来る場所。

18par0423
カノペ“Canopée”と呼ばれる新しくできたエリアに入る。もちろん、まだお店は開いていない。広場にはクリスマスツリーが立っている。

18par0424
もともとフォーラム・デ・アール“Forum de Halles”のあった場所にはパリの市場「レ・アール」“Les Halles”があったので、北側に伸びるモントルグイユ通り“Rue Montorgueil”は、パリの中心でありながら、生鮮食料品の小売店が並んでいて楽しい場所。

18par0425
モントルグイユ通りのカフェで朝ごはんを食べても良かったかもしれないなぁ。

18par0426
朝からモントルグイユ通りに来た理由は、ストレー“Stohrer”に来たかったから。街角のパティスリーで「タルト・オ・シトロン」を食べることはあっても、パリで有名パティスリー巡りはしないので、ストレーにわざわざ来ることはなかった。

18par0427
パリのサロン・ド・ショコラの会場や、新宿伊勢丹で行われる「フランス展」では食べたことがあるんだけど、実はストレーの本店でエクレールって食べたことがない。

18par0428
アリババ“Ali baba”って3種類もあったんだ。アリババも食べてみたいところだけど、これは次回のお楽しみにとっておくことにする。

18par0429
ストレーはお店も小さくて、イートインスペースもないのでエクレールをテイクアウトして、フォーラム・デ・アールに戻ってくる。

18par0430
フランスのケーキの包み方って面白い。

18par0431
大晦日のパリで行いたいことの2番目は、ストレー本店で買ったエクレールを食べること。キャラメル味のエクレール、美味しくて幸せな気分。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年10月13日 (日)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(1)格安料金でエールフランスに乗れる裏技を使ってパリへ。

18par0301
2018年12月31日、日曜日。上海浦東国際空港第1ターミナル。中国というだけでケチをつけたい一部の人だったら「設計がひどい」と感じるだろうけれど、この第1ターミナルはパリ・シャルル・ド・ゴール空港を手がけたポール・アンドリューの設計。フランス人の設計ということがわかると「おしゃれなデザインの空港」と感じるかもしれない。

18par0302
中国の空港の特徴と言えば、熱湯をもらえる場所があること。2002年に上海で行われた国連の高齢者問題のカンファレンスに参加した時についでに蘇州まで列車で恩師を訪ねたんだけど、その時の乗客のほとんどが水筒にお茶の葉を直接入れて器用にお茶を飲んでいた。その時に感じた汽車旅の風景が思い浮かぶ。

18par0303
パリ行きのエールフランスAF111便(MU8661便)は24番ゲートからの出発。中国東方航空の航空券だけど、コードシェア便なので実際の機材とスタッフはエールフランス。今回の航空券は、中国東方航空の格安な運賃でエールフランスに乗れてしまう裏技的な航空券。でも、まぁ、エールフランスがものすごくいいかといえば微妙なんだけれど。

18par0304
エールフランスAF111便「巴黎」行きは、定刻通り0:10に出発予定。

18par0305
エールフランスの機材は、日本線でもお馴染みのボーイングB777-200ER。エアバスA380でもボーイングB777-300ERでもないので、この時期は需要が小さいのだろうなぁ。または、他の高需要路線に機材をやりくりした都合なのかもしれないけれど。

18par0306
乗客はきちんと列を作り、スムーズに搭乗。

18par0307
もしも中国というだけでケチをつけたい一部の人にとっては、この機材が中国東方航空だったら、ボーイング777の3-4-3の横1列10席のエコノミーのコンフィグレーションを「狭い!奴隷船仕様!」とケチをつけるのだろうと思うけれど、残念ながら、この機材はエールフランス。

18par0308
いつもの通り、ヘッドフォンとアイマスクが配られる。

18par0309
アイマスクは鳥が描かれていて、いくつかのパターンがあるみたい。

18par0310
定刻通りにドアクローズし、私の大好きなエールフランスの機内安全ビデオが始まる。

18par0311
特にお気に入りの“ à l'avant , au centre , à l'arrière”のオテスの仕草。本当は、エールフランスの国内線やヨーロッパ内の個人モニタのないエアバスA320などで運航される路線で実際にオテスがそろってこの仕草をするのが好き。最近、エールフランスのヨーロッパ路線に乗っていないなぁ。

18par0312
中国経由便は北回り航路なので、南回り航路の東南アジア経由や中東経由よりもトータルの所要時間が短くなる。

18par0313
安定飛行に入ると機内食の時間。深夜便なので羽田発エールフランスAF293便と同様に飲み物のカートはなく、食事と一緒に配られる。中国というだけでケチをつけたい人たち、またはフランスというだけでおしゃれだと思い込んでいる人たちだったら、エールフランスの機内食というだけで「さすが、グルメの国」という感想を持つかもしれないけれど、この機内食は上海で作られて積まれたもの。「上海で作られた」と聞いた途端に、「まずくて食べられない」と一瞬にして評価が変わるかもしれないなぁ。見た感じは、エールフランスの上海で積まれた機内食、美味しそうな感じ。

18par0314
食前酒は、いつもの通り「パスティス」。毎回、書いていることだけど、このブログを見て興味本位でパスティスを飲んだこともないのに頼むのは辞めておいたほうがいい。素直にシャンパンを選択した方が絶対に、絶対に無難。

18par0315
サラダはフェタチーズが入ったギリシャ風サラダ“Salade grecque à la feta”。ちゃんと、ギリシャ風になっている。普通に美味しい。

18par0316
メインは、ちょっとジャガイモのピュレが多いけれど、コック・オー・ヴァン“Coq au Vin”。味つけも悪くない。上海の機内食工場のレベルがあがっているのかもしれないなぁ。

18par0317
そして、いつもの通り、ディジェスティフはポワール。上海発だけどいつものエールフランスの雰囲気を楽しむ。

18par0318
エールフランスは基本的には飲み物を配ることはなく、軽食やお菓子を配ることもなく、ギャレーで好きな時に自分で食べたり飲んだりしてねというスタイル。自由に持っていける状況だけど、乗客によって大量に持ち去られている様子はない。

18par0319
エールフランスのサービスのスタイルは、アジア系のちやほやされるサービスに慣れてしまうと、日本人の団体パッケージツアーのお年寄りには理解されないかもしれないなぁ。そう言えば、HISのエールフランスの口コミ情報でおもしろい書き込みをみつけてしまった。
************************************
★☆☆☆☆
たけし兵庫県30代女性
「ん?」
寝てる最中に突然起こされて、リクライニングを戻すよう促されました。寝ぼけていたので、もう着陸態勢なのかと勘違いしたのですが、軽く1時間以上。それにしても、忙しいタイミングでもなかったのに何の説明もなければ背もたれをバンバン叩かれただけで、エコノミーだったからかな?客を雑に扱いすぎではないでしょうか?? 帰ってしばらく経ちますが、これまでのフライトで一番不愉快なものでした。
2019年03月22日投稿
引用:HIS https://www.his-j.com/kuchikomi/index.html
************************************
1時間経ったくらいでリクライニングを戻すように促された。文脈からは断定できないんだけど、もしも「離陸後」軽く1時間以上だったら状況は容易に想像できるような気がする。もちろん、たけしさん(女性)は、機内食は食べなかったんだろうなぁ。「他の人」は機内食を食べても、「自分」は食べないでずっと寝ているんだからリクライニングはフルで倒し続けてもいいと思っているんだろうなぁ。いや、こういう人に限って、ちゃんと機内食を食べていたりして。こういう人は「自分」が機内食を食べたい時に前の座席の「他の人」が寝ていてフルリクライニングの状態でも気にならないのかなぁ?いや、絶対に客室乗務員に前に座る「他の人」にリクライニングを戻すように言えとクレームを入れるだろうなぁ。

でも、この想定だとあからさまに「私はおバカさんです」と言っているようなものなので、「離陸後1時間」ではないのかもしれないなぁ。そう思って違う状況を一生懸命考えてみても、食事時以外にリクライニングを戻すように促される状況ってあるかなぁ?本人の行為が他者に迷惑をかけていない限り、促されることってないと思うんだけど。ましてや、基本的に乗客は放置のエールフランスだし。ネガティブな口コミって考えさせられておもしろい。

18par0320
バルト海上空あたり、到着1時間半くらい前になると朝食が配られる。

18par0321
ホットミールはフレンチトースト“Pain perdu aux pommes et sauce vanille”。ちょっとクロワッサンが痩せていて残念な感じ。上海で積まれたエールフランスの機内食は概ねよくできていたけれど、上海で積まれたクロワッサンに関しては、はっきり言って改善の余地あり。

18par0322
エールフランスAF111便はパリ・シャルル・ド・ゴール空港に向けて高度を下げ始める。大聖堂とシャンパンで有名なランス上空までくれば、着陸する滑走路の方向にもよるけれど、まもなく着陸。

18par0323
大晦日のパリ・シャルル・ド・ゴール空港に着陸。今日のパリはそんなに寒くない。

18par0324
サテライトLに到着し、シャトルに乗ってターミナル2Eのメインターミナルへ向かう。

18par0325
私もパリを愛してますよ。今回はリュックサックひとつの旅で、預けてある手荷物がないのであっという間に到着ロビーへ。

18par0326
今回のホテルはギャラリー・ラファイエットのそばにある初めて宿泊するホテル。荷物はリュックサックひとつなのでこのまま町歩きをしてもいいんだけど、まずはホテルに行って着替えや洗面道具などを預かってもらい、リュックサックを身軽な町歩き仕様にすることにする。それに、町歩きをするには朝早すぎる。

18par0327
オペラに行くんだったら、ロワッシーバスに乗った方が便利だし安全。バス乗り場を目指す。

18par0328
自動券売機でロワッシーバスのチケットを購入する。

18par0329
現在の時刻は朝6時14分。あと13分でバスが来る予定。

18par0330
時間が近づいてきたので待合室を出てバス乗り場へと向かう。

18par0331
オペラ行きのロワッシーバスが近づいてきた。このバス停が始発のバス停というわけではなさそうで、お客がいなければ通りすぎて行ってしまいそう。と言うよりも、ここはフランスなので間違いなく通りすぎて行ってしまう。待合室で待っていてもバスは見えないので、寒くても絶対に外のバス停で待っていた方がいい。フランスというだけでおしゃれだと思い込んでいる人たちには大変申し訳ないんだけど、現実のパリはそんなもの。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年10月10日 (木)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 1日目(2)「ほんまもんの中国東方航空」で上海へ。

18par0201
定刻通り、羽田空港で中国東方航空MU540便に搭乗。私にとって、人生初めての「ほんまもんの中国東方航空」となる。ボーイング777のエコノミーは、3-4-3の横1列10席のコンフィグレーション。中国というだけでケチをつけたい人たちだったら「狭い!奴隷船仕様!」とケチをつけるだろうけれど、その人たちはANAのB777のエコノミーのコンフィグレーションをどうコメントするのだろう?エールフランスのB777のエコノミーのコンフィグレーションだったら、「さすがは、おフランスのエスプリを感じられる」とでもいうのかなぁ?どちらも、中国東方航空と同様の横1列10席の詰め込み仕様のコンフィグレーションなんですけれど…。

18par0202
ボーイングB777-300ERは、ヨーロッパや北米行きの長距離路線に使われる機材なので個人モニタもついているけれど、日本路線は短距離路線なのでボーイングB737やエアバスA320やA321などのナローボディ機で運航されることもあるだろう。そのような短距離路線用の機材には個人モニタがついていないこともあるかもしれない。

18par0203
機齢2.6年とあって、最新の設備で個人モニタも大きい。

18par0204
USB端子もあって、充電も可能。

18par0205
機内安全ビデオは、全編アニメーションのまじめなタイプ。

18par0206
日本語で「使用時には機内モードをオンにしてください」という案内が出る。2016年に中国国際航空に乗った時は、スマートフォンの電源は完全にオフにしなければならない中国ローカル仕様だったのが変化している。私も今日搭乗するまで知らなかったんだけど、たった2年ちょっとの間でもルールが変化している。2年前の電源を切らなければならない中国ローカル仕様のことを、すでに時代は変化しているのに「中国の飛行機ってスマホの電源まで全部切らなくてはならなくて、おかしい」と今でも自慢話として語っている人がいるんじゃないかなぁ?そう、時代の変化で現在は事実と異なっているのに、過去の知識や体験をいつまでも自慢話、武勇伝として引きずってしまう人って残念ながらけっこういる。私も常に時代は変化していることを肝に命じて気をつけているけれど、情報の更新ができていないことがあるかもしれないなぁ。

18par0207
定刻通りにドアはクローズし、羽田空港を離陸する。

18par0208
機内エンターテイメントシステムには日本語の日本映画もある。日本語表示はされないけれど、フランス語のTAXi5を見ることができる。

18par0209
安定飛行に入ると機内食の時間。中国というだけでケチをつけたい人たちだったら、中国東方航空の機内食は「まずくて食べられたものじゃない」と叫ぶに違いない。だけど、よーく考えてみてほしい。見た目から言えば、ごまがのったごはんはふっくらと盛られている。魚の煮付けに豆腐などのおかずも日本的である。奥には、巻き寿司とつみれの焼き鳥がある。魚の形をした「しょうゆ」がついている。実際に食べてみると、味つけも悪くないし、少なくとも機内食としては普通の味で、けっしてまずくて食べられないレベルのものではない。さて問題です。この機内食はどこで作られたものでしょう?

18par0210
啤酒(ピーチュウ)は、緑色の青島啤酒なので中国製なのは間違いない。

18par0211
機内食セットにあった「おしぼり」を観察してみると日本語で印刷してある。しかも日本語のみの印刷。

18par0212
「薄皮まんじゅう」と日本語で書かれたまんじゅうが入っている。短距離路線では上海で往復分が積まれた可能性はあるけれど、これらのことから判断すると、この機内食は日本の羽田空港で積まれたもの。この機内食を「まずくて食べられたものじゃない」と感じたのであれば、それは中国東方航空のせいではなく日本国内で製造された日本の機内食工場がひどいということ。先入観や偏見によって中国系航空会社を批判するつもりが、日本の機内食工場を批判していることになる。でも、機内食で検索してみると、自分の舌でニュートラルに味わうのではなく、「偏見」で味を判断している記事ってけっこうあったりするからおもしろい。

18par0213
機内食が終わるとあっという間に長崎上空付近。

18par0214
まもなく上海浦東国際空港に着陸態勢に入る。

18par0215
すでに着陸態勢に入っている。中国東方航空MU540便は定刻では21:05着の予定が30分ほどの早着となりそう。中国東方航空は遅延するどころか、スケジュールよりも早く到着しそう。

18par0216
無事に中国東方航空MU540便は上海浦東国際空港に到着し、ボーディングブリッジを歩き、ターミナルに向かう。残念ながら「中国東方航空はかなりひどいらしい」体験をすることなく、時間的にも早着し、サービスも気になることはなくごく普通のサービス。

18par0217
羽田空港から乗ってきた中国東方航空のB777の2機先には、トリコロールカラーの尾翼が見える。きっと、あの飛行機がエールフランスAF111便。

18par0218
前回、中国国際航空を利用した時はターミナル2だったんだけど、今回はターミナル1なのでターミナル内のレイアウトが異なる。中転“Transfer”の表示に沿って歩く。

18par0219
入国しない乗り継ぎ客には必要なのかはよくわからないけれど、外国人の列を進むと指紋登録マシーンが置かれている。この先がどうなっているかわからないんだけど、ターミナル1はスルーチェックイン済みの乗り継ぎ客でも入国審査が必要なのかなぁ?でも、あらかじめ機械で指紋を登録する仕組みは入国審査がスムーズに進むんだったら良い気がする。韓国の空港では入国審査場でいちいち指紋を確認するので入国審査に時間がかかるし、日本の空港でも外国人の入国審査はおそらく韓国同様にいちいち入国審査場で顔写真と指紋を取っているので時間がかかるのだろう。どうせ、結果的に顔写真と指紋を取られるんだから、先に登録を済ませておいて入国審査がスムーズに進んだ方がいい。

18par0220
ターミナル1での乗り継ぎの場合は入国審査場が目の前に見える場所を左側に曲がる。全体的な流れは目の前にある入国審査場に進んでしまうので見落としやすいけれど、入国せずに入国審査場の直前を左に曲がる。上海浦東国際空港第1ターミナルの乗り継ぎにはいったん中国に入国する必要はない。
※同一ターミナルでの国際線どうしの乗り継ぎで、いったん中国に入国したとの先行研究を見かけることがありますが、おそらく全体の流れに乗ってしまい、表示を見落として入国してしまった「個人的なミス」であると思われます。「個人的なミス」がそもそもの原因であるのに、乗り継ぎが面倒であるというネガティブなコメントにつながっているケースがあると思われます。

18par0221
手荷物検査場は空いていてあっという間に出発フロアへ。上海浦東国際空港については、2016年に引き続き、あっさりと待ち時間なしで出発フロアに出られてしまっている。時間がかかるという情報が書かれていることがあるんだけど、あっさり通過できてしまったのは深夜だからなのかなぁ?以前はたくさん押されたような気がするスタンプも1つになっているし、トランスファーの手続きも他の国の空港と変わらないし、中国だから特別に時間がかかるということもない。

18par0222
出発案内板を見てゲートを確かめることにする。

18par0223
中国東方航空で航空券を手配する時に注意点としては、ほぼ同時刻に出発する中国東方航空の自社便である0:05発のMU553便とエールフランス運行のコードシェア便である0:10発のMU8661便(AF111便)がある。エールフランス便を選ぶ時は4桁のMU8661便で手配すること。ふと、出発案内板を見て、MU771便とまったく同時刻に出発のアムステルダム行きのKL894便も中国東方航空のコードシェア便であることに気がつく。ということはアムステルダムも中国東方航空の航空券でKLMに乗る「裏技」が可能。KLMはソウルからは深夜便を飛ばしており、日本からも深夜便を飛ばしてくれればいいのになぁ。エールフランスと同じグループだから、少なくとも東京からは飛ばさないんだろうなぁ。それに、残念ながらオランダは羽田空港の日中の発着枠を持っていない。

18par0224
中国東方航空MU540便が早着した影響と、乗り継ぎ手続きがスムーズだったために、乗り継ぎ時間はたっぷり3時間ある。運よく定刻通りだった場合はいいんだけど、遅延することもあるので、遅延した時に不安になるので十分な乗り継ぎ時間があったほうが私は好き。

18par0225
以前に中国国際航空を利用した時にはターミナル2だった。ターミナル2には中国東方航空のビジネスクラスラウンジがあって、シャワーもあって、豪華なラウンジだったけど、中国東方航空が使用するターミナル1にはないみたい。

18par0226
けっきょく、中国東方航空のメインターミナルであるターミナル1のラウンジは、プライオリティパスとは提携しなくても自社のお客さんがいるから、中国東方航空の自社ラウンジとは提携していないんだろうなぁ。搭乗ゲートに近いファーストクラスラウンジ37に入ることにする。

18par0227
ファーストクラスラウンジ37は、空港の出発フロアの一部分なので、そんなに広くはない。もちろん、シャワーの設備もない。

18par0228
ビールは冷蔵庫に入れられた缶ビール。青島啤酒(ピーチュウ)の他にハイネケンも置いてある。一番下には牛乳やヨーグルトもある。

18par0229
軽食コーナーの棚にはカップラーメン。暖かい食事も用意してありそう。

18par0230
チャーハンに野菜炒め。

18par0231
上海焼きそばに、トマト味のズッキーニの炒めもの。

18par0232
パリ行きの出発まで時間があるのでラウンジで、ビールを飲みながらまったりと過ごす。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ