2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(2)ポルトのボリャオン市場へ。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(4)ポルトの、世界で最も美しい書店「リブラリア・レロ」“Libraria Lello”へ。 »

2020年8月30日 (日)

一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(3)ポルトのお菓子屋さん巡り。

19opo2701
引き続き仮設のボリャオン市場巡り。お肉屋さんコーナーを見てみることにする。

19opo2702
黒いソーセージはブダン・ノワールのように血入りのソーセージなんだろうなぁ。フランスで言うソシソン・セック“Saucisson sec”のようなドライソーセージは売られていないのかなぁ?

19opo2703
スペインだと、ハモン・セラーノやハモン・イベリコなどの豚のモモごと生ハムが吊されているけれど、ここで売られているのは小さめの燻製肉のような感じ。

19opo2704
市場の中にはおみやげもの屋さんも入っている。

19opo2705
やはりコルク細工のポーチなどが名産品。

19opo2706
最後に私は果物を見るのが好き。特に初夏のこの時期は様々なフルーツが旬を迎えている。

19opo2707
このプラムなんて美味しそう。

19opo2708
プラムにはいろいろな種類があって黄色いものや黒っぽいものもある。

19opo2709
そして、ヨーロッパでよく見かけるのがUFO。平たい桃は日本でみかけることはまずないんだけど、ヨーロッパではよく見かける。ちなみに桃は日本のように汁がしたたるような桃はまずないので、日本の桃のほうが美味しいかも。

19opo2710
そして、パン屋さんにはお菓子も売られている。

19opo2711
もちろん、定番のパステル・デ・ナタ。

19opo2712
カステラのような焼き菓子も売られている。しかも安い。

19opo2713
ブラガでたべたお菓子はこれかなぁ?“Milfolhas”というのかな?

19opo2714
一人になると、旅行のスケジュールは自分次第。気になるものをみつけるとつい寄り道をしてしまう。カステラの原型と言われているパン・デ・ロー“Pão-de-ló”よりも焼き菓子に近い感じだけど、値段が安いこともあって、つい買ってしまう。食べてみると想像通り美味しいんだけど、想像を超える美味しさはないかも。

19opo2715
仮設のボリャオン市場巡り、楽しかった。やっぱり、私は市場巡りが好き。

19opo2716
サンタ・カタリーナ通りに戻ると、パステル・デ・ナタ専門店がここにもある。雰囲気的にはチェーン店かなぁ?

19opo2717
ポルトガルではパステル・デ・ナタのチェーン店がたくさんあって、商売として成り立っている。どこでも焼きたて、作りたてのパステル・デ・ナタが食べられるなんて、幸せな町。

19opo2718
現在は工事中のボリャオン市場の周辺は食材店が並んでいる。

19opo2719
ふと、看板を見て沢木耕太郎の「深夜特急」を思い出す。お茶ことのを「チャ」や「チャイ」などの“C”で始まる発音の国と、「ティ」や「テ」などの“T”から始まる発音の国があって、全般的にアジアでは“C”で、ヨーロッパでは“T”だったのが、旅の終着点のポルトガル・サグレスでは再び“C”の国となり「『C』より出でて、今再び『C』に至ったのだ」 という話が印象に残っている。

19opo2720
昨日の夜、実はインターネットで調べていて目指していたお店。この食材店で買いたいものがある。

19opo2721
それはコンフェイト“Confeito”。金平糖はコンフェイトがなまったもの。ポルトガルのコンフェイトは大きい。これはおみやげ用で、帰国後に食べてみるとそんなに甘くなくて美味しい。

19opo2722
もう1件、昨晩インターネットで調べていて目指していたお店は、同じ通り沿いにある。

19opo2723
ここはお菓子屋さんで、ショーウインドウには焼きたてのパンや焼き菓子が置かれている。

19opo2724
このお菓子屋さんでは、パン・デ・ロー“Pão-de-ló”が売られている。そう、目的はカステラの原型と言われるパン・デ・ロー。

19opo2725
ホールで売られているものを少しだけ切って売ってもらう。ここのパン・デ・ローはしっかりと焼かれており、まさにカステラ。気がついたら、一人旅になってから、お菓子を食べてばっかり。

19opo2726
我慢していたわけではないんだけど、一人になってから、甘いお菓子に対する思いがちょっと暴走ぎみ。パン・デ・ローを食べたばかりなのに、パステル・デ・ナタ屋さんが気になってくる。

19opo2727
お店の中も広くて、休憩するにはちょうどよさそう。

19opo2728
実は“Manteigaria”はチェーン店でクレリゴス教会の手前にあったお店と同じで、このお店のパステル・デ・ナタはすでに食べているんだけど。

19opo2729
カフェスペースが広くゆったりしていて、ちょっとした休憩にはちょうどいい。

19opo2730
うーん、カミーノを旅した旅人と別れて一人旅になってからポルトガルのお菓子にかなり暴走気味。旅人に対して遠慮をしたり、特別に気を使ったつもりは全くないし、わりと私のペースで旅していたつもりなんだけど、やっぱり誰かと一緒の旅と一人旅では歩き方がちょっと違うのかもしれないなぁ。たしかに、こんなに暴走してお菓子ばかり食べていたら、女性だったとしても、ちょっと、いや、かなり迷惑かも…。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(2)ポルトのボリャオン市場へ。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(4)ポルトの、世界で最も美しい書店「リブラリア・レロ」“Libraria Lello”へ。 »

ポルトガル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(2)ポルトのボリャオン市場へ。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 4日目(4)ポルトの、世界で最も美しい書店「リブラリア・レロ」“Libraria Lello”へ。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ