2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 一目惚れをしたポルトへの旅 1日目(4)パリの定宿、うずらが丘“Butte aux Cailles”(ビュット・オ・カイユ)のホテル。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 1日目(6)パリ・モンパルナスの「ル・ルレ・ドゥ・ラントルコート」“Le Relais de L'Entrecôte”でステーキを。 »

2020年6月 7日 (日)

一目惚れをしたポルトへの旅 1日目(5)パリ、2019年4月15日の大規模火災後のノートルダム大聖堂に初めて行く。

19opo0601
2019年6月29日土曜日。ポワラーヌ“Poilâne”にサン・シュルピス駅から行くのは初めてなんだけど、確か、セーヴル・バビロヌ駅から行く時にもこのオブジェのところを曲がったはず。

19opo0602
こんな感じの路地だったはず。私の特技と言ってもいいと思うんだけど、一度行ったことがある場所はなんとなく行ける。そのかわりの欠点としては、最初に行った時には近道をしたり、寄り道をして真っ直ぐに目的地に向かわずに道に迷うことも多いんだけど。

19opo0603
無事にポワラーヌに到着。

19opo0604
「ピニュシオン“Les Punitions”」は、家庭用に袋に入っているのがお得。だけど、輸送に気をつけないと粉々になる。

19opo0605
こんな形のサブレも売っているんだ。最近、私は特定の誰かにあげるおみやげを必要としてしないので、かわいいと思っても自分用以外に買う必要ないのが悲しい。本当は、あげる人のことを想像しながらおみやげ選びをするのが好きなのに、特定の人がいないのは本当に悲しい…。

19opo0606
日差しが強く、歩いていても暑い。

19opo0607
せっかく夏のソルド(バーゲン)“Soldes”なので、滅多に見ない服などをみるためにボン・マルシェ“Bon Marché”に入ってみる。

19opo0608
でも、やっぱり、私は服やカバン、財布などの小物を見るよりもボン・マルシェの食料品館であるラ・グランデピスリー“La Grande Épicerie de Paris”でフランスの特産品を探す方が好き。

19opo0609
ブランドのお店は、路面店の方がソルドの割引率は高めかも。

19opo0610
私が結婚して子供ができたら、フランスのプチ・バトー“Petit Bateau”で50%オフの子供服を大量に買っちゃうかもしれないなぁ。そもそも、結婚して子どもがいたら、こんなに自由に海外旅行には行けない。まぁ、私の場合は家庭を持って子供ができたら、いつ頻繁に海外旅行に行く生活から卒業してもいいとはずーっと、ずーっと思っているんだけど、なかなか卒業できそうにない。

19opo0611
以前もどこかに書いたかもしれないけれど、私のペンネームのラコスケはラコステ“Lacoste”から来ており、実は由来は「どうぶつの森」ではありません。まぁ、どうでもいいことだけど。ラコステ“Lacoste”はたまに掘り出し物があるので、ソルドの時にパリにいたら、いいものを見つけたら買っちゃうことが多いんだけど、今回は掘り出し物が見つからず。基本的に私は、欲しいと思うものがなければ買わないし、いいなぁと思ってさらに値段も妥当だと判断しても、最後に実際に着るか?と判断してあんまり着る機会がなさそうと却下となる場合が多く、買うまでのハードルは高い。たぶん、私は基本的に自分のモノに対してはケチなんだと思う。だけど、自分に子供ができたらプチ・バトーで大量購入しそうな気がする。

19opo0612
今回のパリのお買い物はこれで終了。だって、今は夏至をちょっと過ぎた時期だから、夜10時くらいまで明るいけれど、冬だったら夕方ですでに暗くなっている時間帯。今回、行かなくてはならないと思っている、ノートルダム大聖堂に向かうことにする。

19opo0613
セーヴル・バビロヌ駅“Sèvres-Babylone”からノートルダム大聖堂を目指すことにする。

19opo0614
いつもこの駅からはメトロ12号線に乗ることが多いんだけど、今日はメトロ10号線に乗る。

19opo0615
オデオン駅“Odéon”で乗り換え。

19opo0616
パリのメトロの車両には冷房装置はなく、窓を開けるしか方法はない。

19opo0617
オデオン駅からはメトロ4号線に乗る。

19opo0618
シテ駅“Cité”に到着。

19opo0619
かつてスリと遭遇したことのあるエレベータに乗って地上に出る。

19opo0620
もう夕方なのに日差しが強く、暑い。

19opo0621
音がするのでなんのパレードかと思ったら、2019年6月29日はLGBTのパレード“La Marche des fiertés lesbiennes, gaies, bi et trans”が行われている。確かに、今日はレインボーフラッグを持っている人を見かけたかも。

19opo0622
ノートルダム大聖堂へと向かう。思えば、私の今年2019年1月1日の初詣はノートルダム大聖堂だった。そして、今年は2019年3月3日にも訪れており、すでに半年で2回も来ている。振り返ってみれば、半年で2回もノートルダム大聖堂を訪れることなんて、偶然だと思うけれど、なかなかない。だけど、その時はノートルダム大聖堂を特別に記憶に留めようとはしていない。だって、ノートルダム大聖堂はいつでもパリに来ればそこにあるものだと思っていて、また次も普通に来ることのできる場所だと思っていた。2019年4月15日の火災でどのような姿になってしまったのだろう。

19opo0623
正面のファサードからは火災があったことはわからない。左側にクレーン車が見えることと、工事用の囲いで覆われている以外は、いつも通りのノートルダム大聖堂。

19opo0624
工事用の囲いの手前にも囲いがあるためにこれ以上は近づけない。普段は賑わっている広場にも人影がないなんて、不思議な光景。

19opo0625
側面から見てみると、工事用の足場がある場所は尖塔があった場所なので、火災前から足場は組まれていた。石造りの側壁も大丈夫そうだけど、尖塔もなければ屋根がすっぽりない。これがノートルダム大聖堂の現実なんだ。

19opo0626
セーヌ川沿いにはブキニスト“Bouquiniste”があるけれど、観光客向けかなぁ?

19opo0627
やはり、屋根が抜け落ちている。まだ復旧工事が始まっている気配はない。オンタイムの旅行中には感じていないことなんだけど、ノートルダム大聖堂が世界の平穏を守っていたのかもしれないなぁ。2019年4月15日にノートルダム大聖堂が大火災にあってから1年もしないうちに、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、世界中が平穏とは程遠い生活になってしまった。

19opo0628
いつも通りにパリに来たときにノートルダム大聖堂に立ち寄れるようになるのは何年先なのかなぁ?オンタイムの旅行中は感じていないことなんだけど、翌年2020年は新型コロナウイルス感染症の影響でフランスに行ける見通しが立たなくなってしまっている。フランスに再び行けるようになるのはいつになるんだろう?おそらく新型コロナウイルス感染症が治まりつつあっても、しばらくは長距離便の飛行機に乗ってフランスを含めたヨーロッパに行くのは難しい。今回の旅行では、ポルトへ向かう経由地の第一候補はリスボンだったわけで、リスボン行きの航空券が高くなければパリに来るつもりはなかった。偶然なんだろうと思うけど、それとも神様が導いてくださったのか、今考えてみると2020年の分まで2019年に3回も平穏なパリに行っておいてよかった。ふと時間を見ると、こんなに明るいんだけど時刻はすでに19時近い。

19opo0629
そろそろ夕ごはんを食べることにする。今回の旅程では明日の午前中にはオルリー空港からポルトガルのポルトに向かってしまうので、パリで食事をするのは今日の夕食のみ。現在地から考えるとサン・ミッシェルの安食堂街でクスクスを食べるのが私の定番コース。だけど、このところの私はパリの自分が知っている場所しか巡らず、私が大嫌いな保守的な行動になっているので、夕食くらいは「定番コース」から外れて、新しいレストランを開拓することにする。

19opo0630
サン・ミッシェル駅“Saint-Michel”からメトロ4号線に乗る。

19opo0631
到着したのはヴァヴァン駅“Vavin”。エリアとしてはモンパルナス界隈なので未開拓の地とは言い難いんだけど、ヴァヴァン駅周辺には、有名だけど私は行ったことのない「まだ知らない」レストランがたくさんある。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 一目惚れをしたポルトへの旅 1日目(4)パリの定宿、うずらが丘“Butte aux Cailles”(ビュット・オ・カイユ)のホテル。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 1日目(6)パリ・モンパルナスの「ル・ルレ・ドゥ・ラントルコート」“Le Relais de L'Entrecôte”でステーキを。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

ポルトガル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一目惚れをしたポルトへの旅 1日目(4)パリの定宿、うずらが丘“Butte aux Cailles”(ビュット・オ・カイユ)のホテル。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 1日目(6)パリ・モンパルナスの「ル・ルレ・ドゥ・ラントルコート」“Le Relais de L'Entrecôte”でステーキを。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ