2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« EUが、2020年7月1日より、日本などの入国制限解除へ。これで日本からのヨーロッパ観光旅行が再開できる? | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(6)ポルトのカテドラル、そしてポルトガルとサンティアゴ・デ・コンポステーラを結ぶカミーノの道。 »

2020年7月 4日 (土)

一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(5)ポルト・サン・ベント駅の美しいアズレージョ。

19opo1201
クレリゴス教会から見た風景。坂道を下っていくと、ちょうどリベルダーデ広場のあたりが谷になっており、ホテルに行く途中にあるサント・イルデフォンソ教会に向かって再び坂道を上っていく。その間にはトラムが走っている。この風景がすばらしい。ポルトの町並みに「一目惚れ」した私の直感は正しかったのかもしれない。

19opo1202
建物の壁面にはアズレージョの装飾があり、それぞれの建物で雰囲気が異なるのもおもしろい。

19opo1203
クレリゴス教会に入ってみることにする。クレリゴス教会は18世紀に建てられており、建築様式はガイドブックによるとバロック様式。円形になっているのがおもしろいし、装飾も美しい。

19opo1204
上部にはマリア像があるんだけど、そのうしろには人影が見える?

19opo1205
鐘楼に上るために見学コースを進んでいくと、教会を上部から見下ろすことのできる通路を歩く。

19opo1206
高いところから見た方が教会全体を眺められていいかも。

19opo1207
下から見たときに人影が見えたのは気のせいじゃなかったみたい。その後、鐘楼の狭い階段をひたすら登り、ポルトの町を一望できる展望台を目指す。この後で狭い階段を写真に撮りたかったんだけど、Nikon D7200だとファインダーをのぞいてシャッターを切るのに時間がかかるので、鐘楼の狭い階段を上るのに夢中で写真を撮れず。

19opo1208
狭い階段を登りきり、展望台へ。私がポルトガルのポルトに行こうと思ったきっかけのキャノンのミラーレスのCMの風景と逆の風景を見ている。ドウロ川“Rio Douro”の対岸からポルトの町を見ると、キャノンのCMの風景が自分の目で見られるはず。私が上っている鐘楼も風景の一部となっているはず。私は実際のポルトの町を自分の目で見て、肌で風を感じるために今ここにいる。「一目惚れ」をしたポルトの町に会うためにここにいる。

19opo1209
ポルトの町は、建物はアズレージョで装飾されているけれど、屋根はオレンジ色で統一されている。ドウロ川に向かって斜面に建物が建ち並んでいる。ポルトの町は坂のある町。

19opo1210
ポルトの町の中心にあるカテドラル“Sé do Porto”。

19opo1211
サン・ロウレンソ教会“Igreja de São Lourenço”もよく見える。

19opo1212
鉄道駅であるサン・ベント駅“São Bento”は、駅だけは地上にあるんだけど、線路はすぐにトンネルに入ってしまう。

19opo1213
鐘楼の展望台を降りて、次はサン・ベント駅に向かうことにする。クレリゴス教会は高台にあり、サン・ベント駅に行くにはゆるやかな坂道を下っていく。この坂道の風景がすてき。

19opo1214
私は観光名所よりもガイドブックに載らないような何でもない風景が好き。それに、ポルトの建物はそれぞれに個性があって、アズレージョの装飾も異なる。アズレージョによって、カラフルな町並みになっている。

19opo1215
石畳の細い路地を歩くのって、本当に好き。そして、私はマルタに行ってから、バルコニーが気になってしまう。マルタの出窓は、どこの地域の影響を受けているのかなぁと、最近、どこに行ってもバルコニーの形状を観察してしまう。今、この謎を解くために行きたいと思っているのは、イタリア・シチリア島。なにしろ、地理的にマルタに近いので影響を受けている可能性が高いのではないかと考えている。

19opo1216
淡い色はアズレージョ。タイルの色が特有でおもしろい。

19opo1217
坂道を下りきったみたいで平地になる。目の前にサン・ベント駅が近づいてくる。このあたりは駅前通りで賑やかな雰囲気。

19opo1218
どうも、私はポルトガルって独特のスイーツ文化が発展しているような気がしていて、スイーツが気になってしまう。特に私はパステル・デ・ナタが大好きなんだと思う。

19opo1219
パステル・デ・ナタ以外にも、試してみたいお菓子がたくさん。気持ちとしては試してみたいんだけど、お菓子屋さんを見つけるたびに食べ続けるわけにも行かない。それに、今は初めて一緒に旅をしている人と一緒で、一人旅ではないし。特別に気にしているわけではないけど、どこかで気にしている。

19opo1220
サン・ベント駅に到着。この駅に来た理由は、明日は列車に乗ってブラガ“Braga”に行こうと思っていて、その下見も兼ねて駅の様子を確認することにする。

19opo1221
このサン・ベント駅の待合室のアズレージョがすばらしい。ポルトガルは独自の文化を感じることが多くて、本当に町歩きが楽しい。

19opo1222
発着案内板があり、ちゃんと駅の機能を保っている。4面の壁がすべてアズレージョの装飾。

19opo1223
中央に立ち止まり、美術館にいるように壁のアズレージョを見上げてしまう。

19opo1224
起伏のある場所に無理に駅を作ったのか、駅前広場は坂道になっており、そんなに広くはない。奥に見えるサント・アントーニオ・ドス・コングレガードス教会“Igreja de Santo António dos Congregados”のアズレージョも美しい。

19opo1225
次に目指す観光スポットは、ポルトのカテドラル“Sé do Porto”。サン・ベント駅は地形的には谷間にあり、カテドラルは丘の上に建てられている。

19opo1226
今回は、ヨーロッパの他の国とは異なるポルトガルのスイーツ文化に興味を持ってしまっているので、お店を見つけるとつい立ち寄ってしまう。

19opo1227
どのような味がするのか試してみたいクッキーや、カステラのようなお菓子など、試してみたいものがいっぱいありすぎるけど、まだ初日でポルトの町を歩き始めたばかりだし、ここは我慢。

19opo1228
ポルトは坂の町。カテドラルに行くにも坂道を上がる。

19opo1229
ようやく坂道を登り切る。ポルトの気候はさわやかで、坂道を上っても暑くは感じない。夏のポルトは過ごしやすくていい。

19opo1230
ヴィマラ・ペレスの像“Estátua de Vímara Peres”。ポルトガルの歴史を知らないので、この人の功績はよく知らない。

19opo1231
クレリゴスの塔の上からカテドラルがよく見えたように、クレリゴスの塔がよく見える。上っているときは夢中だったけど、ずいぶんと高い塔だったんだなぁ。私が「一目惚れ」をしたポルトの風景に近づいている。「一目惚れ」をした風景に巡り会えるのも、もうすぐ。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« EUが、2020年7月1日より、日本などの入国制限解除へ。これで日本からのヨーロッパ観光旅行が再開できる? | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(6)ポルトのカテドラル、そしてポルトガルとサンティアゴ・デ・コンポステーラを結ぶカミーノの道。 »

ポルトガル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EUが、2020年7月1日より、日本などの入国制限解除へ。これで日本からのヨーロッパ観光旅行が再開できる? | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(6)ポルトのカテドラル、そしてポルトガルとサンティアゴ・デ・コンポステーラを結ぶカミーノの道。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ