2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« GOTOトラベル必勝法 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 3日目(2)ブラガで10時のおやつは巨大ケーキ。 »

2020年7月27日 (月)

一目惚れをしたポルトへの旅 3日目(1)ポルト、サン・ベント駅からブラガに向かう。

19opo1701
月が変わって、2019年7月1日、月曜日の朝。アイステイ・ホテル・ポルト・セントロ“iStay Hotel Porto Centro”での朝ごはん。さすがはポルトガル。朝ごはんにもパステル・デ・ナタがある。日常的にパステル・デ・ナタがある生活なんて、なかなか幸せ。

19opo1702
基本的にコンチネンタル・ブレックファースト。四角い食パンも置かれている。2019年3月にイギリスに行く前には気にもしていなかったけど、食パンってわりと置いてあるものなんだなぁ。

19opo1703
フルーツポンチもある。

19opo1704
先に朝ごはんを食べていると、旅人も朝食レストランにやってくる。聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指すカミーノの旅がどのようなものかと聞くと、毎日6時に起きて、朝食を食べずに6時半にはアルベルゲ(巡礼宿)を出て歩き始めるのだという。1時間くらい歩いて、よさげなバルで簡単な朝ごはん。バルで休憩しながら午前中はひたすら歩き、1日あたり20〜25キロくらい歩く。午後早いうちに宿泊する村に到着。その日のアルベルゲを探し、宿が見つかるとその後は衣類の洗濯をして、ビールを飲みながら遅めのお昼ごはん。午後は自由時間でのんびり過ごす。町を探検したり、昼寝をしたり。その繰り返し。しかも途中は牧歌的な風景で美しい風景なんだけど変化がない。飽きてしまうような同じ風景が続く地域もある。やはり、巡礼は修行なんだなぁ。

19opo1705
新鮮な果物があるとうれしいんだけど、フルーツポンチがあるので、このホテルの朝食はいいほうかなぁ?と言っても、ポルトガルの基準がよくわからないけど。

19opo1706
今日はポルトからエスカレーション。明日の朝までは時間があるとのことで、旅人と一緒に古都ブラガを目指すことにする。

19opo1707
サン・ベント駅に向かって歩く。今回のホテルは、地下鉄駅までは少し歩くけれど、サン・ベント駅前も徒歩圏内なので便利なホテルだったかも。

19opo1708
今日の天気は残念ながら曇り。サント・イルデフォンソ教会のアズレージョも輝かない。ただし、ヨーロッパって朝は曇っていても昼になると晴れてくることが多い。

19opo1709
サン・ベント駅を目指して坂道を下っていく。

19opo1710
サン・ベント駅があるあたりは谷間になっており、再び坂道をあがったところにはクレリゴスの塔が見える。

19opo1711
坂道を下りきったところがサン・ベント駅。坂を上がったところにクレリゴス教会が見える。

19opo1712
サン・ベント駅の横から構内に入ると、昨日も見た美しいアズレージョ。

19opo1713
自動券売機で切符を買ってブラガ行きの列車に乗ることにする。

19opo1714
ブラガ行きのローカル列車。

19opo1715
切符はICチップ式。チャージをすれば繰り返し使える。日本でもSUICAはあるけれど、普通きっぷも繰り返し使えるICチップ式になぜならないんだろう。実は日本はすでにIT後進国になっているんじゃないかなぁ。

19opo1716
サン・ベント駅を出発するとドゥエロ川沿いに進み、ポルト・カンパニャン駅“Campanhã”を経由する。リスボンやコインブラからの優等列車はこの駅が終点となり、市街中心部にあるサン・ベント駅には乗り入れていない。たぶん、サン・ベント駅のホームの長さが限られており、乗り入れできないのだろう。

19opo1717
ポルト・カンパニャン駅を出ると、その後はのどかな風景は続いている。気がついたのは緑の多さ。以前に7月にスペインのコルドバ、グラナダ、セビリアを旅したときには乾燥した大地でものすごい暑さを経験していたので暑いと思っていたんだけど、イベリア半島の北側では、緑豊かな風景で気温も過ごしやすいことを知る。やっぱり、自分の経験を頭の中で考えるのではなく、実際に行ってみないとわからない。

19opo1718
1時間ほどで終点のブラガ駅に到着。風景を楽しめる列車の旅でなかなかおもしろかった。

19opo1719
線路はブラガ止まりになっており、ターミナル駅特有の頭端式ホーム。

19opo1720
外に出ると、ブラガ駅は近代的なデザインの建物。

19opo1721
大きなロータリーがあるのでちょっと迷うんだけど、ロータリーに面する大きな建物の右側の通り“Rua Andrade Corvo”を進む。

19opo1722
しばらく歩くと旧市街の入口の門であるアルコ・ダ・ポルタ・ノヴァ“Arco de Porta Nova”が見えてくる。その先には、おそらく昔からある細い道が延びている。

19opo1723
アルコ・ダ・ポルタ・ノヴァが建設されたのは18世紀。

19opo1724
門をくぐると旧市街の町並み。低層の建物が建ち並んでいる。城門から伸びるこのドン・ディオゴ・デ・ソウサ通り“Rua Dom Diogo de Sousa”は昔からある道なんだろうなぁ。私はクルマがなかった時代からある狭い道が好き。

19opo1725
「地球の歩き方ポルトガル」を見て、大聖堂を目指しているけれど、道路沿いにあるのはカテドラル“Sé de Braga”ではなく、ミゼリコールディア・デ・ブラガ教会“Igreja da Misericórdia de Braga”。地図上ではこのあたりのはずなんだけど、カテドラルが見えない。

19opo1726
奥に見えるのがカテドラルなのかなぁ?と思って進んでみる。

19opo1727
歩いているうちに回廊に迷い込む。

19opo1728
よくわからないんだけど、カテドラルの回廊に入ってしまったみたい。

19opo1729
残念ながらブラガ大聖堂の内部は撮影禁止のために写真を撮っていない。この写真は回廊の反対側にある諸王の礼拝堂“Capela dos Reis”。

19opo1730
なんだか迷っているうちにブラガ大聖堂に入れてしまったけれど、ファサードはどこなんだろう?ブラガ大聖堂の正面を探すために、再びドン・ディオゴ・デ・ソウサ通り“Rua Dom Diogo de Sousa”に戻る。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« GOTOトラベル必勝法 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 3日目(2)ブラガで10時のおやつは巨大ケーキ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ポルトガル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GOTOトラベル必勝法 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 3日目(2)ブラガで10時のおやつは巨大ケーキ。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ