2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2020年6月20日、3ヶ月ぶりの外食は神楽坂でひとりフレンチ。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(4)カミーノを一人で歩き切った旅人と合流。お昼ごはんはポルトのB級グルメ、コンガ“Conga”のビファナ“Bifanas”を。 »

2020年6月24日 (水)

一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(3)ポルト・フランシスコ・サー・カルネイロ空港からポルト・メトロに乗ってポルト市街へ。

19opo1001
2019年6月30日、日曜日。パリ発TAPポルトガル航空TP453便はポルトに到着。いよいよ、一目惚れをしたポルトガル・ポルト旅行が始まる。

19opo1002
ポルト・フランシスコ・サー・カルネイロ空港は新しい近代的な空港。

19opo1003
スーツケースを受け取り、到着ロビーに出る。初めての空港で到着ロビーに出る時には一瞬は緊張するんだけど、客引きなど怪しい人はいなそうな感じ。

19opo1004
空港からはメトロが出ており、30分程度でポルト市街に出ることができるので、メトロの乗り場に向かう。

19opo1005
このMのマークがメトロのマーク。

19opo1006
メトロの切符は、アンダンテ“andante”というICチップが入ったカードにチャージする。一度、このアンダンテカードを手に入れてしまえば、再度、チャージして使うことができる。

19opo1007
カードを刻印機にタッチする。

19opo1008
ポルト・メトロは、メトロとは言っても郊外では地上を走る。プラットフォームも低い。20分に1本程度なので、なかなか電車が来ない。

19opo1009
車両はトラム。トラムが地下に乗り入れるタイプの地下鉄。

19opo1010
ポルトのトラムは、椅子の下にスーツケースなどを置けるようになっているのは、ちょっと便利かも。

19opo1011
トラムの車両だけど、道路を走らずに専用線をずっと走る。

19opo1012
メトロの車両が地下に潜り始めたのは、ポルト市街に入ってきてトリンダーデ駅“Trindade”の手前くらいから。ホテルがメトロの駅から離れており、トリンダーデ駅で乗り換えてサン・ベント駅“São Bento”に向かうか、ボリャオン駅“Bolhão”まで乗るか、迷ったんだけど、メトロ路線への乗り換えは世界共通できっと面倒なので、乗り換えずにボリャオン駅で降りることにする。

19opo1013
ボリャオン駅“Bolhão”からホテルへ向かい、まずはチェックインできたらチェックインをして、まだ準備できていない場合はスーツケースをホテルに預けに行くことにする。それに、今日は同じホテルを別々に手配して、ホテルでカミーノの旅を終えたばかりの旅人と会う予定になっている。

19opo1014
エスカレータに乗って地上に出ると、美しいタイル、いわゆるアズレージョで装飾された教会が見えてくる。

19opo1015
メトロから地上に出た瞬間に、ポルトに来て最初に目にするアズレージョが美しいアルマス礼拝堂“Capela das Almas de Santa Catarina”にすっかり魅了されてしまう。ポルトガル・ポルトって、私が「一目惚れ」しただけあって、メトロから降りた瞬間のアズレージョに「一目惚れ」をしてしまう。

19opo1016
今回、ポルトのホテル選びをどこにすれば良いのか、よくわからなくてメトロの駅から遠いホテルにしてしまった。ホテルはサンタ・カタリーナ通り“Rua de Santa Catarina”をずーっと先まで歩いたところにある。

19opo1017
このサンタ・カタリーナ通りは歩行者天国になっているみたいで、大道芸人がいたりしておもしろい。

19opo1018
サンタ・カタリーナ通りはポルトのショッピングストリート。お店を見ながら歩くのが楽しい。ポルトに着いてから気がついたことがある。酷暑のパリよりも南に位置しているはずなのに、ポルトはそんなに暑くなく、過ごしやすい。

19opo1019
緩やかな坂道をあがると、バターリャ広場“Praça da Batalha”に面してサント・イルデフォンソ教会“Igreja de Santo Ildefonso”が建っている。この教会もアズレージョが美しい。

19opo1020
バターリャ広場は、小さな市場になっており、お店が何軒か並んでいる。

19opo1021
パンなのかなぁ?お菓子なのかなぁ?私は「まだ知らない」ものを見つけると、心がときめいてしまう。

19opo1022
カステラのようなお菓子が美味しそう。そもそも、カステラはポルトガル伝来と言われている。今、ホテルに向かう途中でスーツケースを持っていなかったら、買っちゃったかもなぁ。

19opo1023
フランス・パリのプラスディタリーのマルシェと同様に、今はサクランボの季節。

19opo1024
おみやげ向きの小物なども売られていて、ちょっと楽しい。スーツケースを持っていなければ、もっと夢中になってしまいそう。サンタカタリーナ通りを歩くだけでも、一目惚れをしたポルトが楽しくて仕方がない。

19opo1025
バターリャ広場はのどかな雰囲気。中央にはペドロ5世の像が立っている。

19opo1026
バターリャ広場はポルトの中心街なのかなぁ?広場に面してサン・ジョアン国立劇場“Teatro Nacional São João”が建つ。この建物は18世紀に建てられた旧劇場が1908年火災によって損傷を受けて、1918年になってから新しい劇場として建てられたもの。

19opo1027
バターリャ広場まで来てしまえば、予約したホテルはすぐ近く。

19opo1028
今回のホテルはアイステイ・ホテル・ポルト・セントロ“iStay Hotel Porto Centro”。一応、「地球の歩き方ポルトガル2019」に掲載されており、日本語が通じると書かれているけど、残念ながらその日本語は少し話せる職員さんはいないみたい。チェックインする時間はちょっと早いんだけど、部屋が空いていたみたいでチェックインできる。
iStay Hotel Porto Centro
https://en.istayhoteis.com/

19opo1029
ホテルとして建てられた建物ではなく、普通のビルを改造した感じ。

19opo1030
ユニットバスが部屋に置かれている感じ。

19opo1031
そのため、バスルームの床面が少し高い。シャワーオンリーで、最近はガラス張りのシャワーブースが多い中で、シャワーカーテン。さっそく、スーツケースを開けて、着替えを出してハンガーにかけてホテルの部屋を自分の部屋にしてしまう。そして、すでに無事にゴールをしたと連絡を受けている、サン・ジャン・ピエ・ド・ポーからサンティアゴ・デ・コンポステーラまでカミーノの旅をバスに乗らずにすべてを歩き切った女性の旅人に連絡をすることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 2020年6月20日、3ヶ月ぶりの外食は神楽坂でひとりフレンチ。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(4)カミーノを一人で歩き切った旅人と合流。お昼ごはんはポルトのB級グルメ、コンガ“Conga”のビファナ“Bifanas”を。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ポルトガル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年6月20日、3ヶ月ぶりの外食は神楽坂でひとりフレンチ。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(4)カミーノを一人で歩き切った旅人と合流。お昼ごはんはポルトのB級グルメ、コンガ“Conga”のビファナ“Bifanas”を。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ