2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 2日目(1)食パンのトーストはイギリス文化!? | トップページ | ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 2日目(3)魔法魔術学校へ向かうキングズクロス駅9と3/4ホームへ。 »

2020年2月 1日 (土)

ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 2日目(2)ロンドンのデパート巡り。

19lon1001
引き続きケンジントン・ガーデンズ“Kensington Gardens”を歩く。奥にはケンジントン宮殿が見える。犬の散歩には最高の場所だろうなぁ。

19lon1002
この“Physical Energy Statue”は、帰国後に調べてみるとGeorge Frederic Wattsの作品で、“a symbol of that restless physical impulse to seek the still unachieved in the domain of material things”ということで歴史上の人物などではないみたい。私は事前に綿密に調べず、基本的に行き当たりばったりなので、旅行記をまとめるときになってから重要なオブジェであることがわかったり、重要な観光スポットを見逃していることが発覚したりする。

19lon1003
アルバート記念碑“Albert Memorial”の方向に向かって歩いてみることにする。

19lon1004
アルバート記念碑は、ビクトリア女王の夫であり、42歳で亡くなったアルバート王子を偲んで建てられた。中央には金色のアルバート卿が着座している。

19lon1005
ナイツブリッジ“Knightsbridge”にあるハロッズ“Harrods”の方向とはずれているので、アルバート記念碑の手前を左に曲がり、東へ向かう。横断歩道の表示は場所によって異なり、ここは「両方を見なさい!」と書かれている。親切なのか、ここまで書かないと事故に遭ってしまうのか。

19lon1006
公園を歩いていると、プリンセス・ダイアナ・メモリアル・ファウンテンのあたりでリスを発見。今回のカメラはCanon Powershot G9Xなので、望遠はこれが精いっぱい。

19lon1007
何か食べているのかなぁ?

19lon1008
地図を見ながら方向を修正中に、サーペンタイン湖“The Serpentine”に出る。季節が良くて、晴れていれば、心地よさそうな場所。

19lon1009
この桜のような花はなんだろう?桜よりも白い。

19lon1010
湖のほとりにはカフェ“Lido Café and Bar”がある。暖かい季節だったら、ここでお茶しながらのんびりしたいなぁ。朝食や昼食も食べられるみたいで、ここで自然の風景を眺めながらゆったりとフルイングリッシュブレックファーストを味わうのもいいかもしれない。

19lon1011
ふと、小さな花が咲いていることに気がつく。

19lon1012
この小さな白い花はなんだろう?

19lon1013
紫色の小さな花。庭園に植えられた花を見るのも、春の訪れを感じられて楽しい。

19lon1014
湖沿いの道を歩く。私は町歩きが好きだけど、自然の中を歩くのも好き。とにかく私の旅行は歩くので、もしも一緒に旅をするとなるとたくさん歩ける人じゃないと厳しいかも。でも、基本的に私はいつもひとり旅なので問題ない。

19lon1015
公園を出て、ナイツブリッジ“Knightsbridge”のあたりに出る。

19lon1016
今日はずっと自然の中を歩いてきたので、ようやく町の風景。

19lon1017
歴史がある建物かどうかはわからないんだけど、ハロッズの手前の建物の雰囲気が好き。私は観光名所よりも普通の街の風景を感じるのが好き。

19lon1018
ようやく歩いてロンドンでデパートと言えばもっとも有名なハロッズ“Harrods”に到着。

19lon1019
リュックサックひとつの旅で荷物は増やしたくないけど、今回は帰りにヒースロー空港から出発ではないのでデパートのおみやげを買うなら今しかない。イギリスのおみやげを探すために食料品売り場に向かう。

19lon1020
卵やウサギの形をしたイースターのお菓子が並んでいる。いろいろ見てまわったけれど、ハロッズでは物欲に負けずに何も買わず!それは、ハロッズのショッピングバックなどのおみやげをあげる相手もいないという悲しいことでもある。

19lon1021
地下鉄ナイツブリッジ駅に向かう。繰り返しになるけれど、歴史がある建物かはわからないけれど、ハロッズからナイツブリッジ駅の間の建物の雰囲気が好き。

19lon1022
ナイツブリッジ駅からピカデリー・ラインに乗る。

19lon1023
ヒースロー空港に直通しているピカデリー・ラインはかまぼこ型の車両。

19lon1024
グリーン・パーク駅“Green Park”で降りる。

19lon1025
今日のテーマはロンドンのデパート巡り。もちろん、グリーン・パーク駅で降りて向かう場所は高級食材店フォートナム&メイソン“Fortnum & Mason”。リュックサックひとつで荷物を増やしたくないのにデパート巡りという矛盾を抱えているんだけど。

19lon1026
私には縁がない高級ホテル、リッツ“The Ritz”の前を通る。

19lon1027
ピカデリー通りを東に向かう。通りの名前の通り、まっすぐ歩くとピカデリーサーカスに出る。

19lon1028
フォートナム&メイソンは、こじんまりとした建物。

19lon1029
建物の中に入るとフロア全体に紅茶やお菓子などが並べられている。

19lon1030
フォートナム&メイソンもイースターの卵やアスパラガスなどの形のお菓子が置かれている。ヒースロー空港経由であれば、空港でも買うことができるんだろうけれど、ドーヴァーでは入手できなそうなフォートナム&メイソンの紅茶セットを購入。おみやげは買ったけれど、紅茶は軽いし、まだリュックサックだけで荷物はすべて収まっており、サブバックを登場させずに済んでいる。リュックサックひとつの旅は、今のところ、順調に進んでいる。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 2日目(1)食パンのトーストはイギリス文化!? | トップページ | ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 2日目(3)魔法魔術学校へ向かうキングズクロス駅9と3/4ホームへ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

イギリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 2日目(1)食パンのトーストはイギリス文化!? | トップページ | ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 2日目(3)魔法魔術学校へ向かうキングズクロス駅9と3/4ホームへ。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ