2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(6)ポルトのカテドラル、そしてポルトガルとサンティアゴ・デ・コンポステーラを結ぶカミーノの道。 | トップページ | 新型コロナウイルス感染症、イタリア・ローマよりも危険な新宿区。 »

2020年7月11日 (土)

一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(7)いよいよ、「一目惚れをした」ポルトの風景にご対面。

19opo1401
とうとうドウロ川“Rio Douro”までたどり着く。私がポルトを訪れようと思ったきっかけは、2018年の年末ごろに流れていたキャノンのミラーレスカメラのCMを見て、ポルトの風景にすっかり一目惚れをしてしまったこと。テレビや写真ではなく、いよいよ一目惚れをした風景と実際に会える時間が近づいている。

19opo1402
写真でしか見ていない相手に実際にもうすぐ会えるとなると、テンションも上がってくる。

19opo1403
ドウロ川にかかる二重の橋であるドン・ルイス1世橋“Ponte de Dom Luis I”が見えてくる。一目惚れをした風景は、このドン・ルイス1世橋を渡った対岸から見た風景だと思われる。あの橋を渡れば、一目惚れをした風景に会える。

19opo1404
ドウロ川沿いはカイス・ダ・リベイラ“Cais da Ribeira”と呼ばれる地区。

19opo1405
川沿いにはレストランなどが並んでいる。

19opo1406
川沿いに座り込んでいる人もいて、のんびりした雰囲気。私の旅は弾丸旅行なので日程的には短いんだけど、短い時間の中でも、美しい風景を見て、のんびりした気分になれる時間を持つようにしている。日常生活から離れているんだから、のんびりしなくちゃ!

19opo1407
この船はおもしろい形だけど観光船なのかなぁ?

19opo1408
ドウロ川沿いにあるカイス・ダ・リベイラは、坂の町ポルトの中では珍しく平坦な場所。
統一されておらず、高さも大きさも色も異なる建物が並んでいる。

19opo1409
オープンテラスのレストランが並んでいて雰囲気がいい。昼間からビールを飲みたいところ。

19opo1410
「一目惚れをした風景」に会うためにドン・ルイス1世橋に向けて歩く。天気は快晴なので、最高のシチュエーション。

19opo1411
ポルトガルは幸福を呼ぶ「ガロ(雄鶏)」“Galo”がシンボルになっている。ポルトからも日帰りで行くことのできるバルセロスという町の雄鶏伝説がもとになっている。サンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう巡礼者が無実の罪をきせられ死刑宣告を受ける。その際に、もしも無実であれば丸焼きにされている雄鶏が鳴くだろうと巡礼者は言う。実際に死刑執行される瞬間に、雄鶏の丸焼きが立ち上がり鳴き叫んだことで巡礼者は釈放される。

19opo1412
コルクを使ったポーチなども名産品なのかなぁ?

19opo1413
いよいよドン・ルイス1世橋に近づいてくる。2階建ての橋になっていて、上の段にはトラムも走っている。

19opo1414
きっと、上の橋から見れば、ポルトの風景を見下ろせると思うんだけど、上がっていくのが大変かも。

19opo1415
まずは下の橋を渡って、ドウロ川対岸のヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区に向かうことにする。

19opo1416
ドン・ルイス1世橋はクルマも通行できる。歩行者用の歩道は狭い。

19opo1417
これは何だろう?橋脚のあとなのかなぁ?要塞なのかなぁ?今はレストランになっている。

19opo1418
橋を渡っている途中で一目惚れした風景が見えてきた。

19opo1419
ドン・ルイス1世橋を渡り、ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区に到着。

19opo1420
2018年にテレビで流れていたキャノンのミラーレス一眼レフカメラのCM撮影ポイントはどこなんだろう?

19opo1421
ポルトと言えばポートワイン。ポートワインのワイナリー、カレム“Càlem”が見える。かつて原料であるブドウも完成品であるワインも船で輸送されたので、ドウロ川沿いにワイナリーがあるのは運搬に都合が良かったのだろう。

19opo1422
そして、とうとう、私が一目惚れをした風景に巡り会うことができる。思えば、私が今回ポルトガルのポルトに行こうと思ったきっかけは2018年の年末ごろに流れていたキャノンのミラーレスカメラのCMだった。そのCMを見た瞬間、まだ知らない風景に一目惚れをしてしまい、自分の目でこの風景を見てみたいと思った。

19opo1423
その風景が目の前に広がっている。日差しは強いけれど、風は涼しくて過ごしやすい気候。テレビの画面越しではなく、自分の目でこの風景を見て、ポルトの風を肌で感じている。なんて美しい風景なんだろう。一目惚れをした風景は、実際に出会ってみても本気で惚れてしまう風景だった。

19opo1424
ドウロ川沿いには小さなラベーロ“Rabelo”(帆船)が浮かんでいる。

19opo1425
いつまで眺めていても美しい風景。川沿いに腰掛けて、ポルトの町並みをぼーっと眺め続ける。

19opo1426
夏なのに過ごしやすい気候。坂道の美しい町並み。そして、ドウロ川から見た町並み。実際に出会ってみたポルトの風景は「一目惚れ」以上に魅力的で、ポルトに出会って良かったと思える場所。ポルトを実際に歩くと、「一目惚れ」どころか、本気で惚れてしまう。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(6)ポルトのカテドラル、そしてポルトガルとサンティアゴ・デ・コンポステーラを結ぶカミーノの道。 | トップページ | 新型コロナウイルス感染症、イタリア・ローマよりも危険な新宿区。 »

ポルトガル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(6)ポルトのカテドラル、そしてポルトガルとサンティアゴ・デ・コンポステーラを結ぶカミーノの道。 | トップページ | 新型コロナウイルス感染症、イタリア・ローマよりも危険な新宿区。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ