2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2020夏の新しい旅行スタイルは伊豆・稲取銀水荘で温泉旅館巣ごもり旅(1)白浜大浜海水浴場でのんびり過ごす。 | トップページ | 2020夏の新しい旅行スタイルは伊豆・稲取銀水荘で温泉旅館巣ごもり旅(3)稲取銀水荘の部屋で巣ごもる私の新しい旅行スタイル。 »

2020年9月26日 (土)

2020夏の新しい旅行スタイルは伊豆・稲取銀水荘で温泉旅館巣ごもり旅(2)巣ごもり旅の宿は、稲取銀水荘。

20int0201
今回のホテルは、稲取銀水荘。私の考えた「新しい旅行スタイル」では、当初はホテル内でも人との接触を避けるために「素泊まり」を考えていたんだけど、GoToトラベルを踏まえて、「素泊まり」から、GoToトラベルが有効活用できる1泊2食のプランがベストではないかと考えを修正している。感染症対策がきちんと取られていれば、ホテル外に夕食を食べに行ったり、食べる物を買い物に行くよりも、人との接触を少なくできるので旅館内で完結した方がいい。とにかく人と接する機会を少なくするには、むしろ旅館から出ずに巣ごもっていた方がいい。それとともに、客単価の高い旅館ほど、感染症対策がしっかりしているのではないかと考えて、旅館の部屋でのんびり過ごす「巣ごもり旅」こそが、私の考える2020年の「新しい旅行スタイル」。観光で動き回らずに、温泉に入り、部屋で読書をしたり、ビールを飲んだりして、一人でまったり、のんびり過ごす。なにもせずに部屋にこもってまったり過ごすことこそが、私の2020年夏の「新しい旅行スタイル」なんだけど、実際はこのスタイルの旅行をしている人って、すでにいっぱいいるので目新しいことじゃない。

20int0202
旅館なので、玄関まで行けば相棒であるプジョー208は係員が駐車場に入れてくれると思ったら、新型コロナウイルス感染症対策のために、誘導を受けながらクルマを自分で駐車場に入れる。いつも、安ホテルしか宿泊しない私にとってはいつもどおりのことなんだけど。むしろ、クルマを出したいときに人に頼むのは面倒なので、駐車場は自分で駐車した方がいい。

20int0203
もしも連れがいたら、歩かなくてもいいように、玄関で荷物も一緒に先に降ろしてしまうんだけど、当然ながら、ひとりなので荷物を自分で持ってフロントへ向かう。ロビーに入る前に検温を受ける。そのためにスタッフを玄関前に配置しており、やはり稲取銀水荘は感染症対策がしっかりしている印象。

20int0204
ロビー内は広すぎるくらい広い。今回、稲取銀水荘に予約を入れたのは2日前。自分の健康状態に変化がないことをギリギリまで観察していたためと、2020年は梅雨がなかなか明けず、天気予報によってディスティネーションをどこにするかを考えていた。その結果は、晴れていれば、行くべきは夏の海でしょう。

20int0205
稲取銀水荘の素晴らしいところは、一人旅、おひとり様を門前払いしていないところ。客単価の高い旅館では、2人以上でないとインターネット上では予約を入れられないところが実はけっこうあり、もちろん電話で交渉すればいいのかもしれないけれど、スタート時点でおひとり様お断りの印象を受ける。かしこまった旅館では、お一人様は門前払いされてスタート時点にも立てないのだ。その中で、名が知れた旅館でありながら、一人旅への門戸を開いており、一人客のお客さんでも、もてなしてくれる心を持つ銀水荘は、チェックインの時点から印象がいい。

20int0206
ロビーには池があり、錦鯉が泳いでいる。

20int0207
新型コロナウイルス感染症の影響で、部屋には荷物を自分で持って一人で行く。私にとってはこの方が慣れているし、むしろ、スタッフに部屋を案内されるような旅館に慣れない私は、案内されると心付けをどうしようかと悩むので、この方がいい。なお、旅館内の共有スペースではマスク着用。

20int0208
稲取銀水荘は、耐火建築がなされており、部屋の入り口は引き戸なんだけど、引き戸を開くと重厚なドアがあるという面白い構造。このドアは防火扉の役割をしており、火災発生時には防火区画を形成する。極端な話、部屋で出火しても、ドアが防火扉として機能すれば、他の部屋に延焼することはない。そして、各部屋にはスプリンクラーが設置されているので、万が一、部屋で出火しても、強烈な水圧により鎮火するために火災が発生することはないだろう。防火扉となるドアが並んでいるのは風情がないので、引き戸が作られたのだろう。私はひねくれ者なので、たぶん普通の人は気がつかないだろう防火対策のためのドアに感心してしまう。

20int0209
防火扉である重厚なドアを開けて部屋に入る。

20int0210
お茶セットは部屋に入ってすぐの場所にある。

20int0211
オーシャンビューの客室は外から光が入ってくる。

20int0212
おひとり様には十分すぎる広さ。

20int0213
ペッドボトルの水がサービスで置かれている。

20int0214
そして、机の上にはお茶菓子。

20int0215
部屋からは海が一望できる。こんな旅館に宿泊してみたかった。どうしても、おひとり様でリーズナブルなプランだと、海沿いのホテルなのに山側の部屋しか選べなかったり、眺望がよくない部屋になってしまうことが多い。一人で大きな部屋で、この風景を味わうにはもったいないくらい。あぁ、連れがいれば、この海の景色を見て感動を共感するんだろうなぁ。まぁ、感染症対策を考えると一人旅の方が望ましいんだけど。

20int0216
だいたい、旅館の冷蔵庫の位置は決まっている。

20int0217
旅館というと、瓶を引き抜くとお金が課金されるミニバーになっていることを想像していたんだけど、私のイメージは時代遅れで過去のものなのなんだろう。冷蔵庫は空っぽになっており、今では自分の好きなものを入れることができるということだろう。瓶を引き抜くと課金される冷蔵庫は、すでに子供のころの思い出なのかなぁ。今では大人なので、瓶を引き抜いてみようと思っていたのに。

20int0218
部屋の案内がない代わりに、各部屋にタブレットが設置されており、案内を受けることができる。海に向かったソファに座り、まったり過ごすという私の計画に、まさにぴったりの部屋。

20int0219
高層階ではなく4階なので、地上の風景もよく見える。銀水荘の前は砂浜のビーチではなく、岩場の海岸。人の姿が見える。

20int0220
どうやらダイビングスポットになっているみたい。

20int0221
チェックインの時に説明を受けたんだけど、6階にあるラウンジでウエルカムドリンクのサービスを受けることができるというので、マスクを着用してラウンジに向かう。チェックインが早かったためか、ラウンジにはほとんど人がいない。

20int0222
ジュースなどはセルフサービス。

20int0223
ちょっとカップが小さいけど、生ビールも無料で飲むことができる。生ビールが飲めることは知らなかったので、予想外のおもてなしに幸せな気分。

20int0224
生ビールを飲みながら、ぼーっと海を眺める。まさに、今回の旅で私がやりたかったこと。おひとり様でももてなしてくれる、稲取銀水荘に来て正解だった。でも、新型コロナウイルス感染症の影響がなければ、稲取銀水荘が2日前に予約を入れられることはなかっただろうなぁ。ポジティブに考えれば、ある意味では、稲取銀水荘に来たのは、新型コロナウイルス感染症の影響があったからこそのご縁だったのかもしれない。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« 2020夏の新しい旅行スタイルは伊豆・稲取銀水荘で温泉旅館巣ごもり旅(1)白浜大浜海水浴場でのんびり過ごす。 | トップページ | 2020夏の新しい旅行スタイルは伊豆・稲取銀水荘で温泉旅館巣ごもり旅(3)稲取銀水荘の部屋で巣ごもる私の新しい旅行スタイル。 »

静岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020夏の新しい旅行スタイルは伊豆・稲取銀水荘で温泉旅館巣ごもり旅(1)白浜大浜海水浴場でのんびり過ごす。 | トップページ | 2020夏の新しい旅行スタイルは伊豆・稲取銀水荘で温泉旅館巣ごもり旅(3)稲取銀水荘の部屋で巣ごもる私の新しい旅行スタイル。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ