2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 一目惚れをしたポルトへの旅 1日目(5)パリ、2019年4月15日の大規模火災後のノートルダム大聖堂に初めて行く。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(1)ポルト行きの飛行機に乗るために、パリ・オルリー空港へ。 »

2020年6月11日 (木)

一目惚れをしたポルトへの旅 1日目(6)パリ・モンパルナスの「ル・ルレ・ドゥ・ラントルコート」“Le Relais de L'Entrecôte”でステーキを。

19opo0701
2019年6月29日土曜日の夜。モンパルナス界隈のヴァヴァン駅“Vavin”周辺は、有名なカフェやレストランが並んでいる。

19opo0702
今日は、過去に2度も行こうと計画はしたんだけど、2度ともその日は肉の気分ではなくて行けていない「ル・ルレ・ドゥ・ラントルコート“Le Relais de L'Entrecôte”」でステーキ・フリット“Steak Frites”を食べよう。まぁ、ひとり旅の良いところは、行こうと計画したとしても、その日に食べたいものはその日の体調や気分しだいで変えられること。そう、私はその日に何を食べたいかはその時しだいなので、行きたいと思っているレストランは調べることもあるけれど、そもそもひとりということもあるけれど、事前にレストランの予約をしない。

19opo0703
このレストラン、せっかく店内の席を選んだのに残念ながら冷房がないみたいで暑い。初めて来たんだけど、料理は「定食」しかないみたいで焼き加減と飲み物のオーダーしか聞かれない。そもそも、レストランの入口には値段が書かれていたんだと思うけれど、その「定食」がいくらなのかもわからない。

19opo0704
ビールにしようか悩んだんだけど赤のグラスワインと、あまりに暑いので一人なのに大きなボトルの炭酸水を注文。料理は何も注文していなんだけど、コース料理になっているみたいで、まずは前菜のサラダが運ばれてくる。

19opo0705
何を持ってきたのかと思ったら、氷を持ってきてくれる。炭酸水に氷を投入し、冷房のないレストランに耐える。

19opo0706
そして、たっぷりのソースがかけられたステーキ・フリットが運ばれてくる。ステーキにかけられた独特のソースが美味しいし、それにフリット(フライドポテト)が美味しい。だけど、量的にはそんなに多くない感じ。

19opo0707
ステーキもフライドポテトもきれいに食べ終わったときに、「おかわり」が運ばれてくる。初めて来たので当然ながら初めて知ったんだけど、私だけではなくすべてのお客さんにステーキとフライドポテトが2回に分けて提供されるシステムみたい。女性のお客さんはおかわりを断っている人もいる。

19opo0708
暑かったこともあって、デザートを食べずにレストランを出る。室内とテラス席と隔てられていないので冷房があるわけがない。パリのステーキ専門店でステーキを食べたらいくらするんだろう?と思っていたら、サラダもセットで26.5ユーロだったので安い。ステーキのソースが美味しいし、フライドポテトも美味しいし、このレストランはリピートありと認定。もっと早くこのレストランを開拓しておけばよかったなぁ。

19opo0709
ガイドブックを持ってきていないという理由もあるけれど、このところ、私のパリ歩きはマンネリ化している。最近、パリを一人ではなく誰かと一緒に歩きたいなぁと感じるようになっている。私の価値観ではない価値観でパリを歩いてみれば、きっと私が行くことにないパリに連れて行ってもらえる。そして、私が今まで気がつかなかった発見ができるような気がする。一緒に歩く人は、パリに詳しい人でも、初めてのパリでガイドブックを綿密に調べている人でもいい。街を一緒に歩いていても、私が普段は気づかないことに気づいてくれるかもしれない。新しい価値観をみつけるためには、ひとりじゃなくて、誰かと一緒に歩くことが必要なのかもしれないなぁ。一緒に歩く人がほしい。だけど、それは「まだ知らないどこか」へ行くよりも難しいことかもしれないあなぁ。

19opo0710
メトロ6号線に乗るために、モンパルナス通り“Rue du Montparnasse”を抜ける。

19opo0711
この通りに来たんだったらデザートにクレープでも食べようかなぁと思ったんだけど、まだ夕食の時間なのでどのクレープリーも混雑している。

19opo0712
エドガー・キネ通り“Boulevard Edgar Quinet”では、明日は日曜日なので芸術家のマルシェ“Le Marché de la création de Paris Montparnasse”が開かれる。モンパルナスタワーも、私は上ったことがない「まだ知らない」パリ。私のパリ歩きには、一緒に「行こう」と言ってくれる人が必要なのかもしれないなぁ。

19opo0713
時刻は20:20。エドガー・キネ駅“Edgar Quinet”からメトロ6号線に乗ることにする。

19opo0714
普段なら、エッフェル塔を見るためにトロカデロ駅“Trocadéro”に向かうのが定番コースなんだけど、夏至の直後で遅い時間にならないと夜景にはならないことと、とにかく暑くて疲れてしまったので、ホテルに戻ることにする。それに、パリのメトロの車両には冷房装置がついておらず、窓を開けるしか冷却効果は得られない状況で、トロカデロまで向かうのもつらい。

19opo0715
ホテルの最寄りのコルヴィサール駅“Corvisart”で下車。

19opo0716
ホテルから徒歩圏内であるプラスディタリー駅“Place d'Italie”周辺やうずらが丘“Butte aux Cailles”(ビュット・オ・カイユ)のバーでビールやパスティスを飲んでもいいんだけど、暑さにすっかり負けて、ホテルに帰ろうとしている。

19opo0717
コルヴィサール駅“Corvisart”周辺は住宅街なので、この駅で降りてしまうと遊ぶ場所はない。

19opo0718
ビルの間が通路になっていて、公園“Jardin Brassaï”の中を歩いて自分の家に帰る人々。公園を通って家に帰るっていいかも。でも、深夜とかだと危ないか。

19opo0719
ホテルに行く途中に昔から1件だけコンビニのようなお店があるので立ち寄ってみることにする。缶ビールは1.2ユーロと安いので、冷房の効いたホテルの部屋で缶ビールでも飲もうかなぁ。とにかく、冷房の効いたところに行きたい。

19opo0720
21時近くになって、ようやく空が白くなってきて夕方の雰囲気。

19opo0721
雰囲気がいい街並みなのに落書きがひどい。

19opo0722
でも、立ち止まって見てみると頑張って描いた落書きはよく描けている。絵の中に「変態仮面」のような衣装があるんだけど、たしか映画化もされているのでフランスでも「変態仮面」が知られているのかなぁ?このスタイルって「変態仮面」がオリジナルではないのかなぁ?

19opo0723
コルヴィサール駅周囲には立ち寄ったコンビニくらいしかない。だけどホテルの周囲は住宅街なので夜は静か。ちょっと歩けば、ビュット・オ・カイユの飲食店街があるし、プラスディタリーは徒歩圏内。近くにモノプリもあり、ちょっと美味しいパティスリー「ローラン・デュシェーヌ」“Laurent Duchêne”もある。なぜか、部屋も広くはないのに、このホテルがティモテルの時代から私のパリの定宿。

19opo0724
アコーホテルグループの「イビス スタイルズ パリ プラス ディタリー ビュット オ カイユ ホテル(Ibis Styles Paris Place d'Italie Butte aux Cailles Hotel)」になってからは、フレッシュなオレンジジュースを作るマシーンもあるし、宿泊料金は朝食込みなので、ますます気に入っている。

19opo0725
冷房の効いたホテルの部屋で、ビールを飲む。今まで、気にしたことはなかったんだけどエアコン完備って最近の夏のパリにはありがたい。個人経営の安ホテルも味があって好きだけど、夏はエアコン完備の近代的な設備のチェーン系のホテルの方がいいかもしれないなぁ。

19opo0726
「ル・ルレ・ドゥ・ラントルコート」でデザートを食べなかった理由は、すでにホテル近くのパティスリー「ローラン・デュシェーヌ」“Laurent Duchêne”でケーキを買って部屋に置いてあったから。このホテルは1階にいつもコーヒーを無料でもらえるコーナーがある。

19opo0727
フランスのケーキの包装は簡単なもの。このパティスリーは箱に入っているのを包装紙で包んである。

19opo0728
最近、フランスで大好きなタルト・オ・シトロンを食べていない。そして、大好きなエクレール。私は、タルト・オ・シトロンやフラン、エクレールなどのフランスの基本的なお菓子が大好き。

19opo0729
タルト・オ・シトロンは、基本的なお菓子だからこそ、素材の味を感じられるし、おいしさがわかる。なおかつ、お店のオリジナリティも感じやすい。

19opo0730
そして、私は「ローラン・デュシェーヌ」のヴァニーユ(バニラ)“Vanille”のエクレールが好き。オンタイムの旅行中は感じていないことなんだけど、翌2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で、しばらくフランスには行けない状況となるので、大好きなタルト・オ・シトロンとエクレールをこのときに食べたのは奇跡的。夕方から歩き始めた、たった5時間ほどのパリ。本当はもっと歩き回りたい気持ちもあったんだけど、酷暑“2019 Canicule”にすっかり負けてしまった感じ。ほんの一瞬のパリだったし、訪れる場所はマンネリ化しているけれど、私はやっぱりパリが好き。いつも通りにパリに行けるようになるのはいつになるんだろう?

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 一目惚れをしたポルトへの旅 1日目(5)パリ、2019年4月15日の大規模火災後のノートルダム大聖堂に初めて行く。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(1)ポルト行きの飛行機に乗るために、パリ・オルリー空港へ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

ポルトガル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一目惚れをしたポルトへの旅 1日目(5)パリ、2019年4月15日の大規模火災後のノートルダム大聖堂に初めて行く。 | トップページ | 一目惚れをしたポルトへの旅 2日目(1)ポルト行きの飛行機に乗るために、パリ・オルリー空港へ。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ