2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 3日目(3)イギリス・ドーヴァーからフランス・カレーまでクルマなし(徒歩)でフェリーに乗る方法。 | トップページ | ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 3日目(5)ドーヴァー海峡をフェリーで渡り、フランス・カレー“Calais”に到着。 »

2020年2月28日 (金)

ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 3日目(4)いよいよフェリーでドーヴァー海峡を渡る。

19lon1901
いよいよ、今回の旅のハイライトであるフェリーでドーヴァー海峡を渡る。パッセンジャー・ターミナルの前にバスが到着し、このバスに乗るように言われる。いよいよ、イギリス・ドーヴァーからフランス・カレーに向かうフェリーに向かう。

19lon1902
バスに乗り込んだ「フット・パッセンジャー」は10人くらい。

19lon1903
バスに乗るときにチケットの半券を切り取られ、代わりに“BON VOYAGE”という赤いカードをもらう。

19lon1904
途中でイギリスの出国審査はないけれど、フランスの入国審査があり、フランスの入国スタンプはドーヴァーでもらう。なかなかもらうことのできないシェンゲン協定の船の入国スタンプ。さらに、バスから一度降りて、手荷物検査があり、空港にあるようなX線検査を受ける。

19lon1905
バスは船に近づいてきた。クルマだったら、そのままフェリーの内部に向かうんだけど、フット・パッセンジャーはここでバスを降りる。

19lon1906
バスを降りてフット・パッセンジャー専用の入口に向かう。

19lon1907
フェリーへの通路は緩やかな坂道になっており、スーツケースなどを転がしながら船に乗ることができる。

19lon1908
とうとう今回の旅のハイライトであるドーヴァー海峡を渡るフェリーに乗る。

19lon1909
この通路はすでにフェリーの中。

19lon1910
フランス・カレーに向かうフェリーの名前はプライド・オブ・カンタベリー“Pride of Canterbury”。

19lon1911
フェリーの中は広くて、階段だけではなくエレベータもある。まずは船の中を探検してみることにする。

19lon1912
階段にはフードコートのメニュー。うーん、フル・イングリッシュ・ブレックファーストとフィッシュ・アンド・チップス推し。イギリスで最もポピュラーなメニューがこの2品なのかなぁ?

19lon1913
メインデッキには、テーブルのある席がたくさんあるんだけど、あまりお客さんはいないみたい。閑散期だからなのかなぁ?

19lon1914
フードコートは、料理ごとにカウンターが並んでおり、そこで料理を受け取り、料金を支払うカフェテリア方式。

19lon1915
メニューを見てみるとフル・イングリッシュ・ブレックファースト、フィッシュ・アンド・チップス、チーズバーガー、バターミルク・チキン・バーガー、カレー、ラザニア。うーん、一番美味しそうなのはカレーかもしれないなぁ。フランスに到着してからサンドイッチを食べた方が美味しいかも。どうしても私はフランスをホームグラウンドに感じてしまう。

19lon1916
フェリーの中は広くてゲームセンターもある。

19lon1917
大型のゲーム機も置かれている。

19lon1918
国際フェリーなのでフェリーの中には免税店もある。

19lon1919
免税店の中は結構広い。いわゆる免税店の品揃えなので、ここで買うべきものは私にはない。それに、そもそも、もう荷物をこれ以上増やしたくない。

19lon1920
もちろん、両替所もありフェリーの中でポンドをユーロに替えることもできる。

19lon1921
スターバックスではビアポンプがあり、ビールを飲むことができる。と言っても、だれもビールなんて飲んでいない。まぁ、フェリーに乗るのは基本的には運転手さんだからかなぁ?パブらしく賑やかな雰囲気がない。イギリスのビール文化の最終地点なので、せっかくフット・パッセンジャーだし飲んでおくべきなんだと思うけど、パブの雰囲気ではないので、ここでビールを飲む気がしない。

19lon1922
出港前にイギリスに最後のお別れをするために屋上のデッキに上がる。

19lon1923
屋上のデッキに上ると雲が切れて青空が見えている。

19lon1924
海岸線はずっとホワイト・クリフ“White Cliffs”が続いている。太陽の光を受けると、なんて美しい海の色なんだろう。

19lon1925
このままずっと晴れてくれれば最高なんだけどなぁ。

19lon1926
ホワイト・クリフに太陽の光が当たって輝いている。出港して、写真の構図的に港のクレーンが干渉しない位置でホワイト・クリフを見てみたい。

19lon1927
いよいよフェリーはドーヴァーの港を出港し、陸地からどんどん離れていく。

19lon1928
残念ながら雲がかかってしまい、せっかくクレーンなどの障害物もなくホワイト・クリフがきれいに見える位置なのに、太陽の光がないので輝かない。

19lon1929
たった2泊のイギリス旅行だったけど、久しぶりのイギリス旅行はおもしろかったなぁ。やっぱりイギリスはロンドンだけではなく、地方を巡って「まだ知らない」イギリスをもっと知るべきなんだなぁと感じている。イギリスだけではない。スコットランドだって「まだ知らない」ので、私にとって「まだ知らないどこか」があふれている。

19lon1930
フェリーはドーヴァー海峡を進み、グレートブリテン島がどんどん遠ざかっている。

19lon1931
さようなら、イギリス。でも、「まだ知らない」イギリスを知るために、絶対にまた来る。

19lon1932
そして、ロンドンで買ったフォートナム&メイソン“Fortnum & Mason”の紅茶や、カンタベリーで買ってしまったクラークス“Clarks”の靴や、スーパーでティーケーキが気になってしまい、いつも通りにイギリスで買い物をした結果、すでに45リットルの折りたたみバックはかなりいっぱいになっている。今回に関しては、このバックをパリまで持っていかねばならず、機動力がなく行動が制限されるために、脱スーツケースの旅ははっきり言って大失敗。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 3日目(3)イギリス・ドーヴァーからフランス・カレーまでクルマなし(徒歩)でフェリーに乗る方法。 | トップページ | ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 3日目(5)ドーヴァー海峡をフェリーで渡り、フランス・カレー“Calais”に到着。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

イギリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 3日目(3)イギリス・ドーヴァーからフランス・カレーまでクルマなし(徒歩)でフェリーに乗る方法。 | トップページ | ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 3日目(5)ドーヴァー海峡をフェリーで渡り、フランス・カレー“Calais”に到着。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ