2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(3)ポルトのお菓子屋さん巡り。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(5)ポルトで最後の昼食は、ポルト名物トリパス“Tripas”。 »

2020年9月 3日 (木)

一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(4)ポルトの、世界で最も美しい書店「リブラリア・レロ」“Libraria Lello”へ。

19opo2801
ポルトに滞在できる時間もお昼過ぎまで。最後の観光スポットは「地球の歩き方ポルトガル」のコラムに書かれている、世界で最も美しい書店「リブラリア・レロ」“Libraria Lello”に行ってみることにする。世界で最も美しい書店があるのはクレリゴスの塔のあたり。ポルト到着初日に歩いた道を通る。まずは、市庁舎の建物があるアリアドス通り。

19opo2802
リベルダーデ広場の前に建つのは、インターコンチネンタル・ポルト・パラシオ・ダス・カルドサス。今日は曇り空のままなのかなぁ?

19opo2803
リベルダーデ広場からクレリゴス教会への坂道を上がる。

19opo2804
やっぱり、ポルトってお菓子屋さんが多い気がする。

19opo2805
ここでもパン・デ・ローが売られている。さすがにもう食べないけど。

19opo2806
坂を上り、書店に向かうと、ドウロの反対側にものすごい行列を発見。まさか、この行列が「世界で最も美しい書店」に入る行列?

19opo2807
ここが世界で最も美しい書店「リブラリア・レロ」“Libraria Lello”。やはり、お店に入るためには道路の反対側の行列に並ぶ必要があるみたい。

19opo2808
並んでいる人は中国本土なのか台湾なのか華僑系の人かはわからないけど、中国系の人が多い。

19opo2809
書店に入場するためには、書店より少し先にあるこのお店でヴァウチャーを購入する。書店では、そのヴァウチャーで本を買うことができるんだけど、実質上は入場料となっている。最初から列に並んではいけない。まずはこのお店でヴァウチャーを買ってから並ぶ必要がある。

19opo2810
ヴァウチャーを買うにも列に並ぶ。

19opo2811
大きな荷物を持っての入店はできないので、貴重品以外の荷物をロッカーに預ける。

19opo2812
そして、道路の反対側の列に並ぶ。書店の前まで来れば、もう少し。

19opo2813
いよいよ、書店に入店できる。たしかにアールヌーヴォーの雰囲気がすてき。しかも、ちゃんと書店として営業している。

19opo2814
入店者数をコントロールしているために、混雑はしているけれど自由に本を見ることができる。

19opo2815
書店の中央にあるのは「天国の階段」と呼ばれる階段。

19opo2816
天国の階段を上り、2階に上がってみる。

19opo2817
らせん階段の曲線がおもしろい。

19opo2818
2階も書店なので当たり前だけど書架には本がある。博物館ではなく、書店なのだから。

19opo2819
2階の天井。明かり取りの窓なのかなぁ?

19opo2820
天井には木が伸びているような装飾。アールヌーヴォーの雰囲気。

19opo2821
「天国の階段」は、やっぱりおもしろい。

19opo2822
1階に下りて、書架の装飾を見ると、たしかに「世界で最も美しい書店」であることを感じる。旅人があと半日、ポルトに滞在できるんだったら一緒に訪れたかったけれど、彼女には彼女の予定があるわけだし、なんと言っても、彼女はこれからサンティアゴ・デ・コンポステーラからスイスに飛んで、ユングフラウヨッホでハイキングをするんだから、すごい。

19opo2823
アールヌーヴォーの装飾を堪能して、レロ書店から出る。ポルトの中で一番、行列ができる観光名所かもしれない。でも、書店の中は狭くて滞在時間は長くないので、列に並んでいればけっこう進む。

19opo2824
書店の前にはゴメス・テイシェイラ広場“Praça de Gomes Teixeira”。この建物はポルト大学。

19opo2825
広場ではダンスを披露するカップル。

19opo2826
トラムが走る絵になる風景。

19opo2827
広場から見えるのはカルモ教会“Igreja do Carmo”。側壁にはアズレージョの装飾が見える。19世紀の建物だけど、おもしろいのは左隣のカルメル教会“Igreja dos Carmelitas”と2つの教会が並んでいること。

19opo2828
今回の旅の最後にカルモ教会の中に入ってみることにする。

19opo2829
カルモ教会の中は豪華な装飾。いつものように旅を平穏に続けられていることを神に感謝する。

19opo2830
「一目惚れをしたポルト」への旅。ハルシュタットなどの他のディスティネーションの候補を押しのけて、情熱的に、電撃的にポルトに会いたいと思って来てみたけど、ポルトに来て本当に良かった。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(3)ポルトのお菓子屋さん巡り。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(5)ポルトで最後の昼食は、ポルト名物トリパス“Tripas”。 »

ポルトガル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(3)ポルトのお菓子屋さん巡り。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(5)ポルトで最後の昼食は、ポルト名物トリパス“Tripas”。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ